• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月25日

安全を機械に頼り過ぎていない?

今朝のヤフーニュースで見た記事・・・

車検の項目、大幅拡大へ 自動ブレーキなどの普及に対応
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00000012-asahi-soci

読んでみて、まあ納得は納得ですが・・・
メーカーの安全性能の考え方(商品価値としての競争、今や基本性能より重点にしている?)や、将来生まれてくるであろう自動運転システムへの遷移段階の対応かと思います。

これの考え方は機械ありきです。
それも重要なのですが、車というものは人が操るものです。
また、それは人と人とが関係し合うぐらい身近で沢山の人が運用しています。

個性も目的も能力(精神性も機械も含めて)も雑多な人たちが同じ道を共有しています。
そのような混沌とした世界の中で、安全は機械で得るもの的な風潮が強くなってきているように私は感じているんですよ。

そもそも、車は人が操るもの。
乗る人の能力(精神性も含めて・・・)と愛車が上手くリンクしていることが一番の安全だと思うのです。
そのためには運転者自身が、車の基本原理原則を知っておく必要があると思うのです。

飛行機のパイロットは飛行機の原理原則をしっていますよね?
自家用飛行機パイロットでも同じです。

今、安全運転の考え方を今一度考える必要性があるのではないかと思うわけです。

正直、今の車に装備されている安全運転サポート機構は信用しきれないのが本音です。
それを装備しつつ、人間の向上をも考えなければ、車重が増えドライバーに与える基本インフォメーションが希薄な今の車を限界に近い状況に対面した時に対処できません。

基本インフォメーションを復活させる為のチューニングが必要になるのかもしれません。


昨日は、オートトレンドに行こうかどうか迷いましが、クラウドファンディングでのレポートの事もあり、走行テスト日とすることにしました。
場所は人里はなれた山の中・・・





この場所から遥か奥での実走行テスト(タイムよりも私の意思通りにiQが動くかどうか)。

空燃比補正値から車両負荷状況に合わせた点火時期を補正する「MINICON-PRO」


それと連動させて、リニアに燃料噴射タイミングをコントロールしてくれる「MINICON-α」とバッテリーのノイズを取り除いて車の電気システムそのものを向上させるバッテリーノイズキャンセラー。


写真にはないですが、これらを総合的に本来の性能を引き出させる「マジカルヒューズ」と「レスポンスリング」とAir Repairのパーツ類。
以上の組み合わせで、ロードテストの結果は上場でした。現状はほぼ意のままに操れる感じ・・・

夜は旧知の方の会社の配送センター内で加速テスト



一年前にクロスミッション&ローファイナル組み込み、ヒューズ、バッテリーノイズキャンセラー、タンクタイガー導入したときの加速テストがこちら。


これでもクロスミッション&ローファイナルを組み込んだ直後と比べても速くなっているのにこれよりも0.5秒ほど速くなっています。

私の考え方は、VVt-i制御やノーマルECUのセーフ機能と連動させる事も大切なチューニングの要素だと思っっています。そこをクリアした上で、運転者の意思が汲み取れる車が安全な運転ができる車だと思っているんです。そういう車は、安全で楽しいですから!



関連URL: https://camp-fire.jp/projects/view/62275

ブログ一覧 | 思うこと | 日記
Posted at 2018/02/25 11:36:35

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

東京モーターショーの時に閃いた車♪
axell autoさん

電動パーキングブレーキ
Taka@SUBAさん

各車バッテリー充電☆( ^)o(^ ...
☆あずこう☆さん

はんずふりーだよ!はいてくだよ!
和彰さん

バッテリー充電!??
M@RINさん

この記事へのコメント

2018/02/25 12:03:39
こんにちは~。

車検の項目が大幅に増えると整備料金が上がる可能性がありますね~。

いくらハードが進化しても、ソフトが悪ければ意味がないですね。
コメントへの返答
2018/02/25 12:10:19
そうなんですよ・・・

車検項目が増えて、検査員の方の判断も一律にならない事もあるかもです。

人の意にそぐわない安全追求装備は何のため?何のため?と思いますよね・・・

人任せ意識がなくならない限り、事故は無くならないと思うのです。

安全装備は無意識に人任せ意識を助長させるのではないかな?と思う今日この頃です。
2018/02/25 13:09:23
こんにちは。
発進時のホイールスピン(スキール音)が無くなったのは大きいですね。
コメントへの返答
2018/02/25 13:11:38
でしょ!その分トルクステアが出ますが(^。^)
2018/02/25 16:37:50
自動運転の車に乗るならタクシーでイイじゃんね
自分で運転するのって楽しいのにね~
コメントへの返答
2018/02/25 16:51:10
そういうことです(笑)
2018/02/25 17:15:21
安全装備はそれはそれで素晴らしい物だと思いますが…
キチンと運転できる人が万一のトラブルの時に助けられるならまだしも、普段から頼り切って…と言うか頼らなければ運転出来ない人が増えすぎな気がします。

自動ブレーキが安全?
あくまでタイヤのキャパ内での話ですけどね。
果たして、ブレーキと間違えて思い切り踏み込んだアクセルにまで対応するかどうか…
コメントへの返答
2018/02/25 18:08:41
昔はパワー競争、それはある意味納得。
そして燃費競争、そして次は安全装備競争・・・
メーカーの商品開発のアピールポイントが違うような気がしてならないのです。

大衆は楽したがるもの・・・
安全をお金で、装備で買えるなら、と自己研鑽を蔑ろにしてしまうのです。

私は安全は自身の能力が最重要な事だと思います。

安全装備がてんこ盛りでインフォメーションの薄い車が多すぎて逆に危うい運転状況を生み出しているように思えて仕方がないんですよ。

この領域はヤバイ?と予感させるような車(甘い車では感じませんから)造りをするべきじゃなのかな、と思うのです。

私のクラウドファンディングはLSDを生産するためとそういった危機感を思う人達と何かをやりたい、そのためのものなんですね。
2018/02/25 19:16:02
初めまして。
いつも楽しくブログを拝見させて頂いております。

私も常々さんちゃんさんと同じく自動運転の普及に関する世の流れに違和感を感じていました。
”車を安全に”走らせるのは人間であり、その為に自分は常々ドラテクを磨いている(街乗りが1番難しいです)訳でして、それを全て自動制御するのに必要なパラメーターを全てシステムに組み込む事は難しいのではないか?と思うのです。

逆に、その全てのパラメータを知った人が開発してる訳では無いと思いますので尚の事・・・・ですよね。

自動車本来の性能を二の次にして、乗り降りがしやすい、居住性が良い、楽しい装備が多い車が当たり前の様に売っている現状においては、運転は疲れる作業になるんだと思います。

長文失礼しました。これからもよろしくお願いいたします。
コメントへの返答
2018/02/25 19:30:02
コメントありがとうございます!

人間は怠惰です。
安全装備に頼り、基本性能が発揮できない車に命を預けることはできますでしょうか?

目的の違う、能力の違う、考え方の違うドライバーや車他が混在する一般道。

一番難しくて危険な場所だと思うのです。
そういった中での最も安全なのは人任せにせず、己の判断と能力で自分の感覚通りに動かせる車に乗ることだと思うのです。

今後共よろしくお願いいたします♪
2018/02/25 20:35:10
初めまして^^
いつも書き込みを読ませて頂いています。

私も自動運転には反対派で、現在のデバイスの満載された車にも違和感を持っています。
4WD・4WS・EBD付ABS・VSC・TRC・衝突安全ブレーキなど・・・
上げていけばきりがなく、このために車両価格も上昇していると思うと、何か車の運転の本質を運転者が忘れていくのではないかと思うんです。

車を運転する事は、運転者が主体でないといけません。
ですが、運転しにくい車では事故もおこします。いろんなスキルの方が運転する車ですから・・・
そこの「落としどころ」が難しいのでしょうが、もっと運転する人が楽しめる車をアンダーパワーでもいいから作って、ガンガン走って体で覚えるべきでしょうか。

乗せられる車より、「乗りこなしてみろ」と訴える車の方が、私は好きです。

お邪魔しました^^;
コメントへの返答
2018/02/25 22:09:51
はじめまして(´∀`)
コメントありがとうございます。

昔の事故と違っていまの事故は慢心、怠惰という人間の悪い部分が出てきて起きている事故が多いと思うのです。

変な安全装備(失礼)が多いゆえに、自分を磨くのではなく機械に頼る、また何事も他人のせい的な・・・

ひいては車の作りが悪い、道路の作りが悪云々

車で言えば、安全を売りにした装備で運転者への各インフォメーションの希薄さ、重量増、価格高騰など能動的ドライビングの妨げになるような方向性にしか進んでいないように感じるのです。

iQと取り組み始めてその辺が良くわかりました。GC8やCT9Aと明らかに違う造り方・・・

本来の魅力をスポイルする制御も多く、魅力を引き出すために喧嘩せずにどうやって対処していくか、それとの戦いでした。

こうやって意見を下さる皆様たちと新しい世界を作っていきたいと考えています。

また宜しくお願いいたします。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「Air RepairのTシャツ第3弾が出来てきた♪
これいい感じ〜」
何シテル?   06/23 11:44
さんちゃん?です。よろしくお願いします。車好きが高じてサラリーマンをやめてしまいました。プロジェクトμさん、KYO-EIさん、TOMMYKAIRAさんの商品を上...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

ファン

280 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ iQ Air Repair号 (トヨタ iQ)
会社設立を機会に営業車&デモ車として購入しました。街中から高速移動、たまにのスポーツ走行 ...
輸入車その他 GIANT 極楽デラックス (輸入車その他 GIANT)
MTB界の27.5化が急速に進んでいること、緩斜面でのスピードの乗り、グリップの高さを比 ...
スバル ステラ Air Repair2号 (スバル ステラ)
とりあえずエンジン、足、ブレーキは手を入れています。快適に速い経済的車を目指しています。 ...
輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー 26プレイヤー (輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー)
ダートジャンプ、パーク、ストリートアクション専用26インチMTB。アクション用BMXの2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる