• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年09月17日

柱無 グロリア 2H/T に夢中。

柱無 グロリア 2H/T に夢中。  クラウンを唯一販売台数でうっちゃった事で有名な230系セドグロ。

 この頃はオーナーカーとしてツゥドアも用意され、僕的にはグロリアの オリーブグリーン で、レザートップ、ウイング付きにスゴク憧れたモンだ。

 キャッチコピーにもあるが、

「小さなタメ息が生まれる・・・大きなグロリア。」

の通り、今ではさして大きなサイズといえなくなったディメンジョンなんだが、当時は本当に大きく立派に見えたモンだ。


面白い事に20年近いブランクを置いて意外にほぼ同じの寸法の230とY31グランツゥリスモ

 少し面白いデータがあるのだが、この230ツゥードアハードトップのディメンジョンと、20年近く後に出たY31グランツゥリスモの寸法を比べてみると、

230ツゥードアクウペ 4690x1690x1420 、Y31グランツゥーリスモ 4690x1695x1400 とほぼ同じなのだ。(閑話休題)

 ちなみに、この広告に出ている美しい女性は、今、ある意味話題になってしまった 「三田佳子」 さんだ。

 そうそう、230セドグロのハイライトは、販売台数だけではない。とかく日本人は「直線平面」チックなデザインを好むと嘯く連中が多いが、この230は、適度な曲線と緊張感がある面構成で実にバランスが取れたエクステリアを実現している事だろう。

 そして、安全性云々は別にして、4ドアピラーレス・ハードトップが追加された事も国産車の歴史の中で大事な1ページを飾っている。


適度な曲線に、緊張感のある局面を使ったエクステリアは、シンプルながら美しいモノだ。そしてフォードア・ハードトップの追加で一気に人気車種に 

 グロリアのTOPの広告を見て、あとひとつトッピックなのは、レザートップとウイングの存在だろう。レザートップももはや絶滅危惧種というか、絶滅してしまったかもしれないエクステリアアイテムなんだが、この大柄なデザインに呼応して、ルーフの色違いのレザートップもセクスィだ。

革張 レザートップを知っている世代が減ってますねぇ。
 https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/31475727/

 ところで、例の衝撃安全性の問題で、一時は、もうできないボディ形状だと言われていた「ハードトットプ」なんだが、ルーツをたどってみると、なんと 1940年代 後半から綿々とレシキは続いているのだ。

 僕の記憶が正しければ、一番最初の 「ハードトップ」 は、やっぱりアメ車、それもキャディ、キャデラックのトゥドアだったと思うのだが、これが フォードア・ハードトップ となると、どうも自信がなく、手元の一番古い資料では、1957年の 「マーキュリー・ Park Lane」 が一番古いピラーレス・フォードア・ハードトップではないかと思っている。


1957年式 Mercury Park Lane 。巨大なボディサイズに合わせて好き勝手にデザインした様な・・・(笑)

 これが、ハードトップ元祖の キャデラック は一年後の 1958年 の 「fleetwood sixty special」 がキャディとして一番古いフォードア・ハードトップだと思うのだが如何だろうか。
 

さすが!キャディ。この時代のお決まりっである「巨大なテールフィン」に、「リヤタイアを覆った」デザインなんだが、ちゃ~んとデザイン的にまとまっている・・・

 そして、例の衝突時の安全問題がクローズアップされるまでの間、アメ車でもハードップ、フォードアハードトップのクルマが多く輩出された。

 僕的には1975年の Chevrolet Caprice Classic なんて、ただ馬鹿デカいだけの印象が強いアメ車の中ではデザインもまとまっており好きなクルマの一台であった。
 

ただデカイだけのアメ車にあって、シンプルでスッ線と面が通ったデザインで素直にカッコイイと思う一台だ。

 サイドインパクトの問題と、クルマがどんどん高速化されてゆくと、窓枠の無いハードトットプでは、サイドウィンドゥの吸出しによる、風切り音とバタつきの問題から、もう窓枠の無い ハードトットプ は出ないだろうと思っていたら、ここ数年欧州車で、さすがにセンターピラーは必要だったらしく、ピラードではあるが フォードア・ ハードトップ が復活しているのは、面白く、楽しく感じている次第なのだ。


メルチェデスやBMWでピラードハードトップが続々と復活。カッコいいねぇ。

 しかし、改めて230グロリアツゥドアハードトップ を眺めて見ると、


繊細なサイドヴューからリヤに回るとハッとするようなアメ車チックな大胆なデザインが・・・ 
 
フロントからサイドにかけては、欧州車に似た大胆であるがアクの少ない緩やかな線と面の構成が、リヤに回ると一変して大胆なアメ車チックなデザインになるのが実に面白いモノだ。

 ある意味で、アメリカの影響から、欧州車のトレンドに変化してゆく時代の姿を現す貴重な証言者のように感じてならないのだ。

 クルマの姿形や、そこに取り入れられた技術は、そのクルマを造る国の考え方やトレンドを表す「文化遺産」と言ってはばからないと徳小寺は思っているのだ。





ブログ一覧 | クルマ | クルマ
Posted at 2018/09/17 09:24:21

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

西部警察効果か?わーい(嬉しい顔)
MOGUL-Mさん

三代目
avot-kunさん

前橋クラシックカーフェスティバル  ...
くまとっどさん

ストリートカーナショナルズ2017 ...
WADAさん

 四代目、 ク ラ ウ ン
利根川の天然水さん

こんな装備あったね。第5の窓、スタ ...
Gris Borealさん

この記事へのコメント

2018/09/17 11:11:29
昔、ダイヤペットのミニカーでこの230グロリアの2ドアハードトップがあって、同じようにリヤウイングが付いていました。

あのリヤウイングは純正品だったんですね。
コメントへの返答
2018/09/17 18:42:47
とても純正とは思えないカッコイイ造形でしょ!!
さらにドライヴァーズ側の上面に「NISSAN」の文字が入ってて、さらにカッコいいんですねぇ。
実物を見たことが有って、子供心に欲しくて欲しくて・・・(笑)
窓が電動で動くのも子供には驚きで、凄く憧れのクルマでした。
2018/09/17 23:25:58
こんばんは。
230型は、シンプルな中に抑揚があって、良いスタイルでしたね。エンジンも結構ラインナップがありましたし、GXグレードなどはのちのグランツーリズモシリーズにつながる雰囲気もありました。また、景気が良い時期でしたから、ほとんど1年毎にマイナーチェンジが行われていたようで、分類が難しいです。
 初期のグロリア2HTは小さな赤いテールランプが四個並んでいるだけ、初期のセドリック2HTのフロントマスクも非常にシンプルで、スッキリした好きなデザインです。
コメントへの返答
2018/09/23 02:28:13
これが絶対的なデザインとは言い過ぎですが、現代の細かいディテールに拘り過ぎたデザインへのアンチテーゼのように思えます。
クルマとしての基本的な「カタチ」で勝負したデザインで、クルマ全体としての完成度はある意味で現代のクルマより上手だと思います。
最近のクルマは、如何に他と違った姿形するかに腐心して、クルマ本来の基本的なディテールが置き去りにされてしまってイマひとつ琴線に触れないんですよねぇ。
ヘッドライトの造形、テールランプの造形、パーツパーツ毎の造形や構造は非常に凝っていてデザイン的に優れているのですが、全体で見るとパッとしない。
アメ車衰退の歴史もそうで、だんだんと細かい部分でのディテールに拘り過ぎて、クルマ本来の姿形で勝負してきた欧州車に淘汰されてしまったように、今の国産車も海外で日本車のデザインはと言われてしまっています。
230を見ると、余計な線や面が介在してなく、実にシンプルながら、塊感や線や面の抑揚が見る者へ存在感を印象付けていますよね。
そういった意味で、現代のデザイナーたちへクルマのデザインとは何かを物語っているように思えます。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

アニキの春うらら~( ̄▽ ̄) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 13:27:15
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.