• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年06月09日

【スバル遍歴】スバル乗り前夜編

【スバル遍歴】スバル乗り前夜編 1999年6月某日、自分にとって3台目の愛車であり、そして生まれて初めてのスバル車であるレガシィB4 RSK(BE5A)が納車されました。
それから紆余曲折はありましたが、スバル車一途を通しまして、今年で何と20年になります!

飽きもせず、よくここままで続いたなというのが率直な感想ですが、20周年の節目ということで、愛車遍歴もといスバル遍歴で今まで乗ってきたスバル車を振り返ってみようと思います。

記念すべき第1回目はスバル遍歴前夜編ということで、スバル好きになったきっかけです。

このクルマからスバルが気になるようになりました。



レガシィ前夜(レオーネ、アルシオーネ)のスバル車はすいません、当時は全然刺さりませんでした。
街中で見かけるスバル車といえば、レックスやサンバーといった軽ばかり。
なので、80年代までのスバル=軽自動車といったイメージが強かったです。

それが平成元年登場のレガシィ以降は、ディーラーの数も増えて、徐々に見かけるようになりました。

カタログですが、高校生の頃、たしか2代目(BG)が出る直前に自転車で貰いに行ったものです。
店舗は建て替えで移動しましたが、このカタログを貰った営業所から26年後にレヴォーグを買ったのは何か運命みたいなものを感じます(笑)



ドルフィンディーラーが懐かしいです。
このイルカのロゴは最近は使っていないのですかねぇ・・・



90年代のスバルといえば、イメージキャラクターに外タレを起用し、第一号がブルースウィルスでした。
まだ頭髪がしっかり残っています(^_^;)



レオーネ臭が何となく残っているセダン(BC)よりも、商用車(ライトバン)を持たないワゴン専用設計のツーリングワゴンの方に強く惹かれました。
ダークレッドマイカがとても映えています。ルーフレールを世に知らしめたのもレガシィの功績ではないでしょうか。
このルーフレールは経年劣化で艶が無くなり、みすぼらしい姿になっていくのですが・・・



フルタイム四駆ターボのワゴンの象徴である"GT"、この2トーンも良いですが、ブルー(インディゴブルー)のイメージが強かったです。
逆に白や黒は、あまり見なかったような気がします。
当時オプションだったABSを付けると、リアガラスにもれなくステッカーが付いてきます(笑)



NA系のトップグレードである"VZ"。
スバルのお家芸であるエアサスがオプションで選べました。
掃除が大変そうな14インチのアルミホイールは、後の3代目レガシィ(BH)で復活します。



"ブライトン"は2代目(BG)の時に、一気に人気グレードへと駆け上がります。
90年代前半はダークグリーンのクルマをよく見かけました。



レオーネの残り香を感じる廉価グレード。
1.8リッターの設定が時代を感じます。



モデル末期の特別仕様車の一つである"VZtypeR"。
セダンのスポーツグレードであるRSの足回りを移植して、ハンドリングやスポーツ性能を訴求したモデルですが、何故かNAのみの展開でした。
こういうところが良くも悪くもスバルらしいです。

このVZtypeRですが、当時高校の国語の先生が購入しまして、「先生、レガシィ買ったのですか?」なんて聞くと、「何で知ってるの?」と照れながら答えていました。トヨタのカルディナと迷ったそうですが、こうやって人に自慢できる選択は間違っていなかったのかもしれません。
KENWOODのオーディオにオプションでCDチェンジャーを付けて、青春時代のチューリップを聴いているなんて話をしていました。
もう一人、アルシオーネSVXに乗っている国語の先生もいて、好き者が揃った学校でした(笑)

レガシィに始まり、アルシオーネSVX、VIVIO、インプレッサと90年代初頭のスバルは、他の国産車とは違った独特な雰囲気を放っていました。
そこにどんどん魅了され、免許取得年齢が近づくにつれ、スバルを凄く意識するようになります。



1993年、高校2年の時の東京モーターショーです。
幕張に移ってから3回目だったと思いますが、R33スカイラインGT-Rのプロトモデルがこのモーターショーでお披露目になるということで、ずいぶんと賑わっていたのを覚えております。
このモーターショーのタイミングで、レガシィが2代目のBG/BDにモデルチェンジ。GT-Rよりもレガシィ見たさに訪れたのか、それともGT-Rが人だかりで近寄れなかったのか、残っている写真はスバルばかりでした。
インプレッサのワゴンにWRXが追加(GF8B)。レヴォーグの先祖的なクルマですね。



トップグレードのGT/B-spec(BG5)。"B"はビルシュタインではなく、ホイール(BBS製)の方かもしれません。ビルシュタインが採用されるのは、これから2年半後のB型になってからであります。



セダン(ツーリングワゴンに対して、ツーリングスポーツなんて呼んでいましたが)のトップグレードRS(BD5)。ホイールは同じ16インチですが、こちらはBBS製ではありません。



90年代のスバルといえば、WRCとは切っても切れません。
この年の途中レガシィからインプレッサWRXにシフトし、フィンランドの1000湖ラリーより投入されました。デビュー戦を2位で飾り、以後破竹の勢いで快進撃を遂げます。
ちょうど1000湖ラリーに参戦したWRXが展示されていました。



スバリストが希望ナンバーで「555」を選ぶ所以はここからです。
写っていないですが、隣はインプレッサに入れ替わって引退したレガシィのGr.Aカーが展示されていました。



翌1994年の東京オートサロンより。
今は無き、晴海の国際展示場での開催でした。
サファリラリーに参戦したVIVIO RX-R(KK4)です。
VIVIO3台でサファリラリーに参戦。3台中1台のみの完走でしたが(総合12位)、まさかサファリを軽で戦うなど、スバル(STI?)にはびっくりしました。
初日でリタイヤしてしまいましたが、コリン・マクレーもこのVIVIOをドライブしております。

スバルへの思いは強くなる一方、スバルと同じぐらい、いやそれ以上好きだったのが日産でした。身内の事情で日産車しか選択できなかったということもあり、最初のマイカーは日産車からの選択となりました。

それでもスバル車に乗る機会はそこそこありまして、初めてハンドルを握ったのは、レガシィやインプレッサではなく、何とこれ!(^^)!



当時で既に10年以上前のクルマで、なかなかのスパルタンぶりでした。
4輪ドラムのブレーキはヤバいぐらい効かず、軽とはいえども重ステはしんどかった。
2気筒の550ccのエンジンは30馬力ぐらいでしょうか。とても非力で、上りでは60Km以上出なかったです。
リアガラスには熱線が付いてなく、エアコンも無かったので、すぐ窓が曇ってしまって厄介なクルマでした。
それでも4速MTはダイレクト感があって、クルマというよりもバイクに乗っている感覚で、妙に楽しかったです。

次に乗ったのが、高校の同級生Y君の親が買った当時最新のレガシィ(BG5)。レックスとは雲泥の差です。
最量販グレードの"ブライトン"でした。
ABS、TCS、デュアルエアバックと安全装備てんこ盛り。2リッターNA(SOHC)はたしか130馬力ぐらいしかなく、正直必要にして十分といった感じでしたが、それでも5ナンバーサイズのクルマにしてはしっかりしており、質感や剛性感はうちのオヤジが乗っていたC34ローレル(2.5メダリストV)と遜色ありませんでした。
中級グレードのブライトンとはいえ、これはなかなかの衝撃で、身をもってスバルの実力を知るきっかけとなったのでした。



大好きだった日産も90年代中盤から迷走が一気に進み、結果としてゴーンさんの登場となるわけですが、日産の衰退と合わせて自分も気持ちが離れていきます。
そして、スバルへの憧れはより一層強くなるのですが、前述の通り、身内の事情で日産車しか選択できず、尤も学生の身分ではレガシィもインプレッサWRXも高嶺の花。
実車が買えない代わりに、ゲーム(グランツーリスモ)でスバル車を買い漁るのでした。



たしか就職活動で都内を歩き回っていた時、立ち寄った西新宿のスバルビルのショールームで貰ったカタログです。
BGではなく、BDというのがマイナー志向の自分っぽい(笑)

ピュアホワイト(51E)のRS、まさにグランツーリスモでの愛車でした。
実車を手に入れることはありませんでしたが、今でも欲しい1台です。



この頃はKENWOOD推しでした。この後はMacintosh、Harman/Kardonと変遷していきます。



カシミヤイエローのRS、後に欲しくて探すことになります。
今思えば、もっと気合を入れて探せば、見つかったかもしれません。



20歳ころの写真です。
前述のY君とは別の同級生F君が、先行予約で購入したフォレスター(SF5)です。
スバルディーラーに就職が決まり、ちょうどその頃スバルから新車が出るというので買ったのがこのフォレスターでした。
ずいぶんと汚れていますが、まだ納車から数週間、慣らしで訪れた長野の林道での1枚。
グレードはS/tbで、ミッションはMT。その加速性能にはぶったまげて、自分もいつかはターボ車を買うぞと、誓ったのでした。
79馬力しかないマーチに乗っていた自分には、フォレスターとはいえども、刺激が強かったのかも(笑)

そのフォレスターですが、僅か半年ほどでお役御免となり、次は王道レガシィに買い替えます。
17インチタイヤ+ビルシュタインダンパーのGT-Bを買うと思いきや、彼が選んだのは250TというNA 2500ccの渋いグレードでした。



このレガシィにもちょっとした思い出があります。
たしか1998年の1月頃だったか、関東が大雪に見舞われることがありました。
今でこそスタッドレスを履いていますが、あの頃は自分のクルマでスキーへ出かけることはあまり無く、スタッドレスは勿論のこと、チェーンも持っていませんでした。
生意気にも通学にクルマを使ってまして、八王子から横浜での帰り道で、雨が次第に雪へと変わり、家まで10キロぐらいのところで道に積もり始めてきました。
何とか家までたどり着いたものの、借りていた月極駐車場の入口でスタックし、二進も三進も行かなくなり、PHS(懐かしいですね)でF君に助けを求めます。

スタッドレスを履いたレガシィは、水を得た魚の如く、スタックしているクルマを横目にスイスイと走る姿に、またまたヤラれてしまうことに。
雪道=四駆=スバルという構図がまさに出来上がった瞬間で、この経験から1年半後に念願のスバル車がやって来るのでした。

90年代のスバル車は人気が出てきたとはいえ、まだ一般的とは言えず、マニアックな部分がクルマ好きの琴線に触れたのかもしれません。
あの頃はガソリンが安く、燃費についてあまり気にしなかったというのも、スバル選択の後押しになりました。
スバル車が並の燃費性能を手に入れるのは、2000年代以降の話であり、リッター5~6Kmというのは当たり前。ターボだけではなく、NAでも似たような数値でした。

さて、次からいよいよ5台の愛車遍歴を綴っていこうと思います。
ブログ一覧 | 思い出のクルマ達 | クルマ
Posted at 2019/06/09 22:41:19

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

さらば、EJ20エンジン。
ばっしぃ。さん

不易流行
ぐっさん@VM4Eさん

SUBARU IMPREZA WR ...
他力本願さん

【富士重からSUBARUへ】
ディーゼルオート店さん

春風のゆるふわ
しーたろさんさん

STIバージョンが出る事は今後ない ...
ウッkeyさん

この記事へのコメント

2019/06/09 23:39:31
こんばんは~(^o^)丿
初代BFレガシィ、懐かしいですね~♪
このカタログはD型、後期型のC型でGT系のアルミホイールがディッシュデザインに変更したのに、D型では前期型のホイールに逆戻りでした。

当時、GTでABSとLSDのセットオプション、オマケでクルーズコントロールが付いていたし、白以外は全部濃色車ばかりで小傷の目立ちやすいダークレッドマイカです。
ここから私のスバリストが始まりました。
貴重な記録公開ありがとうございました!
コメントへの返答
2019/06/10 21:51:20
コメントありがとうございます。
新しい相棒はいかがですか?
そう、D型で15インチは前期のデザインに戻りましたね。ディッシュの方は、ブライトン220専用になりました。

ダークレッドマイカのGT、まさに↑に載せたカタログの見開きのヤツですね。ノンエアバッグのMOMOの4本スポークがGTの証で、改めてカタログを見直すと、今のレヴォーグに繋がるものが色々見つかりました。

BF/BCは耐久性に難ありで、後のBGやBHと比べて、現存率が少ないので、いつの間にか希少車になってしまいましたねぇ・・・
2019/06/09 23:39:43
どうも!

とても面白く拝見させていただきました。

自分はレオーネ、アルシオーネの頃から
スバルが好きな変わり者でしたよ。(^-^;

高校2年の時、雑誌(確かドライバー誌)で
スクープされたスバルの新型車(後のレガシィ)の
記事を読みその一新されるエンジン、
更にスペックを見て授業中一人で
興奮してたのを思いだしました。(^-^;

レガシィ発表の日、学校の帰りに途中下車して
スバルディーラーに寄りカタログを
自宅に届けてもらう事になりました。
そしてRSを買ったのが
就職も決まったその年の9月。
高校卒業前に自宅車庫にはRSがあり
バイトの無い日は密かに乗っていました。(^-^;

93年のモーターショーは納車されたばかりの
黒のWRXワゴンで行きましたよ。

あの時は新型レガシィのデビューや
ニュージーランドで初優勝したGr・Aレガシィに
インプレッサ555の展示など
スバルブースは活気に溢れていましたね。

次編も期待しております。(^.^)

コメントへの返答
2019/06/10 22:15:03
こんばんは~
コメントどうもありがとうございます。

20周年記念ということで、書き始めてみましたが、いきなり最初から書きたいことがとっ散らかって大変でした(笑)

レオーネ、アルシオーネとなると、すがピーさんは生粋のスバリストですね。
小学生の頃、3代目レオーネ(AA)の1.6STに乗せてもらったことがあるのですが、不思議な排気音のセダンぐらいしか記憶がなく、レオーネに興味を持ち始めるのは、レガシィを知ってからでした。

それにしても、最初の愛車がBC5とは羨ましいです!(^^)!
10万キロ記録を取材したのを、当時NHKの朝のニュースで見たのを覚えております。
でも、あの頃はギャランVR-4の方が好きでした(笑)

レオーネのOHC、OHVがいきなり16VのDOHC、それもターボになって、今思えばずいぶんと気合に入った新型車だったと思いますが、レガシィがこけていたら今のスバルは無かったかもしれませんね。何せ世間がバブルで浮かれている時に、会社が潰れそうだったのは自動車メーカーではスバルぐらいだけだったのではないでしょうか。
当時のスバルは、日産車の受託生産をしていたなど、知っている人は殆どいないかもしれません。

ワゴンWRX(GF8)ですが、学生時代のバイト先の先輩が親に買わせて乗り回していました。
GC8がB型のみしかATの設定がありませんでしたが、GFの方はずっとありましたね。先輩のGF8もATでした。

次はいよいよ買ったクルマが出てきます。ついこの間のようで、もう20年も前の出来事です・・・
2019/06/10 06:40:21
楽しく読ませていただきました。
私はSF5ファレスターからスバルにハマりまして年代的に近く当時同じような事を考えていたのでより親近感ありました。

ちなみに神奈川スバルの「ドルフィンディーラー」はまだ?健在なようですよ。うちの車にステッカーが貼られて納車されましたから。
もう4年前の話ですが(^^;
コメントへの返答
2019/06/10 22:22:58
こんばんは~
コメントどうもありがとうございます。
日産車しか知らなかった自分には、スバルのあの独特な雰囲気が刺激的でした。
とはいえ、パワーウィンドウスイッチやドアミラーのボタンは日産と共通でしたが(笑)

今のマツダみたいにあの頃は勢いづいていましたね。ディーラーも今と違って、マニアックな雰囲気があって楽しかったです。

ドルフィンディーラー、まだ健在でしたか!
最初にレガシィを買った時は、ドルフィンディーラーのキーホルダーを貰いました。
2019/06/10 07:42:16
新車大当たり年と言われる89年組の中でも初代レガシィ誕生のインパクトは大きかったですね。日産党の親父がA型VZに乗り替えてまだワタシは高校生でハンドルを握れなかったけどもわかる程の走りの質感の違いに驚いたものです。
それがきっかけでスバル沼にハマり気が付けば他社の候補はあったものの眼中に無かったアルシオーネでデビューしてHNにするほどですからわからんものです(笑)

コメントへの返答
2019/06/10 23:09:05
コメントどうもありがとうございます。
1989年、そうか、レガシィは今年で30歳なんですね。
EJ20は30年も作り続けるとは(笑)
30周年をもっと大々的に祝ってあげれば良いのですが、スバルの国内営業は、かつての立役者に対して本当冷たいなぁ・・・

スバル沼、なかなか抜け出せませんが、アルシオーネやもっといえばSVXみたいなクルマがまた出てくると良いのですが、まあ無いだろうなぁ・・・
2019/06/10 08:16:52
凄い連載キタ━━(゚∀゚)━━!!
それにしても当時の写真や記憶がめっちゃ残っていて感心するですよ。
飲み会で怒涛の知識が溢れるのも納得です。
この先も楽しみなんですが、完結したら番外日産編もお願いします!
コメントへの返答
2019/06/10 23:14:58
日産編を始めたら、1年ぐらいはネタに困らなさそうです(笑)
R31スカイラインだけでも10回以上は書けそうな気が(*^^)v

20年を迎えるにあたって、何か書き残しておこうとずっと考えていたのですが、いざ書き始めると、思いが強すぎてまとまりません(-_-;)
次からいよいよ本編に入るのですが、どうなることやら・・・
2019/06/10 16:32:41
ぐっさんのクルマとの関わりがわかり興味深いです。
私とスバルの関わりは、、、

若い頃や、社会人になってからスバルなんて興味も関心もなかったです。
ところが、振り返ってみると、結構関わっているのですよ。

まず、大学生の頃、杉並の浜田山に住んでいて、そこのスバルディーラーにアルシオーネが飾ってあって、あっ、これはカッコいいクルマだなと思ったこと。

社会人になって、すぐに学生時代の先輩が初代レガシィツーリングワゴンを買って、山中湖の別荘にみんなでテニスに行くのに、運転させてもらいました。
見た目は、商用のバンみたいで、特に興味もなかったのですが、クルマを操作してみて走りが良いので驚いた記憶があります。
その頃のレガシィは売れに売れていて、先輩は弟の会社のコネを使ってやっと買えたと言っていたのを思い出しました。
グレードは1.8Lのマニュアル車でした。

そして会社に後輩が入ってくると、そいつがラリーをやっていて、インプレッサのことSTIを熱く語り、近くのスバルビル(勤務地が新宿センタービルだったため)に昼休みになると連れて行かれました。

だから、最初にB4 tuned by STIを選択する時には違和感がなく、迷うことはありませんでした。

こんな風に徐々に感化されて、記憶に刷り込まれていったのですね。

後半を楽しみにしています。(引っ張らないよね。)
コメントへの返答
2019/06/10 23:47:20
コメントどうもありがとうございます。

スバルは基本的には好き者が買うクルマで、トヨタ、日産、ホンダが王道でしたね。
同じワゴンでも、お洒落度はレガシィよりもアコードの方が上でしたし。
とはいえ、akさんもBFの頃からスバル車に振れていたとは、ある意味運命だったのかもしれませんね(笑)
レガシィ=ターボのGT系に目が行ってしまいますが、NA系もハンドリングはしっかりしていて、安っぽさがないのがスバルの良さだと思います。

後輩は例の方ですね(*^^)v
身近に濃いスバリストがいましたら、影響を受けるのは必須で、感化されたのはなるほどだと思いました。

浜田山のディーラーですが、A型のレヴォーグはここで買いました。懇意にしていた営業さんが新社屋のできる直前に恵比寿から浜田山へ異動となり、一緒にくっついていきましたが、遠さに負けてしまいました・・・

皆さんの愛車遍歴って結構興味がありまして、どういうクルマを経由してスバル車にたどり着いたかを聞くのが楽しかったりします。

きちんと数えたわけではないですが、レヴォーグに関しては初スバルの方が多いような気がします。

過去の愛車を聞くと、スバルに限らず、走り系のクルマに乗っていた方が多く、なるほどなぁと感心するのでした。

後半はなるべく一気に書くようにしますが、思い出が色々とあり過ぎて、既に書くことがまとまらない気がしてなりません(-_-;)
2019/06/10 21:24:47
このころの車ってなんか夢がありましたよね。
レガシィの前にインパクトがあったのが、元祖のギャランVR-4でした。205馬力にトルク30kg/m、何でもありのイケイケな車でしたね。ATの教習車がこれの1.8ビエントでした。
デカいメーターに広々とした室内と見通しの良いボディでいい車でしたよ。
その車の馬力をあっさり抜いたのがBCのRSでしたっけ?
220馬力にはビックリでしたが、ワゴンにも200馬力ってすごいなあと思ってました。
貧乏学生でしたのでもちろん手は出ず、のちに友人がワインカラーのVZを買いましたが、燃費は5~6km程度と聞いて、ワタシには縁がないなあと思ってたんですがねえ、その時は。(^-^;
コメントへの返答
2019/06/10 23:56:32
ターボでもリッター100馬力が一つの目安でしたね。
E39Aのギャランは、当時大好物でした(笑)
石原プロのドラマで渡哲也がシルバーのVR-4に乗っていたのがカッコ良かったです。
弟分のミラージュ、ランサーといい、あの頃の三菱も好きでしたよ。次のV6の3ナンバーになってからギャラン熱は一気に覚めましたが・・・

スバル車の燃費が人並みになったのはBP/BL以降ですね。それまでは、どのグレードを買ってもリッター5~6キロ。
ミッションが他社に比べると遅れていたというのもありますが、燃費は残念でしたねぇ・・・
尤もハイオクでもリッター105円ぐらいの時代ではありましたが。
2019/06/14 22:16:18
私の最初のスバル車のBH5A GT-Bの納車日1998年12月9日ですので、ぐっさんとは半年しか違わないんですね。

スバル車にを選んだ理由も似てる。
1998年1月・・・たぶん15日の大雪で松本は観測史上二番目の積雪量で半日で70cm位積もりまして出勤日でしたが16時に帰宅命令が出ました。
当時私はH社のセダンに乗っていましたが会社の駐車場の隣に停まっていたのがBG。
脱出するのに四苦八苦している私たちを尻目にそのBGは何の問題もなく駐車場を出て行きました。

その時の印象が強すぎて次は四駆のワゴンって決めました。

この時はスバルとか全然意識がなかったですがH社のセダンの車検を1999年7月に控えて1998年10月頃から乗換の検討に入りましたがやはり本命は5月にFMCしたBHになるのは必然でした。
だってレガシィっていうと競合させようとしたT社もM社も白旗でしたから。(笑)

あれから20年と半年。
ぐっさんとお友達になって14年。
月日が経つのは早いですね。(^-^;

これからもよろしくお願いします。
コメントへの返答
2019/06/15 19:28:34
5月登録の在庫車でしたので、6月早々納車で、納車日はたしか6月の最初の土曜日だった気がします。
納車費用を削るのを忘れて、家まで届けてくれました(笑)
届くまでが待ち遠しかったです。

購入までの経緯はこれから書きますが、レガシィに決めるまで色々と迷ったものの、既に心の中では決まっていたような気がしています。自分の選択を後押しするために、他車と比較をしていたような。まあ、迷惑な話ですが(-_-;)

大雪はもしかしたら同じ日かもしれませんね。あの時友達が乗っていたBG9(250T)は、雪の中ではどのクルマよりも輝いていました。
別の友達でステージアに乗っていたのもいたのですが、これも雪の日は強かったです。

20年も飽きずに乗り続けたなというのが率直な感想ですが、次はないなと思いつつも、またスバルを買ってそうな自分がいたりと(笑)
BHの頃と比べると、正直わくわく感みたいなものはだいぶ無くなってきましたが、それでもやっぱりスバルがNO.1なんでしょうねぇ・・・

こちらこそ、これからも引き続き、宜しくお願いいたします。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「愛車と出会って1年! http://cvw.jp/b/127580/43865835/
何シテル?   04/04 12:56
1999年5月、スバルオート横浜(現神奈川スバル)金沢営業所でレガシィB4 RSKを契約。 何度も他社に乗り換えようと思いましたが、結局はスバルに落ち着き...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

GUSH村 
カテゴリ:本家
2005/05/15 23:28:16
 

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
A型からE型へ レヴォーグ"おかわり"です♪
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
2014年7月5日契約。 2014年9月28日納車。 まさかこんなに早く買うことになる ...
日産 フーガ 日産 フーガ
実家のクルマです。 5年乗った先代フーガから車検のタイミングで買い替え。 今回は予算の関 ...
スバル エクシーガ スバル エクシーガ
生活環境の変化(結婚)により買い替えを余儀なくされ、インプレッサWRX(GDAF)から買 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.