• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

徳小寺 無恒のブログ一覧

2005年10月31日 イイね!

怪物 豪州のトラックには怪物が住む・・・

怪物 豪州のトラックには怪物が住む・・・さてさて、東京モーターショウも後半へ突入して、ブログのネタ的には下火になっているが、それじゃほぼ同じ時期、地球の裏側で開催されている、豪州の「シドニー・モータショウ」の様子を見てみようとネットをさまよったが、イマイチ印象に残るクルマが無かったのだ。。

豪州といえば、ホールデンというメーカーがあるのだが、そこが、余りにも昨年ぶっ飛んだピックアップ・トラックを出していたので期待していたのだが。。。

皆さんは、ホールデンのクルマと言えば何を思い出すだろうか?

「ロードペーサー」!?この名を思い出した人は、かなりのマツダ・ファンか、クルマのマニアの「鏡」だ。

さらに、いすゞの「ステイツマン・デビル」を知っていたら、貴方は神様だ!!!

実はこの2車は、どちらもホールデンのクルマであり、いすゞの「ステイツマン・デビル」は、ホールデンのまんま、いすゞが国内販売をしていた。

一方の「マツダ・ロードペーサー」は、「ステイツマン・デビル」の下の「ホールデン・プレビア」をベースに、マツダがロータリーエンジンを載せた高級車だった。。。



実はじつは、日本と意外な関係を持っていたホールデンだが、最近は、迫力満点のピックアップ・トラックでも名を馳せているのだった。。

2004年の「シドニー・モータショウ」の画像を漁っている時に、僕は見てしまった!!

美しいブルーの車体に、荷台にはゴッツイ、ロールゲージが・・・

これは、まさしくUTEのコンセプトモデル・・・いやぁピックアップとは言えカッコいいなぁ。。。とため息。

実は最近、日本でもこのベースモデル「UTE SS」を輸入して乗り回すという事が流行って来たとか。

まあなんたってエンジンはGMの5.7L、V8で333PS!!

コンセプトカーには敵わないが、市販モデルの「SS」だって、ハンパないでたちじゃない。

もし、僕が高速で「UTE SS」を見つけたら、一にも二にも道を空けるだろう。。

他にも、フォードなどからも、末恐ろしいピックアップが豪州では闊歩している。。

ピックアップ・トラックと言えば、北米でもかつては ロータリーを積んだマツダのピックアップ があったっけ。。。
海外では結構、ピックアップって売れてるんだよねぇ。

日本ではピックアップは売れないけど、売れてる北米や豪州については、文化の違いと・・単純に片付けずに、違った観点から、それぞれのクルマ事情を、密かにチェックすると面白いかもしれないですぞ・・・。

詳しい情報は・・・↓
Posted at 2005/10/31 14:19:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2005年10月31日 イイね!

魚類 「ミツオカ・オロチ」不謹慎ながらそう見えてしまいました

魚類 「ミツオカ・オロチ」不謹慎ながらそう見えてしまいましたかつては、50ccカーのメーカーとして有名だった「ミツオカ」。。。

それがいまでは、国産メーカーの仲間入りを狙って頑張っている。

現在は既存のメーカーのクルマをリファインして、数多く市販しており、今では「ミツオカチック」なんていう造語まで出来るくらい世間に認知されている。

そのミツオカが、本格的なスポーツカーの創造を長らく続けて来たことは、つとに有名だが、前回のモーターショウと今回のモーターショウに出品された「オロチ」は、かなり「ミツオカ」の本気度を伺わせてくれる。。

全長約4.6m全幅約2.1mの見るからに巨大なディメンジョンだが、そのサイズのお陰で本当にノビノビとした線と面でデザインがされている。

エンジンはどうもトヨタから供給されるみたいだが、ボディは自前で作るらしい。

エクステリアで僕がいたく感動したのが、リヤフェンダーからドアにかけての処理。

リヤのフェンダーが、あたかも峰の様に盛り上がり、かつ美しく下方に向かって絞られている。
さらにリヤのタイヤの後方のフェンダーは、スプーンでえぐったようにインバース形状となっており、また、それがすごくセクシーに見える。

それにリヤフェンダーの面からドアに続く、エア・アウトレットとも呼応した大きな波型のラインが、さらにボディ全体に動きを与えて見るものをドキドキさせる。

基本的に日常的でないクルマには間違いないのだが、ドリームカーという範疇で考えれば、どこまで非日常的に出来るかがメーカーの腕の見せ所なので、その点では十分に満点ではないだろうか?

ただ・・ちょっと気になったのはフロントエンドの処理。。

ミツオカには、大変申し訳ないのだが、僕にはこの処理が、どうも魚類的に見えて、いまひとつしっくり来ないのだ。

大蛇がこちらを睨みつけるような・・という意図は、縦型のフロントグリルからも取ってみれるが・・・う~ん、、、僕的にはどうも。。。

もしかしたら、僕の美的感覚がマヒしているのかもしれないが、リヤの斜め後ろから見たスタイルが大胆かつダイナミックなだけに、フロントについては、いまひとつというのが、僕の正直な印象なのだ。。。
Posted at 2005/10/31 11:17:55 | コメント(3) | トラックバック(0) | 東京モーターショウ | クルマ

プロフィール

「後視 いやぁこんなに簡単なバックカメラがあったなんて!! http://cvw.jp/b/124785/23876370/
何シテル?   01/04 14:54
無類のクルマ好きで、日産車を愛してやみません。 徳小寺 無恒のHNを引っさげ、かつての愛車、ワインレッド・パール・ツゥートンのU14ブルーバードの話題を軸...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2005/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

アニキの春うらら~( ̄▽ ̄) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 13:27:15
徳小寺 無恒 商店街 
カテゴリ:通信販売
2005/11/16 14:53:58
 
復活!ブルーバード 
カテゴリ:クルマ
2005/01/29 16:43:18
 

愛車一覧

日産 セレナ LCV E STAR (日産 セレナ)
BX-Car をどこまでも乗りつぶす気でしたが、子供の病気の進行が予想以上に早く、歩行困 ...
BMW 3シリーズ セダン BX-Car (BMW 3シリーズ セダン)
日産から、これぞというクルマが出ないまま時間はどんどん経過し、X-Carも我が家に来て4 ...
BMW 3シリーズ セダン X-Car (BMW 3シリーズ セダン)
免許を取って以来・・・いえいえ生まれてこの方の「大」の日産ファンでしたが、昨今の日産車の ...
日産 ブルーバード Limited号 (日産 ブルーバード)
「赤い派手なクルマ」として、何故か有名になってしまいました。 サーキットを走ったり、セン ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.