• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さんちゃん?のブログ一覧

2020年06月21日 イイね!

静電気除去抑制剤”FORTE"をショックアブソーバーに処理を行った結果♥

※今日のブログは今日の仕事ブログからの抜粋です

さて、一週間ほど前にショックアブソーバーのシェルケース(アウターケース)に静電気除去抑制剤”FORTE”を施工しました。これはブログにも上げていますよね)

まずは、ショックアブソーバーの”何故必要なのか?”と”原理”を簡単に説明しますね。

路面からの振動や衝撃、車体に何かしらの運動が加わった時の動きを制御するためには、”緩衝装置”というものが必要になります。緩衝装置について現実的には作動方式の種類がいくつかあって、それぞれの特徴と部品構成がありブログ程度の文章量では書ききれないので、簡単な原理について書きます。

振動を吸収するにはスプリングを使います。ただ、スプリングだけだといつまでも揺れ続けます。コーナーで姿勢が変わったら、その姿勢を維持できないのです。



ですから、路面に接地圧をかけてグリップ力を作りたい時に、荷重をかけたり駆動力を与えてやった時にその操作が活かされなくなるんですね。

そこで、路面からの衝撃をいなしながら受け止め早く収束させたり、姿勢を維持させたりするのにショックアブソーバーが必要になるのです。ショックアブソーバーの原理は、オイルを入れた筒の中にオリフィスを装着したピストンにロッドが固定されたものがあり、そのロッドが力の入力で動く際の力を、オリフィスをオイルが抜けていく流動抵抗によって制御する、と言ったものです。



※以上KYBさんのHPより

この原理を使って、オリフィスのサイズや複数を組み合わせて、目的する減衰(スプリングの振動波形を制限する)を創り出すんです。この減衰力はスプリングの強さ、車重、走行場所、ドライバー技量で変わります。

では、静電気がどのように影響を及ぼすか?

減衰を作るために使われるオイルは流体です。粘度や比重こそ違えども、空気とかと同じですね。空気は比重や粘度が小さい故に静電気の影響を受けやすいんですね。それが境界層の生成→渦の発生&剥離→乱流→音や負圧の発生=空気抵抗となるのは説明させていただきました。

オイル(油)はどうか?空気よりは比重や粘度は高いですね。だから、周囲の物が静電気を帯びても影響力がないのでは?と思われます。

しかし、オイル類はそのモノが絶縁物です。絶縁物というのは電気を溜めていく性質をもちます。電気を溜めるということはどういう事か?

それは、油類は静電気を溜めこみやすく一種のコンデンサーになる、という事なんですね?
ガソリンスタンドやタンクローリーが静電気対策を厳密に行うのは、放電が起きた時のスパークが可燃ガスに引火して爆発火災を起こす可能性があるからなんですよ。

ショックアブソーバー内のオイルが静電気を帯びて帯電する(静電気は摩擦だけではなく動きを与えるだけで発生します)、またタイヤやサスペンションやブレーキにより、アウターケースが静電気を帯びるとどうでしょう?オリフィスを流れる流量や流速に影響を及ぼしますよね?ということは狙った減衰特性からずれていく、というのが簡単に想像できます。

よく、勘違いされるのが静電気を除去すると、”柔らかくなる”という認識です。これ、合っているようで間違い?というように私は思っています。

柔らかいのではなく、”減衰力の発生がスムーズに行われる”という事なんですね。そういう事で先週、”FORTE”をショックアブソーバーに塗布してシェルケースから静電気を除去し帯電を予防する特性を持たせたのです。



まだ、私的にはテスト中なのですが、峠をテスト走行してみました。私のこの日のコースは、高速域ではうねりのあるアンジュレーションがあり。峠では細かな舗装の継ぎ目のある荒い低速コーナーの連続のところ。



装着しているのは当然ながら特製の足回りなのですが、走行距離も2万キロを超えてオーバーホールが必要かな?と感じる時がたまにありました。それは、荷重を掛けた時にの姿勢の崩れ感や、荷重が抜けるシュチエーションでのトラクションの不足感など・・・

これがです❣圧側(荷重がかかる時)、伸び側(荷重が抜ける時)の減衰の立ち上がり(反応速度)が素早くなったんです!

うねるような路面のゆっくりと、でも入力が大きいところでのフワつくような不安がなくなり、荒れたコツコツとくる路面では減衰の立ち上がりが早く、いつまでも振動の影響を引かない・・・ 要するに限界が高く、それでいて次の動作に対して足回り(車体の動き)が追従するようになったんですね。

無論、ショックアブソーバーを交換した時ほどの変化は感じませんよ(笑) 競技ドライバーとしての私の感覚での話です。

ただし、普通の方でも何がどう?とは説明はできなくても、何かの変化は必ず感じるはずです。



静電気はわかりずらい分野なので、自動車業界の中では往々にして馬鹿にされる分野でもあります。しかし、物理的化学的な見方をすれば、当たり前のように影響を及ぼし、様々な現象を引き起こすものというのはわかっているのです(航空機や生産機械分野においては対策は常識)。

静電気ばかり着目して他の事をおざなりにするのもどうだかな?とは思うのですが、対策をするのとしないのでは差が生まれてくるのですよ。特に千分の一秒を争うモータースポーツにおいては、逆に無視する方がおかしいと私個人的には思うのです。

元ブログはこちら
https://ameblo.jp/iq1305/entry-12605760394.html

Posted at 2020/06/21 11:58:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 静電気除去抑制 | 日記
2020年05月24日 イイね!

タイヤ性能に静電気が絡む理由が分かった/WEB会議の準備もすすめないと・・・(;^_^A

おかげさまで、静電気除去抑制の応用の事で打ち合わせを行う事が増えてきました。自動車関係じゃなく、生産エンジニアリング系の方面からが殆どなんですが・・・

本当は、案件の基になっている生産物の現状やラインの状況を見ながら意見交換を行いたいのですが、最初からそうとはならずにメールでのやり取り、そしてWEB会議(予定)となる感じです。

まあ、先方様もまだコンタクトを取り合い始めて日が浅い私のところに対して、大切な中身を見せるわけにはいかないでしょうから・・・

という事で、昨日はWEB会議用の機材を揃えるために電気屋さんを回りました。以前、チャットワークを行うために機材一式は持っていたのですが、使用頻度が低い上に一年前に事務所を移転したので、その時に処分したのですよね。



まさか、コロナウィルスが流行ってリモートワークが主流になるなんて思ってもいませんでた。こんな事になるなら持っておけば良かった・・

ネットショッピングではモノの状態が解り難いし品薄で選択肢が少ないので、用事のついでに数件量販店を回ってみましたがやっぱり品薄。特にヘッドセットとWEBカメラは全くない状況で入荷予定も不明(´;ω;`)

結局諦めてスタンドマイク(音はPCスピーカーで聞く)を使う事にしました。先方様にはその旨伝えるつもりです。



さて、話は変わり真剣に静電気に関しては調べて対処を行ってきたのですが、静電気がここまで様々な分野で影響を及ぼしているとは私もビックリです。

航空機の事を勉強して、オートバイメーカーに就職しその後化学製品原料メーカー(籍は建材事業)に転職、そして今の会社を興して、その中において静電気の影響に関しては流体に関わる影響の事ばかり気にしていました。

しかし、よくよく考えると、電子原子が存在する限り、何らかの影響で静電気が発生し、物に帯電する事によって物性に影響を及ぼすのは当然の事ですよね。

タイヤに関して”エレスタビタイヤコート”を使用する事によって、乗り心地がマイルドになる、ノイズの質が変わる、ハイドロプレーニングの発生速度上限が上がる、等の効果が生まれる(継続使用していると艶感も出てきます)のは実験的には解ってきているのですが、何故?というのが今一つ分析しきれずにいたんです。

タイヤメーカーさんも低燃費性能を上げるためにシリカの混合量を増やす事で静電気が帯電しやすくなっているのは承知されていて、トレッドパターンの改良で接地時にグランドアースを行うような工夫をされたりしているようです。



※コトバンクより ゴムが伸び縮みする模式図。このタイヤ専用架橋硫黄材料(世界シェア2位)を作っているのが前職時代に在籍した会社です。


ゴムの分子は長い鎖のようなものでそれがグジャグジャになって縮んでいる状態。これが外力によって伸びて、外力が無くなると復元してグジャグジャ状態になる。これが伸びと復元です。

分子の動きがあるという事は、ブラウン運動、ファンデルワールス力の影響があるという事になり、ゴム分子の伸び縮みの動きに影響が出てくる、という事になるんですね。ブラウン運動については統計学なんかも絡んでくるのでややこしくて私レベルでは???なんですが・・・

ともかく、静電気による電的な影響が分子原子レベルで発生しているという事が理解でき、それがタイヤそのものの質に影響する事も解りました。

”エレスタビタイヤコート”を使い始めて、ピーキーな特性だったナンカンNS2R 205/40-17 84XLの感触が良くなってきています(ステラに使用しているナンカンAS1 165/55-15も)。

本気でタイムアタックをするような場合意外だと、ランニングコストの低いアジアンタイヤ(ただしアジアンタイヤの中で評価の高いもの)に”エレスタビタイヤコートHG”を定期塗布を行い調質する、という選択もあり、と思っています(本時事はR888R 205/40-17 84XLに使えば空気圧セッティングの幅が広げられて面白いかな?とも予想しています)。


Posted at 2020/05/24 11:16:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 静電気除去抑制 | 日記
2020年05月01日 イイね!

静電気除去がなぜ風切り音の低減や走行安定性に関わるのか?

静電気除去抑止系コーティング剤に力を入れている私ですが、それにはれっきとした理由があるんですよね。物体の表面を空気が流れる時には空気の流れが生じます。

流れの速度差は圧力差になるのですが、それを利用したのが翼であり、それらの特徴を自動車部品に活かしたのが空力パーツというものです。しかし、空気が流れる物体の表面には摩擦抵抗があり極端な話で完全な表面はいかなる状態でも速度は0なのです。そこから徐々に速度と圧力(運動エネルギー)が生じてくるんですね。

その速度が低い部分(境界層)と速度の速い部分との境で、速度差による反転させる力が生まれます。これが渦(カルマン渦)の生成の基です。この渦を整然と発生させて層流の領域を広く取り流れの高効率化を生むのがturbulater(ボルテックスジェネレーター)ですね。



※カルマン渦の生成と剥離後の流れ 車体の左右の乱れはこの渦による負圧で引っ張られる力が働くため



発生した渦は、振動を伴い負圧を発生します。その渦が無作為に発生して振動と剥離を行うときに風切り音となるのです。その音は渦の大きさや振幅により様々なので車の場合だと、タイヤノイズやメカノイズと混じり、皆さんが良く知る風切り音とは違う雑味を帯びた騒音となり車の中に侵入してくるのです。

また、渦が後方に生まれる事により、車体が後方に引っ張られる抵抗、横方向ならば車体の動きが乱れる動きになりますよね。



物質的にこの渦をコントロールするものが、turbulater(ボルテックスジェネレーター)というもので、各自動車メーカーさんや用品メーカーさんが採用や販売をしています(自分でやる場合には相応の予備知識が必要になります)。

そして、この境界層の厚さに影響を及ぼしているのが帯電した静電気なのです。境界層が薄く流速が速いほど渦の生成は抑えられます。ですから、静電気除去抑止効果の高いコーティング剤は効果があるわけなのです。

これは空気=ガスの流れるところ全てに影響があることなのです。エレスタビシリーズの各コート類(タイヤに関しては他のメリットもあるのですがそれまた別の機会に)は使って損がないと思います。当然ながら埃が付着しにくくなるので、防汚性もあがります♪









Posted at 2020/05/01 09:40:48 | コメント(1) | トラックバック(1) | 静電気除去抑制 | 日記
2020年04月26日 イイね!

静電気抑制除去の考え方は複合的考え方に置き換えないと効果が薄いのです。

一昨日は、エンジンルーム内のカプラー類、吸気管、センサー類、ハーネスをまとめてある部分、サブコンピューター類にエアスムーサーリキッド”FOLTE”を塗布しました。





以前も行っていたのですが、クロスに含ませて塗りこんだ感じなのでコート膜が薄かったみたいで、変化をあまり感じなかったんですね。今回はスプレーしてゴム手袋を入れた指で塗り広げるように施工。

電磁波の体に及ぼす事に関しての第一人者である、ドクター丸山に電磁波シールドの効果を検証して頂きお墨付きを頂いているわけですが、その際にコート厚も大事と助言を頂いていました。

”FOLTE”本来の目的は、スロットルボディの内側やショックアブソーバーのシェルケース、アーム類の摺動部の外とかに塗布して、吸気有効面積の増大(本来のビッグスロットル化)、流動抵抗の減少安定、フリクションロスの低減などを狙う静電気除去抑制のみに特化したコーティング剤です。シリーズの中で一番静電気除去抑制の効果が高い、耐久性があり艶のないものです。



これを何故、サブコンやコネクターやセンサー類に塗布するか?これですね。これは静電気輻射を測定して可視化したアニメです。



静電気云々と言われますが、静電気も含めて電気の流れるところには電場と磁場が生まれます。電場や磁場があれば自然に静電気は生成されます。上の図は回路外側がら静電気が侵入して躯体に静電気輻射が起きている様です。躯体に静電気輻射が起きているのが判ります。

これは静電気だけではなく、通常電流であっても同じで、電気の影響が躯体に及ぼしていると考えられるのです。そして、静電気が生成されて躯体に帯電されると磁場が生成されてハーネスを流れる電流に影響を与えるという影響のループができるわけです。



ハーネスは小さな電線の集合体ですから複雑な磁界が生成されますし、センサー類においても同様です。サブコンの躯体もそうですよね。ですからエアスムーサーリキッド”FORTE"を塗布して通電の環境を整えようと思ったわけです。

そして、一昨日・・・
充電ドライブを行ったんですね。すると、満充電までの速度が早い!IS用55容量のバッテリーから充電制御用40容量のバッテリーにサイズダウンしているので自然放電に対しては不安が出るのは仕方がないところ。







知人の自動車メーカーN社での開発者でもあり選手繋がりでもある氏から勧められたバッテリー(受放電特性はDEKA)を使っているのですが、それでも電圧降下は早かったんですね。

静電気除去抑制絡みのことは、それオンリーというよりも、トータルで行なって全体の相互作用で効果が表れるのです。”エレスタビヒューズ”は今回の効果の応用でもあります。

※アーシングは静電気云々と言われますがそれはごく一部の部分においてだけです。また、施工を行う重要な事もアーシング目的により存在しています

Posted at 2020/04/26 09:04:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 静電気除去抑制 | 日記
2020年04月25日 イイね!

静電気除去抑制剤で得られるメリットは?風量や風切り音に関わるもの全てに・・・

静電気除去抑制コントロールを行う事ができれば様々なメリットが得られるようになるんですね。昨日行ったのがサーキュレーターの静電気除去抑制コーティング”ドロップダンサー2”で全体の外殻を手入れして、念のためにファンを回転させながら後方から静電気除去抑制剤原液をスプレー(ちょっと荒かったな、非分解式の為)。



コットンセーターを洗濯して平置き室内干しなのですが、なかなか乾かない。だから、サーキュレーターで風を送って乾燥させるのですが、風を強くするとモーター音と雑味のある風切り音が耳障りになります。でも、風量は音ほどない。



それが、”ドロップダンサー2”で外殻をコーティングして、ファンの静電気も取ってやると・・・ 音が少し静かになり(風量1ならば動いているのが判らないほど)、でも風量は増えるというようになります。これは車のボディにコーティングして風切り音が減り静かになり燃費が向上する、空力特性向上効果が得られるのと同じです。

既に、掃除機やドライヤーでも施工を行って効果は実感しています♪

私的に思うに、静電気除去抑制がされていれば、埃や花粉のようなものが付着しにくいので、雑菌やウィルスの付着防止にもある程度効果があるんじゃない?ということ。単なる不快感じゃなく、様々なところに影響を及ぼしているのが静電気。それをコントロールするという事は沢山のメリットが生まれてくるんじゃないかと思うのです。昨日はもう一つの事柄も検証できたので、そちらは明日にでも・・・

Posted at 2020/04/25 10:29:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 静電気除去抑制 | 日記

プロフィール

「@ヤックス さん 私がやっていた方法は、クリーニングした後にウェットタイプを塗布します。しばらく置いて余分なオイルが出るので拭き取りします。その後、ワックスタイプ(ドライタイプ)塗布、週一はワックスタイプ、月一で両方です。」
何シテル?   07/02 10:24
さんちゃん?です。よろしくお願いします。車好きが高じてサラリーマンをやめてしまいました。プロジェクトμさん、KYO-EIさん、TOMMYKAIRAさんの商品を上...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

POWER CLUSTER BiLENZA 0W-20 Racing 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/25 22:34:07
バッテリー交換後のECU再学習手順 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/15 20:23:12

愛車一覧

トヨタ iQ Air Repair号 (トヨタ iQ)
会社設立を機会に営業車&デモ車として購入しました。No.付き競技車両としてのテスト&実証 ...
輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー 26プレイヤー (輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー)
ダートジャンプ、パーク、ストリートアクション専用26インチMTB。アクション用BMXの2 ...
スバル ステラ Air Repair2号 (スバル ステラ)
とりあえずエンジン、足、ブレーキは手を入れています。快適に速い経済的車を目指しています。 ...
輸入車その他 GIANT 極楽デラックス (輸入車その他 GIANT)
MTB界の27.5化が急速に進んでいること、緩斜面でのスピードの乗り、グリップの高さを比 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.