• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かわねこのブログ一覧

2012年03月19日 イイね!

山の麓

山の麓 かわねこは、岩手山を望む、盛岡で育ちました。

 盛岡というところ、主だったところを挙げても、西には岩手山、少し南に南昌山、早池峰山、北は姫神山と、どこを向いても山が見えるところです。

 そういう環境だったせいか、今に至るまで山が見えない場所に住むのはどうも落ち着きません。


 そんな子供の頃。当然いまのように移動手段も持たなければ、現在のようにネットで情報も入らない時代に、いつも山を見て思っていたことは「あの山の向こうの景色って、どんなだろう」とか、ひいては「あの山の麓ってどんなところなのだろう」と、そんなことばかり考えていました。

 ま、たまに父親のクルマで出かける時に、山越えも当然しているのですが、子供にはそのあたりの理解もあんまりできてなかったようで。(←頭悪かったんです


 かくして、オートバイライダーの大半が罹るという、岬とか突端と見れば行かずにおれない、末端志向症とも相まって、山を見るとその向こう、もしくはその麓に行きたくなるという、変なヲッサンができあがってるわけで。


 昨日の日曜日。ひさびさに十勝にある蕎麦屋へ行きたくなり、VG30に火を入れました。
 かも南なんぞを堪能したあと、どこか温泉でも行こうかと、何も考えずにデ・ニーチョを走らせていると、十勝だけに南に連なる日高山脈が。

 以前にオートバイでなんどか、山脈の麓沿いの農道とかも探索してはいるのですが、この時期にクルマでというのも珍しかったので、山へ向かって走ってみました。

 が、この時期というのは、当たり前ですが基本的に除雪されてないと走れないわけで。

 枝道があっても。



 これではクローラ付でないとはいれません。(笑



 そんなこんなで、農家さんが自力除雪したであろう農道とか、果ては伐採か鹿の駆除用に除雪されているとおぼしき林道に至るまでうろうろするうち、だんだんと山の麓が近づいてきました。
 この除雪のぐあいから見て、トラクターか何かで除雪してますね。幅は車1台ぶんギリギリ。



 行けるところまではと行ってみると、やはりそこは牧草地帯。




 まあ想像はついていましたし、そもそもが山の麓なんてそんなに風光明媚なわけはないのですが。
 
 でも満足。

 「だから何?」「それが?」と、言われると答えようがない、完全に自己満足の世界なんですが。(笑


 でもそんなひとときが好きなんだから、しょうがありません。^^;







Posted at 2012/03/19 22:13:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | お遊び | 日記
2011年02月20日 イイね!

にわか「鉄」の日

にわか「鉄」の日そう。きっかけは先日の標茶駅

アレ見て、汽笛の音なんぞ聞いたらねえ。やっぱり乗りたくなってしまいまして。(笑





で、鉄道好きの甥っ子1号をダシにしようと、水を向けてみましたが「新幹線の方がいい」とアッサリ。(泣

ま、考えてみたら、彼の年代ではSLに哀愁なぞ感じるはずもなく、それも無理ないかなと。^^;
それに留萌で既に「すずらん号」に乗ったそうで、SLは体験済みなんだとか。

ならばひとりで行くしかないかなあ、と思いつつ、試しに切符の予約を入れてみると、なんとひとりぶんなら空いているという。

てなわけで、のこのこ釧路まで出かけ「SL冬の湿原号」に乗ってきました。


ところが今朝、20cm以上の時ならぬ大雪に見舞われ、出発時間が迫る中、焦りまくって除雪するはめに陥りましたが、ご近所さんがショベルローダーで助っ人に来てくれ、無事終了。ありがたや。

そんなこんなでしたが、予定より少し早めに釧路駅に到着し、ちょうどC11の入線にも間に合いました。

今回は、せっかくなので、ひさびさにデジイチのEOS40Dを持ち込みましたが、こんないかにも、なカメラを持って歩いていたら、鉄ちゃんのおやぢだと思われるかなあ、などと思っていましたが…。

ボディを2台、3台担いだり、Lレンズやら、果ては白レンズの砲口群までいるわいるわ鉄分純度の高い方々が。^^;
標準ズームの1眼なんぞはチンケな部類で、乗客のほぼ全員がデジイチ、コンデジ、携帯のいずれかで写真撮りまくりの状況で、まったくのいらぬ心配だったのでした。(笑


今回乗ったのは、1号車で、往きは機関車のすぐ後ろなだけに、汽笛は聞こえやすかったものの、電源車だったので、床下でディーゼルの音がずっと響いていたのがちょっと残念。

でも、電車や気動車と違う、シリンダーのストロークを感じる、独特の周期の振動とか、石炭のにおいなど、SLらしさはたっぷり味わってきました。


写真もいっぱい撮ったけど、にわか鉄ではやっぱりダメで、せっかくの好天にもかかわらず、ほとんどが失敗。(泣


そのうち整理して、多少マシな何枚かはアップしましょうかね。



てなわけで、珍しく鉄道を愉しんだ1日だったのでした。





Posted at 2011/02/20 23:48:07 | コメント(7) | トラックバック(0) | お遊び | 日記
2010年10月16日 イイね!

最後の温泉

最後の温泉今週は、明日の日曜が出勤のため、本日がお休みでした。

というわけで、限りなく平日に近い時間に起きて、十勝某所の温泉へ行って来ました。

と、言うのもこの温泉、今月いっぱいで惜しくも閉館となる、と聞いたためなのです。



まさに鄙びた、という表現がぴったりの建物で、浴室には大きな岩がどん、どん、というかんじで置いてある、遊び心のあるものです。

お湯は、とろりとした感じのもので、あがると肌がつるつるするのが良くわかります。


20年近く前は、たまに行っていたものですが、昨今はすっかりご無沙汰。

閉館になるから、では、今さら、の感ありまくりですが、それでも最後のお湯を楽しんできました。




で。帰りに。

温泉近くの林道が、国道まで抜けているのでは、と、入り込んだら、これが林業用道路らしく、GPSを見ても国道から離れてどんどん山奥へ入ってしまい、小1時間ほど山中を彷徨ったあげく、諦めて元来たルートを戻りました。楽しかったけど。(笑





Posted at 2010/10/16 23:42:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | お遊び | 日記
2010年09月21日 イイね!

イノチの洗濯

イノチの洗濯この連休、昨日はシフトで出勤だったので、3連休とはいきませんでしたが、土日は休めたので、外遊び仲間とひさびさに野営を楽しんできました。


今回、妹3号一家も参加していたのですが、そのハイライトは、甥っ子1号の川デビュー。



今まで湖は経験あるそうだが、ぜひ川下りを体験させたい!という妹3号のリクエストに応え、下流域の無難なコースを選択。

幸い、仲間の数艇もサポートを兼ねて一緒に来てくれたので、安心して甥っ子1号を乗せることができました。


前日夜の雨にもかかわらず、川の水量は少なめでしたが、まあそこそこの瀬もあったし、トラウマになるような事態もなく、本人曰く「最初は怖かったけど、慣れたら瀬も楽しかった。また乗りたい!」と満足してくれたようなので、おぢさんとしては、ほっとしています。

よーし、来年は甥っ子2号もデビューさせるかな。


わたし自身も先週は、週末のラリジャパ観戦、その後は週初めから海外出張、帰国後もなにかとどたばた忙しい思いでしたが、川でイノチの洗濯ができて、ちょっと復活できた…かな?


Posted at 2010/09/21 23:37:29 | コメント(6) | トラックバック(0) | お遊び | 日記
2009年11月28日 イイね!

土日休みのドライブはいいもんだ

土日休みのドライブはいいもんだ11月も後半となり、わが職場はこれから年明けまでつかの間ののんびりした時期に入ります。

…例年ならばね。


ところが今年は、とある事業がらみの仕事が入り、3月末までどたばたが加速することが必至。待望の土日休みも望めないのを覚悟していましたが。

しかしさすがに夏場、各社員の代休も溜まりまくっている状況なので、年内はどうにか土日休みになることになりそう。


わずかな土日休みを寝て過ごすには、あまりにもったいないので、さっそく泊まりがけで出かけようかと思ったのですが、この時期、行きつけの民宿はどこも冬支度のためや、夏の忙しい時期を乗り越えて休館中。

仕方ないので、日帰りでのんびりドライブに出かけました。

行先は、ねこ食。

実に8ヶ月ぶり。


本当は、先々週に行く予定でしたが、当日朝に体調不調で取りやめ。

先週ならば、桔梗さんNao@北の国さんがオフをしていたので、ぜひとも行きたいところでしたが、社員旅行に当たってしまい…。


ねこ食は、わがやからそこそこ距離があるので、日曜の日帰りだと、つい帰りを急いでしまうのですが、今日は明日も休みだと思うと、どんなに遅くなっても気にならないので、久々にのんびり過ごすことができました。


そんなこんなの画像もちょっとだけアップしてたり。

ねこ食ひとりオフ

ひとりだったらオフじゃねえだろ、というツッコミは覚悟のうえです。(笑






Posted at 2009/11/28 23:44:18 | コメント(6) | トラックバック(0) | お遊び | 日記

プロフィール

「〆はコレ♪」
何シテル?   12/16 19:06
オートバイとクルマと、野遊びが大好きな「おやぢ」です。(^^ゞ 北海道のど田舎に住んでいます。どれくらい田舎かと言うと、地域で乗っている車種を言えば、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

To all the GRANDVITARA users 
カテゴリ:ESCUDO
2013/04/25 00:50:33
 
TREK FIELD 
カテゴリ:震災支援
2011/04/27 21:50:38
 
SSER ORGANISATION 
カテゴリ:震災支援
2011/04/10 23:28:28
 

お友達

照れ屋なので、自分から特に募集はいたしませんが、お誘いいただければ、謹んでお受けします。
m(_ _)m
ただし、基本的にはオフ等でお会いしている方、またはブログ等でなんどかコメントのやりとりを経た方とさせていただいておりますので、いきなりの申し込みはご遠慮願います。
136 人のお友達がいます
ヒロ君の老いぼれ酔歩徒ヒロ君の老いぼれ酔歩徒 * 琢麻呂琢麻呂 *
しろっこしろっこ * 久野久野 *
ツル@NA1ツル@NA1 * mabubumabubu *

ファン

53 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エスクード スズキ エスクード
外遊びの相棒として、約20年乗ったD21テラノの後継機として、2012年8月4日より就航 ...
日産 テラノ 日産 テラノ
19年前、その卓越したシャシー性能と、荒削りなサウンドのVG30に惚れてつきあい始め、1 ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
2004年ラリージャパン。SSスタートポイントで、イグニス・スーパー1600を見たのが始 ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
【情報交換用の登録であり、関連情報URLと同一車両です】 2004年ラリージャパン。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.