• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nanamaiのブログ一覧

2019年05月31日 イイね!

神代 春のバラフェスタ2019 <前編>

神代 春のバラフェスタ2019 <前編>
2019年5月18日(土)。

前週既に期せず訪問済みだったが、

今回はしっかり認識したうえで、

神代で開催中の春のバラフェスタに。

たった1週間なのに花数は大幅に増え、

バラ園の光景はガラリと変わっていた!




この1週間でどれだけの数のバラが開花したのだろうか(驚)

今回は忘れずに開園時間の8:00(*)に合わせてやって来たのだが、

みなさん出足が早く、駐車場はもう6割がた埋まっていた。

 (*)通常の開園時間は9:30、バラフェスタ期間中の土日のみ8:00

前週もバラでこの週もバラ。レンズこそ違えど(マニア以外に意味なし)、

ちょっと食傷気味だな、という方は気軽にスルーでお願いします。

ちなみに、数はそう多くはありませんが、今回も2分割掲載とします。

悪しからずご了承くださいm(__)m




この日もC63で出勤。まずはいつもの駐車場撮り♪

FF-0507-2

FF-0512-2

FF-0511




で、ここからは前半戦のバラ三昧。

FF-0245

FF-0258-2

FF-0316

バラは春も秋も花を付けるが、やはり春バラの方が大輪が多く見応えがある。

FF-0318-2

FF-0418

FF-0387

心なしか花弁の柔らかさや発色も「春>秋」じゃないかと思っている。

FF-0298-2

FF-0425-2

FF-0310-3

なぜフェスタ期間中は開園時間が早まるかというと、混雑緩和ではない。

FF-0299

FF-0283-3

FF-0501-2

バラは朝香る。。。つまり、来園者がただバラを観るだけではなく、

品種により異なる様々な香りも楽しめるよう、主催側の配慮があるのだ。

FF-0302

FF-0246

FF-0417

確かにね。朝一の香りと2時間後の香りは強さが全然違うからね。

FF-0495-2

FF-0269-2




というわけで、バラフェスタ<前半>はこれにて終了。

<後編>に続く・・・。



FUJIFILM GFX50S FUJINON GF120㎜ F4 R LM OIS WR Macro


(了)
Posted at 2019/05/31 20:21:38 | トラックバック(0) | 公園・庭園 | 日記
2019年05月30日 イイね!

ちょいと神楽坂まで😊

ちょいと神楽坂まで😊
2019年5月12日(日)。

所用があり神楽坂に出向いた。

ここに来るのは久しぶりだった。

直前でももう1年ほど前になるだろうか。



今回は車ではなく電車を使ったので、効率的に坂上から坂下と、

身体が楽なように野暮用を済ませることにした。

そして所々で道草を盛大に食んでみた(笑)

最初の道草は赤城神社。

FF-7149

自分は過去にも訪れているし、ブログアップしたこともあったのだが、

家内は近場には来ているものの境内は初めてということだった。

FF-7154-2

ここは芸能やマスメディアの関係者がよく訪れることで知られる神社だ。

FF-7152

名前の通り、群馬の赤城神社の分社に当たる。

FF-7158

改修されモダンな神社となり、メディアに取り上げられる機会も多い。

FF-7160-2

マンション併設、カフェ運営、ガラス張りの社殿と人目をひく。

FF-7159-2

この日も結婚式の準備だったり、着物のお嬢さんが撮影中だったり、

芸能プロらしき方々が大量に押しかけて街角の伝統芸能イベントを

仕切り始めたり、何だか賑やかな境内になっていた。

FF-7161-2

社務所の前にはまさに神式の結婚式に用いると思しきものが。

FF-7155

FF-7156

残念ながらガラス張りのカフェはまだオープン前。

FF-7157-2

境内に合祀される蛍雪天神は受験生に人気が高い。

FF-7151-3




続く道草は、大久保通りを越えた飯田橋寄りの毘沙門天(善国寺)。

FF-7170

以前にも記載したことがあるが、ここは独身時代家内と待ち合わせた場所。

FF-7164

FF-7163-2

そういう意味では想い出深い寺だったけど、この日はイベントで大混雑。

FF-7166

FF-7168

揃いのTシャツを着た若者たちが境内をうろうろしていて落ち着かない。

FF-7167-3

風情も何もあったものではなく、空港並みのタッチ&ゴーで離陸した。




ここからは神楽坂の街歩きで気になったものを撮影した記録写真。

FF-7162

ここにはおしゃれっぽい店、老舗っぽい店、マニアっぽい店が多い。

FF-7179-3

っぽいにはあまり意味がなく、自分が現認していないだけ、真偽は分からない。

FF-7171-2

これらのいくつかにはお邪魔したことがあるが、大半は未知の世界だ。

FF-7181-2

場所的には「和」が多そうだけど、ほぼ何でもあるのがここの懐の深さだ。

FF-7177-2

店の入れ替わりは両極端かな。

FF-7178-2

ぐるぐる入れ替わる店ともう何十年も変わらず営業している店が混在する。

FF-7176

独身時代に利用していた理髪店は、今でも同じ場所で元気に営業中だった。

同期会に使った居酒屋もまだ健在、老舗のうどんすき店も相変わらずだったけど、

30年以上前によく利用していたBarや同僚と行った美味い寿司屋はなくなっていた。

以前と比べれば街は垢抜けたけど、あの独特の風情は保ってほしいよね。

FF-7183

(理科大の構内にて)
FF-7184-2




存外早く用事も済んで、11時前には地下鉄リターン。

地元の蕎麦屋で10割蕎麦を食す締めとなった(笑)

FF-7188



短い時間だったけど、ちょっとした息抜きにはなったかな。

いつかまたあの宇和島の魚料理が食べたい・・・(謎)

ということで、今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



FUJIFILM X-Pro2 FUJINON XF35㎜ F2 R WR


(了)
Posted at 2019/05/30 19:44:41 | トラックバック(0) | 街ネタ | 旅行/地域
2019年05月29日 イイね!

<1,300回目のブログ> 春バラ🌹開花♪

<1,300回目のブログ> 春バラ🌹開花♪
2019年5月11日(土)。

前回も記載の通り、神代植物公園では、

この日から春のバラフェスタが始まった。

6月9日までの約1ヶ月が開催期間になる。




※今回でブログの通算回数が1,300となりました。今年になって124回、令和になって32回目です。



毎年春も秋もここのバラフェスタには顔を出すようにしているけど、

今年も開催初日の花数は、例年同様「まだまだ」だったと思う。

FF-0128-3

FF-0114

FF-0149

FF-0047-2


とはいえ品種によっては結構な勢いで花をつけているものもあった。

FF-0129-2

FF-0070-2

FF-0051-2

FF-0066-2


ただ自分好みの品種は全く未開花か、大半が硬い蕾の状態だった。

FF-0135-2

FF-0191

FF-0146

FF-0137-2


ということもあり、本格的なバラの撮影はまた後日ということにして、

今回は咲いているものをライトに確認・記録することに徹してみた。

FF-0062-2

FF-0077

FF-0125-2

FF-0171-3


このレンズ、デカくて重くてピン薄なんだけど、ボケはいいんだよな。

FF-0162-3

FF-0105

FF-0059-2

FF-0074-2


いつもよりさらに、適当に「ながら見」閲覧いただければ幸いです。

FF-0170

FF-0130-2

FF-0136

FF-0094-2



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



FUJIFILM GFX50S FUJINON GF250㎜ F4 R LM OIS WR


(了)
Posted at 2019/05/29 20:38:29 | トラックバック(0) | 公園・庭園 | 日記
2019年05月28日 イイね!

初夏の陽射しとC63

初夏の陽射しとC63
2019年5月11日(土)。

朝方は少しひんやりしていたが、

徐々に暑いほどになったこの日。

おっとりいつもの時間に神代へ。



すると何ということでしょう!もう駐車場が満車近いではありませんか!

忘れていたけど、春のバラフェスタが始まったということだね。

フェスタは6月初旬まで続くため、スタート直後は花数がアレなんだけどね。

その数少ないバラの花は次回に持ち越すこととして、今回は車メインで。

神代で見かけた花や光景を少しだけ織り交ぜながら・・・。

ちなみに神代の駐車場でGF250㎜を使って撮っているため、

かなり窮屈感が出てしまったけど、同時に中判特有の豊富なボケ量も

感じられることになって、1勝1敗といった戦績だろうか(笑)

FF-0210-2

FF-0201

FF-0212-3

FF-0207-2

FF-0217-3

FF-0202-3

FF-0214-2

FF-0206-2

FF-0216

FF-0205

FF-0213

FF-0209

FF-0211


これからの季節は、気温も湿度も徐々に増していく。

この爽やかな季節を大切にしたいと再認識。

そうそう、C63も大切にしないとね!

FF-0215-3


今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



FUJIFILM GFX50S FUJINON GF250㎜ F4 R LM OIS WR


(了)
Posted at 2019/05/28 20:00:24 | トラックバック(0) | C63AMG PP | クルマ
2019年05月27日 イイね!

Blue Monday = 憂鬱な月曜日

Blue Monday = 憂鬱な月曜日
2019年5月6日(月)。

Blue Monday、憂鬱な月曜日…。

10連休最終日となった5月6日は、

その超憂鬱な火(月)曜日前日だった。



ご多分に洩れず翌日からの勤務再開を考えると軽く鬱になる。

FF-7135

休みが長かっただけに、ブルーもネイビー並みに何割か盛られた感がある。

FF-7146

午前中はいつもの花散歩に出ていたが、夕方になるとその効果が減退した。

FF-7141-2

あまり前例はなかったけど、もう1度近場を軽くぶらつこうと思った。

FF-7123

段々陽も傾いてくるので、花撮りを主とせず、行き当たりばったりで、

FF-7140-2

何ということもない日常の光景を撮ってみようかと考えて出かけた。

FF-7134-2

しかし散歩をするにはイイ季節になったものだ。

FF-7127

寒さは遠のき、暑さは未到来、湿度も低めで、総てにおいて快適だ。

FF-7126-2

ま、こうした時間は長くは続いてくれないんだけどね(苦笑)

FF-7142

武蔵野を歩くと、住宅街の中にも意外に高木が多いことに気づく。

FF-7103-2

周りの環境に負けずぐんぐんと丈を伸ばし、

FF-7101-2

盛大に枝を広げる樹々や、

FF-7111-2

丸裸だった幹や枝からの無数の芽吹きなどを見るにつけ、

FF-7108-3

その生命力と瑞々しさに気持ちがリセットされるような気がしてくる。

FF-7102-2

街角の何気ない光景にしても、それぞれに固有のストーリーがあるはずだ。

FF-7099

作り手や使用者や季節や時刻、そこに向けられた心情や想い、

FF-7133-2

時間の経過や現在に至る経緯、登場人物たちの交差や交流・・・。

FF-7132-2

写真の撮り手は、ある一瞬を切り取ろうとする。

FF-7131

しかし観る側はそこにストーリーという確かな広がりを見出し心を揺らす。

FF-7137-2

どちらが本当の作者なのかもはや分からない。

FF-7118-2

分かる必要すらないのだろう。

FF-7125

主人公はどこにもいない。

FF-7138

自分自身がそう思わない限り・・・。

FF-7121-2



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

これでGWまでの撮影分は終了です。



FUJIFUILM X-Pro2 FUJINON XF35㎜ F2 R WR


(了)
Posted at 2019/05/27 20:41:10 | トラックバック(0) | 雑記・備忘録 | 日記

プロフィール

「↑×2 なぜか以前の投稿が再掲されてしまいました。新年早々失礼しましたm(__)m」
何シテル?   01/01 16:57
10年以上Gクラス('01年G320L⇒'04年G500L)に乗っていましたが、 駐車場のクローズにて、泣く泣くパレットに収まるサイズの '13年C63AM...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

AMG 
カテゴリ:クルマ
2014/05/31 05:02:08
 
500px 
カテゴリ:写真
2014/05/31 04:43:24
 

愛車一覧

AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
320から500と11年親しんだGクラスから乗り換えました。 C63AMG PPGセダ ...
ミニ MINI ミニ MINI
基本的に家内用 R56クーパーSハッチバック <外装> ペッパーホワイト ブラックル ...
ボルボ クロスカントリー ボルボ クロスカントリー
ワンコ トランスポーター
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
G320L エメラルドブラック はじめてのGクラスでした。V8の下取りに。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.