• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

naka3051のブログ一覧

2017年10月29日 イイね!

□は~し~れ、走れっ!いすゞのトラック いすゞプラザ

□は~し~れ、走れっ!いすゞのトラック いすゞプラザ 先日の研修会は日産ギャラリーのあと、いすゞプラザにも行きました。場所はいすゞの藤沢工場の目の前、ホワイト&ブラックでまとめられたモダンな企業ミュージアムです。
←いすゞの原点、ウーズレーのトラック。いすゞの前身石川島造船所で作られたもの。エントランスホールに展示されていますが、現在も動態保存されている近代化産業遺産だそうです。

もしも石川島造船から数えると、いすゞは日本最古の自動車メーカー、となるそうです(あくまで、そういうカウントをすると、です)


 館内に入ると、まずは大きくて精巧なジオラマがあります。こだわりつくして作ったとのことですが、確かにすごい。15分ほどのショータイムでは、照明が変化し朝から夜まで再現されています。その中を数十台の車がそれぞれ、それぞれの仕事をしながら動いています。ネタも沢山仕込まれています♪
←公園の噴水をクルクル回る「町の遊撃手」♪



 マンションの一室から出火!消防車が数台到着しています。この後、遅れて救急車も到着しますが、その救急車が一番早く現場を離れ病院に向かいます・・・実際もけが人が出ればそういう順序になりますよね♪


 ジオラマの最奥の湖、見事に模型部分と背景画が繋がっています・・・本気具合はこういう所で分かりますね♪


 車メーカーとしての拘りとして、どの車も方向指示器もブレーキランプもちゃんと再現されているそうです。ショータイムは15分程度で一通り終わります。終了すると車たちは三々五々バックヤードに戻って、自分で充電器に接続して次のショータイムに備えるそうです♪

このジオラマは、必見です・・・というか、あと2.3回は目を皿のようにして見たいっ!w


 次はいすゞの車づくりのコーナー。
トラックも。


 陸自の6輪駆動トラックも。


 実際の車づくりの手順通り、設計デザイン→パーツ作り→組立という順序で、それぞれどういう事が行われるのか、お子さんにも分かるような展示があります。


 CADで描いた図面が実物になるよ、という展示。


 プレスの工程。平板から順番にプレスが進むのがわかります。


 そこには小さなプレス機があって、自分でスイッチを押すと実際に紙が型抜きされ、プレスされます♪(出来上がった型押し紙はお土産になります)。車の企業ミュージアムとして、こういった体験型の展示は珍しいとのこと。休日はファミリーに大人気だそうです。


 最後はいすゞの歴代の車たちのコーナー。


 かすかに記憶にある車も。黄色いのはジェミニの初期型ですね。


 歴代のモデルをすべて並べたショーケース。手前が空いているのは、今後二十年分くらいの余裕を持たせてケースを作ったから。


 最後は117クーペです・・・いすゞの代表作、ということで納得ですよね。日本離れした情感溢れるボディデザイン、いまでも格好いいです。


いすゞプラザ、駆け足で拝見しても2時間近く掛かりました。プライベートで行ったら半日は過ごしてしまいそうです(笑)隣にはカフェもあるので、一日過ごすつもりで出かけてもいいかも知れません。

楽しかったです。
Posted at 2017/10/29 15:34:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | □近場で発見の旅 | クルマ
2017年10月29日 イイね!

□行っちゃえ、日産! グローバル本社ギャラリー

□行っちゃえ、日産! グローバル本社ギャラリー 先日会社の研修会で、横浜の日産グローバル本社ギャラリーに行って来ました。
←メインステージの展示は電気自動車のリーフでしょうか?
(滞在時間が短くて、ちゃんと見てないもので)

←GT-Rのプラットフォーム+駆動系のモデルが置いてありました。ジックリ見てみました(見ないわけない、ですよね?)
フンフン、V6エンジンでターボ付きなんだ・・・
で、ドライブシャフトで動力をリアに伝えて・・・

・・・リアに伝わった動力が・・・ ん?何だこれは?
リアにあるまじきモノを発見!
←GT-Rはトランスミッションをリアに置いてあるんですね!そのせいか、エンジン直結のドライブシャフトはカーボンをまとった極太仕様・・・で、一回り細い2本目のドライブシャフトで、前輪に動力を戻している、と。すごいですね。質量の大きなエンジンをなるべく車体の中央近くに配置するため、とか、前後の重量バランスとか、ということで凝ったレイアウトになっているのでしょうか。
(あ、フロントミッドシップってことなんですね、今気が付いたw)


「今なら、あと30分ほど待てば、GT-Rの試乗が出来きます。」とスタッフの方が耳元で囁くのですが、この日は団体行動・・・泣く泣く諦めました。

 他にも沢山展示されていましたが、気に入ったのは、
←DATSUNのフェアレディー。いいなぁ。

たった30分ほどの滞在でしたが、楽しかったです

(いや、あと1時間くらいは居たかったゾ)
Posted at 2017/10/29 09:13:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | □近場で発見の旅 | クルマ
2017年10月22日 イイね!

▽リチウムな休日

▽リチウムな休日 今週末は、しばらくご無沙汰していたショッピングセンターに行って来ました。メインは珈琲豆の補充なのですが、ここは好きなブランドが入っているので半日以上滞在してしまいます。
←新しくオープンしたキッシュを沢山そろえたカフェ。キッシュ一つと飲み物で500円ワンコイン、というのを頂きました。値段を考えるとまあまあ、かな。予想外にきれいな写真になったので掲載w

 買い物自体は比較的控え目で、妻は軽く暖かいコートを一着。私は消耗が激しかった革のベルトを一本と・・・

 あらら、またもや帽子です。
フェルト(もどき)のワークキャプ・・・この日は青系のデジカモ柄のアウターだったので、それに引っ張られた感も(笑)
・・・これを被って、「ラピュタはホントにあったんだっ!」というネタも出来そうです(違う)。
 
 ちなみにこのお店、SCに入っているお手軽価格の帽子屋さんですが、前回パナマハットを被っていったら「いいパナマですね。エクアドル製ですよね?」と看破する店員さんがいたので、以降贔屓にしようと思ったのですw


 夕飯は肉。最近は脂気の少ない赤身肉ですね、胃がもたれるので(笑)


 本題の珈琲豆補充に向かうと・・・あらら、ゲイシャさんがなまめかしく手招きしていました。今年のゲイシャさんは甘みが強く豊潤です、とか。でも価格は高騰しているので申し訳けないとも。

←設定を間違え、ISO25600で撮ってしまいました。どうりでシャッターが早かったわけだw


 結果、3種の豆を補充しました。久しぶりに手に入れた我が家の定番のグジのウオッシュドはやっぱりいいですね。


 ←衣替えした帽子コーナーです。左上が今回仕入れたワークキャップ。中上はセールで6割引きになっていたBEAMSのスエード(もどき)のカーキ色中折れ帽。右上と右下はソフトハット。下中はセールで半額になっていたAIGLEの黒の羊毛フェルトの中折れ帽。左下は今回と同じ店で先シーズンに手に入れたフェルトもどきのツートン中折れ帽。


 秋冬のラインナップも充実してきました・・・最後に(ホントに最後かいな?)本格的なちゃんとした中折れ帽を手に入れたいところですね(笑)

追伸:今回行ったショッピングセンターはどこでしょうか? タイトルがヒントです♪
Posted at 2017/10/23 00:17:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | ▽Good! Goods! OMG! | ショッピング
2017年10月21日 イイね!

▽Waltzing Matilda 第一次薬禍七日間戦争開始

▽Waltzing Matilda 第一次薬禍七日間戦争開始 我らが始祖は遍く世界を彷徨し、やがて先祖の一握りがこの過酷で豊潤な地に辿り着く。その子孫は熾烈な酸の海にも耐え、広大な土地を飢えの趣くままに喰らい、幾千万の世代を重ね、繁栄の極み今日に至る、ぴろり。

しかし、本日、突如上空より三種の警邏の屈強軍団現る、ぴろり。

 彼ら曰く、この地を喰らうは御法度なりと。彼らに触れると忽ち我が同胞は消散す。まさに阿鼻叫喚。消散されるならと、腸の沼に自ら身を投じるもの後を絶たず、ぴろり。

後に第一次薬禍七日間戦争と云われる災厄は今まさに開始された也、ぴろり。



記:マルクス・トゥッリウス・ピロリ  
  ピロリ暦二○一七年一○月弐○日

Posted at 2017/10/21 12:32:20 | コメント(0) | トラックバック(1) | ▽徒然に車以外の話 | 暮らし/家族
2017年10月17日 イイね!

◇歓喜の夜明けーーーRedBullAirRace2017

◇歓喜の夜明けーーーRedBullAirRace2017 週末の日曜日、我が家は14時から、前夜にあった、レッドブルエアレースの最終戦であるインディアナポリス戦の予選を鑑賞。16時に夕食を食べ始め、17時には風呂に入り、18時から早虎を見て、19時に就寝・・・からの、26時起床(ちゃんと7時間も寝てます)NHK BSで決勝を観戦しました。

 悪天候のためRound of 14は26:50(2:50)から。第2ヒートで室屋選手(年間2位)はいきなり年間1位のソンカ選手と直接対決することに。

 予選での室屋選手の機体はスピード(加速)が全然出ていない印象でした。そのせいかリズムも悪く、タイムも伸び悩んでいました。一方のソンカ選手は完璧な飛行でキッチリと良いタイムを出していました・・・つまり、悪い予感しかしなかったのです。

 先攻の室屋選手は強風の中、タイミングが遅れ気味で痛恨のミスで、+2秒ペナルティー・・・万事休す。が、冷静沈着正確無比のソンカ選手は最後の最後にパイロンヒットという信じられないミスで+3秒のペナルティー・・・神風が吹いたのでしょうか、室屋選手は勝ち抜けました。

 そのまま、ソンカ選手が終われば、室屋選手の年間優勝が決まったも同然ですが、なんという事でしょう、ファーステストルーサーとして敗者復活してRound of 8に進出!胃が痛くなりました。

 Round of 8では、室屋選手はルーキーを順当に下しました。ペナルティーなしでタイムも良くなっていました。でも、一方のソンカ選手もしっかり予選ベストタイムを出していた選手を相手に、タフに勝ち残りました。もう、頭も痛くなりました(笑)

 最後のFinal4は4人が一回ずつ飛んで、タイムで順位が決まります。1番手は室屋選手・・・ペナルティーが無いように祈りながら、一分間息をつめて見ていました。ゴールしてタイムは・・・1分3秒台!!コースレコードを更新した奇跡のタイムです。年甲斐もなく夫婦で、叫んで夜中にガッツポーズ!(ご近所さんごめんなさい)

 2番手の選手は室屋選手には及ばず、まあまあのタイム。この時点でこのレースでの室屋選手の3位以内入賞は決定。というか、奇跡のタイムですから、このレースの優勝はほぼ決定。ですが逆転して年間チャンピオンとなるには、ソンカ選手が3位以下になる必要があります。

 次の選手は室屋選手と仲の良いドルダラー選手です。昨年の年間チャンピオンながら今季は不調。最終戦でやっと調子を取り戻してきていました。結果はその時点で2位になる良タイム。

 さあ、最後のソンカ選手のフライトです・・・おや?パワーが出ていない!?ペナルティーはありませんでしたが、明らかにエンジンパワーが出ていませんでした。室屋選手より4秒遅いタイムで結果は第4位。

 最終戦の最後のフライトまでもつれた年間チャンピオン争い、堪能いたしました。モータースポーツ観戦でこれほど熱狂したことはありませんでした。千葉戦を3回観戦し、2回室屋選手の優勝を目の当たりしました。そして、この夜・・いやもう明け方の5時でしたが、ついに、年間チャンピオンの誕生を見ることが出来ました。

 これほど嬉しいことはありません。2008年のオートボルテージュで初めて室屋選手のフライトを見て以来9年ですが、追いかけてきて本当に良かったと思えた夜明けでした。

 室屋選手、おめでとうございました!

 
Posted at 2017/10/17 22:35:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | ◇飛べ飛行機! | スポーツ

プロフィール

「◇明日はRedBullAirRace http://cvw.jp/b/122372/41524494/
何シテル?   05/25 23:57
アウトドアマンを自負するが、 この数年キャンプをしていないし、 この数年リフトに乗っていない。 釣り師を自負するが この数年ラインを交換していないし、 ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

よろしければお友達の登録をお願いします。
62 人のお友達がいます
ELTENELTEN * くろネコくろネコ *
モリヤスモリヤス * NEW AGENEW AGE
JI1VJI1V 覆面える覆面える

ファン

40 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィ アウトバック 小豆色OB (スバル レガシィ アウトバック)
2013年8月21日に発注。 9月23日にラインアウト。 10月5日納車されました。 歴 ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
迷った末に・・・結局スバル車orz 2004年11月~2013年10月05日 エンジン ...
スバル フォレスター スバル フォレスター
2000年9月~2004年10月 良く出来た道具としてとても頼りになった車。 スバル車と ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
1992年~2000年9月 3代目にして生まれて初めての新車。 スバル車としては2台目。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.