• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nanamaiのブログ一覧

2016年11月24日 イイね!

ふたりだけの八ヶ岳未満 +【番外編】紅富士遠望

ふたりだけの八ヶ岳未満 +【番外編】紅富士遠望
2016年11月5日(土)。


甲府を出て双葉スマートインターから

中央高速を長坂まで走り「清里」へ。




舞がいなくなってから初めての清里、初めての小淵沢方面。

菜々や舞を連れてこの一帯にはよく遊びに来た。

初めてのお泊まりも、初めての三世帯旅行も、初めてのレストラン同伴も、

初めてのスイーツ同伴も、全部この一帯だったと記憶している。

あまりに想い出が濃過ぎて、舞を失くしてから、

このエリアにクルマを走らせることが出来なかった。


そう菜々が旅立った後、まだ元気だった舞と菜々の写真を乗せて、

軽井沢から清里そして小淵沢をぐるりと周回したことがあったな…。

あれからもう8年が経過したなんて信じられない。


この日甲府まで足を延ばしたことで、少しだけ勇気が湧き、

鬼門だった八ヶ岳近辺を廻ってみようと意を決した(大げさ)。


でもやはり、最も想い出深いいくつかの場所は、

未だこの目で見る心の準備が整わず、いつかまたの機会を待つことに…。

だから菜々も舞もいない「ふたりだけ」の「八ヶ岳未満」。

他愛のない私的感傷に過ぎない出来事…。



高原大橋近くから望む八ヶ岳。

【1】

Lr-5053



清里フォトアートミュージアム。

【2】

Lr-5065-2



清里に泊まってここに立ち寄ったものだ。。。

【3】

Lr-5066-2



当時はこの中庭で菜々・舞と一緒に家内を待ったこともあった。

【4】

Lr-5059-2



この日は初めて2人で写真を鑑賞(なんと!無料開放日だった)。

【5】

Lr-5061



ここの天井はとても高くアーティスティック。

【6】

Lr-5062-2



どの方向も結構絵になるんだよね。

【7】

Lr-5064



館外の溢れる光の中に、まるであいつらがいるようだ。

【8】

Lr-5067-2




あいつらとともに立ち寄った甲斐小泉の手打ちそば「豪蕎麦」。

【9】

Lr-5070-2



夕方近かったから暖炉に火が入っていた。

【10】

Lr-5071



これまではいつもテラス席だったけど、初めて店内でそばを食べた(悲)

【11】

Lr-5076




ツライけどいつかそのうち富士見高原、カントリーキッチン、リゾナーレ、

八ヶ岳リゾートアウトレット、清泉寮、パン工房、清里の森、牧場通り、

マチス、萌黄の村、メリーゴーランドカフェなどにも行かなければ、

いつまでたっても八ヶ岳「未満」は解消されない…。


16時半、陽の落ちかけた長坂ICから高速に乗ったが、

大月〜八王子の渋滞で帰宅できたのは19時半を過ぎていた。

今度はいつ八ヶ岳方面を訪れることが出来るだろうか…。






【【 番外編 】】

11月12日土曜日の朝。


【12】(この日の朝は地表に霧が漂い、遠いマンション群がまるで蜃気楼のように揺らいで見えた)

Lr-5192



自宅のバルコニーから久しぶりに薄い紅に染まる富士を観ることができた。


【13】(日の出から間もない富士山)

Lr-5187-2



もうかなり雪が積もってきている。


【14】(引いて撮ってみる)

Lr-5189-3



舞が旅立って10ヶ月目となり、また冬がやってきた。


【15】(だいぶ冬の顔つきになってきた)

Lr-5191-2



あいつともよく富士山を見たよなと思うとやっぱり寂しいものだ。。。


【16】(棚引く雲と煙突の煙のコラボレーションw)

Lr-5190-3





・・・舞と最後に遠出した写真を発掘(蔵出し)。


【17】(静岡島田の蓬莱橋)

Lr-0291



【18】(新東名のNEOPASA駿河湾沼津下りにて)

Lr-0221-3



※Canon EOS 5D MarkⅣ SIGMA Art 35㎜ F1.4 DG HSM【Top/1-11】
               Canon EF100-400㎜ F4.5-5.6L IS Ⅱ USM【12-16】
   Canon EOS 5D MarkⅢ Canon EF100㎜ F2.8L Macro IS USM【17-18】*2013.11.16撮影



(了)
Posted at 2016/11/24 19:02:36 | トラックバック(0) | ペット(菜々・舞) | 旅行/地域
2016年05月23日 イイね!

5月は舞の誕生月

5月は舞の誕生月
舞は5月生まれだったから、

生きていてくれたなら、

今月が18回目の誕生月だった。

※今回の写真の撮影日2016年5月7日




舞が星になってしまって、

【1】

Lr-0951-2



3ヶ月以上の時が経った。

【2】

Lr-0920



早いようで遅く、遅いようで早い、

【3】

Lr-0942-3



ぼんやりとした時間の流れだった。

【4】

Lr-0984-2



僕らの胸にぽっかりと空いた穴は

【5】

Lr-0931-2



終始埋まることがなく、

【6】

Lr-0937



今でも何かの拍子に

【7】

Lr-0928



つい彼女を目で探してしまう。

【8】

Lr-0952-3




それでもきっと少しずつ、

【9】

Lr-0929-2



目に見えない程に僅かずつ、

【10】

Lr-0941-3



心の傷は癒え始めたのかも知れない。

【11】

Lr-0960-2




昨晩は夢を見た。

【12】

Lr-0949-3



家内が菜々を抱き、

【13】

Lr-0922-3



自分が舞を抱いて浜辺に立ち、

【14】

Lr-0970-2



何故か横に動く夕陽を追いかけている夢。

【15】

Lr-0950-4




菜々と舞のために花を手向けよう。

【16】

Lr-0956-3



貴重で高価な花などではなく、

【17】

Lr-0953-3



野山や公園で見かけた花を。

【18】

Lr-0917-2




菜々は首を伸ばしてクンクン鼻を鳴らし、

【19】

Lr-0988



一生懸命に匂いを嗅ぐだろう。

【20】

Lr-0944-2



鼻先に花粉を付けてクシャミをするかな。

【21】

Lr-0971-2




舞は、花弁をチラッと見て、もっと別の

【22】

Lr-0945-2



興味を引くものを探す仕草をするだろう。

【23】

Lr-0966



時折「どうすればいいの?」という顔で、

【24】

Lr-0955-3



こちらを振り返るかも知れない。

【25】

Lr-0927-3



いや、唐突に蕾を咥えてしまうかな(笑)

【26】

Lr-0978-2




あのスイセンは今はないけれど、

【27】

Lr-0954-2



お前たちが旅立つときに持たせた

【28】

Lr-0943-2



愛らしいパステル調の花のように、

【29】

Lr-0934-2



沢山の種類の鮮やかな花を贈ろうと思う。

【30】

Lr-0987




菜々も舞も、いなくなってしまった今でさえ、

【31】

Lr-0985



僕らのかけがえのない大切な家族だから…。

【番外】舞の最後の遠出 静岡県島田市にて

Lr-0299-2



※EOS 5D MarkⅢ EF100-400㎜ F4.5-5.6L IS Ⅱ USM


(了)
Posted at 2016/05/23 21:16:00 | トラックバック(0) | ペット(菜々・舞) | 日記
2016年02月15日 イイね!

もう一度「舞」に会いたい

もう一度「舞」に会いたい
小さな舞が星になってしまって

既に10日あまりが経った。

何をするにもつい彼女が寝ていた

その場所を見てしまう。




いま、僕らはただ普通の生活を送ることに戸惑っている。


【1】(※舞を寺で見送った翌日は、雲に彩られた富士山がはっきりと見えていた)

Untitled



いつ寝ても、出掛けても、入浴しても、自由だなんて。


【2】

Untitled



食事もふたり揃って食べることが出来る。


【3】

Untitled



お互いの睡眠時間を確保するために、


【4】(※舞が亡くなって丁度1週間後 2/12(金)の日の出)

Untitled



お互いが極限まで身を削る毎日を送ってきた。


【5】(※舞が最後に見た朝日から8日目の朝が明けてゆく)

Untitled



睡眠はとれて日々2-3時間、小刻みな微睡みを足して4時間も眠れたら、


【6】(※クリアに写らない景色は、春霞なのかそれとも)

Untitled



その日は身体を休められた、と思う生活。


【7】

Untitled



仕事と睡眠以外、手洗いも洗濯も料理もシャワーも買い物も、


【8】(※焼骨から1週間後の夕刻は、風が吹き荒れる嵐の予感)

Untitled



あらゆることを犠牲にして、舞との濃密な時間を過ごしてきた。


【9】

Untitled



いま、時計の針はゆっくりとしか進まない。


【10】(※秩父の山並みを越えて)

Untitled



制約のない時間を持て余している。


【11】

Untitled



自由が、こんなにも切なく悲しいなんて。


【12】

Untitled





出来るなら、出来ることなら、


【13】

Untitled



あの不自由極まりない、だけど舞がいてくれた日々に戻りたい。


【14】

Untitled



叶わぬ願いと判っていても、


【15】

Untitled



この手にもう一度舞を抱きしめたい。


【16】(※舞の旅立ちに手向けた水仙の別株が花を付け始めた)

Untitled



哀しくつらい揺り戻しに襲われた日。


【17】(※水仙の葉を夕陽のシルエットで)

Untitled




舞に手向けた水仙の別株が、ようやく花を付け始め、


【18】

Untitled



まるでしゃくり上げるかのように、春一番に全身を震わせていた。


【19】

Untitled



もう直ぐ春が来る。


【20】(※舞が携えていった、この水仙のことを決して忘れない・・・)

Untitled



もう一度…。


【21】(※PhotoFuniaで加工)





※EOS 7D MarkⅡ EF70-200㎜ F2.8L IS Ⅱ USM【1-7】
           SIGMA APO MACRO 150㎜ F2.8 EX DG OS HSM【Top/8-20】



(了)
Posted at 2016/02/15 21:05:20 | トラックバック(0) | ペット(菜々・舞) | 日記
2016年02月06日 イイね!

涙が止まらない

涙が止まらない
2016年2月5日(金)。


最愛の娘『舞』が静かに旅立ちました。

明け方4時半過ぎ、眠るように僕らの腕の中で。





舞は17歳9ヶ月で小さな命の灯を落としました。

【1】





これまでこのSNS上でも多くの方にお気遣いをいただき、

本当にありがとうございました。

【2】





感謝の気持ちでいっぱいです。

【3】





※「いいね」を付けて良いのか?戸惑われるかと思いますが、お気遣いなく自然体でお願いします。
 いただきました「いいね」は、舞の頑張りに頂いたものと勝手解釈させていただきます。




今、、、舞がいなくなってしまって1日半以上の時が過ぎました。

【4】





刻々と胸の痛みが増す気がします。

【5】






この22年間、僕らの中心には彼女たち(菜々=トイプードル&舞)がいて、

特に直近の生活のすべては舞を起点に動いていました。

【6】





数え切れないほどの幸せを与えてくれ、

そして僕らを大人にしてくれた舞。

【7】






もうそのつぶらな瞳を見ることはできないけれど、

豊かで艶やかでキラキラ光る被毛に触れることはできないけれど、

お前はいつまでも僕らの大切な娘で、一生僕らの胸に生き続けるよ。

【8】






2年3か月に及んだ介護。。。

【9】





家内も舞も本当によく頑張ってくれました。

【10】





お互いに命を削る、長い長い時間でした。

【11】






舞、

体重が半分近くに減ってしまうまで、頑張って頑張って、

弱い僕らに十分な覚悟の時間をくれたんだよね。

【12】





それでも、生前お前が使っていたものを見るたび、涙が溢れてくるよ。

命を繋いだ薬やサプリ・療法食、毎日作ったペースト、器やシリンジ、

動けなくなった小さく細い身体を包んだタオル、口元を拭いたガーゼ、

可愛らしいリード、家内お手製の洋服、そして19冊に及んだ闘病ノート・・・。

【13】





お前のいた場所はガランとしてしまい、嘘のように寒々としてる。

ふとした瞬間に、お前がか細い声で呼んだ気がするよ。

そのすべてがこの上なく愛おしく、次々溢れる涙で滲んで見えてしまう。

【14】





でももう、お前の病気は治ったんだよ。

辛いことから解放されたんだよ。

【15】





だから舞、安心して菜々姉ちゃんと一緒に走り回ってごらん。

【16】






今日、お寺で立会い葬儀と焼骨を済ませました。

【17】





舞は、家内が選んだ沢山の花に囲まれ、天国に旅立って行きました。

その中には先日ブログアップした白い水仙も含まれていました。

あれは先週だったか、一輪の花が咲き始めた頃、舞の気分転換にと、

バルコニーに出た家内が、ふと思いついて舞とその一輪を写真に収めました。

【18】咲き始めた水仙と。





舞を見送る当日に、あのひと株の水仙はすべての蕾を花に替えていました。

まるで「その時」を知っていたかのように。。。


今僕らは、これからどう生活をしていったら良いのか混乱しています。

【19】





でもまた虹の橋のたもとで再会できることを信じて、

その日を心の支えに、菜々と舞との大切な想い出に助けられながら、

また新しい1歩を踏み出していくしかありません。

【20】





十分泣いた後は、日常を取り戻して、前に向かって進むしかありません。

【21】






あまりにも舞の存在感が強く、だからこそ喪失感が大き過ぎて、

とても舞に関わるブログを書く心境にはなれませんでしたが、

【22】





お気遣いをいただいている方々へのお礼も兼ねて、

ここにご報告させていただきました。

※大変申し訳ありませんが、コメント欄はしばらくCloseさせていただきます。


【23】






舞、永遠の別れの時が来てしまったね(涙)

【24】舞と迎えた最後のクリスマス(2015.12.25)





ありがとう、舞。

【25】2月4日未明。





僕らはお前のことを一生一生忘れない。

【26】息をひきとる22時間前、舞が見た最後の朝陽は立春だった。





万感の思いを込めて。。。

【27】2015年春(最後の外出 小金井公園)。





2016年2月6日 水仙の刈り取られた静かな自宅にて。

【28】水仙画像を加工。

Untitled


(了)
Posted at 2016/02/06 18:26:24 | トラックバック(0) | ペット(菜々・舞) | ペット
2015年12月27日 イイね!

舞と迎えた18回目のクリスマス☆

舞と迎えた18回目のクリスマス☆
2015年12月25日(金)。

この日は舞が家族の一員となって

18回目のクリスマスになった。


深夜救急病院に駆け込んだ日から

既に2年以上の月日が経過したなんて。




自宅での闘病生活も3年目に入った舞。

正直言えば、こんなに長くケアが出来るなんて思いもしなかった。


【1】

Untitled





永遠の別れも覚悟した一昨年の11月。

ヤマを越えたと安心した僕らを奈落の底に突き落とした2度の痙攣。

膵臓・腎臓は小康状態を保っているものの、

認知症状はゆっくりと、しかし確実に進行し、

舞の頭と目と四肢を彼女の意思の届かない遠い所に追いやる。


【2】

Untitled




でも舞は何も心配しなくていいんだよ。

僕らがお前の目や脚の代わりになるから。


そして、ツラくなったら、頑張らなくていい。

もう十分過ぎるほど頑張ってきたんだから。


【3】

Untitled





若かった頃のお前はいなくなってしまったけれど、

今でも僕らの腕の中で、優しいぬくもりを伝えてくれる。


【4】

Untitled





彼女に穏やかな日々が続くことを祈った日。

2015年12月25日(金)自宅にて。ガラスのツリーとともに。


いつも舞を気遣ってくださるみなさまに心より感謝を込めて。。。




※EOS 5D MarkⅢ EF85㎜ F1.2L Ⅱ USM


(了)
Posted at 2015/12/27 19:14:03 | トラックバック(0) | ペット(菜々・舞) | ペット

プロフィール

「↑×2 なぜか以前の投稿が再掲されてしまいました。新年早々失礼しましたm(__)m」
何シテル?   01/01 16:57
10年以上Gクラス('01年G320L⇒'04年G500L)に乗っていましたが、 駐車場のクローズにて、泣く泣くパレットに収まるサイズの '13年C63AM...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

AMG 
カテゴリ:クルマ
2014/05/31 05:02:08
 
500px 
カテゴリ:写真
2014/05/31 04:43:24
 

愛車一覧

AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
320から500と11年親しんだGクラスから乗り換えました。 C63AMG PPGセダ ...
ミニ MINI ミニ MINI
基本的に家内用 R56クーパーSハッチバック <外装> ペッパーホワイト ブラックル ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
G500ロング オプシディアンブラック 残念ながら手放しました(泣) カロ2DIN ...
ミニ MINI Convertible ミニ MINI Convertible
家内用 OZ 35th アニバーサリー17インチ BIGインタークーラー 1DIN H ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.