• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2020年03月26日

あたたかな魂

あたたかな魂 RからVに変わって20年近く。
未だに賛否両論がありますが、う~ん、400Rには惹かれます。
日産はこうでなければいけませんね(笑)
3リッターターボ、3.5リッターハイブリッド共に高すぎるので、日産製の2リッターターボを積んだ「RS」なんてグレードが廉価版で用意されると嬉しいのですが・・・

まあ、実車には手が届かないので、その代わりに恒例!?のミニカーを買ってきました。



下はトミカベースのトミカプレミアムのR31。F31レパードに代わって、ラインナップに加わりました。オリジナルのトミカの出来にも左右されますが、800円の割にはクオリティが高いと思います。
上はトミカリミテッドヴィンテージネオのR32。GT-Rではなく、基準車それも4ドアというところがマニアの心をくすぐります。



"セブンス"ことR31について語り出すと止まらなくなるので、また別の機会としますが、実車は1985年にデビュー。
当時大流行のGX71マークⅡ3兄弟に挑もうと、スカイラインもハイソカー路線へ舵を切りました。
当初は4ドアHT、4ドアセダンのみのラインナップでしたが、キャッチフレーズの"ソフトマシーン"路線は、往年のスカイラインファンには不評で、翌1986年5月に2ドアHTを追加。"その時、精悍"とうキャッチコピーを掲げて、従来のスポーティ路線へと戻りました。

1987年8月のマイナーチェンジ時に、全日本ツーリングカー選手権(Gr.A)参戦用のホモロゲーションモデルとして限定800台で登場したのが、このモデルとなった「GTS-R」です。


7thといえばフロントスポイラーが自動格納する"GTオートスポイラー"が有名でしたが、GTS-Rは固定式で、これも再現されています。



リアスポイラーはGTS-R専用形状。
実車もエンブレムはたしかステッカーでした。
マイナーチェンジ後のモデルは丸目4灯のテールライトをスモークのカバーが覆っています。
トランクが長く見えるのが、2ドアの特徴の一つ。
当時は4ドアHTの方が好みでしたが、妙に漢っぽいところが2ドアの魅力ですね。



元はトミカなので、ドアは開閉します。
ホイールはオプション設定のBBSです。

今から25年前の運転免許取得時の話ですが、日産関係者が身内におり、下取りに入ったR31のセダンを20万円で譲ってもらうという話がありました。
まだ教習所に通い始めたタイミングで、さすがに買うにはまだ早いだろうということで、もたもたしていたところ、他の人へと渡ってしまったのでした。
そして、自分のクルマとしては未だスカイラインには縁がありません。



続いてR32。
GT-Rでも、タイプMでもない、後期型で追加された2.5リッターのGTS25 Type X・Gです。
三菱ディアマンテに端を発した2500ブームに、スカイラインも乗っかるわけですが、自然吸気(NA)しかなかったということもあり、スポーツよりもグランドツーリングを訴求。当時はまだ珍しかった5速ATを採用したのもそういった背景があったからかもしれません。
尤も出来は、1速から2速の変速ショックが酷く、トラブルが多かったと聞いたことがありますが・・・



ボディカラーはTVCMと同じガングレー。
"あたたかな魂"よりも前期の"超感覚スカイライン"の方が良かったと思うのですが・・・
ソフトマシーン同様、こういったところにも日産の迷走ぶりが感じられます(^_^;)



S13、C33ローレル、A31セフィーロと共通の15インチのホイールもしっかり再現されています。
スカイラインはNA系は4穴、ターボ系は5穴で、次期型のR33でも同じでした。
フェンダーのGTエンブレムは6気筒の証です。



ディーラーオプションのリヤスポイラーが付いていますが、4ドアはスポイラー無しの方がしっくりきます。
ちょっと見辛いですが、リヤワイパーもガラスに書かれています。



モデルチェンジの振り幅の大きさが並べると伝わってきます。
スケールが違うのが残念です・・・
どちらが好みかというと甲乙つけ難いところではありますが、昔はR31、今はR32かな?



R33へのフルモデルチェンジ間際に貰ったカタログを久しぶりに引っ張り出してみました。
表紙もそうですが、後期型ではGTS25がカタログのメインになります。



GTS25シリーズは4ドアは2グレード、2ドアは1グレードの展開で、2ドアのみスポーツ系グレードでの設定でした。
2.5リッターはそれほど売れていたイメージはなく、ターボのType Mと2リッターNAが圧倒的に多かったような記憶です。



2.5リッターよりも更にレアだったのが、この"オーテックバージョン"
4ドア版GT-Rなのですが、エンジンはNAのRB26DE。
実車は10回も見たことがないかも。
だいぶ売れ残ったようで、オーテックの社用車になったという噂を聞いたことがあります。

ミニカーからスカイライン2世代を振り返ってみましたが、思いが強すぎてうまく書き上げることができませんでした(^^ゞ
スカイラインに限らず、80~90年代の日産車の話など飲み屋で始めてしまったら、ずっと止まらないかもしれません(笑)
ブログ一覧 | ミニカー | クルマ
Posted at 2020/03/26 23:51:37

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

2月27日(木)Toshi MTG ...
Toshi80さん

3月24日(火)Toshi MTG ...
Toshi80さん

1月29日(水)Toshi MTG ...
Toshi80さん

11月26日(火)Toshi MT ...
Toshi80さん

11月5日(火)Toshi MTG ...
Toshi80さん

9月26日(木)Toshi MTG ...
Toshi80さん

この記事へのコメント

2020/03/27 00:04:32
どうも!

スカイラインですか!
R31もR32も当時は人気が
ありましたよね。
あの頃は日産は元気でした。

スカイライン・ローレル・セフィーロの
3台は美味く作り分けされてました。

ミニカーや当時のカタログを
見ながらあの頃を思いだす。

いい時間ですね。(^_^)

ライブ、今回は外れたようです。(T_T)
コメントへの返答
2020/03/28 21:55:40
こんばんは~。

我が家も外れてしまいました(T_T)
まあ、延期の可能性が極めて高いですが・・・
行ってみたかったです。。。

>スカイライン・ローレル・セフィーロ

これにマキシマを加えて、「シンフォニーL作戦」と称して81マークⅡ3兄弟に挑んだのですが、ローレルは善戦したものの、牙城を崩すことはできませんでした。
当時GX71チェイサーに乗っていたうちのオヤジにセフィーロを勧めたのですが、全然響かなかったです(^_^;)

決して懐古趣味というわけではないですが、ミニカーは最新の車種よりも80年代~90年代のクルマばかりを買ってしまいます。
次(再来月)はBFかなぁ。
2020/03/27 00:08:30
こんばんは!
ドツボ世代の私としては、R32はクローズアップされることが多く大好きなのですが、R31も今となっては素敵だなぁと再認識させられます。
どちらも街中で見かけることが少なくなってしまったのは残念ですが…
そういえば、今年の箱根駅伝の時に神奈川県警が所有するR33の4ドアGT-Rを久しぶりに見かけました。
最近のパトカーにはないバグガードが付いていて、状態もとてもきれいでした。
今ではイベント用なのだと思いますが、良い状態で残ってほしいものです。
コメントへの返答
2020/03/28 22:12:02
こんばんは~
R32ももうデビューから30年。
GT-Rはまだ見かけますが、基準車の方は一気に消えてしまいましたねぇ・・・
R31はちょっとした旧車の域に入ってしまった感があります。
R31は大不評であった前期型の4ドアHT GT PASAGEが大好物であります(笑)
特にワインレッド内装など、まるでGX71、カセットテープチェンジャーなんて日産らしいです。

R33の4ドアGT-R、オーテックバージョンですね。
ステージアの260RSもそうですが、オーテック仕様には憧れました。あの覆面ももう20年選手。まだまだ使うのでしょうか・・・
パレード用の430セドリックの屋根なしもまだ現役ですからねぇ(笑)
2020/03/27 02:17:34
ぐっさん、ご無沙汰です(^。^)

いやー懐かしいですね、この時代のスカイライン!

そして、私が学生時代に高嶺の花で買えなかった日産の車だらけ(*^^*)
あの頃の日産は若者向けの車を沢山作ってて好きだったんですが(>_<)
コメントへの返答
2020/03/28 22:16:33
どうもご無沙汰しております。

R32なんて、ついこの間まで現役だったのですがねぇ。
もう30年選手になるとは・・・

R32、S13と90年代の大人気車でしたね。当時(今もそうですが)変わり種の好きだった自分はパルサーGTI-Rに惹かれていました(笑)
2020/03/27 07:27:11
幼い頃からの車好きですが
80〜90年代のスカイラインもとい日産車はそんなに縁がなかったですが好きな車も多くて今でも乗りたいと思いますね。
箱根駅伝で未だ現役を確認した33GTRのセダンのパトカーを見てやっぱりカッコ良いと思ったり、Y31セドリックのグランツーリスモとか。
スバルに出会っていなければそっちに行ったでしょう(笑)
最近そんな日産車の、ミニカーも色々出て来てますね。良いなと思いつつ手を付けずに指をくわえている感じ
ですが(^^;;

400R、2度ほど見かけましたが何かバカだなぁ(褒め言葉)と思いましたが昔は日産も三菱辺りもよくやってましたね〜そういうバカだなぁを(笑)
で、売れないと。

今の日産、他のメーカーも似たり寄ったりですが今は当時と比べると寂しいですね。
コメントへの返答
2020/03/28 22:33:31
こんばんは~
スバルもかつては日産グループで、旧プリンスのルーツは中島飛行機とスバルと日産は近いものを感じることがありました。
BH(前期)ぐらいまでは、日産と共通部品が多かったような。

Y31グランツーリスモ、新車当時に同級生の親が乗っていて、当時とても羨ましかったです。
我が家のワインレッド内装のGX71チェイサーでは太刀打ちできませんでした。
あの頃は日産車=クルマ好きとうイメージが強かったです。

今度のレヴォーグは1800でも500万円近い車両価格になりそうなので、そう思うと設計年次はちょっと古いですが、400Rは意外とお買い得かもしれません。
たしかにバカっぽいですね(笑)

ルノーメガーヌスポールなんて、本当は日産から出すべきクルマだと思うのですが、残念ながら今の日産には期待できないのかも・・・
2020/03/27 10:10:09
ワタシのためにブログを書いてくれてありがとうございました(笑)
R31はとても愛着が有るクルマでしたよ。
納車3ヶ月でミッションからの異常振動で、ミッション載せ換えとかやらかしてくれましたが。
JATCO製?
トヨタのアイシン精機が羨ましかったです。
その当時は二百万円代で買えたのが夢のようです。
また日産トークをしましょうね。
アテーサ積んだブルーバードとかネタがまだありますので。
コメントへの返答
2020/03/28 22:41:17
いやいや、お読みいただき、どうもありがとうございます。
続きは飲み屋で(笑)
U12ブルーバード SSSアテーサですね。

R31のミッション、ATでしたらジャトコ製ですね。
うちのオヤジが乗っていたY33もそういえばAT載せ替えました(^_^;)

次期型レヴォーグよりも実は400Rの方が刺さっていたりします!(^^)!
FRの400馬力、このバカっぽさが気になります!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「愛車と出会って1年! http://cvw.jp/b/127580/43865835/
何シテル?   04/04 12:56
1999年5月、スバルオート横浜(現神奈川スバル)金沢営業所でレガシィB4 RSKを契約。 何度も他社に乗り換えようと思いましたが、結局はスバルに落ち着き...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

GUSH村 
カテゴリ:本家
2005/05/15 23:28:16
 

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
A型からE型へ レヴォーグ"おかわり"です♪
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
2014年7月5日契約。 2014年9月28日納車。 まさかこんなに早く買うことになる ...
日産 フーガ 日産 フーガ
実家のクルマです。 5年乗った先代フーガから車検のタイミングで買い替え。 今回は予算の関 ...
スバル エクシーガ スバル エクシーガ
生活環境の変化(結婚)により買い替えを余儀なくされ、インプレッサWRX(GDAF)から買 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.