• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

naka3051のブログ一覧

2010年09月28日 イイね!

□裏磐梯初秋の旅--その3 大内宿探訪

□裏磐梯初秋の旅--その3 大内宿探訪 裏磐梯旅行最後の日、今までも毎回最終日は裏磐梯からどこかに寄って帰宅するパターンで、一回目は喜多方でラーメンを食べ、二回目は会津若松で塗り物を買いました。今回は事前予習もおろそかに(笑)有名観光地の大内宿に寄ることにしました。

ギャラリーもどうぞ

 前夜夕食を頂きながらペンションオーナーに大内宿のことを伺うと、結構な人気スポットらしく、休日には駐車場に入るための大渋滞も発生するとかで、宿を出たのは午前9時半。大内宿までは約70km、ナビは磐越道を使うルートを引きましたが、中途半端に高速を使うのも面白くないので下道を走ることに。

 まずは猪苗代湖畔を走り、一山越えて会津若松に入りますが途中会津盆地を一望出来るルートを通りました・・・一瞬でしたが、田んぼは一面の黄金色、その中に小島のように屋敷林が浮かぶ風景は、なかなか味わい深い景観でした。

 その後「アレが飯盛山で、白虎隊が自決した所だよ」などと車窓からの観光のみで、会津若松市街を通り抜け、ナビの引いた手前の谷沿いの国道経由のルートを無視して、かつての街道に近い山越えのルートを走ります。グングン高度を上げる道を登り切ると、唐突に現れる重力式ダム・・・大内ダムは堰堤状のダムの上を車で走れ、そこからは大内宿を遠望出来ました。

 大内宿に到着したのは予定通り11時頃。テレビや写真では見たことのある場所ですが、実際に歩くと茅葺き家屋の大きさに驚かされます。同じ形(じっくり見ると微妙に形は違うのですが)の家屋が並ぶ姿は、質素ながら迫力があります。日本中、どこに行ってもイオンがあり、セブンイレブンがある現代では、こういった街並みは貴重です。

 途中にあった本陣を再現したひときわ大きな建物は、資料館となっていて内部も見られます。特にオススメは入口上部にある中二階。急な階段を登ると四帖半ほどの背の低い部屋ですが、その窓から街道側を眺めるのは楽しいですよ。

 通りの行き止まりの奥を見上げると、一段高いところに神社があり、そこから大内宿を俯瞰出来きそうだったので登ってみました・・・案の定、そこは大内宿の定番撮影スポットだったので、定番写真を撮りました(笑)いかにも、で楽しいけど、つまらないですね。

 その後、ここの名物だという蕎麦・・・これはネギ一本を箸代わりにして頂くという蕎麦を頂きました。(これはまた後ほどUPします)観光地なので、あまり期待しませんでしたが、予想以上にそばつゆも優しく、蕎麦も腰があってなかなか美味でした。ゆっくり見て回って時間は13時頃大内宿を後にしました。


 その後はナビの案内に従って山間のラリーコースをヒタスラ東北道白河ICに向かいます。途中激しい降雨や霧の中、羽鳥湖とかレジーナの森とか、昨日釣りをしたフォレストスプリングスの経営母体である林養魚場とか、興味深い場所を通りながら白河ICに入ったのが14時過ぎ。順調に東北道を南下し自宅に到着したのが16時過ぎ。

 自宅に帰ると、あっという間に終わってしまった二泊三日の旅。何度かお世話になった宿の安心感と、驚きの連続の釣り、姿は地味ながら貴重な街並み、とバラエティーに富んだ楽しい旅となりました。楽しかったです。

 そうそう、約500kmをモクモクと走り13km/Lに近い燃費を記録し、50kmの山間ワインディングを1時間で走り抜けた我が家のアウトバックの底力も再認識しました。良い車です♪


PS.この後、旅行中食べたモノをまとめてUPいたします~
Posted at 2010/09/29 18:50:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | □遠くまで行った旅 | 旅行/地域
2010年09月27日 イイね!

□008裏磐梯初秋の旅--その2 49000㎡を貸切り釣行♪

□008裏磐梯初秋の旅--その2 49000㎡を貸切り釣行♪ それは一日目の夜のこと、宿のPCで天気チェックをすると・・・な?明日は一日雨?(驚)出かける前に天気図を見て、秋雨前線は日本南岸、東北地方は小さな高気圧が移動中、という感じだったので、雨は全くの想定外でした。困ったことに妻の雨具を忘れてきました。
 さらに9/18付けのブログを発見「まったく釣れない。一人流れ込みに入った人だけ釣れていた」という内容に暗澹たる気分になり、その夜は寝つけぬまま翌朝を迎えました。

 翌朝は7時からたっぷり美味しい朝食を頂きながら、ペンションのオーナーに雨具を売っている場所を教えて頂きました・・・が事情を察したオーナーは奥様の雨具を貸して下さるとのこと。雨の中での行動は雨具の性能で楽しくなるか、苦行になるか(下手したら身の危険になるか)が決まるので、一挙にテンションUP↑。本当に助かりました。

ギャラリーもどうぞ。

 本日の釣り場は「裏磐梯フォレストスプリングス」という自然湖をそのまま利用した、日本最大級の管理釣り場です。なんでもレイク水面面積は45000㎡、付属するポンドは4000㎡、合わせて49000㎡の広さです(と数字を並べても実感沸きませんがw)。レイクではカヌーで釣りをするスタイルになります。元カヌー乗りにして、元バス釣り師、現初級トラウト釣り師、しかも大好きな裏磐梯というロケーション・・・今回の旅行はこのために来た、というのが実情です(笑)

 宿から8分ほどの釣り場に到着すると、雨具まで完全装備した私達的には釣りにはおあつらえ向きの微風小雨。受付でスタッフのおばちゃんに状況を聞きます。
「良いですっ!(即答、きっぱり!)」
ええ?今まで見た最近のブログでは、この時点で「釣れないデスよぉ~。一日券じゃなくて2時間券にした方が良いデスよぉ~」という極めて率直なアドバイスが返ってきたようなのでビックリです・・・詳しく聞くと直前の週末はどの船(カヌー)でも釣れた、とのこと。

 早速カヌーに乗り込んだのが8時過ぎ・・・先行カヌーは皆無♪、というかポンドも含め本日のお客は我々夫婦のみ!49000㎡を貸し切りです・・・ですが申し訳ありません。全く歯が立ちませんでした(笑)

 水色は予想以上にマッディ、透明度は20cmくらいで水温は多分16~18℃くらい、気温(11℃)より水の中の方が温かい状況、カヌー周囲でのライズは5分に一回くらい(少ない?)。レイク奥流れ込み側の水深8m付近ではじめ、妻は表層~1.5mくらいをミノー、クランクベイトで、私は表層~ボトムを2.2gMIUと3gBUXで(ただし縦釣りは未収得なので巻きで・・・で反応無し。

次にレイク真ん中の広い部分、水深1.5m~3mに移動して同様に投げ続けます・・・ここで妻に待望の一尾目!・・・10cmほどの小魚が(笑) その後、風が強まり寒さがつのる中、風裏岸際に移動・・・でも、木に引っかかったルアーを悪戦苦闘して回収したりで、集中力の限界を超え(笑)、トイレに駆け込む形でレイクは11時頃撤収としました。スイマセン(;´_`;)
 
 トイレのついでにおばちゃんにポンドの状況を聞きます。
「良いですっ!(即答、きっぱり!)」・・・ホントに?(笑) 

 でも、ポンドに移動すると確かに生命感たっぷり、あっちこっちで3秒おきくらいにマスがジャンプしています・・・ライズではなくジャンプなのがやや違和感があるのですが(笑)
 水質はマッディ、透明度10cmちょっと、水深は2.5~3mくらいかな?(3LbナイロンラインにMIU2.2gで4~5カウントくらい)。まず私はミノーとスプーンで、妻はミノーとクランクベイトで、管理棟側から釣りはじめます。ここで私のスプーンに待望の一尾目・・・ウチダザリガニが釣れました(;´_`;)

 嫌な感じがしはじめた30分後、半周した一番奥でまずは妻にホントの一尾目が来ました。尻尾は残念ですが、体高が高い!重い!すげー走る!3拍子揃った30cmオーバーの見事なレインボーです(サスガ)。すぐに同じように立派なのが妻に釣れ、気持がほぐれて来ましたので、私は自作クランク「ヒツジクランク」を投げてみます・・・表層10cmほどをプルプル引いてくると、下からアタックする銀色の魚体がギラリと光ります。風の切れ目水面が凪ぐと見えるのですが、一投で3回くらいはギラリとします。

 
 ドキドキしながらカラーを変えつつ投げていると、数回のアタリののち、私にも待望の立派な一尾目(40cm弱)がシルバーグリーンのヒツジクランクに来ました♪すぐに妻にも濃ミドリヒツジクランクに(ちょっと小さな25cm)。時間は13時頃、ボウズ脱出できて、ホッとしたのでここで昼食に。


 昼食はレストランで名物のトラウトカレーを。強風の中で冷え切った身体をストーブで暖をとりつつ、サービスで出して頂いた自家製の枝豆と一緒に頂きます。そこでスタッフのおばちゃん達から、いろいろ話を聞きましたが、今年の夏はやはり異常で、ポンドは一時水温27℃まで上がり、放流したトラウトは翌朝には全部腹を出して浮いてしまったとか・・・可哀相な状態だったようですが、今週からやっと活性が上がってきた、とのことでした。


 昼食後は時々薄日も差す状況になってきました。ヒツジクランク中心にいろんなプラグで表層を釣っていきます。けど、アタリも多いしフッキングもするのですが、パワフルな魚にやられっぱなしです(汗)特に魚が見えないのでランディングまで行きません。何度もぷつんと切られ、ルアー消耗戦になったのですが、ぷつんのあと見渡すとプカリプカリとルアーが浮かんでいて、回収出来ます(笑)

 で、そん中、妻が「ひゃー」と珍しく声を上げたので見て見ると・・・竿の先端半分がありません(笑)前半分がすっぽ抜けたのですが、これはよくある事なのでゆっくり巻いていけばOK・・・がその状態で元気なトラウトがヒット!あっという間にぷつんと切られ竿先はポンドの底に(悲)。横目で見ていた私にも同時にヒット・・・集中する間もなくぷつん(泣) 自作ヒツジクランク量産型深ミドリがMIAとなりました。(ちなみに妻のプラグはその後プカプカしていたのを回収出来ました。)

 レイクは惨敗でしたし、数的にも少なかったのですが、パワフルなトラウトは満喫出来ました。透明度が無く相手の魚体が見えない状態で、ラインの動きだけでやりとりするのは難しいですね。もう少し上手く対応出来るように精進が必要なようです。

結果
私はネットイン1尾 10回以上のバラシ(汗)
妻はネットイン3尾  5回以上のバラシ

ぷつん、されたルアー4個・・・そのうち3個は回収できました(笑)


□本日のロストルアー
・スプーンプリズムデザイン ファットバディ1.3g 銀 1個
・自作ヒツジクランク量産型 深ミドリ 1個(泣)

□本日のロスト ロッド
・SZMのトラウト何とか5.6feetの前半分(1700円相当w)
 ※↑これは補充ということでランクアップしたのを買ってもらえます♪
 
にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
にほんブログ村
Posted at 2010/09/29 11:13:52 | コメント(5) | トラックバック(1) | □ ロストルアーの記録 | 趣味
2010年09月26日 イイね!

□裏磐梯初秋の旅--その1

□裏磐梯初秋の旅--その1 かねてから計画していた、遅い夏休みの旅行として、初秋の裏磐梯に2泊3日で行ってきました。初日はのんびり気味に宿までドライブ、二日目は管理釣り場でトラウト釣り、三日目は某有名観光地に立ち寄って帰宅・・・天気には恵まれませんでしたが、良いリフレッシュになりました。

一日目の様子はギャラリーをどうぞ

 旅行初日はゆっくりめの11時スタート。約250km走って裏磐梯の「フットルース」というペンションを目指します。通い慣れた(笑)東北道は交通量も少なく、クルコンのほぼ限界速度で巡航出来ました。今回初旅行のフェレット達も順調に睡眠時間を伸ばし、磐越道経由で磐梯山の麓には予定通り14:30頃到着。付近は一面黄金色に実った稲穂。恒例の(?)磐梯山をバックに記念撮影を済ませ、山間の道を20分ほどで宿に到着・・・ですが、まだ早いのでそのまま奥にある秋元湖を探検します。

 ここは前回大雪の中少し走って、速攻撤退したのですが、ナビに道も表示されない湖畔の細道を進みます(内心ビクビクw)。途中、一旦「ここまで戻ろう」と思いつつ、小さなワンドで湖畔に出てみると、もっと奥に浜状の地形を発見し、結局湖最奥の流れ込みまで行きました。

 そこはきれいな川が流れ込む気持ちの良い河原。少し高い散策路から覗くと、ヤマメかイワナか小さな魚影も見えました。その先は中津川渓谷散策路というハイキングコースになっているようです。今回は入口で引き返したのですが、9月の高原(標高約700m)としては周囲のミドリはまだ瑞々しく、一観光客としては嬉しく、一釣り師としては湖の水温の高さに不吉な予感を抱きつつ、16時頃宿に入りました。

 今回お世話になった「プチホテル・フットルース」というペンションは04年晩夏06年冬とにお世話になった宿です。ペット(ほとんどがワンちゃんですが)と泊まれ、美味しい料理に、露天風呂に、なにより暖かいオーナーの気遣いが嬉しい宿です。

 珈琲を頂きつつペンションのドッグランでフェレット達を運動させます。慣れないハーネスとリードを装着したのにも関わらず、初めての屋外、芝生、落ち葉に興奮したのか、予想以上に元気に走り回ってくれました・・・元気すぎて飼い主はややグッタリ(笑)

 その後明るい内に露天風呂を頂き、たっぷりで美味な料理を頂き、23時頃就寝・・・という感じで一日目は大したこともせず(笑)終了しました。

 次は、高原の美しい釣り場でのトラウト釣り編。酷暑の夏に痛めつけられたトラウトたちは復活したのか?気温11℃強風、そして雨!コンディションは最悪。初心者アングラーに釣りの神は微笑むのか?・・・そして、大量生産した自作ルアーの活躍はいかに?

乞うご期待!(笑)


にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村
Posted at 2010/09/28 23:08:50 | コメント(3) | トラックバック(1) | □遠くまで行った旅 | 旅行/地域
2010年09月25日 イイね!

▽自作クランク完成

▽自作クランク完成 増産中だった自作クランクベイト「ヒツジ雲23型」が、完成しました。
よく見ると(いえ、一見するだけで)形がいびつなのが分かりますが(汗)、スイムテストをしたら、まあどれも泳いでくれたので、完成といたします。


これを持って、明日から2泊3日で福島方面に旅行に行って参ります~


にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
にほんブログ村
Posted at 2010/09/25 17:24:37 | コメント(9) | トラックバック(0) | ▽ルアーメイキング | 趣味
2010年09月24日 イイね!

□007鱒は何処に? ---加賀フィッシングエリア

□007鱒は何処に? ---加賀フィッシングエリア 夏休み二日目、家庭内連絡不行き届きのため、私は休みなのに妻は出勤(お疲れ様デス)・・・てことは、一日一人で留守番? それは退屈だし、せっかくの平日休みがもったいない、と半ば強迫観念に囚われ、かつ、やや逆上気味に本格的に釣りに行ってきました。

 ギャラリーもどうぞ

 今日行ったのは関東管理釣り場の横綱(当社比)、加賀フィッシングエリアです。栃木の佐野市にある加賀FAまでは自宅から1時間ほど。開門6時に間に合うように、4時起床、4:30出発(一人だと準備早いw)。早朝で交通量の少ない東北道をやや爆走し、一時間で現地到着・・・到着順にタクシープール状にキチンとに並ぶ噂の第二駐車場に入ると先行車は3.4台。勝手が分からないのですが、先行の皆さんを見よう見まねで無事料金所を通過し、入ったのは一番奥のポンドの土管インレット脇・・・ですが、今日は気温が下がり、冷たい雨もたっぷり降ったので全ポンド活性UP!なので(という妄想だったので)、インレットに拘らずあちこち釣り歩き、楽しい爆釣になるはず(という二重妄想)。

 が、魚が見当たりません。いや偏光グラスを掛けていないから?いやいや朝日が逆光だから?いやいやいや、高いところから見れば・・・

 やっぱり魚が見当たりません(泣)

 とはいえ一番良いポイントですから、泣かない程度に反応はあります。流れの中でミノーやスプーンを横スライドさせると釣れなくはありませんが、時速1尾(汗)。最初、在庫過多のSKミノーで釣れホッとしたのち、一番のお気に入りのSkillfulのクランクベイトで良いサイズをフッキング・・・お、鱒が横目で睨んだな、と思った瞬間ブンッと頭を振られ、3lbラインがぷつりと(泣)。

 さらに、気を取り直して虎の子の同じクランクベイトで探っていると、ごつんと当たって、ぶーんとスイープするように合わせるとすぽっと抜けて、ラインの先にはあったはずのクランクベイトの姿形なし(号泣)

 貴重で、一番信頼のある(かつ高価な)ルアーを2つも立て続けに無くし、ハッキリ言って戦意喪失・・・というか戦力半減ですから、思慮深い人間なら撤退を考えるのですが、一日券を買った手前戦線維持に意地になってしまいました。

 おかげでその後今までで一番大きな35cmくらいのトラウトを釣ることが出来ましたが、12時前の一尾を最後にパッタリ。インレットを離れ、他のポンドを試しますが全く生命反応無し。午後の5時間でアタリはわずか1回。終了間際にインレットに戻り、自作の「ヒツジ雲(試作機)」で何とか一尾とねばる事にしましたが、フッキングも出来た良いサイズの魚にはネットの手前で逃げられ終了時間 orz...

 今回の釣りは、希望的観測に基づく杜撰な計画(妄想)→現地部隊の戦力損失に関わらず、計画(妄想)に執着し、撤退時期を逸し壊滅的損害を被る。という某旧帝國陸軍のような作戦行動となりました(笑)

でも、 己の未熟さを棚に上げて、あえて問いたい。
鱒は何処に在りや?」 
と。 (笑) いえ、笑い事じゃなくちょっとウンザリw

※翌日追記 
 一晩寝て落ち着いてみるとちょっと書きすぎた、と反省しています。昨日はほぼ一日曇天でしたから、水の中に光りが差し込まず、そのせいで魚が見なかったのかも知れません。ポンドも深いし広いので底や中央に集まっちゃったのかも知れません。それを感知出来ない私の技量不足であったろうと。
 また釣れた魚たちはサイズに関わらず力強いファイトをしてくれました。そのコンディションを保つため、人口密度(魚口密度?)を低めに設定しているなら、それも一つの見識かな、とも思いました。


本日のロストルアー
・超お気に入りのSkillfulクランクベイト2個(全滅)
・遠投用3gスプーンBUX1個 ミュー1個(遠投スプーン戦力半減)


次回作戦行動予定・・・三日後。(補給は間に合わず)


にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ
にほんブログ村
Posted at 2010/09/24 22:45:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | □ ロストルアーの記録 | 趣味

プロフィール

「▽Backしました・・・The Halograph II Watch http://cvw.jp/b/122372/41607746/
何シテル?   06/15 20:37
アウトドアマンを自負するが、 この数年キャンプをしていないし、 この数年リフトに乗っていない。 釣り師を自負するが この数年ラインを交換していないし、 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/9 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達

よろしければお友達の登録をお願いします。
62 人のお友達がいます
くろネコくろネコ * 覆面える覆面える *
あんちゃおあんちゃお モリヤスモリヤス
ELTENELTEN やせふくろうやせふくろう

ファン

40 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィ アウトバック 小豆色OB (スバル レガシィ アウトバック)
2013年8月21日に発注。 9月23日にラインアウト。 10月5日納車されました。 歴 ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
迷った末に・・・結局スバル車orz 2004年11月~2013年10月05日 エンジン ...
スバル フォレスター スバル フォレスター
2000年9月~2004年10月 良く出来た道具としてとても頼りになった車。 スバル車と ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
1992年~2000年9月 3代目にして生まれて初めての新車。 スバル車としては2台目。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.