• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2005年05月21日

血統 ブルーバードの伝統の証「SSS」の秘密に迫る。。

血統 ブルーバードの伝統の証「SSS」の秘密に迫る。。 歴史観が薄いと言われている日本車の中にあって、かつての日産はブランドというモノを育てようと必死であったし、その証として「エンブレム」や「バッヂ」というモノに拘りをもって市場にリリースしていた。

以前ブログしたが、代表的なものとして「スカイライン」の「GTエンブレム」が良く引き合いに出されるが、実はブルーバードの「SSSエンブレム」も秘めた歴史がある事をご紹介しよう。。。

スカイラインGTエンブレム
http://carlife.carview.co.jp/User.asp?UserDiaryID=143324

ブルーバードに「SSS」(スーパー・スポーツ・セダン)というグレードが生まれたのは「410」からである。。
「SSS」の誕生の前には「SS」(スポーツ・セダン)が昭和39年3月にリリースされていた。

それまでの「410ブル」には1000cc と1200cc のふたつの排気量があったが、ピニンファリナのデザインが不評で、そのてこ入れとして、1200cc のエンジンにSUツゥインキャブを搭載し「SS」を登場させた。
ノーマルの55PS、8.8Kg・m に対して「SS」は65PS、9.0Kg・m を誇った。

ところが、そんなてこ入れを嘲笑うかのごとく、9月にはライヴァルのコロナがフルモデルチエンジを行ったのだ。

直線基調のコロナに対して、尻下がりに見えた410はますます販売で苦戦を強いられる事になった。

そのコロナに対抗するために昭和40年5月、「410ブルーバード」は、さらに排気量をUPして1300cc に一本化され、また2週間後には、排気量を増して登場した「SS」と同様に、SUツゥインキャブを搭載した「SSS」を誕生させた。



それ以来、ブルーバードには「410」と同様に「SSS」が設定され、ラリーやレースシーンにおいて活躍する事となったのだ・・



ここで、歴代の「SS」や「SSS」のエンブレムを並べてみたが、皆さんは何かお気づきになら無いだろうか?

実は「SSS」の文字のデザインが「510」から基本的には変わっていないのだ。

これは、日産が、そして歴代の開発者達が、「SSS」というブランドを大事にし、その血筋を大事にしたい・・という思いを込めて、
「基本的なSSSのデザインは変えてはならない」
という不文律を作り守り続けていたからなのだ。。。

代が変わるごとに、そのエンブレムやバッヂが変わる事が当たり前・・・という風潮の中、ブルーバードの「SSS」は、代々守られてきたのだった。。

そんな「SSS」の歴史の中で一度だけ「スーパー・スポーツ・セダン」では無い「SSS」が存在していた。
それがU13の「SSS」であった。

U13の「SSS」は
「Sophisticated Sporty Sedan」

の略であった。

しかし、そのフロントとリアに燦然と輝く「SSS」のバッヂのレタリングは、やはり510以来の伝統が守られていた。

「歴史」や「伝統」を重んじる事が無い・・・と言われ続けてきた国産車にも、こうしてスカイライン同様に、その意味合いを重んじ、歴史的血統を守り続けてきたクルマがあった事を、ぜひブルーバード、いや日産のファンならずとも、国産車のファンの皆さんに知っていて欲しいし、誇りに思っていて欲しいと思うのだ。

残念ながら、スカイラインもブルーバードも、この良き伝統が途切れてしまったが、もし、
「日産の関係者」
の方がこれを読まれていたら、ぜひ次期スカイラインにしろ、ブルーバードにしろ、歴史と思想の継承を考えて欲しいのだ。

ブルーバードのファンの皆さんにも言いたい。

単純に「直線が良いだの」「平面がいいだの」という見てくれの論議も良いが、もっとクルマの奥に息づく思想や、何を持ってブルーバードたるかを真剣に考えて論議して欲しいと切実に思うのだ。

今、私たちが立ち上がらないと、本当に日産の良き伝統や、国産車にも誇りうる思想があった事が消えてなくなってしまうのではないかと、私は危惧しているのだ。

確かに、売れてナンボの世界である事は重々承知だが、ブランドというモノの価値を再認識して欲しいと願って止まないのだ。。。
ブログ一覧 | ブルーバード | クルマ
Posted at 2005/05/21 23:57:22

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

【当選発表】マツダ車用LEDウィン ...
axispartsさん

マットcollection٩( ' ...
FJ CRAFTさん

2019GW 札幌紀行 Day6 ...
nanamaiさん

爽やか林道ドライブ (^^♪
髭爺ちゃんさん

ヘッドライトをイカリング付きLED ...
@Yasu !さん

雨止んで夏日到来!・・・(´Д`) ...
S4アンクルさん

この記事へのコメント

2005/05/22 00:31:45
こんばんは♪ブルーバードといえばSSSというイメージですよね。
そのSSSエンブレムの書体が基本的に同じだったとは…歴史と伝統あるSSSならではですね。微妙に斜体かかっているのがカッコよさを感じます。

しかし今はSSSの名が無くなってしまいましたね。そこで今こそ21世紀のSSSを復活させてほしいものです。今の日産なら出来るはずですよね?もう一度乗りたいと思うスーパースポーツセダンが欲しい!

ちなみに親父は昔、SSSではありませんが2台目に510を、10年位前にU13EEX-Lアテーサ(ディーゼル)に乗ってました。
コメントへの返答
2005/05/22 17:02:39
ブルーバード以外にも「SSS」を付けた
事がありましたが・・やはり広まりません
でしたねぇ。。
GT-Rはトヨタがパクリましたが、さす
がに「SSS」は天下のトヨタでもパクレ
なかった、やはり日産の歴史と伝統に基づ
たブランドですね!
混迷と混沌の現代だからこそブランドを大
切にしてアイデンティを確立すべきだと思
うのですが・・・
もちろんSSS以外のブルーバードも、バ
ランスのとれた良いクルマでした。
510は一番下のグレードまで四輪独立懸
架で、エンジンのパワーは他にして、すご
く手足の感覚で運転できるクルマでした。
U13のEEXのディーゼルは、太い低速
トルクと、意外に良く回るエンジンで、僕
は穴場的なGood Car だったと思いました。

こうしてブルーバードの思い出を語ってい
ただけるとファンとして嬉しいですねぇ。。。
2005/05/22 08:36:08
深い。

本当に深いです。え? SSSも深いですが、徳小寺さんの造詣の深さ。ここまで見事にSSSを語り尽くせる徳小寺さんは本当にすごい。

子供心に410でSSSが初めて出た時、
「何で3って書いてないのにスリーエスなんだ?」
と感じたのは強く印象に残っています。
2005/05/22 08:38:21
…続く

徳小寺さんのおっしゃるとおりブランドは大事です。だからこそ、今のシルフィにはSSSがないのだなと感じます。
今のシルフィにはSSSは似合いません。

偉大なSSSだからこそ、SSSに似合うブルが出てきて欲しいと同じ日産ファンとして強く感じます。
コメントへの返答
2005/05/22 17:11:49
僕が日産というメーカーが好きになった
理由が、実はここにあるんですねぇ。。
ブランドを大切にして、代が変わっても
、どこかにブランドイメージが伝わって
いて、オーナーならずとも見ていて今回
はこうなったかぁ・・でも、ちゃんとブ
ルーバードの・・スカイラインの、サニ
ーの味が出てるな。。。と思う訳です。

確かに瀕死の日産を救う為には、そんな
ブランドイメージなんて構っていられな
い事は重々承知なのですが、ブランドっ
て「言語」と同じで、メーカーの思想な
どの根底にあるものなので、簡単に変え
られたり、弄られたのではたまったモノ
ではありませんよね。

ゴーン氏は偉大な経営者ですが、もっと
日産DNAを生かした再生・・というモ
ノはできなかったモノかと。。悔やんで
も悔やみきれないモノがあるのは事実な
んですねぇ・・

次のスカイラインもブルーバードも、ブ
ランドの存続はおろか、廃止さえ囁かれ
ている現状を見ると悲しくなってしまい
ますねぇ。。。

ホント「復活!ブルーバード」っていう
気持ちでいっぱいなんですよ。。
2005/05/23 16:38:48
SSSマークの一貫した同じデザイン、伝統の日産らしいですね。
こういったグレード名を何代も、繰り返し使ってきたのは日産だけではないでしょうか?

ブルーバードSSSの復活、期待しています!
コメントへの返答
2005/05/23 17:34:39
まさに日産らしい・・ですよね。。

その伝統と、立ち回りが上手だったらなぁ
・・・と常々思ってしまいます。

もっと大企業病ではなく、風通しの良い
組織だったら。。

今の日産なら・・という期待と、逆だった
ら・・という不安が入り混じっています。

伝統が息づく本当の復活を願ってやみませんね!
2005/05/25 17:46:07
徳小寺さん、すばらしいお考えをお持ちですね。
僕もその通りだと思います。
確かに売れてなんぼの世界だと思いますが、日産には愛される車づくりを継承して行って貰いたいです。
2005/05/25 17:48:11
続きで申し訳ありません。

日産は昨年6車種一度に発表し、復活したように見えますが、本当の意味での復活にはまだなっていないと思います。
徳小寺さんの意見に賛同です。
それが出来た時に初めて日産は復活したと言えるような気がします。
コメントへの返答
2005/05/26 02:04:29
例の六車種投入は正直「?」って思って
います。
というのは、何度か月間販売台数の話題
をプログしていますが、どれもまともに
販売台数をキープしていないからです。
フーガもラフェスタも一月であっという
間に販売台数が激減してますし、なんと
言っても、基幹車種のマーチとキューブ
系の台数が、それらに喰われて激減して
いるのが気になります。
どんな手段を使っても売ろう・・という
意気込みはいいのですが、日産はユーザ
ーがあってのメーカーであるという事を
忘れているのでは・・・と思う立ち振る
舞いが多いように思います。

マツダやホンダが、どんなに優れた技術
を持ってしても、「歴史」「伝統」とい
うモノは、手に入れられない。。
日産には、それがあるのに、少々疎かに
し過ぎているんでないかと思います。

過去があって今がある訳ですから、それ
を断ち切るのではなく、生かす方法を、
もう一度考えてくれたら。。。と思うの
ですが・・・・
2006/05/19 20:31:44
トラバリ有難う御座います^/^^/^

何時眺めても飽きませんね!
コメントへの返答
2006/05/22 09:04:50
いえいえ、こちらこそ貴重なエンブレムの画像を拝見させて頂いてありがとう御座いました。
歴史の重みというか、ホントいくら眺めても飽きませんね!
本当の意味でのブルとSSSが再来してくれると嬉しいのですが。。。
2006/09/05 09:31:32
実車は写真よりもっともっといい!!

エレガンスそのもの、この良さが今の年齢でわかる。
遅いなあ、ボクの感覚(笑)
コメントへの返答
2006/09/07 10:03:02
やはりヨーロピアンデザインの雰囲気の良さを持っていますよね!

それまでの国産車にないまろやかな曲線と曲面でデザインされていて雰囲気がいいですねぇ。。

410もそうですが、日産のデザインって後からジワッと来るのが多いですよね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

アニキの春うらら~( ̄▽ ̄) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 13:27:15
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.