• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2019年11月23日 イイね!

立体 3D版 ルパン三世 THE FIRST に510が舞う!

立体 3D版 ルパン三世 THE FIRST に510が舞う!ルパンお前もか!?

という事で密かに 12/6 から公開される 3D版の ルパン三世 THE FIRST なんだが、まぁキャラクターの出来栄えは別にして、登場する 銭形のパトカーに注目していたのだが、まさかまさかの車種だった。

 これまでのシリーズで言えば、カリオストロの城、TVシリーズでは、

銭形 カリオストロの城の「銭ブル」の謎!?
 https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/259754/



「銭ブル」のナンバーは 埼玉5 た ・110 だ。この他にも所属などなどが・・・

そして、TVシリーズの 「PART 5」では、


プレスラインの位置と形状が最後期のモノだ。

と、ブルーバード410が活躍していたが、いやはや、今度の ルパン三世 THE FIRST では、



なんと 510ブル に進化。

オープニングを細かくチェックしてみよう。

フロント周りの造形は、


フロント周りの造形は前期型の特徴を良く捉えている。「合格点」だろう。

まぁ細かいところは、あれっと思う事があるが、なかなか510ファンとして、よくできているぞと納得の出来栄えだ。

サイドはどうだろうか。


あれれ!?なんか違うぞ・・・全体は510だけど、たったこれだけで雰囲気が台無しだ!!

大まかな造形はそこそこなんだが、ただ決定的に、ある部分の造形が間違っている。

これで折角の510の雰囲気が台無しに・・・ぜひぜひ、皆さんも大きな間違いを捜して欲しい。

リヤの造形は!?


う~ん・・・・これ前期型だよねぇ。さらに510の特徴的な部分がねぇ。

残念だが、リヤに関しては、すっちゃかめっちゃかだ。

510ブルは知っているが、510の歴史は知らない上辺だけのクリエターの作品なんだなぁと、ちょっぴり失望してしまった。

今回の ルパン三世 THE FIRST のクリエイターの皆さんには、ぜひこれを読んで勉強してもらいものだ。(笑)



挑発 その一言で名車は生まれた510誕生秘話
 https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/1645822/




何はさておき、間違い探しも含めて(笑)ルパン三世 THE FIRST を楽しんでほしいと思う次第なのだ。


Posted at 2019/11/23 00:36:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | ブルーバード | 音楽/映画/テレビ
2019年04月21日 イイね!

奇跡 ブルーバード 栄光への5000キロ ignition model

奇跡 ブルーバード 栄光への5000キロ ignition model 1969年、満を持して日産は ワークス ブルーバード 1600 SSS をサファリに送り込んだ。

OHCインラインフォウの L16 は、ノーマルと同じ 日立製 SUツゥインカブレーション ながら、ファインチューニングされ、ノーマルの 100PS/6000min-1 と 13.5Kg-m/4000min-1 から 120PS/6800min-1 と 14Kg-m/4800min-1 に向上されたものが搭載された。
   
 この年、笠原 剛三 著作の 「栄光への5000キロ」 にインスピレーションされ作られたのが、石原裕次郎の 「栄光への5000キロ」 で、


日産ワークスがバックアップし、欧州やアフリカでもロケ敢行!製作費4憶!?今で言うと一体いくらなんだ!?


そこでスクリーン狭しと激走したのが、ゼッケン90 の DATSUN 1600SSS こと 510 ブルーバード 1600SSS だったのだが、物語はそこで終わることはなかったのだ。

 その軌跡の様子は、この一枚のあるパーティの様子からも伺えるだろう。


日産のサファリ監督「難波靖治」に裕次郎は「シナリオを読んだとしか思えない」と言い興奮を隠しきれなかった。

後の NISMO 社長になる、当時、日産サファリラリーの監督であった 難波靖治 に裕次郎は
「シナリオを読んだとしか思えない」
と言い1969年の日産チームの勝利を祝福した。

 なぜ裕次郎は、そんな感嘆の言葉を発したのか!?それは、1969年のサファリラリーに日産は、4台のワークスカーを投入した。

ゼッケン4 僕の憧れのドライバー 飛ばし屋ジャックこと ジャック・シモニアン

ゼッケン29  サンダース/ピートリング
ゼッケン35  グリンリー/コリンジ
そして ゼッケン90  ハーマン/シェラー

であった。ここで、気づいた諸兄はなかなかのものだ、あの「栄光への5000キロ」と同じカーナンバーがいる事を、そう、このゼッケン90の ブルーバード こそは、裕次郎が劇中様に使用した ブルーバード1600SSS そのものなのだ。


1969年の宿命のライバル フォード20Mとの市街地戦での一騎打ちのワンシーン。フォードのナンバープレートが 510 というのが皮肉だ。
 
 物語はこうだ、もともとポルシェで出走する予定だった ハーマン/シェラーだったが、ポルシェ本国のストライキに巻き込まれクルマが来ない!そこで ハーマンが難波に高飛車に申し入れした。

「去年、俺が乗ったマシンより馬力の少ない DATSUN が、軽々と俺を抜いていった。それらのドライバーより腕のいい俺が乗ったらDATSUNは優勝できるはずだ」と。

 さすがにこの申し入れに、難波も最初は面食らったが、これが彼らのプロモーションのやり方で、確かにハーマンは、ナイロビに住み、ローカルラリーで腕を磨きウエットやツゥイスティなコースでの速さは一目置くところがある。

 よし!彼らに賭けてみようとなったのだが、DATSUNには余裕の ブルーバード がない、そこで思い出したのが裕次郎が撮影用にワークス同様に作った ゼッケン90 のあのマシンだった。

 実際にも追加公認だったので、最後尾スタート、ゼッケンも「90」でエントリーとなった。
 
 果せるかな、ゼッケン90 のハーマン/シェラー 組の DATSUN ブルーバード 1600SSS は最後尾スタートながら、次々と先行車を下し、白眉はケニア山の豪雨の山岳路でも圧巻の速さを見せつけ、最終的には 85台 を抜き去り、総合5位でチェッカーを受けることになったのだ!!


高低差3000フィート、指示速度75Km/h の悪路と豪雨のケニヤ山を四輪独立懸架のブルーバードは駆け上がった!ライバルはいない。 
 
 実は裕次郎の「栄光への5000キロ」も、最後尾の90番手スタートで最終的には・・・・というストーリーだったので、くだんのパーティでの「まるでシナリオを」の言葉になったという次第なのだ。
 
そして、ドラマは続いて翌年、最初からワークス・ドライヴァーとして ゼッケン 4 を付けたハーマンが総合優勝をかっさらった!!
 もし、1969年のゼッケン 90 の ブルーバード が無ければ1970年の活躍は・・・。


ブルーバード 1600 SSS とポルシェ の死闘!絶対にポルシェには負けない!

 その「栄光への5000キロ」で活躍した DATSUN ブルーバード 1600SSS が ignition model×TOMYTEC 1/43 T-IG4308 栄光への5000キロ ダットサン ブルーバード  として蘇ったのだ。

 僕はその現実に、涙腺が破裂しそうになった。




そして、あらためてじっくりとウィンドゥ越しに DATSUN ブルーバード 1600 SSS を見つめると、もうため息しか出なかった。


艶消しのブラックのボンネットに真紅のボディ。まだラリーたるが分からずDANLOP がスノータイヤを改良して作った専用タイヤのディテールが凄い

 まだラリーたるものが分からず、泥道という言葉だけでスノータイヤを改造したタイヤの雰囲気さえ克明に再現されている。

サファリでの ブルーバード の様子は下記ブログで確認してほしい。

三色 ヤンキーホーンの原型!?DATSUNの大発明!
https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/2219140/


鉄鎖 チェーンを巻いて優勝した日本車とは。。
https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/2228510/


丸首 史上最強の心理作戦!1970年サファリの秘策とは!?
https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/13516404/


蛸足 足りないサーヴィスカーどうするDATSUN!
https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/13597190/ 

 
そして、僕はもう一つの現実に 涙 する事になったのだ。


裕次郎やハーマンの姿を夢見心地でウィンドゥの前で見てたのだが値段を見て・・

値段を見てしまったのだ。一気に現実に現実に。

 それでも幸せな気持ちで、セレナの待つ駐車場へ足を運んだのだった。


Posted at 2019/04/21 12:13:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | ブルーバード | クルマ
2019年04月20日 イイね!

運命 ブルーバード 栄光への5000キロ ignition model

運命 ブルーバード 栄光への5000キロ ignition model 先日、横浜の ランドマークタワー に行った時、久々に行った事もあって、ブラブラとウィンドゥショッピングを楽しんでいたのだが、トミカショップの前で思わず足が止まってしまった。

 そこで目にしたのが、


F31レパード、マシンXにC210のSLV「ゴールドカー」、そして栄光への5000キロ仕様の510ブルの ignition model たち。日産車のファンならどれもこれも欲しくなる逸品だ。(クリックで拡大)

F31レパードのダークブルーツートーンに、C210スカイライン西部警察のマシンX、さらにだ、C210限定車のひとつ 「SLV(Skyline Linited Version) のゴールドカー」、そして僕の永遠の憧れ サファリラリー仕様の DATSUN 1600SSS のしかも「栄光への5000キロ」モデルだ。

 トミカショップなので、周りには小さな子供たちが沢山いたが、そんな子供たちをかき分けて、ウィンドゥ越しに、これらのモデルを凝視した事は内緒だ。(笑)

 このゼッケン90の 510 ブルーバード 1600SSS のサファリ仕様は、ここで誤った情報が出回っているが、1969年仕様は ノーマルのSUツゥインキャブ をベースにチューニングし直して 120ps/6800min-1 と 14Kg-m/4800min-1 、レブは 6800min-1 の仕様であった。
(ソレックス44PHHに換装したのは翌年1970年仕様だ)

 この年、1969年は石原裕次郎によって、笠原 剛三 著作 の「栄光への5000キロ」 をベースに映画が作られ、そこで登場したのが、このゼッケン90の510ブル1600SSS なのだ。

 そこで物語が終わらないのが 「伝説」 の始まりで、この ゼッケン90 の


ゼッケン90 のこのマシンがなければ翌年、1970年の三冠はなかったかも

ブルーバードが数奇な運命を辿った事は意外に知られていない事実なのだ。

 断言しよう、この ゼッケン90 の裕次郎が乗った 510 ブル が無ければ、もしかしたら翌年 1970年の 総合、クラス、チーム の三冠は無かったかもしれないという事を。

 運命の歯車は今、回り始めたのだ。

Posted at 2019/04/21 10:23:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | ブルーバード | クルマ
2018年01月11日 イイね!

最大 iPad Pro CM に 810MAXIMA が!!

最大 iPad Pro CM に 810MAXIMA が!! 賢明な日産ファンであれば、もうお気づきだったと思うが、iPad Pro の新しいCMを見ていて、「コンピューターって何!?」っていう女の子より気になっていたのが、CM冒頭部分の路駐のクルマ。

 ようやく動画を切り抜いてみたのだが、やはり 「810 MAXIMA」 こと G910 であることを確認。

 910 と言えば、売れに売れて、一時期はカローラより売れていたという名車。とにかく、CMの「赤と黒」のツゥートンがカッコよくて、さらにCMには 沢田研二 が出ていたものだから、老若男女 910ブルのファンが多かった。


ボディ剛性なんてなんのその!?後期に登場したフォードアハッドトップは、910人気をまた押し上げた!!

 それでは、輸出仕様の 810 MAXIMA を簡単に見てみよう。まずは、フロント部分なんだが、これは北米での使い方を考慮して、Aピラーから先を約100ミリ延長して ストレイトシックス の L24E が搭載されていた。


国内仕様と大きく違うのはフロント部分。当時の北米の基準でSAE規格の角型ヘッドランプがインストールされていた。

 ノーズの延長と合わせて、当時の北米での規格に合わせて、四灯式 SAE規格の角型ヘッドランプになってずいぶんと印象が変わって見えた。

 この規格のおかげで、当時の欧州車も北米に行くと、情けない顔になっていたものだ。


SAE規格に頑張って変更した例。RRのシルヴァー・スパーだ。頑張ってリデザインしたが、オリヂナルよりフロント周りが固く感じる。

 一方それ以外は、エンブレム以外は国内仕様と一緒だったので、一見すると違和感なく見えるものだ。


国内仕様後期より登場したツゥートンカラーの北米仕様。フロント以外は国内仕様と差異が少ない。

 ちなみに、記憶が正しければ、途中から「DATSUN 810 MAXIMA」から「NISSAN 810 MAXIMA」つまり北米で最初に「NISSAN」を名乗ったのがG910だったと思う。

 久々に見た 810 MAXIMA なんだが、画像で見る限り、かなり程度が良い様に見える。日本でも、かなりまともな910が減っている現状を鑑みれば、ある意味で貴重な個体なのかもしれないと感じた次第なのだ。





Posted at 2018/01/11 02:48:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | ブルーバード | クルマ
2016年03月27日 イイね!

既視 かつてアメリカのサイトで見たブルーバードの幻影がここに。

既視 かつてアメリカのサイトで見たブルーバードの幻影がここに。




 今から15年くらい前、偶然アメリカのサイトで見つけた DATSUN510 。

たまたま思う事があって、先日病院に行ったことはブログにUPしたのだが、そこで見つけたのがフェンダーミラーの ポロ 。

前鏡 まさか!?ポロにフェンダーミラーが。
 https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/37534893/


えっ!と思わせといて実は・・というフェンダーミラーのポロ。

 よくよく見ると実はだったのだが、それ以上に僕を驚かせたのが、一日の検査費用が ¥25,000 - だった事・・・・ではなく(正直、それもカードが無ければ払えなかった事は無い内緒だ:苦笑)、デジャヴュの様に、昔見つけた 510 の幻影に出会ったのだ。それが、


クウペではなくツゥドアセダンというのが「ツウ」の琴線に触れた。

中前期のツゥドアセダンで、画像では良く分からないだろうが内装も実は結構手が入っている。さらに現代的に走る工夫が満載で、ディアルヘッドライトの外側、つまりロービームだけが シビィ のハロゲンランプに替えられている!!ハイビームは、よくぞここまで残っていたの小糸のシールドビームのままと言うのがオーナーの拘りをビンビン感じさせるモノだ。

CIBIE 4灯丸型ハロゲン・ヘッドランプ
https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/car/26338/76507/parts.aspx

クウペのロールーフのCピラーの傾斜がキツイ、まさに古典的な恰好良さも捨てがたいが、フォードアセダンのままのルーフハイトでドアが二枚少ないだけで、実に510ブルーバードのスーパーソニックラインが強調されてカッコいい。

 この頃のコロナは、ツゥドアH/T のボディスタイルを選んでいたが、


セダンにツゥドア、なんとこの時代にファイヴドアまで用意されていた。恐るべしトヨタ。

ブルーバードは、剛性を確保したいと言う事であえて、センターピラーがしっかりしているボディスタイルを採用したのも日産党の密かな誇りだったのだが、コロナの快進撃で次世代からはピラーレスに変わってしまった。

 今回、巡り合った510のリヤを見てみよう。


510初期型から中後期まで続いたシンプルなリヤランプが素敵だ。

 とにかくリアドアが無いだけで、これほどサイドに刻まれたプレスラインが強調されて、実にセクスィに映る。

 510が現役の頃は、とにかくシンプルなデザインが「華が無い」と正直評価が高くは無かったのだが、最近の加過飾気味のデザインばかり見ている目には、実にシンプルだけど存在感と躍動感があって感慨深いモノがある。

澄玲 見直そう。初代バイオレットの憂鬱
https://minkara.carview.co.jp/userid/124785/blog/36545494/

想定外の高額な医療費には参ったが(苦笑)、まさか、こんなところで、昔見た510の幻影に出会えるなんて実に幸せな気分に浸れた。

 510 しかも ツゥドアセダンに巡り合えるなんて、めったにないシュチエーションだ。エクステリアもインテリアも玄人好みに、一見するとノーマルの様に乗り倒している姿に感動したというのが偽らざる心境であった。
Posted at 2016/03/27 21:28:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | ブルーバード | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

アニキの春うらら~( ̄▽ ̄) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 13:27:15
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード S-LIMITED (日産 ブルーバード)
U14の前車がこのU13。 ただのU13じゃありません!日産生産累計4000万台記念限 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.