• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2005年10月22日 イイね!

徳輝 ハコスカGT-X 忘れえぬ一台

徳輝 ハコスカGT-X 忘れえぬ一台僕が小学生の頃、ある日突然、我が家の駐車場に美しいブルーメタリックのクルマが舞い降りてきた。

それがスカイライン2000GT-Xであった。

それまで、ハードトップにしかなかった「ツゥインキャブ」の2000GT-Xが、その人気に後押しされる形でセダンにも追加されたのだ。

まぁ馬力はグロスで130PSというのだから、今ではちょっとしたコンパクトカーでもありふれた馬力だが、当時としては破格の強馬力で、僕達クルマ好きな小学生にとってはスーパーカーみたいな存在だった。。

当時としても、ブルー・・しかもメタリックのボディ・カラーは珍しく、どこを走っても注目の的で、そのGT-Xの助手席に乗る事は、本当にうれしくて休みの日がやって来るのが待ち遠しくて仕方が無かった。。

そんなハコスカのカタログが、門外不出の宝物として某所に隠してある。

今日は天気も悪く、時間が少しできたので、その場所からカタログを出して眺めて見たのだが、もう何百回も見た筈なのに、どうしても心が高まってしまうのだ。



まずは4ドアGT-Xのカタログ・・・

イメージカラーは「シルバー」だったが、なぜか一番大きな写真のGT-Xのボディカラーは「グリーンメタリック」で紹介されていた。

その「グリーン・メタリック」の紹介の欄には

「その精悍さ、凄味はヨーロッパのスポーツカー的なイメージ。あらゆる用途によく調和します。」

とあった。。。

「ボディーカラー」ひとつひとつに、丁寧な説明が入るのが、なんとも時代を感じさせて面白い。。

ちなみに、我が家に来た「ブルー・メタリック」の説明は。。。

「南太平洋の空の色。胸すく軽快なイメージは、これから流行する若さあふれた最新カラーです。」

とあった。。。

当時20代後半だった親父は、どうしてこの色を選んだのだろう・・・そんな思いを持ちつつカタログのページをめくった。



装備のページに入ると、真っ先に目に入ったのが「5SPEED」のエンブレムのところ・・・

いまじゃMT自体がレアなアイテムになってしまったが、当時はマニュアルで、しかも5速なんて、まったく夢の装備だったのだ。

スカイライン以外でも、リヤに「5速」とかバッヂを付けたクルマが結構居て、それがまたひとつのステータスになっていたのだ。。

もちろんウチのGT-Xも5SPEEDで、当時としては短いシフトレバー・・本格的なコンソールボックスが、子供心にスポーツしてて、さらに、そのコンソールからはタンブラータイプのスイッチが生えていて、そこで「ウインド・ウオッシャー」や「ヘッドライト」などの「ON・OFF」を行うようになっていて、またそれがメカニカルな感じがして、僕はスカイラインの魔力に魅せられてしまったのだった。。。

そうそう、GT-Xには実はオーナーの心を擽るスペシャルな装備が隠されていたのだ。

それは・・・

GTバッヂがゴールドであること、ホイールキャップのセンターオーナメントとホーンパッドに「GT-X」の文字がゴールドの背景に精悍にしつらえてあったのだ。。



かつての日産車には、こんな粋な特別感がオーナーのハートをくすぐったものだ!

僕のLIMITED号も、LIMITEDオンリーの「SSSレッドバッヂ」が奢られており、それが何物にも代えがたい誇りになっている。

スカイラインもR34までは、トップ・スポーツモデルは「レッドGTバッヂ」、豪華絢爛グレードには「ゴールドGTバッヂ」と、通常の「GT」とは差別化されていた。

さらに、スカイラインもジャパンの頃や、ブルも910の頃のターボモデルは、窓のサッシュやテールランプが「ブラックアウト」されていたりもしたものだ。。。

最近の、儲け一辺倒の日産では、こういった心憎い演出はまず不可能だろう。。。



カタログを見て、当時の広告のライブラリーを見ていると、不器用だけど日産というメーカーの、ひた向きさや拘りを感じて、僕は本当に懐かしい気持ちになってしまった。。

当時のハコスカの広告なんて、今見ても、本当に新鮮で、印象的で、忘れられないモノばかりだ。。。

そういえば、過去のブログでもスカイラインの広告をいくつかご紹介したが・・

愛 のスカイライン こんなに印象的な広告は無いだろう名作だ!:
http://carlife.carview.co.jp/User.asp?UserDiaryID=158227

回顧 スカイラインジャパンのCMは涙が出るくらい感動的だった。。:
http://carlife.carview.co.jp/User.asp?UserDiaryID=197789

魅惑 R32スカイラインCM田中広子のまなざしにドキドキ:
http://carlife.carview.co.jp/User.asp?UserDiaryID=197724

どうも最近は、広告自体も無味なモノが多くて、クルマを買うんだっていうドキドキ感が薄くなってしまった様に思える。。

売れる事も大事だろうが、いかに人の心を掴むかという事も大事だろうに・・

折りしもモーターショウも始まったし、古いカタログを見ながら日産の行く末を案じるのであった。。
Posted at 2005/10/22 17:28:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | スカイライン | クルマ
2005年10月22日 イイね!

激怒 問題のある会社はどこまでも変わらない。。

激怒 問題のある会社はどこまでも変わらない。。最近は「企業倫理」という言葉が言われるようになって、かつては「優良」と言われた企業からも多くの問題が出てくるようになった。

「生命保険」の業界もご多分にもれず、「明治安田生命の生命保険の不払い」も大きな問題となっているが、不幸にして私は、その明治安田生命に入っていたのだった。。。

まぁ付き合いで3年前に入っていたのだが、これまで付き合ってきた「朝日」や「住友」と違って、入ってから一度も担当の人間から連絡は皆無だし、一年に一度の年末調整の確認のと、それに付随したアンケート以外は、書面などもまったく来る事は無かった。

それまでの保険会社であれば、担当者が代われば書面や、家まで挨拶に来ていたし、季節の変わり目や、新しい商品が出れば電話や訪問を受けて、自分に合った商品であれば掛け代えなどを行っていた。。

ところが「明治安田」は三年間まったくの音無しであった。

まぁ、途中で合併などあったから、バタバタしていたのだろうと思っていたが、それにしても酷い放置状態であった。

書類の都合があり、年に一度「明治安田」から来る年末調整の書面を見て、今の私の担当が「相模原西」の営業所である事を確認して電話を入れたが、元々の担当者が分からないと処理できない。。などと言って、挙句の果てには、ウチは「以前は明治生命」だったので、合併前の「安田生命」の契約の事は分からない・・という始末・・・

余りにも不誠実な対応なので、僕は思い切って「解約」する事を決め、それを伝えると、自分では分からないので・・といって、電話を切られてしまった。

程なく電話が掛かってきたが、担当者が辞めてその後だれも僕の保険のフォローをしていなかった・・なんて、のん気な事を言うし、解約と言われても、合併する前の会社の契約した保険の事を言われても困りましたねぇ・・・とまったくラチがあかなかった。。。

なんとか、あれやこれやと会話を交わし、ようやく書面で解約できる事が分かり、それを速達で送ってもらう事になったが・・・

1.担当者が辞めたら後は知らない。
2.合併した別の会社の契約は知らない。

なんて、まったく自分勝手な保険会社で驚いてしまった。。。

まぁ、契約しても保険金を払わないような会社なので、仕方が無いかもしれないが、あまりにも加入者無視の態度には呆れしまった。。。

なんだか、「明治安田」は今回の保険金未払いの件で、役員が辞めるそうだが、末端の営業所や社員がこれじゃ、どうも変わりようが無いような気がする・・・

企業倫理などと言う前に、営業の質・・これを何とかしないと、この保険会社は、行く末が無い。。まったく酷い会社があったもんだと思い知った一件であった。。。
Posted at 2005/10/22 15:59:12 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日常 | その他

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2005/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

アニキの春うらら~( ̄▽ ̄) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 13:27:15
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.