• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かわねこのブログ一覧

2016年12月18日 イイね!

冬の洗車

冬の洗車 今日は天気が良く、12月にしては珍しく、日中の気温がプラスまで上がったので、ひさびさにエスクの洗車をしました。

 なにせ、このチャンスにやっておかないと、これからの時期、最高気温がマイナスである真冬日の方が普通で、それもふたケタになろうものなら、洗った端から凍ってしまい、洗車が困難、と言うより、あまり意味がなくなってしまいます。



 なので、基地からちょっと離れた洗車場へ行きました。ここは洗車機の台数が多く、スペースも広いので、比較的ゆっくり洗車できるのです。

 この機会なので、スプレーワックスをかけようと思ったら…やらかしました。何も考えずに第2ガレージに入れっぱなしにしておいたせいで、ボトルが凍っています…。そう言えば先日、18℃(もちろんマイナス)まで下がったので、そりゃ凍ります。^^;
 ちなみに一緒に持ってきていたカーシャンプーも釘が打てるくらいカッチカチでした。

 スプレーワックスは後述の目的があるので、仕方なくバケツで湯煎してなんとか融かして施工しました。

 ついでに仕上げのフクピカもかけて、ひさびさに艶らしきものが。(笑)



 が。なにせプラス気温。

 融け出した雪で、帰りの道路はべしゃべしゃ。



 帰投した時には、ボディは既にこんな感じ。^^;



 洗車しても無駄じゃん、と、思われるでしょうが、実は意味があるのです。

 先日の道都出撃の際は大雪だったので、下回りに雪がガッチリ溜まっていました。帰投時にいちおう洗車してある程度落としてはいたものの、真冬日では固く凍結した雪塊が洗車ガンでは落ちません。気温が緩んだ今日のような時にこそ、落とすチャンスです。

 そして、スプレーワックスをかけておくと、ボディに付いた雪や泥が落ちやすくなるので、これもけっこう重要。
 キレイにする、というよりも、まあボディケアの一環ですね。

 気付けば12月も半ばを過ぎ、再来週はもう年末です。早いなあ。(←をやぢ
 

Posted at 2016/12/18 21:36:47 | コメント(5) | トラックバック(0) | ESCUDO | クルマ
2016年12月12日 イイね!

ラリーのつどいに行って来た

ラリーのつどいに行って来た ま、「ラリー」という言葉自体が、集うとか帰ってくる、という意味があるそうですが、それは置いといて。^^;

 既にこの時期の恒例となっている、奴田原文雄ラリーミーティングに参加するために、週末はまた道都へ行っておりました。
 先週は表彰式に行ってたし、その前の週もとある講座に出席のため、行っていましたので、三週連続の道都週末。さすがにお金が…。(泣)

 でもこのラリミだけは、欠かすわけにはいきません。^^;

 出発前の十勝の朝は、薄曇りで比較的平和だったのですが、たまたまテレビのニュースで「札幌豪雪」を流しており、これはのんきに構えているとやばい、と、早々に出発。

 これが正解で、夕張あたりでは日も差していたのに、千歳の手前くらいから猛吹雪。知っている裏道を抜けていたのですが、こういう状況の時は、除雪が間に合ってなかったり、路肩がやばかったりするので、早々に国道に戻りました。



 国道36号線は、恵庭からずっとこんな状態で、これはまだいい方です。
 路面も除雪が追いつかずグズグズのガタガタで、あちこちでトラックのスタックが相次ぎ、渋滞もかなりのものでした。

 ショップ前のランクルの状態からも、いかに降ったのかがわかります。



 早めに出てきたのはやはり正解でした。そしてクルマがエスクだったのも心強いところです。
 で、思ったより早めに会場近くに到着したので、ショッピングセンターの駐車場にクルマを入れ、まだ時間があるので、コーヒーでも飲もうと店内に入ると…。
 ものすごい混みよう。そういえば、この日は近くのドームで関ジャニのコンサートがあるとか。

 国道沿いの歩道を、民族大移動よろしく連なっているのはさて、店内もその影響で激混み。トイレ前など規制線が引かれるほどでした。
 しかも目当てのドトールはまさかの改装で閉店中。フードコートの他の店も満杯状態で、人混み苦手な田舎者のかわねこは突撃する気力もなく、パンとカップコーヒーを買って、エスクの車内でひと息つきました。

 会場までの歩道もびっしり人の列で埋め尽くされ「オレはコンサートに行くんじゃないんだけどなー」と思いつつ、なんとか到着。



 既に10名ほどの方が来ていましたが、それでも到着遅れの方がいるため、10分繰り下げとなりました。
 本州からの参加者は飛行機の欠航で、来られずとなってしまったそうです。

 ちなみにラリミはコーヒーかお茶などの飲み物とお菓子が付きます。



 今年はロイズのナッティバーとガレットでしたが、先ほど軽くパンを食べてきたので、コーヒーだけいただいて、お菓子はお土産。^^;


 スタートしたラリミは、例年通り南出さんの司会と奴田原選手のトークで進行です。

 まずは今季の全日本戦を振り返って。いきなり新城のインカーで始まりました。
 秘蔵の、というか一般には非公開であろう、あの雁峰での衝撃のクラッシュシーンもありました。

 奴田原選手によれば、別のイベントで最後に蔵出しとして流したら、会場内が重くなってしまったので、今回は最初に流したそうです。^^;

 また、その新城の雁峰でのエピソードでしたが、スタート時にマーシャルがスタート合図を上下逆さにしてしまったそうです。
 こういうことがあると集中力が途切れるので「大体ロクなことがないんですよ」とのこと。
 なんか後ろで「どきっ」とか言ってる、某オフィシャルな方がいましたが。(笑)

 他にも洞爺やラリホでの貴重なインカー動画なども。おべんちゃらではなく、全日本選手の中では、わたしは奴田原選手のいぶし銀の走りがいちばん好きなのですが、SS走行時の細かなテクニックの話などは、さすがと思わせるものでした。

 小休憩後の後半は、パイクスピーク参戦のお話など。
 ほとんど市販車のプロダクションカークラスで、NAの86だったので、かなり厳しかったようですが、却って楽しめたそうです。

 続いて、今年から開講したヌタハララリースクールの内容など。



 車両はTRDの貸し出しなのだとか。
 ちなみに、今回本当はTRDの木下代表が来られて、WRC時代の話をしてくださる予定だったそうですが、飛行機が飛ばず、来られなかったとのこと。
 残念です。

 で、最後は誰もが気になっていたであろう、来期の話…。

 会場のスクリーンにも「どうなるのかなー?」のテロップが出ていましたが、まだ来期の契約前なので、何も決まっていないのだそうです。



 うーん、気になる…。^^;

 最後には、お土産もいただいてしまいました。



 右端のTシャツはレカロのもので「3枚あるので欲しい方!」と声がかかった際に、図々しくも手を挙げてしまいました。
 なにせレカロ信者としては、反射的に手が挙がるのです。^^;


 ラリーミーティングが終了した後は、場所を移して貼り物組合の忘年会?に参加させてもらいました。



 こちらでもラリー話は尽きず、楽しいひとときでした。

 幹事のtaku(元ジムニー乗り)さん、ありがとうございました。


 で、翌日道都から帰投し、洗車場でエスクを洗車していたら。偶然にもやぽん師匠が見えて、しばし談笑。
 某黄色いスイスポ乗りのダートラ選手氏の話になったのですが、その後スーパーに立ち寄ったら、駐車場に黄色いダートラ車が。当然のことながら、店内でご本人にバッタリ会い、ラリーミーティングに行って来た話をすると「この状況で札幌までですか?変○ですね(笑)」というお言葉をいただきました。

 しかし、元HT81S乗りとしては「○態」の称号は、褒め言葉にしか聞こえないのでありました。(笑)
 え?おかしい?そ、そうかなあ…。





この記事は、ヌタ集と1ヶ月点検について書いています。


















Posted at 2016/12/12 22:27:53 | コメント(5) | トラックバック(0) | RALLY | クルマ
2016年12月09日 イイね!

さらば相棒

さらば相棒 かわねこ号ことHT81Sスイスポが、本日で退役しました。

 オドメーターは252,141㎞を刻んでいます。

 最後の本日は、洗車をして…と思ったのですが、この大雪。(泣)



 洗車している端から雪が積もる状況だったので、泥落としだけにとどめました。


 
 思えば12年前。これが納車のまさに直後。



 どノーマルで、フォグランプもなく、グリルも塗っていません。…もっとも、この直後にすぐ塗装していますが。(笑)

 既になんども書いていますが、この時は通勤車として「吊るし」で乗るつもりだったのですが…。

 1年後。フォグランプが付き、ホイールはESターマックに変わり、シートもSR-VFになっています。見えませんが、ロアアームバーとタワーバーも既に付いており、翌年にはLSD投入の暴挙に出ます。(笑)



 パーツを付けると、その効果がハッキリと現れるのが楽しくて、いつしかスイスポの魅力にハマっていきました。

 こういったパーツの情報を得るために、みんカラ(当時はオートビレッジ)の閲覧を始めたことから、自分自身も登録をし、情報発信を始めました。
 当初はオンライン活動だけのつもりが、気付けばオフ会にも顔を出すようになり、それが現在の「道スイ」に繋がって、リアル友人が増えるきっかけにもなったのです。



 さらには当時、ラリージャパンも始まったタイミングでもあり、生来のラリー好きも相まって、ラリー観戦にも積極的に行くようになりました。



 2006年ラリージャパン。屈足リエゾンにて。待っていたスイスポの前に停まったのは、なんと当時WRC世界チャンピオンだった、セバスチャン・ローブ/ダニエル・エレナ組のシトロエン・クサラWRCだったのです。グリルネットの外れたクイックファスナーを直すために、かがみ込んでいるのが、セバスチャン・ローブその人。
 くすぶっていたラリー熱にこれで火が点き、この後地区戦観戦の常連になってしまったのは、みなさんご存じの通り。^^;
 でもそのおかげで、スイフト以外にもラリー仲間が増えたのは嬉しい限りです。


 競技に参戦する腕も度胸もお金も時間もないのですが、免許を取って以来ずっと自己流のまま走っていたので、冬道講習にも参加して、少しだけでも技術を磨こうという「姿勢だけ」は見せるようにもなりました。(笑)


*雪風さん撮影

 さらに2015年から始まった、オートテストにも、敷居の低さから参加するようになっています。


*美瑛番外地さん撮影

 オートテストは、コース自体がコンパクトなので、車体のちいさいスイスポはけっこう有利だったりします。
 乗ってるヤツの腕は二の次ですが。^^;


 当初は支援機として、通勤とちょっとした移動がメインの使い方で、長距離は主力機(当時はD21テラノ)の任務でしたが、この当時、帰省の回数がかなり増加したため、全長が短く航送料が安いことから、フェリーにも数え切れないほど乗せました。



 当時の通勤が長距離だったことにくわえ、なんだかんだで走って楽しいから、旅のお供に指名することも増えて、過走行まっしぐら。(笑)



 先月は、最後のお務めで、新城までの遠征任務をこなしてくれました。

 初めてで、そして最後のスズキ本社前にて。



 25年以上ぶりに、伊良湖へも訪れて、懐かしい思いに浸ったり。
 ちなみに隣はROUGEではありません。(笑)



 あっという間の12年間でした。
 コンパクトで軽い車体、クロスギアレシオのミッション、ほどほどのパワーに良く回るエンジンの楽しさを味あわせてくれ、手間も維持費もさほどかからないことが、ここまで乗り続けた理由であることは、間違いのないところです。
 ハブベアリングも、クラッチすらも、25万㎞の間、いちども交換することがなかったのは、驚きとしか言いようがありません。

 スイスポのこの後ですが、幸い、引き受け手が決まったので、廃車にはならずに済みました。

 これからは、主力機のエスクードでこれまでのように、あちこち出没すると思いますので、今後ともみなさんどうぞよろしくお願いします。


 昨日は快晴の1日だったので、最後のドライブに連れ出し、乗り味を楽しみました。

 これでさよならです。

 ありがとう。12年間とても楽しかったよ。










Posted at 2016/12/09 20:28:15 | コメント(14) | トラックバック(0) | かわねこ号 | クルマ
2016年12月05日 イイね!

表彰式に行って来た

表彰式に行って来た 週末に行われた、JMRC北海道の表彰式に参加してきました。

 と言っても、別にわたしが表彰されたわけではありません。(←当然 ^^; )

 どうもオートテストに連続参加していたことから、賑やかしの一環で呼ばれたようです。^^;



 何せ競技そのものをやっていないので、もちろん表彰式など初めてです。行くことになったはいいけど、勝手がわからず不安に思っていたところ、GUTSさんが同行してくれたので助かりました。^^

 会場のコンベンションセンターそのものも初めてだったので、意外に大きな会場にも驚いたり。でも考えてみれば、ラリーだけではなく、ジムカーナ、ダートラ、サーキットレースと、公式地区戦すべての表彰なので、当然ですね。



 この奥が受付なのですが、競技別に別れており、当然オートテストなどはありません。(笑)



 実は会費を払えば一般者の参加も可能なので、一般受付で事情を説明し、チケットを提示しましたが「え?オートテスト(の参加者)なんてあったっけ?」と、スタッフが右往左往。(笑)
 参加者はクレデンシャルを下げることになっているのですが、テーブルに置かれたクレデンシャルの中から自分の名前を見つけ出し、事なきを得ました。
 どうでも良いことですが、すぐそばにノリピーさんのクレデンシャルがありました。委員のひとりなので当然なのですが、ご本人はAPRCでインドにいらっしゃるはず…。^^;


 会場内に入ると、披露宴のように丸テーブルが置かれており、各テーブルも競技種目別になっています。
 当然、オートテストはないわけで、スタッフにどこへ座ったら良いのか聞いてみたところ「好きなところでいいですよ」とのことだったので、躊躇なく「ラリー」の席へちゃっかりお邪魔しました。(笑)
 なんでも昨年までは立食だったそうで、今年は楽になったようです。



 表彰式が始まると会場が暗くなり、ジムキタさんのVTR上映からスタートです。



 まずはJAF戦の表彰。
 こちらは初っ端ということもあり、それなりに厳かに行われました。



 乾杯の後は、シリーズ戦の表彰。

 写真撮ってないですが、会場中央にオードブルがあり、図々しくしっかりいただきました。^^;
ラリー表彰は後半なことと、お酒も入るので、賑やかな雰囲気となります。



 K-Carクラスのチャンピオンに贈られた、自身のマシンのミニカー。素晴らしい出来ですが、ヘタレ写真で伝わらないのが残念。



 あっという間に3時間の表彰が終了。



 こちらはラリーなみなさんの記念撮影。^^



 終了時にはお土産までいただいてしまいました。




 まあ、来年は呼ばれることはないと思いますので、いい経験になりました。

 ちなみにこのあとは、ガレージセキネンさんの二次会にも参加させていただき、楽しいひとときでした。感謝です。^^





Posted at 2016/12/05 21:16:04 | コメント(4) | トラックバック(0) | RALLY | クルマ
2016年12月01日 イイね!

新基地に洗車場を装備

新基地に洗車場を装備 なんかついこの間、年明けを迎えたような気がするのに、今日からもう12月なんて、いったいなんの陰謀なんでしょうか。(←ただヲッサンなだけ

 と、言うことで(←何?)、もう雪が降っている季節なんですが、洗車ネタです。(笑)

 新基地へ移転して、はや3ヶ月ほどが経ちました。当たり前のことながら快適なのですが、ちょっと困ったのが、洗車。

 以前は長屋のすぐ近くにコイン洗車場があり、しかも安かったので気兼ねなく利用していました。

 ところが、このあたりには洗車場がなく、近隣のガソリンスタンドにあるのもコイン洗車機ではなく、ゲート式の自動洗車機です。これだと、冬以外は常時キャリアを付けっぱなしのかわねこの愛車は使えないし、そもそも自動洗車は嫌いな方です。

 少し離れたスタンドには、コイン洗車機が置いてありますが、洗車場と違ってスタンドの営業時間内じゃないと使えないのと、試しに使ってみたところ、水圧が低いのであまり綺麗になりません。

 新基地には、幸い外にも水道が付いていますが、やはり普通のホースでは、水圧が足りずに今ひとつ、というかんじです。
 と、いうこと(を言い訳にして)で、9月中旬に、思わずケルヒャーを導入してました。

 きっかけは、こちらに来てすぐの頃、とある場所に水害の後片付けを手伝いに行った時のことです。
 そこは独居老人のお宅でしたが、自宅とガレージが浸水し、クルマは流されて廃車になってしまったそうです。
 ガレージに使えそうな家具をまとめてあったので、それを引き出して掃除するのがお手伝いの内容でしたが、終わった後、見てみるとガレージの床も泥水が流れた後が残っていました。
 これもなんとか綺麗にしてあげようと、水道のホースを引っ張り出していると、主のおばあさんが「あ、機械持ってるからこれ使って」と持ち出してきたのが、ケルヒャーの家庭用洗浄機でした。

 実はもう20年ほど前の仕事で、ケルヒャーの代理店と取引があり、その性能は知っていましたが、ケルヒャー=業務用の高価な洗浄機、というイメージだったので、縁がないものと思っていたのです。

 で、その家庭用洗浄機を使ってみると、なかなかに性能が良く、あっという間にガレージ床の洗浄が終了。さすがケルヒャーだなあ、と感心した翌日、買い物にホームセンターへ行くと、ケルヒャーの展示スペースがありました。
 見てみると、昔はどんなに安くても数万円はくだらなかったものが、エントリーモデルだと、驚いたことに1諭吉を切っています。
 しかも、お店のオリジナルセットがあり、ノズルがいろいろ付属して、2諭吉を切る低価格。どうも近々モデルチェンジするとかで、在庫処分の扱いになっているようで、そのお店には2セットしか残ってませんでした。調べてみると、これがネット販売よりも安く、断然お買い得なので、思わず購入してしまいました。^^;

 モデルはK2Dというタイプで、エントリーモデルのいっこ上。ほんの少しだけ水圧が高めです。



 標準装備のノズルは2種類。



トリガーガンに装着されているのが、先端を回すことで水圧調整のできるタイプ。最大水圧にすると洗車に最適なので、わたしはもっぱらこれを使っています。下のノズルは、外壁などを洗う際に使用するタイプで、車体には、塗装を痛めるので使えないそう。
 外壁は塗り直されたばかりなので、今年は使いませんでしたが、今後は外壁の掃除にも活躍しそうです。

 そして販売店オリジナルなのが、このアンダーボディースプレーランスの付属。



 これは本来オプションパーツなのですが、けっこうお高いので、これが付属されているのは、お得感高いです。
 画像のように、先端が曲がっているので、名称通りクルマのアンダーボディやホイールハウス内側、ホイールリムの上部などを洗うのに適しており、実際かなり使いやすいです。

 準備が簡単なのも特長ですね。
 水道のホースは、ワンタッチで本体に繋がります。このホースとカプラは本体には付属していないので、別に用意する必要があります。





 あとは水道側へカプラを繋げて通水。電源を繋いでスイッチを入れるだけでOKです。

 もちろんちゃんとしたコイン洗車場のガンに比べると、家庭用なだけに低めとはいえ、それでもけっこうな水圧があり、片手で押さえるのは意外に難儀なほどです。

 洗浄液を放出させることも機能的にはできるのですが、専用の洗浄液が必要なのと水圧からガンだけでは汚れが落ちそうにないので、専ら市販のシャンプーを使ってスポンジで落とし、ガンで洗い流す方法を取っています。

 なんと言っても基地内で、時間を気にせず作業できるのがいちばんの魅力です。



 とは言え、さすがに冬は凍結問題があるので使えないため、せっかくのケルヒャーも既に冬眠させました。
 なので、これからはコイン洗車に行かざるを得ないのですが、春になったらまた活躍してくれそうです。^^













Posted at 2016/12/01 22:30:13 | コメント(4) | トラックバック(0) | 散財シリーズ | クルマ

プロフィール

「@久野っち ですよねー。^^; うーん、楽しみにしているので、なんとか出席できると良いのですが。」
何シテル?   12/11 21:57
オートバイとクルマと、野遊びが大好きな「おやぢ」です。(^^ゞ 北海道のど田舎に住んでいます。どれくらい田舎かと言うと、地域で乗っている車種を言えば、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/12 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

To all the GRANDVITARA users 
カテゴリ:ESCUDO
2013/04/25 00:50:33
 
TREK FIELD 
カテゴリ:震災支援
2011/04/27 21:50:38
 
SSER ORGANISATION 
カテゴリ:震災支援
2011/04/10 23:28:28
 

お友達

照れ屋なので、自分から特に募集はいたしませんが、お誘いいただければ、謹んでお受けします。
m(_ _)m
ただし、基本的にはオフ等でお会いしている方、またはブログ等でなんどかコメントのやりとりを経た方とさせていただいておりますので、いきなりの申し込みはご遠慮願います。
136 人のお友達がいます
コムロコムロ * ツル@NA1ツル@NA1 *
3yo3yo * ヒロ君の老いぼれ酔歩徒ヒロ君の老いぼれ酔歩徒 *
久野久野 * 通りすがりの正義の味方通りすがりの正義の味方

ファン

54 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エスクード スズキ エスクード
外遊びの相棒として、約20年乗ったD21テラノの後継機として、2012年8月4日より就航 ...
日産 テラノ 日産 テラノ
19年前、その卓越したシャシー性能と、荒削りなサウンドのVG30に惚れてつきあい始め、1 ...
スズキ スイフト スズキ スイフト
2004年ラリージャパン。SSスタートポイントで、イグニス・スーパー1600を見たのが始 ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
【情報交換用の登録であり、関連情報URLと同一車両です】 2004年ラリージャパン。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.