• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2007年11月24日

革新 U11ブルーバードは「世界初」満載だった!!

革新 U11ブルーバードは「世界初」満載だった!! 外観的に多くの人はU11を、売れに売れた910の形を変える事を恐れた「キープコンセプト」の究極だ・・・と見ていた。
確かに910は、一時はあのカローラでさえ販売台数で凌ごうかと言うくらい売れに売れまくったモデルで、昭和55年・56年・57年の三年間、1.6L~2Lまでの小型車の年間売り上げでトップを維持し続けたクルマだった。

そんなに売れた910のイメージをガラリと変えるには、正直かなりの勇気が必要だったに違いない。

たしかに一見すると、代わり映えのしないエクステリアだったが、それはそれなりにリファインされてより美しくなっていたと思う。
さらに正直インパネなどの建て付けが余り良くなかった910に比べ、U11は劇的に組み立て精度が上がり、質感も大きく向上していた。

そういった商品価値の向上以外にも、あまり知られていないが、このU11には日産お得意!?の 「世界初」 装備が幾つか搭載されたいた。

そのうちふたつを紹介しよう。まず一つ目は、



「電子制御3ウェイパワースティアリング」だ!!

今から見れば信じられない事だが、当時はまだ「パワスティアリング」なんて高級装備だった。
このU11も実際には、上位グレードにしか通常の「エンヂン回転感応式パワステ」が装備されてなく、これも当時の常識だった 「スポーティ車にはパワステは不用」 という考えから、U11のスポーツモデル SSS-S はノンパワーだったのだ!!!実際、当時コイツに乗ると、特に低速時の「重さ」はハンパではなく、かなり上半身が鍛えられたもんだ。。。

そんな中、この 「電子制御3ウェイパワースティアリング」 とは、速度センサーにより速度によってスティアリングの重さが変位する、言うなれば「速度感応式」なんだが、さらに手元スイッチによって、その重さの「可変具合」を変えられるという凝った仕組みだった。

具体的には、「重め(H:Heavy)」、「普通(N:Neutral)」、「軽め (L:Light)」の三段階に設定できた。今思えば「普通」の「N」が「Normal」でなく「Nautral」だったのが面白い。

次ぎの「世界初」は、これは未だに、その効果が論議されている

「セーフィティ・ドライヴ・アドバイザー」だ。

これは、ドライヴァーのスティアリングの回し加減、パターンと、運転時間、昼夜などの環境を加味して、「コイツ疲れているな!」と判断すると、クルマが「休みなさい」と催促する 余計なお節介便利装備だ。

日産曰く、ドライヴァーの疲労時に現われる運転パターンを掴んでおり完璧なモンだと豪語していたが、いまだ、その状況を正確に指摘された!?というハナシは聞えておらず、その効果は「謎」のままな装備であった。。。

さらに運転時間の累積もカウントしており、運転時間によっても「休め!」と言ってくれるのだ。。。

この装備に付いて詳しくは みやこしさん のブログも参照願いたい。

さてさて、そんな装備の中で、世界初ではないが、「当時から・・」という装備もあった。それが

「ドライヴ・フェール・モニター」だ。

まぁこれは、「燃費計」なんだが、最近、またまた標準装備しました!エコを考えてますな~んて騒いでいるが、実はこんな昔からあった装備で、それを知っている僕たちの世代としては、珍しくも、なんとも無い装備なのだ。

親切 燃費計は環境を救えるか??
https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/5929455/

ただ当時は、本当にスゴイ装備だと思ったのは事実で、さらに、燃費だけでなく、「燃料残量」までも表示され、さらにさらに「航続距離」までも表示されるシッカリモノであった。。。

こうしてみると、やはりブルーバードは日産のある意味パイロット・モデルだった事が分かるだろう。。そして、この装備や、「FF化」や、その他の装備や機能の充実などをして

「レヴォリューション:revolution(革命)」でもなく、「イノヴェーション:innovation(革新)」でもない、「エヴォリューション:evolution(進化)」

を具現化している・・・と思うのだ。

そのU11も、正直、なかなか売上げが上がらず2年後に予定通りマイナーをしたが、かなり大掛かりなものとなった。

名曲 Rhapsody in Blueが流れたブルーバードのCM
https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/221389/

単純なリデザインだけでなく、トレッドの拡大や全長などの見直しがされ、随分と外観のイメージが変わった。

ブルーバード初の「FF化」や、大ヒットした910の後を受ける・・と言った想像以上のプレッシャーの中、U11は外観的キープコンセプトで日産を支え続けた。

正直、ブルーバードの歴史の中で評価が芳しく無いのだが、現代に通じる装備や機構の数々など、今見直すとなかなか「芯」のあったモデルであったと言える。

その後の名車と言われる「U12」も、こうした先人があって初めて出来上がった事を忘れないで欲しいと思うのだ。
それは、歴代のブルーバード、いや多くの国産車にもいえるのだ。

そうした歴史観を無視して、如何にもヒットしたモデルだけ論じる軽薄な思想が横行している実態を見るに付け悲しくなってしまう。

それが、クルマのオーナーだけでなく、メーカーにもその一端が見え隠れする事も嘆かわしいものだ・・・

せっかく日本車の歴史も、ここまで積み重ねて来た現代、こうしてU11というブルーバードを思い起こすだけでも、多くの教訓や学ぶべき点が多く見られるのだ。
そうした歴史観を大事にする考え方を大事にして欲しい・・僕はそう願って止まないのだ。

.
ブログ一覧 | ブルーバード | クルマ
Posted at 2007/11/24 23:57:01

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

【感謝】ありがとうございます。綺麗 ...
ソニックプラスセンター新潟 たかぷさん

抜ける様な青空
真夜中の銀狼さん

油膜・被膜を三倍速で取るやつ
PROSTAFF(プロスタッフ)さん

【シェアスタイル】C-HR九州夏祭 ...
株式会社シェアスタイルさん

5年保証! ボディガラスコーティン ...
倉地塗装さん

美味い味 399
ライト パープルさん

この記事へのコメント

2007/11/25 06:30:31
 このドライブモニターですが、デビュー当時から存在は知っていました。
 しかし、当時免許が無かった私ですが、いかにも怪しいなぁ、と思ってみていました。フェールモニターは、トヨタは「クルーズコンピューター」として出していましたね。1DINしっかり使っていましたが。

 ちょうどのこのころ、Z31に水滴感応ワイパーが装着され、「コンライト」という名称でオートライトも発売され始めましたね。類似品は他にもあり、少し古いですが、コロナのOKモニターとか・・・。あれはどこのメーカーも真似したものです。ホンダもマツダもカーナビの前進といえるものはありましたが、まだまだ使える精度の代物ではなく・・・。

 今のステレオタイプともいえる快適装備の裏には、そういう試行錯誤で熟成されたり、淘汰されていったものも多いですね。私は今でもスペアタイア空気圧警告等は欲しいです。普段からあんまり見るものでもないので。
コメントへの返答
2007/11/25 23:19:28
一見無意味の様な「世界初」も、極めれば「主流」になるものが多いですね。

クルマの「TV」も出た当時は、こんな無意味な物を・・な~んて言われていたし。
電動格納ドアミラーも、欧州のメーカーに笑われていましたね。

そうした装備の真偽を見極める目を持つのもユーザーとして大事ですね。
2014/06/21 21:40:59
はじめまして。910、U11共に父から譲り受け当時乗ってましたょ笑
私はサスペンションの調整機能がお気に入りでした!今見ると無茶苦茶カッコイイと思うのは親バカでしょうか…
コメントへの返答
2014/06/22 02:06:02
売れたクルマの後は・・とはよく言われていますが、U11も非常に開発に苦労したと思います。
色々な意味で、まぁFRとFWDという違いはあれ、U11の方が910より格段に進歩しており、その時点での時流に十二分に乗ったクルマであった事は間違いのない事実です。

パワステとサスの調整機能、これも如何にドラヴァーの要求に応えるかと言うメーカーの一つの回答だと思います。

言われる様にエクステリアも、エッヂの処理、面の処理が実に巧妙になって、次のU12に続く優れたモノだと僕も思いますね。
2014/09/23 21:03:38
はじめまして
私もBBBブルーバード乗っていました
当時は白いアニバーサリー車「SSS EX」だったと思います

FFでアンダー強かったのを覚えています
初心者なのにフロントバンパーの上に大型のシビエのフォグランプ&ドライビングランプを付けて
大好きなラリー車を気取ってました。

カタログの黄色に黒いSSSステッカーがお気に入りでした

良い思いでです。
コメントへの返答
2014/09/25 00:56:24
U11は、一見すると優しい面や線でエクステリアが構成されていますが、ちょっとアクセントを加えるだけで、ずいぶんとイメージが変わるクルマだったと思います。
そう、言われる様な補助灯を加えるだけでもずいぶんとイメージが変わったと思います。
あのカタログのイエローのSSSの写真は、これがU11か!?と思えるくらいカッコよかったですねぇ。
しかもシートのレッドを利かせた色合いも印象的でしたね。
操縦性は、アンダーがと言う事でしたが、U11以前の、単純なリアにトレーリングアームを使った日産FWDに比べると格段にアンダーは減っていて、ずいぶんとFF車も操縦性が素直になったと思ったモノです。
あのマツダが発想した、パラレルリンクのパッシブ・トーン・コントロールを採用した恩恵で、まだ洗練度は低かったのですが、U12に続く日産FWDの操縦性の方向性を決めた記念碑的なモデルとも言えると思います。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

アニキの春うらら~( ̄▽ ̄) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 13:27:15
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
MAZDA CosmoAP ARCHIVES 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:48:46
 

ファン

173 人のファンがいます

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.