• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Mark V Collectorの愛車 [トヨタ ランドクルーザー70]

整備手帳

作業日:2020年8月10日

ATF DIY 圧送交換

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度
作業時間 3時間以内
1
 昨日のストレーナ交換からの続きです。
 一晩おいてシールパッキンも硬化していると思いますので朝から作業を再開しました。

 昨日、オイルパン内から排出したATFは約7リットルでしたので、これと同じ量のフルードをフィラーチューブより補充します。
 これで、オイルパン内のフルードは新油に置き換えることが出来ました。
2
 車両を下から見上げた写真です(写真下が車両前方)
 AT内部のフルード排出は、ラジエーターに内蔵されたATFクーラーへの配管より行いますので、写真赤丸2ヶ所の接続を外し黄色矢印のホース(ATオイルクーラーインレットホース)を取り外します。
3
 この際、どちらが吐出側か分からなかったので、透明のホースを接続してからエンジンを始動し、フルードの流れる方向を確認しました(一人作業で直接目視できないため、動画を撮影して確認(笑))。
4
 吐出側の配管に透明のホースを接続し、廃油受けまで導きます(私は排出量の管理がしやすいので2リットルのペットボトルを使用しています)。

 このとき、戻り側の配管内(ATFクーラー側)にも古いフルードが残っているので、上抜き用のオイルチェンジャーを接続し、新油の色になるまで吸引を行いました。
5
 エンジンを始動し、ATシステム内の古いフルードをオイルパンの新油で押し出していきます。
 2リットル排出したらエンジンを停止。フィラーチューブより同量の新油を補充して1サイクル終了です。
 この作業を数サイクル繰り返し、排出されるフルードが新油と同じ色になったらAT内部のフルードほぼ全量が新油に置き換えられたことになります(トルコン太郎等のATFチェンジャーは、これらの作業を連続的に自動化しているだけです)。
6
 私の場合、上記の作業を4サイクル行い、計15リットル(オイルパン内7リットル+圧送2リットル×4サイクル)のATFを入れ替えたところで新油とほぼ同じ色のフルードが排出されるようになったので終了としました(この車に搭載されているA442F型オートマチックトランスミッションのシステム総油量は13リットルです)。
7
 廃油受けまでのホースを取り外し、ATオイルクーラーインレットホースを復旧します(私は新品に交換)。
8
 エンジンを始動し、ATを暖機後、フルードレベルを確認して作業終了です(今回は調整しなくても適正なレベルだったので、補充や抜取りをしなくて済みました)。

 この方法は、大掛かりな設備無しに、ほぼ全量のATFをDIYで交換できるのでおススメです。

イイね!0件




タグ

関連整備ピックアップ

プロペラシャフトベアリング交換

難易度: ★★★

(40万kmまで無交換の)ATF交換

難易度:

ディファレンシャルオイル交換 リアのみ ~39307km

難易度:

前後プロペラシャフトのスパイダー交換

難易度:

駆動系オイル交換

難易度:

トランスファーオイル交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2020年8月10日 23:02
こんばんは!
チェンジャーなしで全量交換する方はじめてみました。
それにしても、ストレーナなんて単語、久しぶりに聞きました。

機械を愛し、機械に愛されていますね、羨ましい限りです。
コメントへの返答
2020年8月10日 23:44
こんばんは~
いつもコメントありがとうございます。

古い設計の自動車は、自分でいろいろと工夫できる余地があるので楽しいですよね。

最近は電子制御が進んでディーラーの診断機に接続しないと何一つ整備できない車種も増えているようです。
機械は単純で頑丈な構造が一番だと思うんですが、現代の自動車は使い捨ての電化製品のようで、アナログ世代の私はついていけません(笑)。
2020年8月11日 9:14
興味深く拝見させていただきました。
交換後はフィーリングに変化ありましたかー?
コメントへの返答
2020年8月11日 10:57
はじめまして~。コメントありがとうございます!

交換前も特に異常は無かったので、変化も特に感じられません(笑)(なんとなく調子が良くなったような気はしますが、プラシーボの範囲だと思います)。

フルードの交換は不具合発生の予防にはなると思いますが、既に発生している不具合を解消することはできないように思います。

まあ、どちらかというと自己満足の割合が高いですね(笑)。

プロフィール

ごくフツーのしがないサラリーマンです。 少し前まで軽くて速い車が好きだったのですが、いつの間にか所有車が2台とも「フレーム構造、車重2t超、規格灯丸目、スチール...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

リンカーン マークV リンカーン マークV
 ガレージの盆栽と化しています。  1979年にコンチネンタル・マークV最後の特別仕様車 ...
トヨタ ランドクルーザー70 トヨタ ランドクルーザー70
3代目足車です。
トヨタ ランドクルーザー70 トヨタ ランドクルーザー70
2代目足車です。 信号無視のトラックに突っ込まれて廃車に...。 しかし、部品バラ売りと ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
初代足車です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.