• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年10月03日

ICOM IC-7000M SWRグラフ どう作る?

ICOM IC-7000M SWRグラフ どう作る?














7.100MHzあたりを中心にSWRを調整したいと思います。

7.070-7.080-7.090-7.100-7.110-7.120-7.130

あたりで交信できればな~~




















無線機の取説を見ていたら、

なんか素晴らしい機能が付いているようです。

この手順で自分が測定できるのか?

それが不安です。

















さらにグラフ機能もあるようです。

これが使いこなせれば、

底がどこにあるのか?

見極められます。







こういうことをするのは、
みなさんが寝静まってからのほうがよいのでしょうか?





HF帯というのは、
昼間よりも夜間のほうが活発なのでしょうか?




ということで・・・今日もCQを出せませんでした。




ブログ一覧 | アマチュア無線 | 日記
Posted at 2017/10/03 18:53:51

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

Q7試乗してきました
梅茶漬けさん

7.5Rの何が違うか見てきた。
U+M+Iさん

EOS 7D Mark IIとα7 ...
かねぴーさん

お土産♪
ジン@山梨さん

久しぶりに…
beetlegogoさん

『好み』
Digi-73さん

この記事へのコメント

2017/10/03 19:07:06
最近の無線機って便利ですね。
HF帯~6mの調整が外付けSWR計
無くても出来るなんて、凄いです。

アンテナが雨で濡れたりしていると
SWR値が変化しますので、注意です。
おいらはアナログメーターで、SWR
とインピーダンス測定して自分で
グラフ書いてますよ。
コメントへの返答
2017/10/03 20:54:07
九条カレンさま こんばんは~~

ガレージへ行って、

RTTYモードでやってみましたが・・・

ボディーアースが不完全なのか?

リアゲートではだめなのか?

SWRが5~9くらいありました。

車載の場合でも、

無線機のアースも必要ですか?
2017/10/03 19:56:26
こんばんは。

凄いですね。グラフ表示できるんですね。(*^_^*)

私はアンテナアナライザーを使っていますが、どんな計測方法でも、晴れの日と雨の日と両方計測しておくことをお勧めします。

測定時間は夜、出力は数ワットでよろしいのではないでしょうか。それでも、アンテナ調整を伴う場合は、夜は避けられた方が無難です。作業ができない&危ないので。
コメントへの返答
2017/10/03 20:57:54
赤昴さま こんばんは~~

みなさんに迷惑を与えずに、

SWRを測定する機能が付いていました。

自分がこれからCQを出そうとする周波数をピンポイントで測定する機能。

周波数分布によりグラフ化する機能。

どっちにしてもかなりたかかったので、

第一電波工業のマグネットマットアースを買わないとだめかも?
2017/10/03 20:26:12
こんばんわ。
うちのIC7100もついていますが使いません。
無線機でSWRを測るときは、他局の妨害にもなるので出力も測定が可能な限りなるべく絞りましょう。
真空管の無線機はSWR=2程度でも全然平気でしたが、SWR>1.5ぐらいを運用範囲と考えたほうが良いと思います。
ほぼ、数値は周波数の中心点が低く、上下に行くほど上がってくるはずです。

測定モードは短波ならCWですかね。(IC7000は、電鍵を刺さなければPTT ONで電波が出る?)

ここから持論ですので、違う意見の方もいらっしゃるかも知れませんが。

VSWRは当然インピーダンスマッチングで、無線機が50Ω、ケーブルを含めたアンテナも含めて50Ωの時効率が良いのは当たり前ですが、自分は無線機の出力回路を壊さないための目安が1番なのかなと思っています。少々電圧反射があっても意外と電波は飛んでいくものです。

昭和の時代のアンプ終段が真空管の無線機は、タンク回路が末端についていたので25~75Ω位のアンテナに同調できましたし、デバイスも丈夫でした。
しかし、その後に出てきた半導体アンプの無線機はアンテナのSWRが悪かったり(ケーブルの短絡や・接触不良含む)すると終段のトランジスタとかが、すぐ壊れていました。

そのうちに、アンプ用の素子の強度が上がったり、保護回路が装備されるようになり、最近出力回路の故障は劇的に減っていると思います。当然SWRも送信時に無線機が測定した結果を使って、SWRが悪いときは壊れないように制御しているはずです。

自分は、SWR<1.5を目標に帯域を決めています。
また、無線機保護のためとか、電波は飛ばないのですがアンテナの共振バンド以外に無理やり出るために、アンテナチューナー(手動・ATU)類を入れています。
雨天の時の特性を調整したり、帯域が狭いアンテナでもSWRの低い点をずらすことができます。

あくまでも、自分はアンテナチューナーは無線機の送信部を壊さないために利用しているので誤解のないようお願いします。
コメントへの返答
2017/10/03 21:07:22
gankun33さま こんばんは~~

ガレージへ行って、

上記画像のSWR測定をしてみました。

アンテナは問題ないと思うのですが・・・

基台などのアースがだめなのか?

最低で3.0でほかはレッドゾーンまで行きました。

HF帯を手軽に楽しみたいとおもっていたのですが・・・

奥が深いですね~~~

これも楽しみと思って、

明日はアースを見直してみようとおもいます。

車載されている無線機のアース端子からもアースすればよくなるのでしょうか?
2017/10/03 20:28:06
ごめんなさい誤記がありました。
IC7100で使わないのは、SWRをスイープして表示する機能です。
SWRを液晶に表示するメータ機能は、多用しています。
コメントへの返答
2017/10/03 21:47:49
gankun33さま こんばんは~~~

SWRのメーター機能やってみましたが・・・

アースが悪いのか?

レッドゾーンまでいっちゃいます。

ここならいいという周波数がどこにもありませんでした。

一番低いところで3.0でした。

なぜでしょうか?

明日、

マグネットアースシートを自作して、
より完全にアースしてみます。
2017/10/03 22:35:06
なるほど、RTTYなら、SSB:3kHz、AM:6kHzに、比べて、かなり、占有周波数帯幅が狭いので、良いですねっ。
CWなら、もっと狭い占有周波数帯幅なので、他局への混信を与えにくいので、良いです。
多分、IC-7000M、CWは、電鍵等を接続しなければ、電波が出ないかと思います。

ほう、そんな機能も、あったんですね。
吾輩、全然、使いこなせていませんでした。

一番低いところで、3.0ですかぁ。
いろんな要因が、考えられると思いますが。
超短縮型のアンテナの場合、アンテナ調整(長さ)が、ちょっとでも、ずれていれば、SWR、かなり高くなってしまうのではないでしょうか。
もちろん、アースが原因の場合も、ありますし。

長さ調整を、いろいろと、試してみてください。
7MHz帯の周波数範囲に、マッチングポイントが、現われるかもしれません。

なんとか、SWRが下がるように、TRYしてみてください!
コメントへの返答
2017/10/04 18:25:38
たっくん104さま こんばんは~~

メーカーさんはよく考えていますよね~~

RTTYモード(パソコン文字通信?)

ここを使ってSWRの測定をやっちゃうんですからね~~

え~~持ち主なんだから~~知らないって?

一番低いところが3.0から1.0へ下がりましたよ。

「「 超短縮型のアンテナの場合、
アンテナ調整(長さ)が、
ちょっとでも、
ずれていれば、
SWR、
かなり高くなってしまうのではないでしょうか。」」

これがヒントとなってガンガン切っちゃいました。
2017/10/04 13:02:30
垂直型の中間1/4λ短縮ローディング
タイプのアンテナですが、HF帯用なの
で、ノンラジアルでの使用は想定して
ないでしょうね。

基台から車体ボディに最短で接地
出来れば良いのですが、塗膜を
剥したり、穴明けるのもちょっと・・・

マグネットアースシートは、縦横比
と面積に秘密があって、3.5MHz
では、2枚必要だったりします。

マッチングBOX付けての運用も
可能ですが、損失ロスは大きく
なるのが欠点です。それに自作
しないと今は売ってないし・・・。
コメントへの返答
2017/10/04 18:20:34
九条カレンさま こんばんは~~

コメントありがとうございました。

このコメントがなかったら、

今日中にやってしまおうっていう

鼻息の荒さもなかったでしょう~

すべてのアースポイントをオイルストンでガリガリやって鉄板を出して仕上げました。
2017/10/04 18:30:46
おそらく講習会のテキストの無線工学にも有ったと思いますが、まず理論的な処は、送信機と給電線、アンテナは別物と考えたほうが良いです。
アンテナにも接地が必要な物、不要な物がありますし、給電線も同軸ケーブルだったり、短波にはいまだに平衡フィーダーというどちらも接地でない方式でアンテナに給電することこだわっている人がいたりします。
いろいろ、やってみるとことで、成功や失敗も含めて面白いことあるのがアマチュア無線なのですが。

やはり、理論はちゃんと勉強したほうが良いのも当たり前で、思わぬ要因でマッチングが変わったりする
んも事実ですが、周波数が高いので実際には無い部品が形成されていることあるのも事実です。
電線などが電極になってそれらの間は容量は小さいかもしれませんが容量成分(コンデンサという部品を付けたのと同じ)に見れる(浮遊容量ととか呼ばれます)とかいうのも1例です。コンデンサは容量が小さくても周波数が高くなるとインピーダンスが大きくなりますから、影響が出てきたします。
電線(給電線や電源線)が長いと抵抗が大きくなったり、誘導成分(コイルをつけたのと同じ)やはり周波数が高いと悪さをしやすくなります。
接地(アース)の話に戻りますが実際には、車とかだと、電源コードのマイナス側を通してバッテーリーのマイナス端子に繋がり、マイナス端子は車体に繋がっています。
無線機の接地端子は、直流(+12V)的な話で、無線機が扱う高周波的には間の電線などがコイルや抵抗に見えたり、変な処でアースを取ると給電線がアンテナの一部になったりとややこしいです。
HFはともかく、430MHzでは波長は70㎝程ですので大変なことに。
なので、アンテナの接地が必要な場合はアンテナの所でとりましょう。

それから、ほとんど(絶対じゃないので注意)の自動車と直流電源を使う無線機は、マイナス接地(車体や筐体が電源のー側に繋がっていると考えてください。

いらんこともいっぱい書いたかもしれませんが、怒って説教しているのではないので、気にしないで。
コメントへの返答
2017/10/04 18:49:20
gankun33さま こんばんは~~

いや~~ありがたいです。

これだけの文章をパソコンで打つっていうことは、
すごいことですから~

私には無線に対しての知識がないので、

こうやって説明をしてくれる方との出会いは、

すごい宝ですよ~~~

余計なアース線=アンテナ線という知識は、

どこかで聞いたことがありましたので、

私もむやみのアースを取らないでおいたんです。

勉強になります。

こういうことって知ったかぶりしている人が、
多くて聞いても答えられない人がたくさんいるとおもいます。

ありがとうございます。

今日、

SWRが落ちました。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

*:☆:・゜*・:☆:*・゜。*:☆:・゜*・:☆:*・゜。*:☆:・゜*・:☆:*・゜。*:☆:・゜*・:☆:*・゜ 春 夏 秋 は体重を落とす...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

ばっちょく 
カテゴリ:エンジン
2017/09/30 09:56:08
 
東京ワンゲルスポーツ 
カテゴリ:スキー&スノーボード
2013/02/20 09:48:32
 
楽天ショッピング 
カテゴリ:お買いもの
2012/09/15 16:26:18
 

お友達

★メッセージのやり取り&絡み無しの友達申請は、

   現在、お断りしています。



★アマチュア無線をやっている方は、

   是非ともお友達になってください。







116 人のお友達がいます
セリカxxセリカxx * 夕陽野郎夕陽野郎 *
シュピーゲルシュピーゲル *みんカラ公認 kurumazukidayokurumazukidayo *
あつりんあつりん * MONSTERの移動運用記MONSTERの移動運用記 *

ファン

55 人のファンがいます

愛車一覧

ダイハツ ハイゼットトラック アディちゃん (ダイハツ ハイゼットトラック)
ダイハツ ハイゼットトラック 4WD に乗っています。 豊満熟女のアディちゃんです。 ...
トヨタ エスティマ エスちゃん(壱号機) (トヨタ エスティマ)
★H21/09~H22~H23~H24~H25~H26~H27~H28~H29~H30所 ...
ホンダ フォーサイト フジコちゃん(戦闘機) (ホンダ フォーサイト)
1997年6月11日に発売された。型式名MF04。 ●メーカー希望小売価格 479,0 ...
ヤマハ JOG Poche (ポシェ) YV50H ポシェちゃん (ヤマハ JOG Poche (ポシェ) YV50H)
YV50H JOGPOCHE(ジョグポシェ) 2007/02モデル 5GD6 カラ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.