• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年10月06日

豊川駐屯地創立64周年記念行事その5(装備品展示等)

さて豊川駐屯地創立64周年記念行事、ラストです。
式典会場では観閲式、観閲行進、訓練展示、音楽隊演奏と盛大に行われましたが、もちろんそれだけじゃありません。
駐屯地内ではさまざまな催しも開催されています。



こちらは軽装甲機動車の体験搭乗です。
自衛隊の装甲車に乗るなんて機会、まずありませんから非常に貴重ですものね。
私も以前体験搭乗させていただきました。
軽装甲機動車は軽装甲がほどこされていることもあって視界がやはり制限されていました。
乗り心地は・・・4トントラックに近いかも?
道路交通法に従う車両なので当たり前なのですが、ウインカーを光らせるのが妙に新鮮に感じてしまいました(^^)




会場では第10音楽隊の演奏や三河陣太鼓などが披露されていました。
かしこまった音楽ホールではなく、こうやって屋外で目の前で音楽演奏をしてもらえるので自衛隊が近くに感じますね。


ここからは観閲行進や訓練展示に使われた装備品が展示されます。
他の駐屯地祭では訓練展示終了後のグランドにそのまま装備品が展示される形が多いと思いますが、豊川駐屯地ではこのようにグランドではなく芝生で行われます。


こちらは第6施設群第371施設中隊の92式地雷原処理車です。
車体は73式牽引車をベースに車体を大型化し、大型のロケット弾ランチャを装備しています。
このロケット弾発射はさすがに駐屯地祭では見ることができませんが、富士総合火力演習で見ることができます。
長さ数百メートル、幅5メートルの戦車用通路を開設することができます。




こちらは第10特科連隊の155ミリりゅう弾砲FH70です。
よく見ると砲を自走させるための運転用座席がありますね。





こちらは第10高射特科大隊の81式短距離地対空誘導弾(C)です。
ミサイルはもちろん訓練弾ですが、よくみると上の写真と下の写真でミサイルの先端の形が違います。
上の写真が電波弾、下の写真が光波弾です。
電波弾はアクティブ電波誘導式のミサイルで光波弾は赤外線および可視光複合画像誘導方式のミサイルです。
敵の航空機が我のミサイルを回避するために当然電子妨害などの妨害行動を行います。
そこで2種類のミサイルを使い分けるわけです。



こちらは第10高射特科大隊の93式近距離地対空誘導弾です。
真ん中が射撃照準装置、左右にあるのがミサイルです。
ミサイルの先端(シーカー)にカメラが見えますが、このミサイルは赤外線と可視光画像との複合誘導です。
先端のカメラで捉えた画像をイメージとして認識して誘導するそうですが、凄いシステムですね。




こちらは偵察用オートバイです。
カワサキの250CCのオートバイを用いています。
オートバイは偵察用のほかに警務用の白バイも自衛隊は保有しています。



こちらは第49普通科連隊の軽装甲機動車です。
陸上自衛隊のほかに基地警備用に航空自衛隊も採用しています。
写真の車両は屋根に機関銃用の防盾を設置していますね。



こちらは第49普通科連隊の高機動車です。
陸上自衛隊の普通科部隊に大量配備されたので見る機会も増えてきましたね。
人員輸送用のほかに重迫撃砲牽引型や93式近距離地対空誘導弾や発煙機、レーダなどさまざまな車載型に流用されています。



こちらは120ミリ迫撃砲RTです。
いわゆる重迫撃砲です。
陸上自衛隊が以前装備していた軽砲の砲径が105ミリですから非常に大型の迫撃砲です。
高機動車により牽引されますが、写真がその牽引状態です。
砲身内に牽引用のフックを取り付けています。
射撃時には砲口から砲弾を手動で砲身内に落とすわけですが、わずか1秒程度で砲弾が飛び出していきます。
その際に猛烈な砲炎が出るので射手は急いで伏せないと焼けちゃうそうです。
大変な作業ですね・・・・



こちらは第6施設群の81式自走架柱橋です。
河川に迅速に橋をかけるための装備で、数両で1セットの橋を展開させます。





こちらは守山駐屯地の第10特殊武器防護隊の化学防護車です。
82式指揮通信車をベースにマニュピレータと空気洗浄器、測定器を搭載した車両で放射性物質や化学兵器により汚染された地域での車外の状況把握を行います。
しれにしても・・・・第10特殊武器防護隊のステッカー、インパクトありますね(^^;




えーんたーえーんたーみっしょーん
ヒヤッホォォォウ!最高だぜぇぇぇぇ!!

・・・・失礼しましたw


74式戦車の体験搭乗です。
大人気で整理券に列ができてました。
74式戦車はないですが、おなじ車体を使っている78式戦車回収車に体験搭乗したことがありますが、ものすごいブレーキと加速でぶっとばされそうになりました(^^;



もちろん各部隊が開いている模擬店もあるぜよ!


以上、豊川駐屯地創立64周年記念行事でした。


__________________
その1/その2/その3/その4/その5
ブログ一覧 | ミリタリーイベント | 日記
Posted at 2014/10/07 00:48:23

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

半永久コーティング
PROSTAFF(プロスタッフ)さん

久々うきさとむらの唐揚げ・・・(# ...
ルパン8世さん

C63AMG or BONSAI?
nanamaiさん

四川の壁 ・・・ 高級車の革新
P.N.「32乗り」さん

ハコスカ 水漏れ修理 ラジエター交 ...
ラッシュモータースポーツさん

今年11回目の青森帰省♪(復路編)
Jつのさん

この記事へのコメント

2014/10/07 20:47:52
大作おつです。

全部拝見しました。

模擬戦で、FHが観客近くで空砲を撃っているのが印象的です。

総火演では距離あるし、私の地元の八尾でも模擬戦でのFHは少し距離があるので、
こんなに近くで射撃を見れるなら行ってみたいですね。

それと地雷原処理車が訓練展示に参加するのも総火演以外では見たことがありませんね。

来年は遠征を考えてみようかと思います。
コメントへの返答
2014/10/07 23:23:25
こんばんは。
さすがに今回は気力も全て使い果たしてアップしましたw
「ブログ」のボタンをクリックして表示させると5ページ合計130枚以上の写真がズラズラ並ぶので大変見難いページになってしまいましたw

写真の腕はあんまり良くないのでイベントの雰囲気を可能な限り伝えることができるようなページにしました。

FH70の射撃位置と観客の位置、何気にムチャクチャ近いですよね。
ひな壇と展示場所の距離は守山のほうが少し近い気がしますが、豊川は演習場(訓練場)が広いので、グランド内に参加車両の待機や移動全て行うことができます。
しかも味方陣地・敵陣地側も隣が道路に近いのでそこから見ることができるのも豊川ならではですね。
射撃も守山よりも今年は多かったかも?

地雷処理車は保有している部隊がかぎられてきますので訓練展示に参加する機会もあまりないのかもしれませんね。
個人的には75式ドーザのあの独特のオーラ、無骨さかっこよさを見ることができるのも魅力の一つだと思います。
2014/10/08 00:25:46
え?ここでやるの?っていう狭さでしたがwそれが迫力を出してましたね♪
コメントへの返答
2014/10/08 23:18:57
こんばんは。
守山の訓練場と比べると大きいですよ~w
間近で見ることができるのが陸自のイベントの魅力ですね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「佐久間挺長ほか潜水艇の慰霊塔がある鯛の宮神社は呉のタクシー運転手さんも知らない場合もあってちょっと行きづらいのですが、あのあたりは安芸地震で結構被害受けたみたいで爪痕がまだ残ってたりします。」
何シテル?   06/23 21:17
ミリタリー関係その他のブログはこちらへどうぞ http://minkara.carview.co.jp/userid/1224622/mylist/all...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

桜開花 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/31 21:59:29
浜松広報館車両等展示イベント 
カテゴリ:ミリタリーイベント
2016/09/27 00:40:45
 
であごすてぃーにWW2傑作機コレクション14「九九式艦上爆撃機」 
カテゴリ:でぃあごすてぃーに
2016/09/27 00:40:01
 

愛車一覧

スバル R2 スバル R2
スバル R2に乗っています。 後席がちょっと狭いですが良い車ですよ(^^)
スバル レヴォーグ レガシィ後継車 (スバル レヴォーグ)
先代が事故で早期引退となってしまったため、導入されたレガシィ後継車です。
スズキ アルト スズキ アルト
10年ほど乗っていた以前の車です。 660CC規格になって初めて乗った車でした。
輸入車その他 その他 輸入車その他 その他
ブログ用の画像です
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.