• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さんちゃん?のブログ一覧

2020年05月30日 イイね!

iQとの対話・・・練習もそうなんだけど

昨日、T/Mオイルを交換したのでおやつタイム少し前から2時間ほど近場の峠にドライブしました♪

少し前もここに行ったのですが、二回くらい突っ込みそうに(笑)・・・サイドでごまかした箇所も・・・
実は旋回力が生み出せなかった、というわけなんですよ・・・
ここは距離が短いのですが、低速で強めの勾配のヘアピンが二か所ある場所。

原因は後ろの減衰が高すぎた(ちょっと前いつもの山を走った時のまま戻すのを忘れていた)ので、後ろのロールが抑制されてヨー変化が出来なかった、という事とLSDの効き(というか作動レスポンスが遅くなり)が甘くなっていたという事です。

今日は?
絶好調♪
4速に入れることはできなかったけれど、1~3速フルに使いきれましたよ(^_-)

ギヤの入り良し、転がり良し、LSDの効き方良し♪
ということで車の動きも軽快感が戻りました。LSDの効きレスポンスが良い→舵に対しての反応レスポンスが良い、ので片手運転クルーズなんてできない安全運転仕様に(笑)



FF車の理想・・・Renault Clio Maxi・・・今観ても良いな~




i練習は時間も大事ではあるのですが、実は集中して車との対話を行う事が大切なのです。だらだらと無理な事をやっても負担をかけるばかりなのです。走る時は瞬間でスイッチが入るように・・・

そして、冷静な第三者の自分を置く。理想と違う動きをした時に体に感じた事から原因を考えるのです。そして、原因が解ったらそれを直してトライ。それを繰り返して、一発でできるように。そして、似たような場面では応用を利かせられるように。これが練習の方法です。

ホームコースではそこそこ頑張って正確なラップタイムが刻めるようになるまでは、セッティングを変えない事も大切だと思います。理由は自分の走りが定まっていないから。正確に同じタイムが刻めないという事は、ばらつきがあるという事なので、セッティングをかえたら身体がまた違う感覚で覚えようとしてしまうのです。
Posted at 2020/05/30 19:34:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 対話 | 日記
2020年05月29日 イイね!

今日は何気に充実(忙しいともいう)してました!(^^)!

夏が近づいて来ると太陽の昇る方向も変わってきます。私が寝ている場所は東側窓の下を頭にしていますから日が昇ると暑くて自然に目が覚めてしまいます。

今日もお日様に強制的に起こされました。
メールチェックしてもそう大した事もなく、早々に仕事用ブログを書き始め、終わったのが10時頃。少し休んで10時半からT/Mオイル交換の準備開始。

オイル交換よりも交換準備の方に時間がかかるのがiQ。
伸びストローク重視の足故に気を使うんですよ・・・





そして、作業&後片付けが終わったのは12時30頃。それから軽く昼食をとり、ヤックスさんにSkypeを使っての模擬会議のお相手をお願いし無事終了。ありがとうございました。

その後は、PCセキュリティソフトの刷新やそれに伴う、様々なページの再ログイン作業。そして、月末&コロナ故の変化球的な事案等々の取引関係の交渉事や確認。

そして16時からは”めがねもちのうお”さんが遊びに来てくれてプチオフです。ドロップダンサー2とタンクタイガーはマストな要件で、バイクの話や戦車の話、八耐や総火演の話の話で楽しかったですよ♪





うちのスマホ用ページの場所データが変わっていなく、旧住所のあたりでウロウロさせてしまったみたいです。私もハイドラ上げていたんですが・・・
不審者扱いされたみたいで申し訳ありませんでした(;^_^A

まもなく引っ越すので、次の住所に変える際にメンテナンス会社に言っておきますね~




Posted at 2020/05/29 20:58:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | プチオフ | 日記
2020年05月28日 イイね!

今考えている事”エレスタビタイヤコートHG”がタイヤ選択の光明となる?

iQは非力、でも今の車にしては軽い部類・・・
動力性能を考えた場合(欧州用1.4Lターボディーゼル用6M/Tを使っている)ギヤ比が足枷になっているのも事実。

標準外径だと1速で6000rpmそこそこでシフトアップしても2速に入ったとたんにトルクバンドを外してしまうほどの回転ドロップ。全く無意味・・・
標準ギヤ比の問題がこれなんですが、これを解消するには590mm以下の外径でエンジンは6300rpm回せばギリギリOKになる。そして選べるタイヤは195/50-16か205/45-16。ロードインデックスは重要なので82を下回る事はリスクからあり得ない。

iQにR888R 205/45-16 を履かしていた時、グリップ力は流石でジムカーナ走行をする際はリヤタイヤの内圧と減衰をスペシャルぐらいピーキー(公道走行は危険レベル)にしないと180度以上のターンは不可能に近かった(実際に通常内圧で270度以上ターンを練習していてドラシャのボールジョイントが粉砕しました)。





グリップ力が高い(=低反発)と直進時でもパワーを食われているので車速が乗りにくい一面も持っています。無理なコーナリングが成功していたとしてもパワーが食われ車速を乗せられません(正確な荷重移動と旋回力が必要、だからアンダーパワー&軽量車を乗りこなせる技術は重要なのです)。

そこで同サイズのナンカンNS2Rを使う事に・・・
XL規格なのでエア高めで絶対グリップは劣るものの転がりが軽くなって車速が伸びるようになったんですね。サーキットでは遅い(と言っても53秒→53.6~53.7秒程度)けれども深いコーナーがないヒルクライムレースでは結果が出せたんですよね・・・クラス優勝



205/40-17だとどうなんだろうか?カッコ良いし走った感じも良いんだけれどかなりピーキーで正直公道レースの世界ではリスクが高いように思うのです。



そこで、R888Rにして”エレスタビタイヤコートHG”を使い内圧を高めればゴムの特徴を生かしつつも転がりを軽くできるのでは?と思っているのです。

高圧にして転がり抵抗を無くして、静電気除去抑制効果のゴムの低反発性をより引き出すということですね。
2020年05月27日 イイね!

Cronoscalate in Giapone HACHIKITAの開催日が決まった❣

コロナの影響で、いつもなら4月下旬開催なのですが、今年は9/5~9/6に伸びた”Cronoscalate in Giapone HACHIKITA”。

昨年は1301cc~1600ccナンバー付きクラスで優勝させて頂き、有頂天の1年間でした。例年通りの4月開催だったら参戦不可能だったのですが、開催時期が遅れたため参加できる可能性が高まりました。

しかし、今回は一昨年の覇者の106MAXI他が出てくる可能性が高いので、優勝は厳しいかも(;^_^A

排気量やチューニング度合いからいっても、一番小さくて軽度なチューニングのAir Repair iQだから。コースレイアウトがどのようになるかもポイント(頼みの綱)。

あとは、仕事の兼ね合いかな?
気になるショックのオーバーホールもやっておきたいし、タイヤもR888Rに替えておきたい。



集中して、サーキットテストもしておきたいしな・・・
ヨーロッパヒルクライムレース選手権に出ている人たちもミニサーキットで地道に練習をしていますもんね~



失礼ながらレギュラーメンバーさんのステアリングの入力の仕方に対して疑問を持つ私(ブレイク寸前のフォロー操作の確実性が低い、細かい探りが難しい等)ですが、動画最後のSAXSOターボチューン車のドライバーは”なかなか~”と思いましたよ。

とにかく、私も準備に入らなければ・・・
開催1カ月前(8月初旬)には全てが完成状態じゃないとね。焦る・・・
時間がない!


2020年05月26日 イイね!

Frank Kelly選手の自身によるマシン紹介(コロナで軒並みイベント中止だからね~)

ご存じ、フォードエスコートMk2の現代パーツリニューアル&セッティングして活躍しているFrank Kelly選手。

彼(なれなれしいか((笑)・・・一応SNSでは繋がっているので)のドライビングはFR車によるラリー車の神髄を見せてくれるもの。

まあ、シーケンシャルギヤBOXを含めた全てに今の技術が投入された形だけ旧車?ならではなんですがね~

ステアリングの回し方やタイミングと車の動き方のリンクの仕方が私の感覚とほぼ同じなんです♪

ブレーキングや加速操作時の姿勢変化の仕方も理にかなっているんですよね。減衰もバネレートも全て・・・
まあ、車造りの方向性と考え私もが同じだから同調できるんですが(⌒∇⌒)



彼の旧車競技車両の取り組みが私の理想・・・

彼による、彼のエスコートMk2の紹介動画♥




















でも、凄いよ・・・
いや、装備もそうだけど結構大切なところをOPENにしているんだから!
私はちょっと無理だな~
それだけ余裕があるという事なのか。

これからも、フォローしますよ!Frank Kelly選手!





Posted at 2020/05/26 12:57:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車づくり | 日記

プロフィール

「@ヤックス さん 私がやっていた方法は、クリーニングした後にウェットタイプを塗布します。しばらく置いて余分なオイルが出るので拭き取りします。その後、ワックスタイプ(ドライタイプ)塗布、週一はワックスタイプ、月一で両方です。」
何シテル?   07/02 10:24
さんちゃん?です。よろしくお願いします。車好きが高じてサラリーマンをやめてしまいました。プロジェクトμさん、KYO-EIさん、TOMMYKAIRAさんの商品を上...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

POWER CLUSTER BiLENZA 0W-20 Racing 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/25 22:34:07
バッテリー交換後のECU再学習手順 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/05/15 20:23:12

愛車一覧

トヨタ iQ Air Repair号 (トヨタ iQ)
会社設立を機会に営業車&デモ車として購入しました。No.付き競技車両としてのテスト&実証 ...
輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー 26プレイヤー (輸入車その他 ダートムーア トゥーシックスプレイヤー)
ダートジャンプ、パーク、ストリートアクション専用26インチMTB。アクション用BMXの2 ...
スバル ステラ Air Repair2号 (スバル ステラ)
とりあえずエンジン、足、ブレーキは手を入れています。快適に速い経済的車を目指しています。 ...
輸入車その他 GIANT 極楽デラックス (輸入車その他 GIANT)
MTB界の27.5化が急速に進んでいること、緩斜面でのスピードの乗り、グリップの高さを比 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.