• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さんちゃん?のブログ一覧

2018年12月25日 イイね!

競技車両を考える/日曜日に見かけたPEUGEOT205GTI-MAXiレプリカより・・・

昔からの車競技人(特にラリー関係者)やラリーファンにとっての珠玉の時代はやはりGr-Bの時代でしょうね~
私が競技を始めたころはGr-Bど真ん中の時代・・・

ダートラのナンバー無し改造無制限車クラスにはGr-Bをヒントにつくられた改造車がいたり、全日本ダートラではあの6R4が走ったりして凄い時代でした。私も少しの間でしたが、TA64セリカのハンドルを握った時期もありました。


ストリートチューンではL型の日産人気でしたが、モータースポーツでは底辺拡大を考えていたトヨタ車の方が多かったように思います。
AE86はちょうどこの頃の最新鋭マシンで、全日本ラリーを含め大活躍しましたよね~


そんな中、日本のインポーターがある車をJAF登録車両に登録申請を行いJAF登録車両にしました。改造無制限クラス以外でJAF公認競技(選手権がかかるもの)に使用できる車は、メーカー(もしくはインポーター)がJAF(もしくはFIA)に登録申請して認可された型式のものしか使えません。


なんとPEUGEOT205&309がそれなんです!
公認されていたのはFFのGTIですが・・・



※PEUGEOT205T16 ロードカー(200Hp 公認取得の為に200台のみ製造)



※リヤエンジンミッドシップ、16バルブターボ、常時駆動4WD





※Gr-B 205T16E2(910Kg 456Hp)



Gr-Bは無理でも、当時の全日本選手権でAE86と名勝負をしていた、PEUGEOT205GTIには憧れましたね。FFで軽量小型、M/Tの自然吸気エンジンでホットハッチのお手本のような車。


ついこの間の日曜日、近所に用事があって歩いていたら中古車買取販売店になんと!205GTIのMAXi(FFでワイドボディーの競技車両)のレプリカがあったんです!







ちゃんと手が入っていて、しばらく周りが見えていない状況・・・
頭の中で「欲しい・・・」「どうすればいい?」という思いがグルグル回り始めましたよ。
しかし、ふと我に返り帰宅。


そしてYoutubeを見る・・・
登録チャンネルの更新動画が・・・

「お♪205MAXiの今の本物ラリー動画♥」
観る・・・



「あかーん( ̄◇ ̄;) 欲しくなる~」



でもね・・・

もう一度冷静に考えると、レプリカはあくまでレプリカであり、本物ではないんです。

実戦から車作りを考える私(Air Repair)はiQを会社のテーマとすることに決め、JAF公認ではない車両ゆえに、JAF選手権のかかっていない競技に出場することに決めて参戦し今に至っています。



※余談ですがiQの企画案はフランストヨタから始まったと聞いています。
そして国内標準6T/Mは欧州仕様のiQのラインナップにあるPEUGEOT製1.4ターボディーゼル用T/Mを使用しているんです。分解すると日本車の標準的T/Mと構造が違います。VWのに近いかな? iQを選んだ理由の一つが軽量小型ボディ、FFで6M/Tというのがあるんですよ。


JAF公認登録車両一覧をみてみると、未だこの205&309GTIはJAF公認が残っているんですよね。

私の置かれた立場から考えたら、レプリカを購入するのではなく、GTIのノーマルを入手してきちんとJAF規定で改造して公式戦に参戦するか、MAXiや205T16の本物を入手し、自身で整備を行いヒルクライムレース等に参戦するのが筋という事になります。

今の立場からすると、会社の運営方針にも関わるモータースポーツ参戦計画。
だから、車種選定も慎重にならざるを得ないんです┐(´ー`)┌
Posted at 2018/12/25 12:36:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | 競技車両 | 日記
2018年09月13日 イイね!

速さとスペックは別物なんですね~

ヨーロッパのヒルクライムレース車両を時折紹介していますが、今回のはプジョー205GTI改。
何のエンジンかは定かでではないですが、2Lの自然吸気エンジン搭載。

車重は830Kgと他のレーサーとほぼ同じ。で、パワーが250HPと低め・・・
他のレーサーは自然吸気でも300HP程度が多くて中には300HPオーバーのものもいます。

少し目立つのが、ワイドトレッド化された車体ディメンジョン。



データー上は控えめな数値ながら、車速は乗り速いです。
上のクラスの車両と比べても遜色ないです。

おそらく、全てのバランスが取れているのでしょう。
ワイドトレッド化による相対的低重心化により、コーナリング速度が向上している事も影響しているのかな?

ワイドトレッド化は縦横のトレッド比率が小さくなり、小回りが効きやすく・・・と一般にはいわれますが、それはイメージの話。

実は踏ん張りが効くようになり旋回速度があがり速度域によっては曲がりにくい性格になるのが本当。そこはセッティングと操作リズムを合わす事によってクイックに動くという感じ。
でも、限界を超えた時に豹変するナーバスさは顕著という感じです。
(速度が低くて操作舵角を大きく与えられる時は曲げ易いです。これは内輪差が小さいというだけの話で曲がりやすいのとは少し違います)

私がiQで伸ばした素性はこの部分なんです。
ホイルベースを基準に考えると、ワイドトレッドにしているのと同じ効果を元から持っているんです。

ただ、相対的に言えば重心からルーフまでの距離があるので、ロールが大きくなりやすい特性があるということは否めません。

だから、着座位置を下げシート類を交換し、補強は下部方向を中心(まあ、これはその部分で効果的だったということもありますが)。

ロールを抑えることよりも、積極的にロールを活かし荷重移動操作によって踏ん張りのいい特性をコントロールする方向に持って行きました(ブレーキを含めた足回り全体のバランスとLSDセッティングが必要)。

ノーマルでも太いスタビライザーで、あれだけロールするということはロールしないとダメと言う事。
ロールさせて運動性能を向上しようと思うと、サスストロークを殺さずにロールする過渡特性をどう味付けしていくかというところに行き着くんです。

性能を考えた、ワイトレ化は結構難しいんですよね・・・
(ハブ部分への負担はかなり増えますからその周辺のメンテナンスも大切です。私も普段がSタイヤなので、そろそろやばいかも・・・)

Posted at 2018/09/13 09:43:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 競技車両 | 日記
2018年07月18日 イイね!

市販競技車両・・・R車両

市販のラリー専用車両R車両。
R5車両はWRカーにほぼ近い能力を持っています。

R車両はワンメイクレース用の車両とは違い、FIA J項のもと作られるある意味一種の特殊ツーリングカーの類と判断します。

昨日公開された一番のNEWモデル(とはいっても発表は昨年、市販までのテスト中)VW Polo GTI R5のターマックテスト動画。




VW Polo GTI R5


いい動きと速さ・・・
チャンスがあれば乗ってみたい・・・
(欲しいとは言いません。維持管理が厄介なので無理)

モータースポーツに力を入れているメーカーは殆ど市販ラリー車をもっていますよね~
私の知る限りでも次の数だけあります。
(ルノーはどうなんだろ)




OPEL ADAM R2
(とりあえずAir Repair iQはこれの動きを参考にしています)




Skoda Fabia R5
一番実績があってCUSCOさんも所有していますよね。




Peugeot 208 R2

こちらもCUSCOさんが所有しているはず。
柳沢選手が以前、全日本でのっていましたよね。




Toyota GT86 CS-R3

これを日本国内で売って欲しい・・・




FIAT 500 ABARTH R3T

こちらは以前、眞貝選手が全日本でのってクラスチャンピオンを獲りましたね~


市販とはいうもののR車両は別物でレギュレーションによりパワーは控えめなのですが、チューニングやカスタムとは、開発アプローチが違うので違った乗り物と思ってもいいかと思います。
選手の能力を活かすセットアップという手法もとりますし・・・

同じ車両でも、チームが変われば味も変わるのが競技車両です。
レベルが高ければ高いほどその傾向は強いですし、他のチームの人間がのっても速く走れる走れるとは限らないですしね。

競技車両というのは本当に奥が深いんです。
(シンプルな改造故に尚更です)




Posted at 2018/07/18 13:49:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 競技車両 | 日記
2018年05月26日 イイね!

理想のマシンEF10・・・車との出会い

小さいマシンは興味があるにはあったけれど、iQに乗るまでは今ほど小さい車が好きじゃなかったんですよね・・・
iQを触り始めて、そしてヒルクライムレースに出るようになって、のめり込んだ感があるんです。

ナンバー付きで市販車ベースを考えた場合、ディーラーさん(メーカーさん)との関係も出てくるので、追求できるところに限りが出てきます。
それはそれで面白いのですが・・・

でも、単純に小さい車にハイパワーエンジンを搭載してきちんと仕上げることができたならば?
と思ったらワクワクしてきます。

その中でずっと心にあるのが、VITA01に隼エンジン搭載やフォーミュラー隼の中古などなど・・・
(エンジンは隼じゃなくてもいいんですがね)

ヨーロッパでは、ちゃんと根付いていてマーケットが存在するので市販されている、モーターサイクルエンジン搭載スモールレーサー。

FIAT500デザインも良いのですが、このEF10は理想形♪
510Kg、410PS、MR・・・痺れます







もしスタンダードエンジンを搭載して、保安部品をつけて書類を揃えてナンバー取得できるのであれば、造りたいと思ってしまいます。

もし、iQと出会いヒルクライムレースに出会わなければ、スモールサイズのレーサーには興味が沸くようにはならなかったですよね。

車との出会いは、人生における人との出会いのようなものに近いと思います。
縁がなければ、乗ることが無かった車が過去の車歴では意外に多いんですよ( ゚ー゚)( 。_。)


Posted at 2018/05/26 13:54:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 競技車両 | 日記
2018年04月18日 イイね!

日本の60’のGPマシンは今も色褪せない!



小排気量車がメインの時代のGPマシン。

当時の日本の技術の強さを垣間見ることができます(((o(*゚▽゚*)o)))
Posted at 2018/04/18 19:03:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 競技車両 | 日記

プロフィール

「始まりは木曜日♪ http://cvw.jp/b/1244212/42434891/
何シテル?   01/22 11:21
さんちゃん?です。よろしくお願いします。車好きが高じてサラリーマンをやめてしまいました。プロジェクトμさん、KYO-EIさん、TOMMYKAIRAさんの商品を上...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

愛車一覧

トヨタ iQ Air Repair号 (トヨタ iQ)
会社設立を機会に営業車&デモ車として購入しました。No.付き競技車両としてのテスト&実証 ...
輸入車その他 GIANT 極楽デラックス (輸入車その他 GIANT)
MTB界の27.5化が急速に進んでいること、緩斜面でのスピードの乗り、グリップの高さを比 ...
スバル ステラ Air Repair2号 (スバル ステラ)
とりあえずエンジン、足、ブレーキは手を入れています。快適に速い経済的車を目指しています。 ...
輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー 26プレイヤー (輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー)
ダートジャンプ、パーク、ストリートアクション専用26インチMTB。アクション用BMXの2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.