• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nanamaiのブログ一覧

2017年05月31日 イイね!

今更の道の駅鳴沢と須山浅間神社

今更の道の駅鳴沢と須山浅間神社
5/11の有休消化旅の最終章。

まず当日始めに立ち寄った鳴沢。

鳴沢と言えば風穴氷穴が有名。

小学生の時に林間学校で来たな。

これまでも河口湖から朝霧高原に

抜けるのに傍を通過していた。




休憩はなぜかいつも朝霧高原を使っていたので初訪問。

まだam8:00でShopは開店前だった。

トイレ休憩とともに、間近に見える富士山を眺めてみた。

【1】

Lr-7728



見慣れた富士のシルエットとは少しだけ違うけど、

雪が溶けて山肌を現し始めたその姿は圧倒的だった。

【2】

Lr-7729



こんなに富士山が近いなんて、何だかトリックアートのようだね。

【3】

Lr-7742-3





ちょっぴりC63も撮ってみた。

【4】(敷地内に咲いていたミツバツツジ)

Lr-7732-2



朝の透明な陽光にダイヤモンドホワイトの照り返しが眩しい。

【5】

Lr-7733-3



でもよく見れば、高速走行での虫付きが…(汗)

【6】

Lr-7736-3



帰ったら早速洗車しないと!

【7】

Lr-7737-2



少し距離をとって、富士山ともコラボレーションさせてみた。

【8】

Lr-7741-2





さてここからは、当日最後に立ち寄った須山浅間神社。

【9】(神社そばの雰囲気のある建物)

Lr-3686-2



これまで富士宮の富士山本宮、富士吉田の北口本宮と

【10】

Lr-3663-3



浅間神社を巡ってきたが、今回は須山口に建つ浅間神社。

【11】

Lr-3685-3



ここは旧郷社格のため、ぐっと規模が小さく親しみやすい。

【12】

Lr-3684-2


観光客も皆無だったため、貸切状態での参拝ができた。

【13】

Lr-3670-3





駐車場に車を停めて少し歩くと、小さな川を挟んだ対岸に、

【14】

Lr-3683-4



当社の鳥居と階段、奥に社殿を望むことができる。

【15】

Lr-3667-3



敷地も建物も小ぢんまりとして、目を引くような何かが

【16】

Lr-3676-2



あるわけではないのだが、御神木を筆頭にぐるりと並び立つ

【17】

Lr-3674-3



大樹がことのほか荘厳で、ひと際当地の静寂を深めていた。

【18】

Lr-3673-3



あらためて富士信仰の奥深さと歴史を体感した気がする。

【19】

Lr-3677-2




これで今回の有休消化=富士山周辺日帰り旅は終了。

【20】

Lr-3680-2



全3回、最後までお付き合いいただきありがとうございました。



※Canon EOS 5D MarkⅣ Canon EF100-400㎜ F4.5-5.6L IS Ⅱ USM【Top/1-8】
 Fujifilm GFX 50S GF63㎜ F2.8 R WR【9-20】



(了)
Posted at 2017/05/31 06:40:33 | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域
2017年05月29日 イイね!

田貫湖、そして天空のチューリップ祭へ

田貫湖、そして天空のチューリップ祭へ
2017年5月11日(木)。

富士芝桜まつりの会場を出て、

富士宮市の田貫湖に向かった。

間近を通っているのにここも初訪。



田貫湖は何と言っても「ダブルダイヤモンド富士」が有名。

4月と8月の中下旬、田貫湖から富士山を観ると、

大沢崩れを正面に抱えた山頂に太陽が昇る。

天気が良く風もない状態であれば、ダイヤモンド富士が

湖面に映り込むダブルダイヤモンド富士となるわけだ。

これを目当てにこの時期には多くのカメラマンが集う。

自分は人混みが嫌いだから絶対行かない(妙な自信)

だからこんな中途半端な時季に初訪問してみた。


田貫湖自体はそう大きくなく、周囲長4kmほどだ。

【1】

Lr-3655-4



もとは更に小さな沼だったようだが、これを人工的に拡大し、

キャンプ場などを併設する人造湖として整備したようだ。

【2】

Lr-3656-4



当日は好天の中、ヘラブナ釣りを楽しむ方々で賑わっていた。

【3】

Lr-3660-2





富士山を愛でるビューポイントとされるだけあって、

湖畔からはイイ具合に富士の全容が観てとれる。

【4】

Lr-4235-3



青空と富士山と湖面のハーモニーは鉄板の調和だ。

【5】

Lr-4237-3



この日は光を浴びた新緑との共演も愉しむことができた。

【6】

Lr-7765



やや強めの風に逆さ富士を眺めることは出来なかったが、

耳に届く鶯の鳴き声とともに十分満足のいく景観だった。

【7】

Lr-4238-3




さて次は裾野に向かおう。

朝霧からは凡そ1時間のドライブだ。

たまたま芝桜まつりの会場でPRポスターを見かけた

「ぐりんぱ」で開催中の『天空のチューリップ祭』が目的地。

ぐりんぱってなに?だけど、旧日本ランドの現在形(笑)

富士の2合目辺り、標高1,200mにある遊園施設。

高所に位置することから『天空の〜』なんだろうね。

チューリップに天空のイメージはないけどねー(苦笑)


実際訪れてみると、正直ちょっと感性に響かなかった。

【8】

Lr-7771-2



時季的な問題なのか、品種なのかは分からないけど、

【9】

Lr-7774-2



花自体にキレイな状態のものが少なく、品種も限定的。

【10】

Lr-7775-2



個人的には、ひたち海浜公園や昭和記念公園の

【11】

Lr-7776-2



チューリップ畑の方が、鮮やかさ華やかさ・コーデ・品数、

【12】

Lr-7779



いずれも大きなアドバンテージがあるように感じられた。

【13】

Lr-7782-3



有料道路経由かつ入園料もそこそこ高いのも評価減。

【14】

Lr-7784



にも関わらずここも外国人旅行者が多かった(驚)

【15】

Lr-7785



数ある花の中でもチューリップを撮るのは楽しいはずが、

【16】

Lr-7786



自分自身は、日本ランド時代の引田天功館って、

【17】

Lr-7787-2



どの辺りにあったんだろう?なんて違った見方に終始した。

【18】

Lr-7789-2



無論何枚か撮影はしたものの、今一つ興が乗らず、

【19】

Lr-7788-2



早々に撤収、車に戻りiPad仕事を始めてしまった(汗)

【20】

Lr-7797-2





ちょっと辛口評価をしてしまったが、この施設、

【21】

Lr-7800-2



もとは遊園地なので、小さな子供さんを連れて、

【22】

Lr-7806



ご家族でのんびり遊びに来るにはイイんだろうと思う。

【23】

Lr-7808-2



おやぢ世代の感性にはミスマッチだっただけのことだ。

【24】

Lr-7810





さてと、次回はもう帰路報告になるわけだけど、

帰り際少しだけ立ち寄った裾野の須山浅間神社と、

なぜかアップ漏れだった旅の冒頭の道の駅鳴沢での

愛車と朝の富士山の様子を軽〜く紹介したい。


つづく…。



※Fujifilm GFX 50S GF63㎜ F2.8 R WR【Top/1-3】
 Fujifilm X-Pro2 Fujinon XF16㎜ F1.4 R WR【4-5/7】
 Canon EOS 5D MarkⅣ Canon EF100-400㎜ F4.5-5.6L IS Ⅱ USM【6/8-24】

 


(了)
Posted at 2017/05/29 20:49:54 | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域
2017年05月28日 イイね!

2017 富士芝桜まつり、からの朝霧高原♪

2017 富士芝桜まつり、からの朝霧高原♪
2017年5月11日(木)。

この日は今年になって初の有休取得。

365日24時間臨戦態勢だったが、

昨今はそんな根性論はぶっ飛ばされる。



今期から取得日数(率)そのものも目標化され、

職階毎の取得率が組織の業績考課に反映されるとか。

つまり計画的に取得しないと容赦なく減点対象になる。

強引にも思えるやり方だけど、昭和世代の意識改革には

このぐらいの荒療治が必要ということなのだろう(汗)


で、最終盤の芝桜でも観ようかと羊山公園へ行こうと思い、

ネットで情報をググってみると、秩父の芝桜は既に終了。

まぁそうだよね、GWをターゲットに育成管理してるんだろうから。

う〜ん、すっかり芝桜モードになった頭をリセットできず、

芝桜つながりで河口湖町の富士芝桜まつりをチョイス。


富士山の麓にこのような施設が出来たことを知ってはいたが、

しっかり調べるまでは「一体どこだろう」という感覚だった。

しかし、、、場所をWebで確認してみてビックリだった。

ここ、昔の本栖ハイランドじゃん!

オフローダーのメッカ的な場所で、4×4MAGAGINE、

そのVHS VIDEO版にもよぉ〜く登場していた。

四駆に乗っていた当時はいつか行こうと思い描いていたなぁ。


更に、よく立ち寄る道の駅「朝霧高原」が間近にある。

もっと言えば、その隣りは先日訪れた富士花鳥園だし。

典型的な「灯台下暗し」パターンだった。


と前置きが非常に長くなってしまったが、

朝6:20に河口湖ICに向けて自宅を出発。

GW後の平日ということで、極めて順調な移動だった。

8:00前には道の駅鳴沢に到着。

しばしトイレ休憩と富士山の勇姿を眺めていた。


会場入りは8:30過ぎだったけど、駐車場はもう混雑気配。

【1】

Lr-7747-3



そそくさと車を停めて会場まで歩くこと数分ほど。

【2】

Lr-7753-2



途中の山道には御殿場桜が踊るように咲いていた。

【3】

Lr-7755-3



やはり都内と比べると気温がだいぶ低いんだろうね。

【4】

Lr-7756-2




会場へは南端から突入。

【5】

Lr-3619-2



割と平板な土地に一面の芝桜。

【6】

Lr-3628



奥に物見台のような櫓が組まれ、大勢の観光客が。

【7】

Lr-4229-2



その手前には芝桜のミニ富士が鎮座していた(笑)

【8】

Lr-3621-4



芝桜とリアル富士のツーショット。

【9】

Lr-3623-2



物見台にも昇ってみたが、景色の見える位置に立つのにひと苦労。

【10】

Lr-7761-2



さらに写す対象が芝桜なのか観光客なのか、

イマイチ分からない出来映えに少々げんなり。

気を取直して、平地から主に富士と芝桜を撮る。

【11】

Lr-3633-3



【12】

Lr-3635-5





逆さ富士の見えるという龍神池なども取り入れて、

場所を変えながら何枚か撮ってみた。

【13】

Lr-3636-2



【14】

Lr-3637-2



【15】

Lr-3638-5




しかし、やはり段々人あたりしてきて、早々に撤収。

【16】

Lr-4226



【17】

Lr-4227




立つ場所・目線によって桜と富士の写せるスポットなどもあり、

景観としては総じて満足できるレベルだったけど、

混雑状況については若干食傷気味かな(苦笑)

【18】(富士と桜と新緑と)

Lr-3646-3





その後、朝霧高原を富士宮方面に下っていくと、

所々、富士山を眺められるいくつかのポイントに出くわす。

その内の一つに車を停めて、暫く富士を愛でてみた。

丁度足元にアブラナ科の花が咲いていたので、

友情出演してもらうことに。

【19】

Lr-3650-3



芝桜との共演もイイけど、素朴な花との親和性も高い。

【20】

Lr-3653-4



空の青、残雪の白、アブラナの黄、葉の緑が眩しいよね。

【21】

Lr-4233-2





ま、何より今回は天候に恵まれたことが大きかったと思う。

芝桜やアブラナと富士山、印象的な風景を堪能できた。

有効な有休利用になったハズだ。

鮮やかな花と大きな富士山が夢に出てくるかもね☆


次は田貫湖から裾野のぐりんぱに向かう。

つづく…。



※Fujifilm GFX 50S GF63㎜ F2.8 R WR【Top/5-6/8-9/11-15/18-20】
 Canon EOS 5D MarkⅣ Canon EF100-400㎜ F4.5-5.6L IS Ⅱ USM【1-4/10】
 Fujifilm X-Pro2 Fujinon XF16㎜ F1.4 R WR【7/16-17/21】



(了)
Posted at 2017/05/28 19:58:16 | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域
2017年05月27日 イイね!

GW最終日もいつもと同じ花さんぽ♪

GW最終日もいつもと同じ花さんぽ♪
今さら2017年5月7日(日)。

3日からのGWもおしまい。

そんな日も普段と変わらぬ行動。

相変わらずの適当花さんぽに出た。




ここのところ登場回数が多いバラモンギクの綿毛。

【1】

Lr-7681



ガクウツギ。

【2】

Lr-7614



カザグルマの超近接撮影。

接近し過ぎて、何かのクイズのようになってしまった(苦笑)

【3】

Lr-7693-3



イブキジャコウソウ(前日も撮ったなw)。

【4】

Lr-7707-2



ムギ。爽やか!

【5】

Lr-7589



春らしく☆

【6】

Lr-7653-3



緑色のシナプスのようなマユミ。

【7】

Lr-7644-2



セイヨウカラシナ。

【8】

Lr-7660



出来の悪い飛行船か爆弾と見紛う素心蝋梅の今の姿(爆)

【9】

Lr-7577-3



シロバナムシヨケギク。

【10】

Lr-7584-2



カラフルなアルカネット。

【11】

Lr-7603-2



地面すれすれの晩春♪

【12】

Lr-7633-3



オオデマリも終わりかな。

【13】

Lr-7648



よく見るとちょっとグロい桑の実。

【14】

Lr-7631-2



キソケイ。

【15】

Lr-7554-2



ほぼ雑草状態のセリバヒエンソウ。

【16】

Lr-7639-3



飛燕草と一緒に咲いていた。

【17】

Lr-7634-2



カマヤマショウブ。

【18】

Lr-7677-2



エニシダ。

【19】

Lr-7670



コアニチドリがたっくさん!

【20】

Lr-7713-2



ムラサキウマゴヤシの咲き始め。

【21】

Lr-7593



最後はギョリュウ。

【22】

Lr-7557



一部クローズアップレンズを使ったけど、最短近くで撮ると

被写界深度が激薄になるため、さすがに三脚が必要かも(汗)


いつもお付き合いくださり、ありがとうございますm(_ _)m



※Canon 5D MarkⅣ Tamron SP 90mm F2.8 Di MACRO VC USD (F017)+一部クローズアップレンズ500D


(了)
Posted at 2017/05/27 07:08:19 | トラックバック(0) | 花・樹・草・葉・実 etc. | 日記
2017年05月25日 イイね!

立夏の花 Vol.2

立夏の花 Vol.2
2017年5月6日(土)。


先日掲載した立夏直後の花の後編。

再び近場の花たちをランダム掲載。



通常のタンポポの4-5倍はあるバラモンギクの綿毛。

【1】

Lr-1505



ひとつだけ隊列を外れてたオオアマドコロ(笑)

【2】

Lr-1464-4



イワカラクサがいっぱい☆

【3】

Lr-1423-4



カミツレ(=カモミール)も群生。

【4】

Lr-1336-2



そこここに咲いていたオオジシバリ。

【5】

Lr-1400-3



カザグルマ。

【6】

Lr-1354-2



小さなシャクヤク。

【7】

Lr-1436-2



見落としそうに小さいコアニチドリ。

【8】

Lr-1382-2



アカバナユウゲショウかな?

【9】

Lr-1500-3



孤立して咲いていたイワカラクサ。

【10】

Lr-1389-4



アカバナアメリカトチノキをアップで。

【11】

Lr-1451-3



ギョリュウを引いて。

【12】

Lr-1469-4



モチツツジ。

【13】

Lr-1481-2



ナニワイバラ、どアップ!

【14】

Lr-1458-2



ケウツギ。

【15】

Lr-1417-4



ヒメカンゾウ。

【16】

Lr-1439-4



レッドキャンピオン。

【17】

Lr-1471-5



もう一丁バラモン先生。

【18】

Lr-1507-5



ヤマブキソウだと思うけど。

【19】

Lr-1421-4



オドリコソウもアップで見ると愛嬌がある。

【20】

Lr-1395-2



アカヤジオウ。

【21】

Lr-1487-2



ラベンダー。

【22】

Lr-1478-3



ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)。

【23】

Lr-1430-3



ムギナデシコ。

【24】

Lr-1408-3



最後は覗きジャーマンアイリス。

【25】

Lr-1446-3



※Canon EOS 5DsR SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM


(了)
Posted at 2017/05/25 21:32:23 | トラックバック(0) | 花・樹・草・葉・実 etc. | 日記

プロフィール

「↑×2 なぜか以前の投稿が再掲されてしまいました。新年早々失礼しましたm(__)m」
何シテル?   01/01 16:57
・原則として「何シテル?」(何故ブログ扱いなのか判らないツイート的なものも)、  同日内の過剰な多投稿、誹謗中傷と思しきものなどは閲覧しておりません。 ・フ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/5 >>

  1 23 45 6
7 8 9 1011 12 13
14 15 1617 18 19 20
21 22 23 24 2526 27
28 2930 31   

愛車一覧

AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
320から500と11年親しんだGクラスから乗り換えました。 C63AMG PPGセダ ...
ミニ MINI ミニ MINI
基本的に家内用 R56クーパーSハッチバック <外装> ペッパーホワイト ブラックル ...
ボルボ クロスカントリー ボルボ クロスカントリー
ワンコ トランスポーター
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
G320L エメラルドブラック はじめてのGクラスでした。V8の下取りに。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Yahoo Japan Corporation All Rights Reserved.