• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2005年10月29日

不遇 シルフィは表舞台に出ていなかった・・

不遇 シルフィは表舞台に出ていなかった・・ 輝くスポットライト、真新しいクルマの前には人人の人だかり。。。

そんな中、「シルフィ」はたくさんのクルマの並ぶブースの裏手にひっそりと展示されていた。。

一応、カットモデルまで置いて、少しはやる気らしいものを見せてくれてたが、ほぼ同じ頃にリリースされる「ウイングロード」とは、えらく扱いが違っていた。。。

まぁ気を取り直して、じっくりと、新しい「シルフィ」を観察してみよう。

まずは、カットモデルが内装が見やすい様に斜めに展示されているので、これまたシャーシの裏側がネジの一本まで見渡せる状態であった。

我々が一番気になるのは、一体どのプラットホームを使っているのか・・・一番に目に入ったにはマフラー。。。
やっぱり「マーチ」だ・・ここでいきなり「B」プラである事が判明。

厳しい評価で有名な 「M氏」 曰く、「これじゃ被りモンのマーチじゃねか・・」と。。。

たしかに、その上のプラットホームを期待していた我々にとって、予想していたとはいえ、正直落胆の色は隠せなかったのである。。



気を取り直して、カットモデルや、そうでない展示車を舐める様に見てみたが・・・しかし、あれだけGT-Rだ、フォーリアだと熱気ムンムンの日産ブースにあって、ここは別世界!
床に張り付いて見ようが、後ろに下がって眺めようが、人がめったに来ないので、実にゆっくりと見れる。。
まったく寂しいモンだ・・・・・(閑話休題)

さて、実物のエクステリアを見て、事前の画像と比べて、正直に言って印象はかなり違ってきた。

具体的には、非常にデザインされているのだ。

アリオンなどに見られる様な、ど単調なサイドパネルの面とは違って、今度のシルフィは、微妙なラインと面でパネルが出来ており、それが見る角度と照明の当たり加減で随分と表情を変えて見せてくれる。。

特にテールランプから伸びるキャラクラーラインが、前方に行くに従って徐々にフェードアウトしながらフロントフェンダーのホイール・アーチに収束して行く処理は、なかなか斬新だ。

リヤのトランク部の処理は、最近欧州から波及した、ショルダーのラインにトランクリットが乗っかった様な処理でなく、ルーフのラインと滑らかに繋がっている処理で、唐突感が無くてセクシーだ。。





ティアナと似てると言われながら、Cピラーの面とサイドのパナルの面と、トランクの面が滑らかに繋がっているので、その部分においては、ティアナと趣きを異にしている。

さらにひとつ間違えればボッテリ感に繋がりそうなその所を、例のキャラクターラインが、Cピラーの根元から微妙に弧を描いてテールランプに繋がる事によって、ボッテリ感を緩和されていると思うのだ。

それでもかなり、ヒップアップには変わりないので、トランクの容量はかなり大きいと思われる。

そうそうカットモデルのリヤパーセルを見てもリヤ・シート後端からリヤガラスまでの長さが異様に長い事からもそれは伺えると言えよう・・・

「M氏」 もコメントしていたが、そのリヤパーセル上に「スピーカー」の存在は無かった。。。フロント及びリヤドアのみにスピーカーが置かれ、どうもこの辺に微妙なコストカッターを感じられずにはいられなかった。。

フロントの処理は、ヘッドランプの面とフェンダーの峰との整合性を取る為に、一部がバンパーに食い込むような形になっている。。

そこをもう少しうまく処理すれば、もっとフロントにシャープな印象が出て、もっと締まった感じになっただろう・・というイメージは変わらなかった。。

リヤやサイドの処理が絶妙なだけに残念な気がしてならなかった。。

最近、随分改善されてきた、日産のリヤ・モニター用のカメラの処理も、よりコンパクトになって、目立たないように設置されていた。

これまでは、「オラがクルマさ、カメラがついとるでよ・・」的に、これ見よがしにどうだ!とデカデカと付いていたのが、ぱっと見た目には分からないくらいまでになっていた。。



内装は、これまでの「シルフィ」を知る者にとって、ずいぶんと変わったと思わせる点であった。

とにかくリヤの足元は劇的に広くなっている。。というか今が狭すぎるのだ。
遠目だが、シートのステッチの感じやパーテーションのスキマなどは、やっとライヴァルメーカーに追いついた感じがした。


これなら「細部まで手抜き」なんてもう言われないだろう。。

まぁ、実車を見て、あれやこれや思うところはたくさんあったが、クルマとしての実力はかなり高いと思う、それは走りとかと言った点でなく、質感とか居住性といった、現在のシルフィが抱える問題点を、ことごとく潰し改善していると思われたからに他ならない。。。

しかし、「セダン不遇時代」とはいえ、シルフィの存在感は日産にとってなんなんだろうか?

今のラインナップを見て、ティーダとプリメーラの間の車種が日産には無い事が、どうも私は気になっているのだが、どうも当の日産は痛くも痒くも無いらしい・・・

そこまで、5ナンバー枠一杯のセダンという需要は無いのだろうか?

今回のシルフィを見て、その完成度が高い故に気になったのだが。。。

いくら造りが良くても、造り手の熱意が伝わって来なければ、売れるものも売れないと思うのだが・・・
ブログ一覧 | 東京モーターショウ | クルマ
Posted at 2005/10/29 16:36:13

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

神戸出張⛴ 〜お土産いろいろ🎁
pikamatsuさん

油圧計 & 検査標章(車検シール)
Kisaraさん

BMW R1200Rの一年点検とR ...
minnjiさん

アルファロメオ、ジュリエッタ・ヴェ ...
Kolnさん

庭園
★ 咲川めり ★さん

目覚ましじゃんけん、じゃけんポン
かぶと虫28号さん

この記事へのコメント

2005/10/30 16:41:58
全長が115mmも伸び、プリメーラと完全にバッティングするサイズになりましたね。全幅が5ナンか3ナンという違いしかない....。まぁP10やP11もブルーバードと完全にバッティングしていましたが、当時は今よりもセダンが売れていましたから....。私がこの次期シルフィを取り上げた際に、「プリメーラは欧州専売になるのでは?」とコメント下さった方もいました。それとも、トヨタのプレ/アリとアベンシスのような関係にするつもりなんでしょうかね…?

ホイールベースが2700mmと知り、完全に「Cプラだな」と思い込んでいたところ、2ちゃんで「Bプラらしい」との情報を知り落胆....やはり本当にBプラだったんですね。いくら何でも、2430mm→2700mmって無理がありませんか? ラフェスタと同じ2700mmなのにCプラを使わない理由は、やはり「コスト削減」なんでしょうか? サニーベースから脱し、本来のブルーバードへの基本返りを果たそうというのなら、間違いなくCプラを使った方が相応しいですよね。。
コメントへの返答
2005/10/30 20:34:22
僕は5ナンバー枠に拘る派なんで、シルフィが5ナンバーに踏みとどまってくれた事は感謝なのですが・・・如何せん、でっかいマーチじゃねぇ。。

もちろん、ティーダなのでも玉成されてきたので、正面切って「とんでもない!」とは言いませんが、コレまでのブルのイメージやポテンシャルを顧みれば、物足りなさ100%と言わざる得ませんね。

確かにプリメーラとバッティングする事は気になるところなんで
すが、それぞれが確固たるポリシーを持っていれば、ある程度は商売になると僕は思っています。
セダン不遇の時代と言われて久しいですが、マークXの売れ方を見ると、これだけハイトカーが増えて来た現代、実はマトモなセダンが出れば売れるんじゃないかと内心思っています。

今度のシルフィ。デザインはなかなか考えられたモノですが、ブルーバードというブランドの本道ではないと言わざる得ないと思います。。。

かつてのブルーバードは単純な親父セダンではなく、その時々の日産の持てる技術を集結させて、実は先進的で、隠れスポーティカーであったと思うんです。

もちろん歴代各モデルで一番売れたのは、中間グレードやラグジュアリーモデルでしたが、それを買ったオーナーも、実は自分はスポーティで優れたクルマと同じクルマに乗ってるんだ・・っていう自負心マンマンだったと思うんです。

残念ながら広さとか質感といった面では完成度の高いシルフィですが、おっしゃる通りブルーバードというブランド名が残りそうな雰囲気は大歓迎ですが、本道じゃない。。。と言えますよね。。
2005/10/31 10:07:42
例の足元の凸凹感はいかがでしたか?^^
コメントへの返答
2005/10/31 11:45:10
え~カットモデルに乗ってみた・・・
( /-_-)/ -=≡━D) ゚ο゚)☆バシッ!!!
乗れませんでしたが・・・Bプラベースなら気にはならないレヴェルだと思いますよ。

きっと・・たぶん。。。おそらく------
2005/11/16 09:22:33
おはようございます。おっさん仕様パジェロと申します。再び書き込みをさせて頂きます。

 先日オイル交換のため、日産ディーラーへ行った序でにシルフィの簡易カタログと情報を店長より教えて貰いました。
 既に関係者のみ実車の御披露目はやったそうで、兎に角内装の広さにはビックリした、と言うのが殆どの人の感想だったそうです。マニュアルにも書いてましたが、セルシオよりも広いと言うのをを強調してありました。(実際は何mm単位ですが)
 で、私のブログにも書いてますが、これを生かして官公庁モデル(運転手付仕様)として「ブロアム」グレードが飛び道具として出るそうです。今迄セドリックセダンが担っていた役割を、このシルフィが受け持つそうなのです。
 しかし、皆さん言われている通り、Bプラットフォームでこのサイズ(クラス)はチョッと厳しいんではないかと思っています。ホイールベースが2700mmだったのでCプラットと店長も勘違いしていたので、結構この辺はうやむやにしているんでしょうか。
 マーチのストレッチリムジンでセドリックの代わり・・・。日産も大胆な発想になっちゃいましたね。

 乱文・長文、大変失礼しました。
コメントへの返答
2005/11/17 10:18:02
発売が目の前に控えるようになって、ずいぶんと、その様子が分かるようになりましたね!

正直、モータショウでも実物を見て、画像で見るのとエラク違うもんだ。。と感じたのですが、まずは、エクステリアも、すごく考えられて、なかなかセクシーに見えます。
まぁ、フロントの印象は画像の通りでしたが、でも、普通に使うなら、久々に使えるセダンが出てきたなって思いました。
室内は、カットモデルのお陰で、随分と広い。。って感じましたねぇ。。
「ブロアム」モデルっていうのも、ホントうなずけます。確かに
リヤの足元はスゴイですねぇ。。。「広い」の一言です。

>マーチのストレッチリムジンでセドリックの代わり・・
これ最高に受けました!!思わず自分の友人や知人に、同じことを言ってしまいました。(不許可複製お許しを・・・)

排気量も1.5と2.0の二本立てで「1.8」が無い・・という不思議なラインナップ。。。
しかもヨンクは「1.5」ですよ!!!!

まぁ、AXISが用意されて、それなりの外観仕様車は出るんですが、根本的に走りとか、スポーツっていうカテゴリーからは、遠く外れてしまっていますよね。。

僕的には、「ブルーバード」という名前が残って、セダンとしての実力もかなり高い、こんどのシルフィーには、大いにニッサンもやるなぁ。。と思いつつ、基本的な部分での「意思」の欠落と、コスト最優先、売れるクルマだけを造ろう・・という会社の姿勢にはスゴク落胆しているのも事実なんです。。

5ナンバーで、中も広くて、質感もあって。。。普通に乗るのであれば最高のクルマだと思います。
販売店に言って、試乗して、気に入ったら「買い!」のクルマだと思います。
ただ、クルマに乗る事に「プラスアルファー」を望む層には、どうなぁ・・・とも思うことも事実です。

実は、G10のシルフィーは、法人向けに意外な程売れていました、今回のシルフィーも、せっかく掴んだ法人需要を落とさないように、前出の「ストレッチリムジン」のバリエーション化とか、法人営業の販売の戦略を進めているそうです。

法人のユーザー向けならいざ知らず、もっと個人のユーザーにまでシルフィーの裾野を広げるには、もう一押し・・スパイスが欲しいないぁ・・というのが、発売直前の僕の印象です。。
2005/11/17 12:04:24
レスして頂き、ありがとうございます。

 徳小寺さんが仰っている通り、不思議と現行シルフィは1.5Lの売れ行きが良いと店長も言ってました。(特に法人向け)
 なので販売店の意向からその為に態々1.5Lモデルを用意したそうです。
 1.8Lは2Lでその価格を実現しているので今の所無いとの事ですが、要望が有れば何れ追加グレードで出て来るかも知れませんね。
 
 装備やデザインは確かに良いんですけど、当初から「女性ユーザー」を頭に置いているので、スポーツグレード等はもう出てこないんでしょうね。スカイラインやフーガ等はアメリカ、マーチクラスはヨーロッパ、また、ミニバン等は日本を視野に入れて造ってますが、このクラスの需要って日本の一部でしかないんですよね。なので各メーカーも若干手抜きのような造りになっているのではないかと私なりに解釈しています。 得に日産はここ最近それがあからさまになってますよね。ゴーンさんもせめて日本でこのクラスでもこれだけ需要があると解れば910のような名車と言えるブルーバードが復活するかも知れないですね。
 
 なんだかんだ言っても、多分プレセアの代替はシルフィでほぼ決まりになりそうです。店長のマインドコントロールにかかっている今は・・・。

>これ最高に受けました!!思わず自分の友人や知人に、同じことを言ってしまいました。(不許可複製お許しを・・・)
 ドンドン使って下さい!これ位言わないと幾らブルーバードの名前が残ったとは言え、ファンの要望に応えきれて無いと言う事に対して日産も目が覚めないでしょうから・・・。
コメントへの返答
2005/11/17 13:10:47
僕は、国内にこのクラスのスポーティな需要が無い・・というのは、間違っている。。と思っているんです。

極端ですが、アリオンとかプレミオで、数は多くないですが、純正のエアロパーツに、ちょい幅広タイヤっていう古典的ですが、スポーティなイデタチにした仕様を良く見るんです。

もちろん、それは少数派ですが、考えてみれば、よく売れた910でも、その中で一番売れたのは1.8のGFとかで、あくまでSSSのSとかはブル全体のイメージリーダーだったんですね。

だから今でも、トップに飛びっきりのスポーツセダンを持って来て、あとはふ~つうのという中身のある、このクラスのセダンを造れば売れると思っているんですが。。。

今回の新しいシルフィーは、ツゥールとして乗るには最高のクルマだと思います。
内装も良いし、何より小さめの外観で中が広い。

一人で乗っても、いざ多人数乗車という場合が訪れても対応できる、すごくイイクルマだと思います。

ただ、それだけでは、出来の良い「トヨタ」と同じですものね。。。

かつての日産車には、そこに、もう一粒スパイスがあったと思うのですが。。。

(追伸)
例の「名言」、またまた無断ですが、他のブログで拝借致しましたので、ご了解願います。。。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

アニキの春うらら~( ̄▽ ̄) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 13:27:15
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.