• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nanamaiのブログ一覧

2019年01月31日 イイね!

冬枯れの散歩道&ちょこっと富士山

冬枯れの散歩道&ちょこっと富士山
2019年1月27日(日)。


この日も風が冷たかった(震)

気合いを入れて短時間の散歩に出た。

ま、花はないよね(分かってたけど)。

でも冬枯れは冬にしか見られないもんね。




ということで、早速冬景色と逝きたいのだが、

まずはこの日の早朝の富士山から。

1
FF-8819



くるくるになった葉っぱ。

2
FF-6809-2


枯葉三昧〜♪

3
FF-6813


コウヤボウキ。

4
FF-6815-2


少し時間が遅くなったからシモバシラ(植物)は小さくなっていた。

5
FF-6799-2


これはノゲイトウかな。

6
FF-6822-2


ミツマタ。

7
FF-6797-2


これはツワブキ(枯)

8
FF-6825-2


ソシンロウバイ。

9
FF-6824


こりゃ珍しい、久しぶりに見つけた!ハラン。

10
FF-6806-2


11
FF-6808-2



ここからは寒さに負けて小さな温室にIN☆

しかし、レンズが曇ることこの上ない(T_T)


青々とした葉っぱ。

12
FF-6794


13
FF-6786-2


14
FF-6784


ムユウジュ。

15
FF-6789


16
FF-6790



最後もまた富士山。

今度は同日の日没直後の富士山(綺麗な色!)。

17
FF-8823



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



FUJIFILM X-H1 FUJINON XF100-400㎜ F4.5-5.6 R LM OIS WR
FUJIFILM GFX50S FUJINON GF250㎜ F4 R LM OIS WR(富士山のみ)



(了)
Posted at 2019/01/31 21:13:54 | トラックバック(0) | 花・樹・草・葉・実 etc. | 日記
2019年01月30日 イイね!

牧野記念庭園にて(1,200回目のブログ)

牧野記念庭園にて(1,200回目のブログ)
2019年1月26日(土)。


前回記載の通り今回は庭園の様子。

真冬だからさすがに咲く花はなく、

一般的にはとても淋しい庭と言える。

しかし自分はもう「知って」しまった。




ここにある多くの植物は、日本の植物学の父である牧野富太郎氏が、

まさに生涯をかけて全国から採集したものだということを。

花が咲いていようが枯れていようが、その価値に差はないのだから。

氏は「雑草という名の植物はない」との名言を残している。。。


ということで、今回はほぼ冬枯れた牧野記念庭園の植物たち。

1
FF-0583


2
FF-0587


3(日本水仙)

FF-0496-2


4(希少な仙台屋桜)

FF-0506


5
FF-0523


7(名残りのヤブラン)

FF-0521-2


8
FF-0598


9
FF-0524-2


10(照りのすごいアカンサスの葉)

FF-0500-2


11
FF-0596


12
FF-0529


13
FF-0588


14(黒松の木肌)

FF-0540-2


15
FF-0518-2


16
FF-0590


17(アオギリ。まさに)

FF-0543


18
FF-0498-2


19(イイギリ)

FF-0515-2


20(オモト)

FF-0530-2


21(幹に映るのはチョウセンマキの影)

FF-0493


22(最愛の妻の名を冠したスエコザサ)

FF-0492-2


23
FF-0532


24(ペーパーホワイト)

FF-0545-2


25(ヤエキリシマ)

FF-0535




派手さや鮮やかさはないけれど、住宅の立ち並ぶこの一角に、

ぽっかり空いたこの庭には、氏の情熱が今でもゆらりと立ち昇るようだった。


最後は、素朴なディスプレイ。

26(カリンと松かさ)

FF-0499


27(七草)

FF-0597


28(ミズキ科三姉妹)

FF-0595


29(松かさ3種)

FF-0594



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



Canon EOS R Canon RF24-105㎜ F4L IS USM


(了)
Posted at 2019/01/30 20:16:43 | トラックバック(0) | 公園・庭園 | 音楽/映画/テレビ
2019年01月28日 イイね!

NHK 歴史秘話ヒストリア「“私は植物の精である”牧野富太郎 夢の植物図鑑」を観て

NHK 歴史秘話ヒストリア「“私は植物の精である”牧野富太郎 夢の植物図鑑」を観て
2019年1月26日(土)。

NHKで表題の番組の再放送があった。

日本の植物学の父とされる牧野富太郎氏は、

自らを植物の精と語る自由奔放な人物だった。



氏は、少年時代から故郷・高知の大自然の中、独学で植物学を学んだ。

学歴は小学校中退ながら、22歳で東大の植物学教室へ出入りを許されると、

北は北海道利尻島から南は鹿児島の奄美まで隈なく実地調査を行ったそうだ。

「ヤマトグサ」の命名を皮切りに、実に1500種以上の植物に学名を与え、

なんと78歳で全国の植物を網羅する「牧野植物図鑑」を完成させている。

番組では氏の植物への情熱と、彼を支えた家族や仲間の存在にも触れている。


NHKの関連HP:「“私は植物の精である”牧野富太郎 夢の植物図鑑



そんな偉人である氏の住まいは、練馬区内の大泉にあったという。

旧居は現在「牧野記念庭園」として一般開放されていると分かり、

距離的に近いこともあって、唐突に出かけてみよう!と思った。



大泉学園駅から南に400-500mほどの位置で、学芸大付属小中の近くだ。

となると、あまり道も広くはないし、駐車場を探すのも面倒そうだな(汗)

ここは公共交通機関が妥当だろうとバスと電車を乗り継いで行ってみた。



以下は住宅街にひっそりと佇む牧野記念庭園の光景第1弾。


1.敷地の入り口にあった大きな石碑

FF-0488


2.敷地内に設置されていた案内板(なぜ四が修正されているんだろう?)

FF-0491


3.庭園の南西にあった牧野富太郎像

FF-0490


4.北東側の奥まったところにある庭園の紹介板

FF-0522-2


5.記念館前の石板

FF-0528-2




氏の生涯や年譜などは庭園の情報サイトに詳しく掲載されているが、

こうした天才が持てる能力を発揮するには、妻である壽衛子の存在が欠かせなかった。

子沢山だったうえに金に無頓着で、豪快に使いまくるため、

牧野家は借金が絶えず、家計は火の車、夜逃げ状の引越しは30回を超えたらしい…。

家庭人として見た場合はさておき、氏は無類の植物好き、天性の描画力も備えていた。

したがって『日本植物志図篇』をはじめとする氏の研究成果は極めて分かり易い。

植物学には実地での採集や研究が欠かせないと精力的に全国を歩いた人だ。

記念館には、研究に使用した様々な道具類やスケッチなどが展示される。

それらを眺めれば、どれだけ植物学いや植物そのものに没頭していたかが伝わってくる。


6.記念館外観

FF-0534


7.記念館の屋根に・・・

FF-0584


8.ここから記念館の展示品等

FF-0549


9.スケッチ用の絵の具

FF-0552-2


10.着色料用の小皿など

FF-0553-2


11.角度を変えて

FF-0578


12.クローズアップ

FF-0579


13.青年期の年譜

FF-0555-2


14.氏の命名した植物たちの一部紹介

FF-0562


15.採集・観察道具

FF-0567-2


16.採集箱

FF-0566


17.採集用の小道具類

FF-0565-2


18.彼岸花の解説

FF-0580


19.日本植物志図篇

FF-0582


20.展示室全景

FF-0571


21.土佐和紙壁紙作品

FF-0576


22.土佐和紙

FF-0572


23.リアル!

FF-0575




老齢となって野山に採集に出かけられなくなって以降、

氏は大泉の自宅に籠り、庭に移植した植物を観察・採集したり、

大量の標本を整理したり、訪問客と植物談義に花を咲かせていたそうだ。


24.庭園内で販売されている植物絵ハガキ

FF-0569




庭園には今でも氏が全国から採集した様々な植物が折々に生い茂り、

訪れる観覧者を和ませてくれる。

次回はそんな植物たちの一部を抜粋してお届けしようと思っている。



【番外編】

1月20日(日)の富士夕景。頂上の雲が噴煙のように見えていた。。。

25.とても色が素敵だった♪

FF-8811



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



Canon EOS R Canon RF24-105㎜ F4L IS USM
FUJIFILM GFX50S FUJINON GF250㎜ F4 R LM OIS WR(番外編のみ)



(了)
Posted at 2019/01/28 22:05:17 | トラックバック(0) | 美術館・博物館・企画展 | 音楽/映画/テレビ
2019年01月27日 イイね!

C63で多摩六都科学館に行ってみたの巻

C63で多摩六都科学館に行ってみたの巻
2019年1月19日(土)。

この日は結果的に初めてづくしだった。

BRIDGESTONE TODAYのあと、

西東京市の多摩六都科学館に行ってみた。



実はこちらがメインで、BRIDGESTONE TODAYは時間調整的要素があった(汗)

いやBRIDGESTONE TODAYも期待を超える面白さがあったんだけどね。



で、多摩六都科学館には以前にも訪れたことはあった。

しかしその際は、何とチケットが完売で、鑑賞することができなかった。

ということで、この日はいわばリベンジ戦だったというわけ。

今時には珍しくここのチケットはネット購入などができず現地調達しかない。

しかも休日上映の人気プログラムは、早い時間に売り切れてしまうこともあるとか。

そんな都市伝説的な話も聞いていたので、9:30の開館前に一旦訪問し、

午後のプログラムのチケットをゲットする「らしく」ない行動パターンだった。

1
FF-0483-2




家内がチケットを買いに行っている間に、定番の愛車撮影。

単なる駐車場だから背景は相変わらずイケてないけど、記録的に。

2
FF-0399


3
FF-0392


4
FF-0394-2


5
FF-0398-2


6
FF-0395


7
FF-0390


8
FF-0396-2


9
FF-0393


10
FF-0389


11
FF-0400-2





チケット購入後、待ち時間を有効に利用しようとBRIDGESTONE TODAYに行き、

さらにコメダ珈琲で昼食がわりのミニシロノワール&限定カツカリーパンを食し、

12:45に再び多摩六都科学館に舞い戻ってきた。

12
FF-0480-2


13
FF-0481




ちなみにこの日鑑賞したプログラムは次の2本。


13:10- 全編生解説プラネタリウム南極老人星『カノープス』をさぐる!
alt


14:30- 大型映像星の旅 -世界編-
alt



ここの投映機「CHIRON Ⅱ」は、1億4000万個を超える星を投影できるそうで、

世界一のプラネタリウムとしてギネスにも認定されているんだと(驚)

14(このオモチャっぽいのがCHIRON Ⅱ。凄技を持った機械に到底見えず…笑)

FF-0486-2


直径27.5mの大型ドームスクリーンと相俟って、微細な星の輝きが広がり、

奥行き感のあるリアルな星空が楽しめるということ(憧)



一方後半は、北半球から南半球へ、世界各地の絶景と美しい星空を巡る旅。

例えば、南十字星や天の川、ウユニ塩湖の水鏡に映る満天の星を、

ダイナミックな実写映像(タイムラプス)でドームに再現してくれる企画。

個人的には撮影場所や技法に多大な興味関心があったんだよね。



投影・上映中は当然撮影NGなので、画像で伝えることができず残念。

いずれのプログラムもなかなか良かった。特に星の旅には写欲を刺激された。

いつかあんな環境で星空を心置きなく撮ってみたいと思ったものだ。



そうそう、情報として記載しておくと、

ここの入館料とプログラム2本の鑑賞セットチケットは1,400円/人とやや高。

それでもご興味のある方は1度チャレンジしてみる価値はあるんじゃないかと。



自宅に帰り西の空を見てみると、この日は富士山と雲がいい感じに輝いていた。

最後はそんな夕景の写真で。

15
FF-8807


16
FF-8803



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



Canon EOS R Canon RF24-70㎜ F4L IS USM

FUJIFILM GFX50S FUJINON GF250㎜ F4 R LM OIS WR(富士夕景のみ)


(了)
Posted at 2019/01/27 21:04:01 | トラックバック(0) | 美術館・博物館・企画展 | 旅行/地域
2019年01月26日 イイね!

BRIDGESTONE TODAY

BRIDGESTONE TODAY
2019年1月19日(土)。

以前から気になっていた都内小平市の

BRIDGESTONE TODAYを訪れてみた。

で、それって一体何よ???だと思う。



BRIDGESTONE TODAYは、ゴムやタイヤなどのブリヂストンの情報を

一元的に発信するいわゆる企業博物館で、一般にも開放されている。

場所は府中街道の小川東町、渋滞が嫌で普段は近づかないエリアだ(苦笑)

この日は9:30と13:00という中途半端に間隔の開く所用が西東京市にあり、

どうやって時間を潰そうかと思案した結果、ここが急速浮上したのだった。

1
FF-0477



ここ、ザッと言って、ブリヂストンの歴史、モータースポーツ、タイヤの基礎、

免震ゴム、タイヤの製造工程、ブリヂストンの取り組み等が展示されている。



冒頭は、次世代のタイヤのひとつになるかも?の樹脂タイヤ。

2
FF-0419


こんな小型車に装着されて展示されていた。乗り心地はどうなんだろうね?

3
FF-0425




ブリヂストンの歴史がパネルとグッズで紹介されていた。

4
FF-0409-2




ここからはタイヤの基礎と製造工程。

5
FF-0461-2


6
FF-0453-2


7
FF-0446-2


8
FF-0445-2


9
FF-0447-2


10
FF-0452-2




次は少し変わり種、イルカの人工尾ビレ。

11
FF-0456


12
FF-0455-2


こんなこともやってるんだね(驚)

13
FF-0476




続いて免震ゴムの紹介。

14
FF-0470


これもあまり知らなかったなー。ブリヂストンがねー。

15
FF-0467-2




最後は同社のモータースポーツへの取り組み。

これがやっぱり一番「華」があるかな。

16
FF-0454-2


佐藤琢磨さんのサイン入りのタイヤ。

17
FF-0427-2


こっちはホワイトタイヤだね。

18
FF-0436


F1テストカー。

19
FF-0437


20
FF-0439


TSR。

21
FF-0426


22
FF-0432-2


23
FF-0433


2017年に佐藤琢磨選手がINDY500で優勝した際に乗っていた車も。

24
FF-0424-2


25
FF-0402-2


26
FF-0410-2


27
FF-0414-2




ここ、日曜日は休館とのことなので、来館時はご注意を。

ちなみに駐車場・博物館とも無料だから、気軽に利用できますよ。

あまり小さなお子さんでなければ、親子で楽しめるんじゃないかと思います。


今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。あ"、そうだ!!

この日のお供は63だったけど、その脚はADVANだったことはナイショです(笑)



Canon EOS R Canon RF24-70㎜ F4L IS USM


(了)
Posted at 2019/01/26 21:18:31 | トラックバック(0) | 美術館・博物館・企画展 | 旅行/地域

プロフィール

「↑×2 なぜか以前の投稿が再掲されてしまいました。新年早々失礼しましたm(__)m」
何シテル?   01/01 16:57
10年以上Gクラス('01年G320L⇒'04年G500L)に乗っていましたが、 駐車場のクローズにて、泣く泣くパレットに収まるサイズの '13年C63AM...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

AMG 
カテゴリ:クルマ
2014/05/31 05:02:08
 
500px 
カテゴリ:写真
2014/05/31 04:43:24
 

愛車一覧

AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
320から500と11年親しんだGクラスから乗り換えました。 C63AMG PPGセダ ...
ミニ MINI ミニ MINI
基本的に家内用 R56クーパーSハッチバック <外装> ペッパーホワイト ブラックル ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
G500ロング オプシディアンブラック 残念ながら手放しました(泣) カロ2DIN ...
ミニ MINI Convertible ミニ MINI Convertible
家内用 OZ 35th アニバーサリー17インチ BIGインタークーラー 1DIN H ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.