• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

素浪人☆のブログ一覧

2017年12月04日 イイね!

自制

自制 ずっと90~100キロで走っていた郊外のバイパス道路を85キロをリミットとして走るようにした。そうすると、いつも2か所で赤信号にかかるところを全部青信号で通過できることに気づいたからだ。85キロというのはベトナムでは速いバイクの流れの速度である。今まではほとんどの車を抜いていたのだが、85キロ以下だと他車に追従する場面も出てくる。

 WINNERにとって85キロという速度はかなり快適である。エンジン回転もそんなに上がらないし、道路の段差でジャンプすることもなくなる。サスペンションもちょうどこのあたりの速度域を狙ってチューニングしてあるらしく、余裕のよっちゃん(古い!)で走り続けることができる。それに、いざとなったら100キロ以上まで加速して回避行動を取ることもできるということは心理的なゆとりにもつながる。なにより、空気抵抗の壁の存在を意識せずに済む速度なので、構えることなくしかも低燃費で走ることができる。リッター50キロ以上走るのだから、150ccクラスというものの存在意義を認めないわけにはいかない。

 自制心を強く働かせて、周囲の流れに合わせて走っているかぎり、150ccでも十分というのが冷静な意見である。車両価格25万円、リッター50キロ以上の低燃費ということを考えると、こんなに経済的で通勤にジャストフィットなバイクはない、ということができる。購入するときにそのあたりは熟考のうえで選んでいるので、やはりイイものを買ったという結論に至る。

 しかし、「必要十分」では満足できないのが人の性であり、特にもっと大きな排気量のバイクに乗った経験があれば、150ccというのはいかにも「ちゃっちい」。軽量故、動力性能的には250cc空冷単気筒のバイクと同等かもしれないが、フィーリング的に「最小クラスのバイクに乗っている」ということをいつも意識させるのだ。例えば、400~600ccだったら、同じ85キロでも更に余裕で、気楽に走ることができるだろうと思う。そのために70~100万円出すのはどうかということは判断しなければならないが、やっぱりバイクはエンジンが大きければ大きいほど魅力的なので、通勤の中にささやかな楽しみを見出すためにも、大きなバイクの購入はいいことだと思う。

 何か道楽がないとストレス溜まりまくりになっちゃうしね・・・(自分に言い訳)

Posted at 2017/12/05 00:16:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | バイク | クルマ

プロフィール

「「行ってきます」「東京を離れます」などの短いコメントとともに、空港の写真をインスタグラムなどに投稿する中年男性は「空港投稿おっさん」と呼ばれウザがられる存在らしい。だって、空港にいるときってヒマなんだもん。Wifiはつながるしね・・・。」
何シテル?   10/14 14:27
日本、米国、そしてベトナムで運転してきました。国が変わっても運転好きは変わりません。大型、牽引、二輪など各種免許を持ち、バス、トラック、タクシーなどの乗務経験が...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

夫婦でツーリングするにはいいバイク 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/04 07:37:26
ベトナムをバイク旅行したい場合・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/04 08:49:48
Mr.KAMEのページ 
カテゴリ:カメ
2013/05/05 20:50:40
 

お友達

ファン

44 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フューチャー125 モダンなカブ (ホンダ フューチャー125)
ベトナム購入のメイン機。実用性ではトップレベル。
スズキ Kei Kei二号 (スズキ Kei)
10年落ち、53850キロ走行でやってきた我が家(社)のメイン営業車。現状Kei以外に特 ...
カワサキ VERSYS-X 300 KAWASAKIか・・・ (カワサキ VERSYS-X 300)
ベトナムの道なき道を旅するつもりで購入したツアラー。軽くて取り回しよく、ベトナムで使うに ...
スズキ Kei スズキ Kei
 10年落ち、113960キロ走行で買った中古車。かなりの勢いで回るプジョー308の走行 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.