• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ELTENのブログ一覧

2013年05月31日 イイね!

ストライプは同じです。

ストライプは同じです。昨日の続き

FIAT500のiPhone5ケースはお気に入りだったんですが・・・
やはりロゴ剥がれが気になったので別のケースに買い替えました。

今度はウッド調(ローズウッド&メープルライン)のケースです。
トリコローレではありませんが、ストライプな点が同じです(^ ^;

ちなみに、今度はポリカーボネイトなので、汚れに敏感になる必要もありません。
Posted at 2013/05/31 21:03:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | Apple | 日記
2013年05月30日 イイね!

さらば?トリコローレ

さらば?トリコローレ3月の初め
すったもんだの末に、ようやく手に入れたFIAT500のiPhone5ケース

細かい部分の仕上がりがイマイチだったのを差し引いても、トリコローレがアクセントのシンプルなデザインに大満足だったんですが・・・

やはりホワイトは使い込むにつれて汚れが目立ってしまい、暇を見付けては汚れを拭いて維持をしていたんですが・・・

いつの間にか500のシルバーメタリックロゴが剥がれていました。しかも剥がれたロゴは行方不明・・・orz

そんな訳で・・・

続く
Posted at 2013/05/30 20:44:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | Apple | 日記
2013年05月27日 イイね!

絵になる男

絵になる男昨日、東京競馬場で行われた第80回東京優駿(日本ダービー)

「小さな牧場で産まれた2〜3流血統の競走馬と苦労人ジョッキーが、大牧場で産まれた1流血統の競走馬とジョッキーに勝つ!」
と言うのが、競馬の一番の醍醐味だと個人的には思っているのですが…

昨日、勝ったのは武豊騎乗のキズナ
(キズナと言う和名なのが最高です)
 
 武豊と言えば平成の天才と呼ばれ、前人未到の3500勝を達成した1流ジョッキー
キズナも父はあのディープインパクト、母もG1優勝馬を産んだ事のある1流繁殖牝馬で、生産牧場も天下の社台ファーム程ではないにせよ、大牧場のノースヒルズ

ですが、昨日は東京優駿は感動しました。

天才と呼ばれた武豊も、ここ数年は有力馬主から干され、有力馬に騎乗出来ない状況…
それがキズナの主戦騎手である佐藤哲三騎手が落馬負傷で重傷となり、代役としてキズナのオーナーから直々に指名されたのが武豊

しかし武豊とのコンビ初戦と2戦目は惜敗
それでも乗り代わりをすることなく、東京優駿を目標にステップレースを2連勝して迎えた本番

前残り(先行した馬が有利)な状況の馬場で、馬の力を信じて後方3番手からレースを進め、最後のゴール前で測ったかの様に差し切っての勝利!
全盛期の武豊を思い出させる様な素晴らしい騎乗でした。

第80回の節目に5回目の東京優駿を制覇した武豊、つくづく絵になる男です。

秋にはフランスの凱旋門賞に挑戦するそうですが、もし勝てば更に絵になりますね。
でも昨日のレースを見る限り、ひょっとしてひょっとするかも!
Posted at 2013/05/27 22:05:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2013年05月26日 イイね!

グランフロント大阪へ行ってきました

グランフロント大阪へ行ってきました最近、仕事が忙し過ぎてみんカラが放置気味なELTENです。

今日は某資格試験を受験後、1人でグランフロント大阪へ寄ってみました。
もはや大迷路となってしまった大阪駅北側ですが、パンフを睨めっこしながら目的地へ

グランフロントは南館と北館に分かれています。
南館はフロア面積がそれ程広くないので、1フロアを把握すればそれ程迷いません。
しかし北館は吹き抜けがあり、広くて迷路のよう…

南館ではFelisi、ARROWS、SHIPS、BEAMS、mont-bell、VICTORINOXをウィンドショッピング(笑)
北館はメルセデスベンツコネクション(カフェ&ギャラリー)やThe Lab.みんなで世界一研究所を見て廻りました。

とにかく圧倒されたグランフロント大阪…
老舗の阪急・阪神・大丸に加えてルクア・伊勢丹、更にこのグランフロント
もう商業施設は飽和状態ですが、やはり新しい超大型商業施設を見て廻るのは楽しいもんですね。
Posted at 2013/05/26 16:02:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行記・散策 | 日記
2013年05月19日 イイね!

HONDAは蘇るのか?

HONDAは蘇るのか?ホンダのF1復帰
第4期となる今度はパワーユニット供給として、第2期に黄金時代を築いたマクラーレンと再びジョイント!

前回の撤退があまりにも不甲斐なかったので、いつかは戻ってくると信じてましたが、思っていた以上に早い復帰でした。

現在、ミニバンと軽自動車ばかりが注目されている状況のホンダですが、F1復帰によって第2期黄金時代のような、若くて元気があり魅力的なクルマ(セダンやスポーツカー)を出すメーカーに蘇って欲しいです。
Posted at 2013/05/19 14:47:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | 日記

プロフィール

「バルミューダのある暮らし その2 http://cvw.jp/b/124735/42962204/
何シテル?   06/15 20:10
みんカラ上ではBPアウトバック最古参となってしまいましたが、まだまだ乗り続けるつもりです。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

SUBARU MOTORSPORT HERITAGE 
カテゴリ:スバル関連
2010/04/08 00:21:30
 
ili(Flower&Zakka) 
カテゴリ:友人たち
2008/02/17 21:25:03
 
DIYの心得と注意 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/02/04 23:24:01
 

愛車一覧

スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
2004/2~ GF6からの乗り替えで現在の愛車です。 最初はレガシィ購入のハズがいつの ...
その他 DAHON その他 DAHON
アメリカのフォールディングバイク専門メーカー“DAHON”の「Mu P9」です。
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
1997/9~2004/2までの愛車です。 インプレッサといえばWRXですが、個人的にタ ...
トヨタ タウンエースバン ホワイトボックス号 (トヨタ タウンエースバン)
会社のクルマです。通称“ホワイトボックス号” 荷物を載せる為だけに特化した必要最低限の装 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.