• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さんちゃん?のブログ一覧

2018年05月26日 イイね!

理想のマシンEF10・・・車との出会い

小さいマシンは興味があるにはあったけれど、iQに乗るまでは今ほど小さい車が好きじゃなかったんですよね・・・
iQを触り始めて、そしてヒルクライムレースに出るようになって、のめり込んだ感があるんです。

ナンバー付きで市販車ベースを考えた場合、ディーラーさん(メーカーさん)との関係も出てくるので、追求できるところに限りが出てきます。
それはそれで面白いのですが・・・

でも、単純に小さい車にハイパワーエンジンを搭載してきちんと仕上げることができたならば?
と思ったらワクワクしてきます。

その中でずっと心にあるのが、VITA01に隼エンジン搭載やフォーミュラー隼の中古などなど・・・
(エンジンは隼じゃなくてもいいんですがね)

ヨーロッパでは、ちゃんと根付いていてマーケットが存在するので市販されている、モーターサイクルエンジン搭載スモールレーサー。

FIAT500デザインも良いのですが、このEF10は理想形♪
510Kg、410PS、MR・・・痺れます







もしスタンダードエンジンを搭載して、保安部品をつけて書類を揃えてナンバー取得できるのであれば、造りたいと思ってしまいます。

もし、iQと出会いヒルクライムレースに出会わなければ、スモールサイズのレーサーには興味が沸くようにはならなかったですよね。

車との出会いは、人生における人との出会いのようなものに近いと思います。
縁がなければ、乗ることが無かった車が過去の車歴では意外に多いんですよ( ゚ー゚)( 。_。)


Posted at 2018/05/26 13:54:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 競技車両 | 日記
2018年04月18日 イイね!

日本の60’のGPマシンは今も色褪せない!



小排気量車がメインの時代のGPマシン。

当時の日本の技術の強さを垣間見ることができます(((o(*゚▽゚*)o)))
Posted at 2018/04/18 19:03:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 競技車両 | 日記
2017年12月06日 イイね!

競技車両の限界時の動き・・・ヒルクライムレースから

WRCやWEC、GTやF1、全日本ラリーetcといった関係の動画はよく見ることがあります。

しかし、公道でレギュレーションが比較的ゆるい(安全基準は厳しいですが・・・)ヒルクライムレースの動画はあまり目にすることはないと思います。

ガチの公道の攻めで、箱車に関して言えば、ヒルクライムレーサーは我々のチューニングの流れの延長線上にあるものが多いと思います。





外撮りスローモーションでみると車輪の動きや、それに合わせた車体の動き、サスペンションの動きなどなど様々なことがわかりますよね。

フロントが流れる=アンダーステア ×
リヤが外に出る=オーバーステア ×

実はこれ、自動車ライターも勘違いしている方もいる内容ですね。
ただ、操作の失敗やセッティング不足で、操作に対してわかりやすい表現として使う場合もあるのでそのあたりは分けた理解をしなければいけません。

車体を向けたい方向に対して操作を行い、その狙ったラインから車体が外に膨らんでいく(例えテールが出てフルカウンターをあてるような状態でも)特性がアンダーステア。

どんなステアリングの角度でも、どんなスロットル操作を行っても、コーナー内側に巻き込んでスピン方向に向かうのがオーバーステア。

オーバーステアだとスロットルを開けていけないので、基本的な車体特性は僅かに旋回ラインから外に膨らんでいく弱アンダーステアの状態がベストですし、完成車もそういう味付けがされています。

D1の車両なんかもフルカウンターを当てていますが、車体の動き方としては、弱アンダーです。
そうじゃないと、カウンターステア状態でのライン変更はできないんです。

iQを造りこんでいくと、そのあたりの挙動変化が各セッティングによって如実に現れて、かなり勉強になりましたよ。

iQは基本的には曲げにくい車で高い限界領域の、あるポイントを超えると急激にナーバスになり、中途半端な造りをしていると、しっぺ返しが大きい車です。
それが面白いんですが・・・

FF車の軽量ハイパワーでの典型的な動き方をしているシトロエンSAXOベースのレーサーの動画
250PS/730Kg
シビレます♪



僕も幸田サーキットを含め、あそこここで同じような経験をしています(~_~;)
もっと練習して僕自身の運転技術をスタンダード化して、車両特性を理解しなければだめだな、と改めて思う次第です。





Posted at 2017/12/06 11:07:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 競技車両 | 日記
2017年11月25日 イイね!

FIAT500PROTO RACE CARの駆動方式の違いから分かる操縦性

以前から、ヨーロッパヒルクライムレースやオートスラロームで活躍している、PROTOレースカー。



ベース車両は旧いFIAT126や500が使われます。といってもデザインだけの話。
パイプフレームで車体を作り、殻だけ旧500や126といったものが殆どです。
そこに、ハイパワー1000ccオーバー級のエンジンを搭載し、スーパーマシンを造るのです。

構造デザインはレーシングカートに近いために、カウルデザインのベースとなる車も、昔のイタリアメーカーの小型車が多くなるんです。
これらはリヤエンジン、リヤ駆動なのでレイアウトが最初から近いんですよね。

500Kg前後の完成重量、200Psのエンジン・・・
デザイン上、高速域では多くは望めないものの瞬発力や旋回性能は特筆すべきものがあります。
まさにマイクロモンスター!

以前は、リヤエンジン後輪駆動が殆どでした。
その動きはミズスマシのように動く素晴らしいものです。



それが、近々では4WD化されています。



4WDの方が旋回速度は低いものの、安定して加速姿勢が作れて、立ち上がりの速度の乗りがいいですよね。
リヤ後輪駆動は動きがスイスイ動くものの、マシンの扱い方が神経質なものなんです。
(ハイパワーなスーパーカーの操作が難しいのも、その重量と限界性能の高さとリヤ駆動ミッドシップだからです)

ラリーカーなどの公道モータースポーツ(ラリーはダートもあるので尚更)やスラローム競技は、最高速よりもコーナーの確実な処理と区間タイムの速さが勝負を決めます。

ですから、速くてもミスをする確率の高い神経質なマシンよりも安定した速さがある4WDの方が結果的に速くなるのです。
(ただ4WDは安定志向が強いので曲げるきっかけを作るのが難しくなるのですが・・・)
Posted at 2017/11/25 11:32:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | 競技車両 | 日記
2017年11月24日 イイね!

僕の好きな競技車両A112 ABARTH

僕は昔から小排気量のホットハッチが好きでした。

国産車しか乗ってこなかったのは、公式戦に出ていたためと、消耗部品や補修部品の迅速さという点から・・・

乗るかどうかは別にして、沢山の欧州ホットハッチの中で欲しかった一台がこのA112アバルトです。



今でも気になりますし、ヒルクライムレースにも参加されている方がおられますよね♪

仕事を抜きにしたら、所有してみたい一台です。

今でも、ヨーロッパのローカル戦で走っていますもんね~
素性が良いという証です。



そんな僕が造った僕のiQだから、その気になればこのオンボードに近い動きをします♪
(極端な競技志向のセッティングにはしていないのですが、超短ホイルベースなのでそれなりにハード)
まあ、iQそのものの基礎開発がフランスなのでそれっぽいか・・・

結局は今のiQが面白いに落ち着く?
Posted at 2017/11/24 14:04:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 競技車両 | 日記

プロフィール

「FIAT500プロトレーシングにみるマイクロレースカー http://cvw.jp/b/1244212/41628573/
何シテル?   06/20 11:49
さんちゃん?です。よろしくお願いします。車好きが高じてサラリーマンをやめてしまいました。プロジェクトμさん、KYO-EIさん、TOMMYKAIRAさんの商品を上...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

お友達

よろしくお願いいたします(#^.^#)
283 人のお友達がいます
atrai 1atrai 1 * アナザージジィーズ Missionアナザージジィーズ Mission *
白ハム白ハム * さーぺんと(サペト)さーぺんと(サペト) *
CAR-CLINICCAR-CLINIC *みんカラ公認 eigoeigo *

ファン

280 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ iQ Air Repair号 (トヨタ iQ)
会社設立を機会に営業車&デモ車として購入しました。街中から高速移動、たまにのスポーツ走行 ...
輸入車その他 GIANT 極楽デラックス (輸入車その他 GIANT)
MTB界の27.5化が急速に進んでいること、緩斜面でのスピードの乗り、グリップの高さを比 ...
スバル ステラ Air Repair2号 (スバル ステラ)
とりあえずエンジン、足、ブレーキは手を入れています。快適に速い経済的車を目指しています。 ...
輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー 26プレイヤー (輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー)
ダートジャンプ、パーク、ストリートアクション専用26インチMTB。アクション用BMXの2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.