• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

素浪人☆のブログ一覧

2018年03月31日 イイね!

試される大地

試される大地 今日はタムダオに行ってきた。そろそろ日中の最高気温が30℃になってきたので、少し涼もうという魂胆である。

 このタムダオ、ベトナムでは珍しく急こう配が10キロ以上にわたって続く山岳道路になっている。登りでオーバーヒートする車や下りでブレーキ故障する車が多い。写真の対向車の運転手も前輪ブレーキのあたりを見ているので、油圧ディスクの前輪ブレーキがべーパーロックを起こしたのだろう。機械式ドラムの後輪ブレーキは使えるので止まれたようだ。ベトナムには急で長い下り坂がほとんどないので、ブレーキ故障に関する知識も乏しい。エンジンブレーキが弱いスクーターで二人乗りして坂を下るうち、あっさりとべーパーロックを起こしている車を毎回複数見かける。

 ただでさえ走りにくいタムダオの山道なのだが、今は拡幅工事をしているため、路面に土砂が広がってもっと走りにくくなっている。正直言って、こんな路面だとタイヤのパターンがどうとか重量配分がオフローダーとか一切関係ない。ブレーキを掛けていないのにタイヤがズリズリ流れる。「滑っても倒れなければどうってことない」とは思うものの、ヒヤヒヤする。25キロしか出してないし、ほとんどバンクさせなくてもこれだから、「慎重にゆっくり走れば大丈夫」というレベルではない。



 タムダオから帰って洗車屋さんに持って行ってきれいにしてもらった。ガソリンも入れて家に戻ろうとしたら、家に続く道の入り口にコンクリートポンプが置いてある。



 そして、そのコンクリートポンプから太い鉄パイプでずっと家への道順に圧送路を設置してある。しかも、それが道の真ん中にあるから、何度かその鉄パイプを乗り越えなければならない。



 鉄パイプの脇に土嚢を置いて、「ここを越えてください」としてあるが、カブサイズに合わせて作られているため、Versysではスムーズに乗り越えられない。大きすぎてパイプに直角にアプローチできないから、後輪が空転しながら横滑りして土嚢から落ちそうになるし、後輪が土嚢に乗っていると足が届かない。まるでトライアル競技のように足を着かず(着けず)にパイプを乗り越えなければならず、ミラーとナックルガードを塀に少し擦ってしまった。



 日本なら「腕に自信がないし、バイクが大きいから悪路や狭いところには入らない」で済むかもしれないが、ベトナムではそうはいかない。バイクを自分の手足のように扱えるように、バイク選びは慎重にしなければならないし、技術向上に努めなければならない。

 タムダオはバイク乗りに有名な「峠」なので、いろんなバイクが集まってくる。今回見かけたのは、



ドゥカティ。あっちの運転手、タンデムの女性ともこっちをガン見してる。



よくわからないんだけど、SUZUKIのV-STROM?



もう一台のV-STROM?



何かのアメリカン



これもよくわからないが、女性ライダーっぽい。


Posted at 2018/03/31 22:01:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | ベトナム | クルマ
2018年03月31日 イイね!

アルミテープチューン

アルミテープチューン ドライブレコーダーとして使っているGoPro6の防水ケースにアルミテープチューンをしてみた。走行中空気が流れることにより防水ケースが帯電するが、アルミテープにより放電が促進され、画質の向上、手振れの減少、ライダーのストレス軽減などの効果が得られる・・・というわけではない。GoPro6の異常動作、フリーズ、ファイル損傷などの対策のつもりである。

 というのも、この防水ケース、防水だから密閉されているのは当然としても、カメラ本体とケースとの間に6面とも1ミリ程度の隙間(空気の層)がある構造になっている。これではカメラを毛布に包んでいるようなもので、カメラ本体の熱がうまく伝導せず、どんどんオーバーヒートしてしまうのだ。そこで、空気の層の代わりにアルミホイルを畳んだものを入れて、バッテリ付近の熱源からケース全体へと熱を拡散してやろうという考えである。ケースに熱が伝われば、走行風に触れているケース外面から放熱できるだろうということだ。

 「まさかこんな単純な発想で解決できるわけないよな」なんて思いながらテストしてみると・・・・まったくフリーズしないし、動作も正常、バッテリー残量も減らない。さらに、カメラとケースが密着したことで、これまでカメラがガタついてマイクが「カタカタ」音を拾っていたのが解消された。大成功と言っていいだろう。

 真夏の炎天下でも使えるかどうかわからないが(スマホを屋外で使っているとオーバーヒート警告が出ることが多い)今のところ「GoProがヘンな動きする」問題は解決された。これくらい安定して動作すれば、128GBのメモリーカードを買ってきて7時間連続録画することもできるだろう。今度帰国したときにマイクロSDを買ってくることにしよう。

Posted at 2018/03/31 01:53:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブレコーダー | クルマ
2018年03月30日 イイね!

あれ、回転数変わんない?

あれ、回転数変わんない? 眠れないのでブログ記事をいっぱいアップしている。

 Versys(ヴァーシス)300の80キロ時の回転数は6000回転である。WINNERのときはどうだったかと思い動画を見てみると、6500回転である(ハッピーメーター補正済)。排気量が倍違うのに、回転数がそんなに変わらないところを見ると、300ccクラスまでは回転数で速度を稼ぐことは変わりなく、回転数を抑えてゆったりと高速走行できる排気量は400cc以上、と見てよさそうである。

 ただし、WINNERは10000回転までしか回せないのに対し、Versysは12000回転までだ。その違いで最高速がだいぶ違ってくる。それでも、WINNERのエンジンは排気量の割にとてもパワフルで、ホンダらしいといえばホンダらしい。アンダーボーンフレームの「カブ」にこんなエンジン積んじゃっていいの?と思うほどだ。今年スーパーカブの125が出るらしいが、それの軽二輪バージョンとしてWINNERの150ccエンジンを積んだものを出したら面白いのではないか。高速を走れるカブの出来上がりである。通勤によし、マニアックなツーリングによし、とても便利なバイクになるはずだ。


Posted at 2018/03/30 02:32:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2018年03月29日 イイね!

うまくいかない・・・

うまくいかない・・・ ベトナムにはまだサークルKがあるんです・・・。

 Gopro 6 利用のドライブレコーダー、また調子が悪くなってきた。見ていると、どうも温度が上昇しすぎるようだ。Gopro 6は熱くなるバッテリーの傍にSDカードがあって、一見明らかに温度上昇に弱そうなのだが、常時給電しながら防水性を保つためにケースを付けると密閉されたケース内で熱がこもって暴走してしまうようなのだ。

 また、給電のコードにも問題がありそうだ。Gopro純正のUSBケーブルを使わないと、他のケーブルでは充電状態にならない。電源を入れると充電されているように表示されるのだが、電池の残量表示は増えない。電流不足なのか、配線の問題なのかわからないが、一般的なUSB-Cのケーブルではうまく動作しないのである。

 日本なら太い配線で長いUSBケーブルを手に入れて防水ケースを加工したりするところだが、ベトナムでは入手が難しいのでしばらく様子見である。
Posted at 2018/03/30 00:02:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブレコーダー | クルマ
2018年03月29日 イイね!

今度は修行がうまくいきそう

今度は修行がうまくいきそう 「85キロ以下に速度を抑える」修行、今度はうまくいきそうである。VERSYS-X300にとって最も快適な速度域は80キロ前後で、エンジン回転数も6000回転と高すぎず低すぎずで振動が小さい。フェアリングがとても効果的なので、この速度なら風圧をほとんど感じずにすむ。向かい風が吹いているとき、身体には風を感じないのに、速度だけがすっと低下する感触はとても不思議である。

 バイクのエンジンにはいろいろな形式があるが、自分で所有したものでは並列4気筒、単気筒、並列2気筒しかない。その中で比較すると、並列2気筒というのは単気筒のような豊かな低速トルクと、並列4気筒のような高回転域のパワーを両立するような「いいとこどり」な形式のように思える。もっとも、低速~中速まではガクガク、ドコドコしたパルス感を感じるし、高速域でも4気筒のようにスムーズに「ファーーーーン!」と吹けるわけでもない。そういう点では地味で面白みがないともいえ、CBR400のエンジンフィールを懐かしく思い出すこともある。

 燃費がいいのは美点だが、燃費計が35キロ/リットルを示しているのに満タン法では30キロ/リットルと乖離が激しいのはなぜだろう・・・。
Posted at 2018/03/29 01:08:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | クルマ

プロフィール

「「行ってきます」「東京を離れます」などの短いコメントとともに、空港の写真をインスタグラムなどに投稿する中年男性は「空港投稿おっさん」と呼ばれウザがられる存在らしい。だって、空港にいるときってヒマなんだもん。Wifiはつながるしね・・・。」
何シテル?   10/14 14:27
日本、米国、そしてベトナムで運転してきました。国が変わっても運転好きは変わりません。大型、牽引、二輪など各種免許を持ち、バス、トラック、タクシーなどの乗務経験が...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

夫婦でツーリングするにはいいバイク 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/04 07:37:26
ベトナムをバイク旅行したい場合・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/04 08:49:48
Mr.KAMEのページ 
カテゴリ:カメ
2013/05/05 20:50:40
 

お友達

ファン

44 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フューチャー125 モダンなカブ (ホンダ フューチャー125)
ベトナム購入のメイン機。実用性ではトップレベル。
スズキ Kei Kei二号 (スズキ Kei)
10年落ち、53850キロ走行でやってきた我が家(社)のメイン営業車。現状Kei以外に特 ...
カワサキ VERSYS-X 300 KAWASAKIか・・・ (カワサキ VERSYS-X 300)
ベトナムの道なき道を旅するつもりで購入したツアラー。軽くて取り回しよく、ベトナムで使うに ...
スズキ Kei スズキ Kei
 10年落ち、113960キロ走行で買った中古車。かなりの勢いで回るプジョー308の走行 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.