• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

空-sora-のブログ一覧

2017年06月25日 イイね!

杖のストラップが全く役に立たない件。

ラノベの長いタイトル風にしてみたかったが思いつかなかった。

杖にもストラップがあります。物を取るときなど一時的に杖を手から離すときに、腕から離れないようにする為の物です。ストラップには大きく分けて2種類あります。ひとつは転倒した時などの安全を確保するために、取り付け部がクリップやゴムで止まっていてすぐに外れるようになっているもの。もう一つは、単純に縛り付けてあって簡単に外れないもの。個人的にはクリップ式をお奨めするのだが、自身が使用しているのは外れないタイプだったりします。

しかし、これが使えないものが多い。5種類ほど試しましたが、ひとつを除いて役に立たない。ストラップの輪の部分を通すとこんな感じになります。

しかし、杖を突くと言う事は、腕は下向きになり、さらに振動が加わります。当然ながら、ストラップは滑り落ちていきます。こんな風に。
何か手はないかと考えたところ、結ばない靴紐のストッパーが余っていること思い出し、試しに付けてみました。

付きましたねぇ。ストラップの革紐が細かったのでストッパーが通りました。手が入る大きさで固定するとこんな感じ。

これでストラップが滑り落ちることは無くなりました。実は家の鍵を開けるときに、ストラップが掛かっていないと気付かずに手を放して落としてしまったんですよね。結果、買ったばっかりの杖に傷が入ってしまったのですよ。


金と手間を掛けたくない方には『ぽこぽこスケルトン』はどうでしょう。るんるんステッキの純正品で、一応、どのメーカーでも付きます。オーブの杖なら純正みたいなものです。

ゴム紐製で、手を通して輪の大きさを調整できます。ただ、デザイン的にはイマイチなのと、調整玉が擦れるのでゴム表面がすぐに毛羽立ちます。

でも、使い勝手は良いし、価格も千円程なのでおススメです。
Posted at 2017/06/25 22:36:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 病気日記 | 日記
2017年06月25日 イイね!

世の中金次第。

まぁ、独り言です。
目下の悩みどころは、

①生活拠点
つまり住居ですが、階段が登れなくなりつつあるので、階段に階段昇降機の設置が必要になります。今の家に住み続けるなら、玄関前と屋内の2箇所に必要になります。1台当たり40万円程らしいです。その他に、駐車場と家が遠く、しかも急な坂道とあって毎日の通勤が大変です。バリアフリーかつ駐車場が敷地内にある住居への引っ越しを検討中ですが、仕事場との兼ね合いもあるので悩みどころ。

②仕事
現状では今の所を続けるつもりで、会社の方もクビにするつもりはないので出来る範囲の対策はしてくれています。ただ、現場は何だかんだ言っても体力がないと話しにならない。普通の作業さえ出なくなりつつあるので職場の移動は避けられないでしょう。また、この会社は障碍者を雇っていないので、色々な意味で対応不足の為いずれは辞める事にはなるでしょう。となると、収入源が問題です。生活保護は出ないようなので、なにかしら働くしかないようです。

③移動手段
歩けなくなった場合、移動手段は車いすとなります。全身の筋力が衰えるのだから、電動車いすの必要性があるのですが、電動車いすの価格は30万円ぐらいから。車は運転できると仮定しても、車いすを積み込む力は無いので、それ相応の車両へ乗り換えが余儀なくされます。特別高いわけではないですが、好みの車は選べないですね。

でも、この三つは切って考えるわけにはいかないので、本当に悩みどころ。仕事場に合わせて引っ越しても、辞めれば意味が無くなります。便利なところに引っ越しても、次の仕事場が遠ければ、これまた意味が無くなります。まぁ、その都度考えればいいのでしょうけど、そんな楽天家でもないのですよねぇ。バリアフリーの物件って本当に無いんですよ。

世の中は思った以上に障碍者に優しくないようです。車で走りながら、歩きながら、車いすを使うようになった場合を考えているのですが、この道幅、歩道幅でどうしろと言うのだろうと思います。最近、歩道の拡張工事で車道が削られ、車に乗っているとイライラする事が多いです。一見、歩行者の事を考えているようですが、こういった工事をしているところは元々の歩道が広いのですよ。そんなところより、人ひとりしか通れないような歩道や途切れている歩道とかの方からなんとかしろと言いたい。いまだに歩道橋や地下道で信号が無い所とかもあります。エレベーターがあるならまだしもです。区役所や病院でも、一人で車で行って、車いすを降ろして移動なんて出来ないのでは?と思います。何年か先の車いす生活を考えると、一人で生活するのはなかなか厳しそうだと思うしだいです。

コレ、いいよねぇ。左は多機能、右はコスト重視。まぁ、買うならな右側ですけど。いや、買えないけど。

実はコレが言いたかっただけ。
Posted at 2017/06/25 12:12:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 病気日記 | 日記
2017年06月24日 イイね!

思い出のバイク -4-

さてさて、ネタが無いので続きでも。シティに乗り出して1年ほどで峠にはまりだします。そして180SXに乗っていた頃はちょっと落ち着いてきて走りメインから改造メインになります。それと関係あるのかは不明ですが、もう一度にバイクに乗ろうと思います。5~6年ぐらいのブランクですね。
選択したバイクはヤマハのR1-Z。40PS仕様の最終モデルで、これも復刻版だったと思うのですが、この頃のバイクはマイチェンが多すぎてよく分からないですね。実はスズキのガンマが昔から好きで、何度か候補に上がっては消えました。この時は買うなら2スト250と決めていたのでRGV-ガンマ、TZR250、NSR250R、アプリリアRS250と考えました。が、90年代半ばの中型レプリカ勢は70万円ぐらいしたのでちょっと手が出にくい。結果、お手頃価格50万円のR1-Zになりました。NSRは乗りやすいが面白みに欠け、TZRはFZRと同じくハンドルが遠かった。この頃のヤマハのバイクは妙に大きいのですよね。スクーターは小さいのに。価格が一番の選択理由ではあるのですが、素直にカッコ良いと思えた。5千回転以下では使い物にならず1万回転しか回らない、いかにも2ストらしいパワーバンドの狭さも面白かった。
改造する気は全くなかったのですが、あまりのステアリングの落ち着きの無さにNHKステアリングダンパーを装着。これで普通に乗れるレベルになりました。ミラーはナポレオンですね。アルバムから。


が、転倒によりサイレンサーが壊れ、どうせならとSP忠雄のチャンバーに交換。これが失敗でねぇ、音は音量規制対応でそこまでやかましくも無く、音質も2ストパラレルらしく、重量も軽くて良かったのですが、バンク角が浅くて浅くて走れたものじゃなかった。平坦な交差点を曲がる程度なら何とかなるが、下り坂から曲がって平坦になる逆バンク的な状況だとそっこーで膨張室が擦ってしまうしへこんでしまった。擦らないようにと取り付けを奥にやると、今度はスイングアームに当たってしまう。普通に乗るのがメインだから我慢できたが、走り屋だったら我慢できないだろうが、このマフラーはストリート仕様なので選ばないか。とにかく、あまりに擦るので、耐熱ブラックで塗装し、擦って禿げるたび塗るを繰り返しました。使い回し画像から。



通勤途中でプラグが終わってしまい、1気筒で走ったのはしんどかったですね。帰りに近くの用品やでプラグを買って交換して帰りました。この年代(80年~00年代)はバイク用品屋もカー用品やも多くあって良かったですね。

何年ぐらい乗りましたかねぇ。多分4年ぐらいでフロントフォークからオイル漏れをし、それを気に乗り換えたような…修理してもうしばらく乗ったような…
わりと最近街中で見かけ、頑張っているなぁ~と感心しました。
Posted at 2017/06/24 18:15:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 単車 | 日記
2017年06月23日 イイね!

4L。

4L。本当に4リットル入りましたね。ウォッシャー液。

スーパーレインX・GTを追加購入したので入れてみたところ、無くなったところで給水音が変化しほぼ満タンになったようです。警告灯が点いてすぐに給水すると、ギリギリで4リットル入りそうです。

ウォッシャー液にレインXを選んだのは、フッ素系はボディへのダメージが少なく、白いシミが付きにくいらしいからです。実際、ガラコやその他のメーカーを入れていたデミオは、ワイパーアームや付け根のカバー部分は白くなって取れなくなっていました。ポロは今のところそう言った感じにはなっていません。ただ、撥水能力はシリコン系の方が良いらしく、確かにレインXは走行風で水滴が流れる程では無いですね。まぁ、それでも何もしていない時に比べればかなりマシです。

スーパーレインXとスーパーレインX・GTの差ですが、正直分かりません。耐久性アップがウリのようなので(撥水の)見た目の違いは無いのかもしれません。
Posted at 2017/06/24 02:41:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポロ | クルマ
2017年06月22日 イイね!

思い出のバイク -3-

今回はセカンドバイクである原付編。と、いかせてもらうのですが、画像が無いんですよねぇ。仕方ないので、無断拝借でいかさせてもらいます。後、長文です。

子供の頃からバイクに乗ることを決めていたので、誕生日に原付免許を取りに行きました。なので、誕生月日と免許の発行月日が同じです。そして、すぐに買ったのがホンダのMBX50。色もこのままです。

中型免許を取るまでの繋ぎだったので中古で購入しましたが、ものすごく程度が良いのに安かったんですよね。中型免許を取ったら友人に売りました。さて、何故安かったかと言うと、原付の60Km/h規制対応で7.2psから5.6psにパワーダウンしたモデルだったんですねぇ。後から知りました。当時はスピードリミッターなんてものが無かったので、パワーと最高回転数を落として対応した為、ちょー不人気モデルになったようです。ちなみに、我が家にはスズキのRG50Eがあり、これが80km/hオーバー、初代ジョグも70km/hオーバーで走行できました。
原付を処分してすぐに実感したのが不便と言う事。当時は本屋によく行っていたのですが、その為にデカいバイクを出すのも面倒だし、ちょっとした荷物もリュックを背負う事になります。そんなわけで、通学(50ccのみ許可制)と買い物用にスズキのセピアを購入。色は同じのが見つからなかった。黒でシート下がシルバーだったと思うのですが。

深めのメットインで実用的でしたが、確かメットイン部分の外装が鉄で出来ていたので重かったですね。リヤショックを2cm(だったかな)ロングに交換していましたが、それでもバンク角が浅かった。後にスポーツモデルが出ました。ちなみに、CMキャラクターが井森美幸で、この為の歌もありましたね。

しかし、原付の制限速度は30km/h。すぐに捕まりましたねぇ。道路の制限速度で走って捕まるとはたまったもんじゃない!と、すぐに小型に乗り換えることにしました。セピアは結構、気に入ってはいたのですけど。
そして購入したのがヤマハのジョグ・スポーツ80。正直カッコいいとは言い難いが、小型で安いスクーターとなると50ccベースの排気量アップモデルしかないのですよ。色もこのままです。本当はチャンプ80の方がよかったのだが。

フロントが軽いのですぐにウイリーします。そのくせリア荷重でないと曲がらないので、ギャップに乗ると結構怖かった。ちなみに、これも学校に乗って行って盗難にあい、次に買ったジョグスポ90も会社で盗難にあいました。さらに言うと、全て同じ地区。

次に買ったのがホンダのNSR80。これは中古で購入しました。
ミニバイクはおもちゃとしては良いのですが、小さ過ぎるので実用的では無いですね。視界も低いし、車からも発見されにくい。今でもグロムをはじめミニバイクがありますが、個人的にはおすすめしないですね。

自身が所有するスクーターとしては最後になったのがホンダのリード90です。これは一番気に入っていたかもしれません。所有期間もスクーターでは一番長かったはず。スポーツ系では無いので仕方ないのですが、倒すとセンタースタンドが豪快に接触し、時々タイヤが浮いてすっ飛ぶ。重いので出だしの加速が悪い。最高速は100Km/hちょっとで、乗り心地は良かったですね。これもリヤサスを交換していましたが、ロング化はしなかった。と言うか、長いサイズが無かったような。加速の悪さはウエイトローラーを抜いて対応しました。


父親のお下がりのヤマハ・マジェスティ。

やっぱり排気量があると楽でしたね。実際は重いのに、走りの質は軽い感じでした。リードの方がシッカリどっしりした走りで質は高かったように思います。

最後に、所有時期を忘れる程の存在感のベルーガ80です。購入当時でも結構古かったと思います。70km/hぐらいは出たと思います。ブレーキをかけるとフロントサスが突っ張るシステムが非常に変でした。


原付ではこんな所だと思うのですが、記憶があいまいでどこまであっているのやら。所有していた順番も微妙に違うような気がします。
Posted at 2017/06/24 03:09:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 単車 | 日記

プロフィール

「取り敢えず・・・ http://cvw.jp/b/127393/42201760/
何シテル?   11/19 10:21
球脊髄性筋萎縮症のため、いつまで車の運転を出来るのかわからない中、カーライフを送っています。自分で車を弄れなくなる歯がゆさを感じていますが、それでも身体の動くう...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
ポロTSIハイライン・バイキセノンパッケージらしい。中古で購入。走行距離は11000Km ...
KTM 250DUKE KTM 250DUKE
軽い車重、充分なパワー、乗って楽しいバイクではないかと思わせられます。 日本車にありがち ...
ホンダ ホーネット250 ホンダ ホーネット250
お気に入りのアングル。ホーネット言えば、やっぱり2本出しマフラー!もともとは単車乗りなの ...
その他 その他 その他 その他
父親のお下がりです。ビッグスクーターの火付け役をした初期モデルです。しかし、ホンダがスペ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.