• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nanamaiのブログ一覧

2020年08月07日 イイね!

コロナ禍@久しぶりの江戸東京たてもの園 Part1

コロナ禍@久しぶりの江戸東京たてもの園 Part1
2020年8月2日(日)。

緊急事態宣言が発令されて以降、

たてもの園も長らく閉園された。

よってこの日は久しぶりの訪問。



開園していることを事前にHPで確認のうえ突撃することにした。

散歩がてら歩こうかとも思ったんだけど、マスク着用で、

熱中症のリスクもあるため、過信せずC63で出かけてみた。


開園時間5分過ぎに着いたんだけど、好天に誘われたか、

朝の時間帯にしては、駐車場はかなりの混雑ぶりだった。


入口で検温ののち受付に進むと「建物内には入れません」と。

正直なところ一瞬迷ったけど、ここまで来て引き返すのも躊躇われ、

「あっ!そ、そうなんだ。う〜ん、べべ別に、かっ、構わないけど」

と漢らしくビシッ!と曖昧に言い放って入園した(苦笑)

受付嬢が気の毒そうにこちらを見ていたことには気づかないフリをして。


アホっぽい所作はともかく、久しぶりのたてもの園、

全3回シリーズで掲載したいと思います。

初回の今回は、小金井街道側の西ゾーンからいきます。



冒頭は、田園調布にあった大川邸。
FF-0266-4

平屋だけど明るくおしゃれな外観が印象的だ。
FF-0273-4

FF-0274-5



続いて、たてもの園でもメインの1つと目される前川國男邸。
FF-0303-3

まるで高原に建つ別荘のような造りは人目を引く。
FF-0279-2

開放的なリビングダイニングやロフトが今風なんだよね。
FF-0286-2

調度類もセンスがよく、高名な建築家邸であることが窺える。
FF-0285-3

FF-0281-3



小ぶりながら欧州の香りも漂う小出邸。
FF-0302-2

典型的な和洋折衷の様式だ。
FF-0295-3

建築家堀口捨己氏が帰国後に設計したらしい。
FF-0289-3

個人的には玄関先の円窓がとても気に入っている。
FF-0299-3



常盤台写真場。
FF-0333-2

自然光を採り入れる北窓が有名だけど、自分は作業場がお気に入り。
FF-0311

FF-0313-2

主人や弟子たちがここで作業をしていた姿が目に浮かぶ。
FF-0307-4

FF-0310-6



ISUZUボンネット型乗合バス。
FF-0323-3

以前は燻銀の車体だったが、ここ2-3年のうちにこの色に。
FF-0325-2

塗装が新しすぎて以前の郷愁感は削がれた気がする。嫌いじゃないけどね(笑)
FF-0331-2



三井八郎右衛門邸。
FF-0341-4

FF-0344-4

たてもの園でも高橋是清邸に並ぶ壮大さがある。
FF-0345-2

重厚な屋根の構造はいつ見ても感心するばかり。
FF-0340-2

庭も広く凝った造りだ。
FF-0348-3



初回の最後は、ゲオルグ・デ・ラランデ邸。
FF-0300-5

もともと信濃町にあった邸宅。
FF-0352-4

往時の清里あたりに建っていてもおかしくない外観だ(苦笑)
FF-0358-2

屋内の一部は、地元の武蔵野茶房が喫茶室を開業中☆
FF-0353-4



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Part2につづく・・・。



FUJIFILM GFX50R FUJINON GF45-100㎜ F4 R LM OIS WR


(了)
Posted at 2020/08/07 06:37:07 | トラックバック(0) | 公園・庭園 | 趣味
2020年08月05日 イイね!

選挙はないけどセンターは蘭

選挙はないけどセンターは蘭
2020年8月1日(土)。

この日の花めぐり第2弾はラン中心。

これに幾つかの花を追加したいと思う。

ランはご存知の通り種類が豊富だ。



以前も書いたけど、世界に700属以上で15,000種があるとされている。

なんと南極以外のあらゆる大陸に存在しているらしい。

被子植物上最多種で、日本国内だけでも75属230種あるのだとか・・・。

多品種ということから、見た目にユニークなもの、美しいものが多く、

贈答花をはじめとした観賞用の植物としても、とても重宝されている。

まずはセンター役で、そんな多種のランを掲載。

FF-1352-5

FF-1353-3

FF-1365-3

FF-1358-3

FF-1347

FF-1354-4

FF-1375-4

FF-1356-2

FF-1370-4

FF-1367-5

FF-1348-2

FF-1357-3

FF-1368-3

FF-1363-2

FF-1374-4

FF-1362-4

FF-1345-3

FF-1351-2

FF-1364

FF-1377-3




やや分量が少ないので、その他の花を少しだけ追加したい。


わずかに咲き残っていたバラ。
FF-1318-4

FF-1320-4


これはミナヅキ。
FF-1242-2

いわゆるノリウツギのひとつ。
FF-1246-4

アナベルにも柏葉紫陽花にも似た繊細な咲き姿だね。
FF-1249-5


サボテンの若葉が爽やかだった。
FF-1425-4


小笠原の固有種から2種。ちょっとピークアウトしてたけど(汗)

ムニンネズミモチ。鼠黐にクリソツ。
FF-1420-3

オオバシマムラサキ。オガサワラシジミの幼虫の食料(笑)
FF-1422-3


最後は、ダリア。
FF-1427-4

ダリアの季節は、まだ少し先だ…。
FF-1428-3



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



FUJIFILM X-T4 FIJINON XF50-140㎜ F4 R LM OIS WR + XF1.4x


(了)
Posted at 2020/08/05 22:29:27 | トラックバック(0) | 公園・庭園 | 趣味
2020年08月04日 イイね!

もう1度 熱帯睡蓮とベゴニアと…

もう1度 熱帯睡蓮とベゴニアと…
2020年8月1日(土)。

新型コロナの感染再拡大を受けて、

自粛モードの休日が続いている。

今回はベゴニアと睡蓮にフォーカス。



いずれも嫌というほどこのSNSでも取り上げてきたから、

「もういいよ」という方々は、お気兼ねなくスルーなさってください。


今回は、この2種の華やかな花たちを交互にアップしてみた。

特に意味はないけど、見慣れた花たちだから、少しでも目先が変わるよう。

FF-1388-3

FF-1412-4

FF-1386-3

FF-1415-3

FF-1381-5

FF-1416-2

FF-1383-2

FF-1401-2

FF-1390-3



花との出逢いは一期一会だと常々感じている。

わずか数日前、満開の咲き姿を観た花が跡形もなく散り落ちていたり、

蕾にすら気づかなかった花が一斉に開花していたり、はよくある話。

だから、日を変えてその場に立った時、相変わらず咲いてるなと思っても、

それが全く同じ個体だとは限らない。

FF-1408-3

FF-1393-3

FF-1403-3

FF-1387-5

FF-1411-5

FF-1397-3

FF-1406-4

FF-1399-3



今回も多分にそんな花たちの、とある日の記録。

梅雨が終わり、暦が進み、それでも禍いだけは変わらない。

この日はまさに誰も経験したことのない夏の幕開けになった。。。

FF-1414-3

FF-1385-4

FF-1405-3

FF-1389-2

FF-1418-3

FF-1395-2

FF-1409-3

FF-1394-4

FF-1402-3

FF-1379

FF-1417-3

FF-1400-4



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



FUJIFILM X-T4 FIJINON XF50-140㎜ F4 R LM OIS WR + XF1.4x


(了)
Posted at 2020/08/04 19:09:46 | トラックバック(1) | 公園・庭園 | 趣味
2020年08月03日 イイね!

自粛の4連休 雨に降られて…編

自粛の4連休 雨に降られて…編
2020年7月26日(日)。

4連休最終日も朝から雨だった。

しかし10:30頃陽が射し始めた。

よし!と勇んで近場の散歩に♪

しかし、出かけてすぐに南西から

黒い雲が押し寄せ、嫌な予感が。



案の定、最初ポツポツだった雨粒が、短時間に本降りの雨に変わった(泣)

もう大丈夫だろうと、傘を持参しなかったことが悔やまれた。

さすがにこの雨天に写真を撮る「変わり者」に見られるのも何なので、

そそくさと撤収するしかなく、したがって、撮れ高はイマサン。

仕方がないので、3軍からも選手を招集し、どうにか枚数確保です。

「それなり」な気持ちで温かく見守ってください(笑)



冒頭は、オオセンナリ。
FF-1211-4

黒鬼灯に似ているけど、花色がより薄く、実も黒くはない。
FF-1213-4


続いて、食用カンナ。
FF-1199-3

花は、鮮やかでシャープでなかなかいいよね。
FF-1200-4

落ちた花にも華がある(^^)
FF-1204-4


摩訶不思議系の代表、トケイソウ。
FF-1203-4

あり得ない造形はいつ見てもあり得ない(笑)
FF-1202-2


ハマナスの実がたくさん生っていた。
FF-1185-2


透明感のある紫がキレイなコガネバナ。
FF-1198-4


小さなシソ科のキセワタ。
FF-1181-4

花数も少なく控えめだったけど、嫌いじゃない。
FF-1184-3


雨天に伸びる糸瓜。
FF-1186-4


まだ咲いていたサザンベル。
FF-1226-4

もこもこの花弁がチャーミングだと思う。
FF-1227-4


これはタバコ。
FF-1189-3


マドンナリリーの蕾がだいぶ膨らんできた。
FF-1229-2


言い得て妙のサンゴバナ。
FF-1218-3

恩納の海に潜りたくなる^ ^
FF-1219-3


ノゲイトウ。
FF-1210-5


黄色のグロリオサ。
FF-1223-5

どこにピンを置くかにいつも迷う。
FF-1222-6


爽やかなパイナップルリリー。
FF-1205-2


オニユリ。
FF-1193-3


花の最後は、黒鬼灯。
FF-1197-4

センナリよりぐっと青が濃く、何より実が黒いのが特徴的。
FF-1191-3




おまけで、不安定だったこの日の夕方の空の様子を2枚だけ。

東の空は明るく青い。
FF-0261-4

南を見ると、西側にこってり暗雲が立ち込めていた。

ちなみに、夜は雷が鳴り響いた。
FF-0259-5



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

これで7月撮影分は終了です。



FUJIFILM X-T4 FUJINON XF80㎜ F2.8 R LM OIS WR Macro + XF1.4x


(了)
Posted at 2020/08/03 07:10:44 | トラックバック(0) | 花・樹・草・葉・実 etc. | 日記
2020年08月01日 イイね!

自粛の4連休 レンゲショウマが咲いた編

自粛の4連休 レンゲショウマが咲いた編
2020年7月24日(祝)。

この日の花巡りも今回が最終回。

主役は蓮華升麻(レンゲショウマ)と

ハイビスカスとユリといったところ。



昨日の東京は、W463(Gクラス=ゲレンデヴァーゲン)ならぬ463人。
梅雨の明けた今日は、記録を順調に更新して472とか。
もはや驚きはしないが、残念な気持ちにはなるかな。。。

5月のGWに続き9月のSWも遠出をキャンセルした。
一応後ろにずらして11-12月のAirは押さえたけど、既に怪しいな。
世界レベルで考えたら、オリンピックも果たして…という感じだもんね。

う〜ん、もう、なんか、スカッ!としたいものです(^^)v




まずレンゲショウマだけど、これまでも何度もブログアップ済みだが、

複数の自治体でレッドリストに入っていると思うと、見かけるとつい。
FF-1169-2

変な名称だけど、花が蓮に、葉がサラシナショウマに似ているかららしい。
FF-1177-2

そう大きくもなく総じて下向きに開花するため、撮り難い花のひとつだ。
FF-1166-3



続いて、カラフルなハイビスカスを。
FF-1130-2

とにかく大きく豪華で、南国気分を味あわせてくれる花だ。
FF-1129-3

以前はタチアオイやトロアオイなどのアオイ一族とされていたようだけど、

今はアメリカフヨウやサキシマフヨウなんかの仲間に分類されている。
FF-1142-2

FF-1140-3

FF-1143-2



で、軽くユリ。

まずは代表格のカサブランカ。
FF-1152-5

FF-1153-4

こっちはヤマユリ。

大きいこともあって、寄りすぎると、何が何だかわからなくなる(笑)
FF-1175-3

こちらはサクユリ(ヤマユリの斑点なしバージョンになる)。
FF-1155-2



ここからはその他の花をミックスして一挙掲載。


まず、シャープなヘリコニア。
FF-1141-4


珍しいの見っけ☆ 緑のタコなんて言われるカタセツム・マクロカルプム(蘭)。
FF-1123-4

FF-1124-4


午前中早い時間だったけど、ガガブタが咲いていた。
FF-1164-3

FF-1165-3


ガーデニングでよく使われるアゲラタム。
FF-0994-3


林床にはたくさんのヤブミョウガ。
FF-1014-4


これもめちゃよく見かけるカリガネソウ。
FF-1032-4


ピンクのブットレア。気づかなかったけどカマキリにガン見されていた(汗)
FF-0977-2


武蔵野スタンダード、河原撫子。
FF-1179-3


こいつも常連、オオツユクサ。
FF-1005-2


温室から、落花直前のサガリバナ。
FF-1120-3


特大の米芙蓉が咲いていた☆
FF-1009


最後は1輪だけ開花していたオニバスの花♪
FF-1158-3



今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



FUJIFILM X-T4 FUJINON XF80㎜ F2.8 R LM OIS WR Macro + XF1.4x


(了)
Posted at 2020/08/01 19:14:48 | トラックバック(0) | 公園・庭園 | 日記

プロフィール

「↑×2 なぜか以前の投稿が再掲されてしまいました。新年早々失礼しましたm(__)m」
何シテル?   01/01 16:57
原則として「何シテル?」は閲覧しておりません。ご了承ください。 <ここ20年ほどの愛車遍歴> 10年以上Gクラス('01年G320L⇒'04年G50...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

AMG 
カテゴリ:クルマ
2014/05/31 05:02:08
 
500px 
カテゴリ:写真
2014/05/31 04:43:24
 

愛車一覧

AMG C63 Perfomance Package AMG C63 Perfomance Package
320から500と11年親しんだGクラスから乗り換えました。 C63AMG PPGセダ ...
ミニ MINI ミニ MINI
基本的に家内用 R56クーパーSハッチバック <外装> ペッパーホワイト ブラックル ...
ボルボ クロスカントリー ボルボ クロスカントリー
ワンコ トランスポーター
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック)
G320L エメラルドブラック はじめてのGクラスでした。V8の下取りに。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.