• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2005年05月24日

発掘 コスモスポーツがニュルを激走!?

発掘 コスモスポーツがニュルを激走!? 前々回のブログでマツダの歴史について述べたが、皆さんはコスモスポーツが「スポーツ」の名に恥じない充分なモータースポーツ活動をしていた事をご存知だろうか?

国内では、コスモスポーツのモータースポーツへの参加は積極的ではなかったが、なんと当時のマツダは、国内のレースシーンでロータリーの潜在能力を見せ付けるより、いきなり国際的な知名度の高いレースに参加する事によって一気に国内も国際的にも「マツダ」のブランドと、「ロータリー」の実力を世に示そう・・・と画策したのだ。。。



コスモスポーツは1967年5月に世界初のロータリー搭載車として開発した美しいツゥーシーター・ノッチバック・クーペであるが、マツダは広島の宇品工場内に「コスモスポーツ」専用のラインを造り、並々ならぬ意欲で、ほとんどハンドメイドに近いライン化による量産を始めていた。

しかしながら正直なところ、日本国内では後発メーカーの悲しさ・・・、たとえ「ロータリー」をもってしても大幅な拡販には繋がらない・・・という判断が働き、勢い輸出にもウェートを占めよう・・・という苦肉の策で突然の国際的なレースへの参加となったのだ。。

選ばれたのは「マラトン・デ・ラ・ルート84時間耐久レース」・・つまりニュルブルクリンクを84時間走りきる・・・という過酷なレースであった。。

1968年二台の欧州名「MAZDA110S」、「コスモスポーツ」は、市販車の「マツダ・ロータリー」の特色である「サイドポート」だけでなく、高速域でも性能を発揮する様に、高速域ではシャッターが開いて「ペリフェラルポート」で吸気できる様にチューニングした10B型ロータリーを開発しレースに臨んだ。

84時間という長丁場を考慮して馬力は130PS7000min-1に抑えられたが、1トンにも満たない軽量ボディの「利」を生かし、そのポテンシャルは「想像を超えていた」ものだったという。。。



果せるかな、二台の「MAZDA110S」は、先行する二台のポルシェと一台のランチャを追撃し、なんと4番手5番手でレースを進めていた!!

これには、欧州のメーカーもマスコミも度肝を抜かれたのだ!!

考えて見ても欲しい、昨日まで欧州では、その名を知られる事も無かった、東洋のローカル・メーカーがいきなり、未知のロータリーを搭載したクルマをニュルブルクリンクに送り込み、ポルシェとランチャを追い回しているのだ!!!

そりゃポルシェだって驚く訳だ。

しかしながら、レース最後の一時間のところで片山義美/片倉正美の110Sはプロペラシャフトの脱落というトラブルに見舞われリタイヤ!!

それでも残りの外人組の110Sが、なんと初出場で4位という成績で入賞して、当時の欧州では大騒ぎとなったのだ。。。

まったく、当時からマツダというメーカーは、我々を驚かす事をやっていたのだ。。。

その裏には、技術的に優れたモノを造っても、悲しいかな「後発」というハンデの為にTOPを狙えない・・という現実が、常にチャレンジングな体質を作った・・・という事実があった事を忘れてはならないだろう。。。

この翌年、マツダはよいよ本格的な「量産ロータリー車」である「ファミリア・ロータリー・クーペ」にてリヴェンジを目論むのだが・・・・
ブログ一覧 | ロータリー | クルマ
Posted at 2005/05/24 01:02:53

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

2019年5月の有明会で見た車 そ ...
パパンダさん

「あの頃に、、、もどってみ~へん? ...
FJ CRAFTさん

【TAKUMIオフィシャル走行会】 ...
TAKUMIモーターオイルさん

30周年記念車
galaxy2015さん

簡易施工コーティング剤「GENES ...
CAR-CLINICさん

S15 レストア計画 外装編
ラッシュモータースポーツさん

この記事へのコメント

2005/05/24 01:30:38
ヨーロッパでマツダが受ける理由,わかったような気がします!いきなりポルシェと対等に渡り合っていたんですね!すごいなあ。

私はここ2台スカイラインですが,最近のマツダのクルマにもかなり魅力を感じます!あ~何台もクルマ持てる人がうらやましい^^;
コメントへの返答
2005/05/24 09:29:33
マツダは欧州で、盛んにレースシーンに
打って出ていたので結構前から知名度が
高かった訳です。
個性的なエクステリアとシューアーなハ
ンドリングというポテンシャルの高さも
手伝っていまだに人気が高いですねぇ。
fukaさんはまだまだ若いから、色々なク
ルマに乗るチャンスは、きっとたくさん
ありますよ!
その時に、ピンと来るクルマがマツダに
あったら、それに乗ってみる・・という
のも良いかと思います。
本当は・・・一度に何台も所有して、気
分で乗り換える・・・なぁ~んて生活が
一番なんですけどね!!
2005/05/24 21:52:03
私もこのコスモスポーツ憧れたんですよ。確か「帰ってきたウルトラマン」でも使われていましたね。

ロータリーエンジンへの憧れからか免許とってすぐコスモLに乗りました。当時としては,排気ガス規制が吹き荒れていたなか13Bエンジンは暴力的なまでに速かったです。

エンジンが恐ろしくスムーズで静かなのが気にいってました。RX-8のようなロータリー専用車でなく,かつてのファミリアスポーツみたいにデミオあたりに載せて,デミオスポーツとかスズキと共同でキャロルにキャロルロータリーと名付けて販売して欲しいです。
コメントへの返答
2005/05/24 23:58:01
僕も日産党ながら、コスモスポーツのカッ
コ良さには脱帽です!
帰ってきたウルトラマンのコスモスポーツ
は「マットビハイクル」なんて言ってまし
たね!!
あれは、当時中古で安く買えたのと、なん
と言ってもカッコが良かったので採用され
たそうです。。。

コスモLですか!懐かしいですね。
ランドゥトップのレザーがオシャレで、な
かなか良かったですねぇ。。
13Bはブザーが鳴るまで、スムーズでス
ピード感が無かったのですが、気が付くと
とんでもない速度・・になっている事が、
しばしば。。。
マニュアルなのに、REの振動を吸収する
為に、トルコンがクラッチとギアに間に噛
ませてあって、構造的にも面白いクルマで
した。

会社に余裕ができたら、マツダにもスポー
ティ路線ではなく、違った方向性のRE
搭載車を考えても良いかもしれませんね!
2005/05/24 22:26:18
ニュル48時間!!
信じられませんね、完走しただけでもスゴイと思いますが4位入賞だったんですねー。こんな話聞いたことないですよー。
驚きました、これは。素晴らしい!
コメントへの返答
2005/05/25 00:01:22
ニュルのコースって、本当にタフなコース
だと思うんですよ!
R33GT-Rの走行車載カメラを見せて
もらったのですが、ありゃ尋常なコースで
はないですね!!
そのコースを48時間ですから、昔は本当
にタフなことをしていたと思いますね!!

コスモスポーツの活躍って、本当に一部の
人しか知らないんです。。
これってもったいないですよね。。。

ですから、これで一人でも多くの人に知っ
てもらえたら嬉しいですねぇ。。。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

アニキの春うらら~( ̄▽ ̄) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 13:27:15
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.