• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

遊駿のブログ一覧

2017年04月22日 イイね!

大は小を兼ねる!のか?

大は小を兼ねる!のか?





今まで使っていた「1.5tアルミジャッキ」の揚程に
不満を感じていたので、十分な揚程でお手頃感のあった
プロ用3tジャッキを発注し、本日開梱してみました。

 
  でかっ   そして   おもっw
       





これであんな事やそんな事が楽に出来るなぁ・・・と






そしてさらに





エアーコンプレッサーを替えました




壱諭吉でホームセンターにて買った、激騒音低出力のCmpはお蔵入り

今度の奴はすげぇ静か・・・うんうん静かだ。




いろいろと楽しみ♪

Posted at 2017/04/22 20:15:13 | トラックバック(0) | 整備等 | 日記
2014年10月06日 イイね!

エアーゲージ

エアーゲージホームセンターにて¥980でした

ですが、圧力計をグレードアップ

してみました♪







ゲージだけで元の3倍位の金額(爆































JIS:日本工業規格
JQA:日本品質保証機構 認証品

















































レバーを強く握ってしまうと指針が振り切れます(爆
       「ジワっと握ってプシュっと減圧」 
GSの逝かれたチャージャーよりも、自宅で信頼エアチャージ♪満足できますです。
ぁぁあと数時間で暴風雨圏内だ・・・・今は静かです。

では、おやすみなさい^^




Posted at 2014/10/06 01:45:25 | 整備等 | 日記
2013年05月04日 イイね!

ECMの学習機能

ECMの学習機能納車されてから今まで
アクセル全閉からの極少踏み込み時の
追従性が気に入りませんでした。とっても(笑
社外のECMに換えれば済むことなんでしょうけど?

小さな穴の開いた真鍮製の部品の組み合わせとか
ノギスを使った調整とか、大好きだった人間ですので
なかなか受け付けることができません。

                 この前やってみたエンジン本体に
                 バッテリー直結アースを施した時に
                 アクセルフィールが凄くリニアな感じで
                 良くなった事があったんですけど
                 諸事情でwそれはお蔵入りさせました
                 スロットルポジションが良くない??
                 エアフロか?とか考えてみました・・・
                 要領書CDRを見ていたら簡単に出来ることが
                 
                  アクセル全閉の位置を学習させること
                 出荷前の調整できちんと出来て
    
                 いなければいけない筈ですが!

                 アライメントの事もあったことだし
                 再学習をさせることにしました。














まずアクセルペダル全閉位置の学習です
ここには2系統のセンサーが組み込まれているそうです
作業としましては
 アクセルペダルが全閉位置であることを確認する
 1、キースイッチをONにして 2秒以上待つ
 2、キースイッチをOFFにして 10秒以上待つ
これを3セットする。

その後にスロットル全閉位置の学習をさせます
 アクセルペダルが全閉位置であることを確認する
 1、キースイッチをONにする
 2、キースイッチをOFFにして 10秒以上待つ
  その間にスロットルが自動的に動くかどうか、作動音を聞いて確認する

仕上げは、アイドル吸入空気量を学習させます
 ↑↑↓↓select BBなゲームの裏技的な感じで(爆 

必要なのは、秒表示の出来る時計
自分はキッチンタイマーでやって、頭の中がこんがらがりましたw

詳しくは割愛させていただきます・・・。


結果として
アクセル全閉からほんの少しの開度に無反応の部分があって
気に入らなかったんですが、きちんと追従してくれるようになりました
もっと早くやっておけば良かったなと後悔しています。



   また一つ、君のことが好きになったよ♪
Posted at 2013/05/04 17:21:22 | 整備等 | 日記
2013年04月12日 イイね!

バッ直アース

バッ直アースエンジン本体とバッテリーマイナス端子を

直結してみました。俗に言うアーシングです

フィーリングは凄く良いです。







オルタネーターの発電量を制御している回路を
誤作動させているようです。































EGかけ始めは14V位の発電量ですが
しばらくすると13V位になるんですよね、このクルマ
ですが一旦、13Vに落ちてすぐに14Vになり、そこからずっと14V発電です。
この先何らかのトラブルが発生する悪寒が・・・
 かなり昔の話ですんません
ハコスカに付いていたオルタネーターが、発電電圧の上限を
ドライバーで調整できるタイプだったんです
上限を14Vに設定して、PIAAの競技用H4バルブ110Wを付けたんですよ・・・
一個ウン千円が一瞬でパァになった過去が蘇りましたw
バッテリ直結にして取り付けた3本のアース線を外して、試乗してみました
13V発電に戻りました。
常時1V多く発電しているってことは
バッテリーにもオルタネーターにも優しくないってことですよネ。
新しい車の「エンジンルーム内の電気系統はいぢるな!」
を、学習しました(爆

Z34のバッテリー直結エンジンアースは、やってはいけません!(と思いますw)

先程の(削除しました)ブログにイイネ頂いた方々、申し訳ありませんでした^^;;;;

マフラーアースはそのまんま付いています。(コレは良い)

Posted at 2013/04/12 01:39:51 | 整備等 | 日記
2012年06月30日 イイね!

光軸調整をするの巻

光軸調整をするの巻純正のヘッドライトって、暗い感じがしますよね?
足回りを換えて、車高を下げたりするとさらに暗いw
DIYで光軸を上げようと、いぢってみました。





タイヤとフェンダーアーチの隙間に指が入る位の下がり具合ならば
オートレベライザ調整はなしです,社外の調整ロッドやセンサ初期化はご無用で。

用意するもの:長軸(30cmあれば可)のプラスドライバー
         スクリーン(物置の壁、駐車場の塀で十分です)
         虫刺され対策w←コレ最重要!!












画像中心に見える ○ 判りますよね?その部分以外からの光線を遮断します











駐車場の壁とかダンボールとか何でもいいので、適当に照射板をつくる












調整する場所はココと此処

















もちこっと奥の画像
歯車のギザギザが見えますから、そこへプラスドライバー挿入w
上から見て時計周りに回すと、UPしてゆきます。






















まず納車された夜に感じた「暗いなぁ」から車高を下げてから感じた
「さらに暗いw遠くが真っ暗ww」で!光軸を上げようと思いいろいろ調べてみたら
ハイトセンサー初期化という問題にぶちあたり
「ディーラーでしか出来ないぢゃん」ということで、行ってきましたよ
足回りを換えてすぐに行ったから、4月後半くらいかな?
メカの人「初期化ですか?大丈夫ですよ^^やらなくても」
ぢぶん「へーーーぢゃぁ!光軸あげてくさい」
メカの人「車検用の調整位置ですけど、良いですか?」
ぢぶん「ヨイヨイw」
車検整備用の光軸にしてもらったのだけど・・・ぅn明るくなったwうんうん!
でもさ・・・女房の車のヘッドライトのほうが明るい感じなんだよねw

だもんで(何語ですかね?)今回の作業です。
 純正基準点よりも上向きにして、さらに対向車・歩行者への眩惑
 を十分に考慮しながらの「安全な夜間走行対策の施工」ですw
プラスドライバーをぐりんぐりんと5回転してみました
テスト走行&検証した結果、まだ上げられます。
が、このへんで止めておきましょう・・・。





Posted at 2012/06/30 19:46:04 | 整備等 | 日記

プロフィール

Fairlady Zが大好きです。                       
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

お友達

3 人のお友達がいます
ぽんストぽんスト only bluesonly blues
きらまこときらまこと

ファン

35 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
V-ST 7AT
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
240ZG 錆で床に穴空いてましたよ(笑
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
AC PWな快適仕様
その他 画像 その他 画像
適当にフォトギャラリーのみです。 クルマ写真はタブンないです(

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.