• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くろネコのブログ一覧

2018年11月16日 イイね!

週末のR2

週末のR2前回サフが終わって微調整と言うところで塗装ブースに入った姿を見てきましたが、今日行ってみると完成直前と言うところまで進んでいました。

リヤバンパーも戻されて、あとは塗装境界のわずかな研き処理を残すのみ。

補修箇所は、そこに穴が開いていたなんて微塵も感じさせない平滑な仕上がりで、ちょっと意地悪気味に角度をつけて向こうの蛍光灯を映り込ませて見てみても、不自然な面の歪みはどこにも見つけられませんでした。

色の合いについては「このくらいで勘弁して欲しい」との事でしたが、部分塗装だしある程度は仕方がないもの。
フェンダーアーチの形状を利用して区切ったので、言うほど目立ちはしません。
強いて言うなら、今塗った箇所がキレイ過ぎることくらい。
これは周囲を磨いてあげなきゃな。

今回の色合わせのために、調合を変えて何度もテスト塗装した時のサンプルを見せて頂きました。

こうやって並べても違いが一撃で分かるようなものではありませんが、0.1gの違いを変化させての微調整を何度もトライして決めたのだそうな。
元の塗装の色や経年の退色具合など、一台一台、また補修する部位によっても状況が違うため、指示通りの調合比率で元の色が再現できるわけではなく、都度調整が必要だそうです。

無調整と最終の物を並べて見ると、確かに片方はちょっと暗くて赤みが見えるかな?
このレベルの違いを見極められるのは人間の目が一番シビアで確実だそうで、機械による解析では違いが分からないとのこと。

こういった細かな拘りと手間を注ぎ込み、一台一台に合わせて丁寧に仕上げられているというのは、こうして見せてもらわないと一般的には分からないまま過ぎていくことだと思います。

今回もいい仕事を見せてもらえてラッキーでした。
朝のラジオで言っていましたが、今日11月16日は「いいいろ」で塗装の日だそうです。
2018年11月12日 イイね!

塗装ブースに入ったR2

塗装ブースに入ったR2土曜日に鈑金工場に見に行くと、R2は塗装ブースに入ったところでした。

いよいよ本塗装に入るのかと思ったら、繋ぎ目や影のシール財充填などのほか、塗装面はサフの調整をもうちょっとすれば下地が出来上がると言うところだそうです。

一見同じように見える仕上がりでも、手間を掛けた作業の内容は実に多くの工程を経ているのが実感できます。

パテや下地の乾燥・硬化に十分な時間を置いているので、後から膨れたり引けたりする心配は少ないはず。

ここまで来れば完成も近い?と見せかけて・・・・・

たぶん年内には出来るんじゃないかと思っていますが、せっかく完成した車がいきなり雪道デビューというのもすごく残念です。

いっそこのまま春まで完成しなくても??
2018年11月07日 イイね!

青サフ途中のR2

青サフ途中のR2錆びたリヤフェンダーを修理してもらっているR2。

今回は青いサフを使って仕上げると言うことで、塗装がかけられてしまう前にサフが見たくて行ってきました。

プラモなどの模型の経験だと、青は透ける感覚があるので、過剰に何度も重ね塗りしていくと途中から発色が沈んで黒っぽくなっていく感じがしていました。

実車の鈑金塗装も同じかどうかは分かりませんが、あらかじめ青系に振ったサフの上なら白やグレーのサフに青を乗せるより、少ない塗装で青が出てくれそうなのが想像できます。

今回の見学のタイミングでは、一度サフはかけたけど、まだちょっと納得がいかずペーパーが当てられた途中と言ったところでした。

サビが出た影響で少し膨らんでしまった箇所や、溶接修正で復元された箇所の微妙な歪み。
また、フェンダーアーチのわずかな段付き形状箇所の復元など、非常に手間を掛けた修正が施されています。

どこにどんな工夫をして仕上げて行くのかこうして見せてもらうことで、こちらもより理解や愛着も増しますし、苦労して仕上げた”この箇所”の何たるかを知ってほしいというのは常にあるんじゃないかと思います。

先日の東北セリカdayでキレイなボディはもちろんのこと、フェンダーやボンネットで隠れる部分の手の込んだ仕上がり具合をみんなに見てもらった話を伝えたりもしているので、手間は掛かっても通常の仕事の時とはちょっと違う手応えを感じてもらえたらいいな。

何気ないことでも物を大切に扱うこと、出来上がった物がどう出来上がったのか理解すること、そして神経質ではなくちょっとアバウトなところ。
こちらから仕事の対価として支払う代金は当然として、それ以外に喜びや実感を提供することができたら最高だと思っています。
2018年10月23日 イイね!

火曜日のR2

火曜日のR2先週末の時点ではサフまで進まなかったR2ですが、今週末までとなるとサフは通り過ぎてしまいそうな気配。

急かすつもりは無いけれど、見せたかったというサフ面を見逃してはならないと思い、仕事帰りに寄ってきました。


実際はサフまでは進まず、面調整の途中でした。
前回見たときはパテを付けて硬化待ちだった箇所も研ぎ出され、より平滑になっています。
サビが削られたり、溶接で埋められたりしているので表面は平坦ではありません。
薄く付けたパテが研がれ、また付けては研がれていく工程を経て、年輪のような模様が浮き上がっています。

だいぶいい感じになって見えますが、まだもうちょっと詰めたいということだったので、引き続きの作業をお願いしてきました。
2018年10月20日 イイね!

週末のR2

週末のR2鈑金工場でサビ修理中のR2。
車検が終わってから長引いているので、とりあえず車検までの代金を先に清算しておきました。

今回は排気漏れしていた排気管の交換と、エンジンのオイルライン洗浄をしてもらったので4~5万は多く掛かりました。

そしてリヤフェンダーのサビ修理。
こちらは穴埋めと内側パネルの補修が済み、表面の最終調整と言ったところです。

本当はもうちょっと進められて、サフの状態を見せたかったそうです。
仕上げた状態じゃなく、サフ面を見せたかったというあたり、なかなかマニアックなやり取りが成り立っている感覚があって嬉しくもあります。

今は内側のアンダーコートの乾燥中ということで、「触って触れなくも無いけど触らないほうがいいかも」と言うことなので触らないでおきました。
2回に分けて吹いた厚みのあるコートなので、乾燥にやや時間が掛かるようです。

リヤバンパー内側のサビですが、前回見たときに黒いサビ止め処理をしてもらっていて満足していたのですが、実はちゃんとパテを付けて整えてくれるらしく、きれいに処置されていました。



しきりに作業がなかなか進まなくて申し訳ないなんて言ってますが、こちらの目には丁寧な作業が着実に進んでいるように見えているので問題ありません。
この調子で行けば、一年掛からずに完成できそうです。(←どんな長いスパンで見てたんだ)

プロフィール

「更なる純正風を目指して http://cvw.jp/b/121373/42195681/
何シテル?   11/17 23:58
20年ほど前に飼っていたネコです。今はもういませんが、とても思い出深いネコです。 走り仲間と無線交信しているときから「くろネコ」のニックネームを名乗っていまし...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

フィルムを月に一本使うの会 
カテゴリ:カメラ
2013/07/28 00:40:41
 
キヤノン カメラミュージアム 
カテゴリ:カメラ
2011/01/14 23:22:11
 
GANREF 「くろネコ」 
カテゴリ:カメラ
2011/01/14 23:19:51
 

お友達

突然のお誘いはお断りしています
全くアクセスもなく更新が停止したままの方は削除させていただくことがありますが、逆にいつもアクセス&コメントしていただいている方には、こちらからお願いすることもあります。

ブックマーク代わりに「Myファン」登録をご利用ください
100 人のお友達がいます
ALMERA(アルメーラ)ALMERA(アルメーラ) * やせふくろうやせふくろう *
セリカTA45セリカTA45 * LEN吉LEN吉 *
あつりんあつりん * 90th上等兵90th上等兵

ファン

146 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカ トヨタ セリカ
セリカ GT-FOUR(ST205)  71000キロ走行の車両を中古で購入。 1基目 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
レガシィB4(BE5) RSK  5MT 色は珍しいコーストグレーメタリック ●マニュ ...
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
スターレット GT(EP82) '95年12月~'00年12月の間乗っていた。  436 ...
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
スターレットturbo-S(EP71) 1994年に走行78200kmの車両を中古で購入 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.