• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

イトケン(G)のブログ一覧

2021年04月13日 イイね!

9年前の自分の放ったギャグに打ちのめされる

 みんカラのPVレポートを眺めていたら、9年も前に書いた記事へのアクセスがやたら多いことに気が付いた。今でも一日20~30ほどのアクセスがある。MINIがドイツ車なのかイギリス車なのかを考察したテキストである。MINIの国籍に疑問を持った方が検索してたどり着いているのだろうと思うが、さほど面白くもないし気の利いたオチもない。

 だからきっと、読んだ人は、
 「あー、つまんねぇ文章だな」と思っているに違いない。チクショー。あとで、ものすごく面白いテキストに差し替えてしまおう。

 久しぶりに過去のテキストを眺めていると、QRコードについて考察してあるテキストを見つけた。そこには、オレが作ったQRコードが張り付けてある。何か文字をQRコードにして張り付けた記憶があるが、内容は覚えていない。これ、内容は何だったっけかな。

 スマホで読み取って読んで、吹いた。

 コーヒーがパソコンのキーボードとスマホにかかってしまった。チクショー、笑わせやがって。って、自業自得と言うやつですわ。(自画自賛とも言う)

alt
Posted at 2021/04/13 13:09:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2021年04月12日 イイね!

F56MINI、二度目のフェイスリフト~何かの間違い?~

F56MINI、二度目のフェイスリフト~何かの間違い?~ F56MINIに、二度目のフェイスとリフトを施されるとのこと。もうMINIに乗ることはないと思うけど、限定車ででもいいのでMTが復活しないかなぁとか、マイナーチェンジでもうちょっとカッコよくならないかなぁと思って、ついつい情報を目で追ってしまう。

 フルモデルチェンジの準備も進んでいるようだけれどそれはしばらく先送りし、現行モデルを延命して販路の確保を狙うとして施されたフェイスリフトがこれ。

alt

 alt

altaltaltaltalt

  あーもう。マジかよって思うのは、オレだけ?新しい方がカッコイイって思う人のほうが多いのかな。
Posted at 2021/04/12 15:18:11 | コメント(6) | トラックバック(0) | MINI | 日記
2021年04月05日 イイね!

カングーライフ、その後。

カングーライフ、その後。 カングーとの暮らしは、まもなく半年になろうとしている。

 走行距離は7000kmを超えた。今までのクルマとはけた違いのハイペースである。走行性能や使い勝手も今までのクルマとは何もかもが違い、面くらうことが多かったのだけれど、ようやくそれらにも慣れてきた。備忘録的に記したいと思う。

【走りについて】
 納車時には、あまりに運転しにくくてビックリしたのだけれど、半年経過した今、違和感は何もない。クラッチのつなぎは少し修正をしてもらったが、エンジンの吹け上り、パワー感、シフトのつながり感、いずれも新車時とは別物。スムースでパワフルに走ってくれる。下のトルクが太いので、シフトチェンジをさぼったりミスをしても、クルマがしれっと対応してくれる。特に急こう配の峠道では、苦しいそぶりを一切見せずに黙々と走ってくれる。

 ただ、ハイスピードな領域はあまり得意ではない、らしい。MINIは160km/hほど出ていても、ビシッと安定していたらしいが、カングーでは130km/hで挙動がバタつき140km/h以上は怖くて出せないらしい。しらんけど。日本の法定上限で走る限りは、問題ないのだけれど。

【燃費について】
 燃費計は日本やドイツのクルマの表示とは違い「100km走るのに必要な燃料量」が表示される。うちのカングーは100kmあたり8.5~7.5リットルと言ったところだ。つまり11.7km/L~13.3km/Lである。面白いのは、満タン法で計測すると実燃費の方が良いということである。実燃費はおおむね12km/Lほど。先日、奈良の田舎道をのんびり走らせたら15.4km/Lもの高燃費をたたき出した。こんな大きななりをした旅車としては、十分な燃費性能である。

【車中泊について】
 月に1~2回のペースで、車中泊キャンプをしている。自作のフルフラットの床のおかげで、快適なベッドルームと化している。カングーユーザーの多くが試行錯誤してフラット化を試みたり、市販のベッドキットをインストールしたりしているのだが、オレのカングーのフラット化の方法は安くて簡単で快適。ま、オレの方法も他の人の真似がベースなんだけど。なので、他の人にもどんどん教えたい。近隣に住んでる人なら、オレがインストールの施工もしてあげるぞ。もし、興味がある人がいたらいつでもダイレクトメッセージ下さい。
alt
alt
alt

 カングー車中泊、面白いことに、一泊車中で過ごしても窓がほとんど結露しない。エブリイの時は、目隠しが要らないくらい真っ白に結露していたのだが、カングーはほぼ透明のまま朝を迎える。カーテンが湿気を吸ってくれているからか、カングーの通気性が良いからかのどちらかと思うが、おそらく、通気性が良いからだ。なぜなら、二月の車中泊は頭と耳と顔が痛いくらい寒かったから。

 ともかく、おしゃれな山小屋にこもっているような居心地の良さで、旅が楽しくて仕方がない。奇麗な景色を眺めてインスタントのご飯食べてビール飲んで寝るだけだけど、最高に贅沢な時間だと思う。

【トラブルについて】
 今のところ何もない。3か月点検の時にステアリングとクラッチの微調整はしてもらったけど、持病と言われているオイル漏れもその他のトラブルも何もない。

【総論】
 内装も外装も走りも、あらゆる点で質感は低いのだけれど、カングーをトコトコと走らせているだけで、気持ちがほっこりしてくる。生活もかなり変わった。オレ自身も、こういう道具に感性が合う年齢になったということでもあるのだろう。いいクルマに巡り合えたなぁと思う。

 と、同時に、物足りなさを感じている自分もいる。
alt

 ~ええっ、なんだそりゃ。

 えっと、やっぱり、走りの質感の高いクルマも欲しい。柄にもなくレクサスISが欲しいなどと思ったりしています。買えんけど。
Posted at 2021/04/05 18:45:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | カングー | 日記
2020年12月17日 イイね!

ルーテシアとトゥインゴとカングー

ルーテシアとトゥインゴとカングー いやー、すんげー残念なクルマだったわ、ルーテシア。何がダメって、パッケージング。デザインのみにこだわって、中に乗る人のことは何も考えていない。それなのに、デザインもたいしておしゃれでも上質でもない。

 フロントウインドウが、やたらと寝ていて、天井がやたらと低くい。サンバイザーが目の前に迫って、頭がぶつかりそう、というか頭を前に出したら触れる。オレ、狭いコクピットって嫌いじゃないんだけど、ルーテシアは、心地よくない。圧迫感極まりない。後部座席もめっちゃ狭くて。乗員の誰もが幸せになれそうにない。日本の軽自動車でも、ルーテシアより圧迫感のあるクルマはないんじゃないかと思う。

 走りは、いい。

 運動性能は、過激すぎるんじゃないかと思うくらい、ギュンギュン、サクサク加速するし、クイクイ曲がる。ステアリングフィールもいい。スイフトスポーツよりも、過激で、スタビリティが高い気がする。けど、コクピットの居心地が悪いので、全然楽しくない。
alt

 ルーテシアのあと、トゥインゴにも乗ってみたが、やっぱりトゥインゴのほうがオレは好きだ。ルーテシアの後に乗ると、トゥインゴの雑さ、安っぽさを強く感じるが、室内の居心地は、圧倒的にトゥインゴのほうがいい。雑に感じるエンジンフィールも、足回りの挙動も、まさに「味」で、デパートの屋上のゴーカートのような楽しさがある。

 が、しかし。

 オレは、トゥインゴの最大の弱点に気が付いてしまった。

 トゥインゴはエルゴノミクスに適っていないのだ。フットレストがないので、左足を置く場所がなくて、左足を投げ出すと、足が不安定になる。左足を曲げて安定させようとすると、ひざがシフトレバーを押して、マニュアルモードになってしまう。アクセルペダルもかなり中央寄りに配置されているので、体をひねるような、変な運転姿勢になってしまう。15分ほど運転したら腰が痛くなり始めた。

 これはダメだ。

 スイフトの次期車として買う気満々だったのだが、これはダメ。残念だけど却下だ。

 スイフトの次はやっぱりスイフトがいいかなぁ。スイフト、名車だよな。でも、カッコ悪いんだよなぁ。と悶々する。

 なぜルノーの店に行ったかというと、カングーの3か月点検。異常はなかったが、ステアリングのトーと、クラッチのつなぎを調整してもらった。どちらもバッチリ改善とはならなかったので、また別の機会に調節してもらおうと思う。

 ルーテシア、トゥインゴの後にカングーに乗ると、カングーはやっぱりイイ。ルノーってメーカーは、変だわ。
Posted at 2020/12/17 00:39:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | 試乗レポート | 日記
2020年11月24日 イイね!

カングーは山小屋の装い

カングーは山小屋の装い カングーへの熱が冷めない。カングーを走らせると、短い距離でもその心地よさに酔いしれてしまうし、駐車している室内でくつろぐのもたまらなく心地よい。旅行はずっと我慢しているが、自宅庭のカングーの室内でゴソゴソするだけで旅行気分に浸れる。

 リアクオータウインドウを木パネルで覆い、物を置くための棚を作った。走行中に荷物が動かないようゴムで固定できるようにした。色の濃いステイン(ワトコのエボニー)で塗装したため重厚感のある家具のようになった。
alt
alt

 そして、カーテンである。カーテンをつけると途端に部屋っぽくなる。カーテンの取り付けは、10mmの木の丸棒を100均のフックで引っ掛けるという最も簡単な方法で取り付けた。カーテンワイヤーを使ってみたり、曲げられる出窓用のカーテンレールの取り付けを模索したりと、いろいろ試行錯誤したのだが、最も簡単で安価な手法でバッチリ決まった。これ、ホントに簡単なので、皆さんもぜひお試しください。
alt
alt
alt
alt
alt

 リアウインドウにも同じ方法でカーテンを取り付け、トノボードにクロス(ただのバスタオルだけど)を敷いたら、もう山小屋の風情。リア窓の形が、ノスタルジックで、カーテンとオイルランタンが合うんだな。
alt
alt
alt

 自宅庭で、焚火して、肉や魚を焼いてビール飲んで。そして、カングーでくつろいで。キャンプ場に行く必要がないくらい居心地がよい。子どもの頃、納屋と母屋の隙間にトタンで部屋を作って秘密基地を作ったことがあるのだけど、完全にその時の気持ちと同じ。いやぁ、楽しいです。
alt

 カングー、一度は買ったほうがいいよ、マジで。フルフラット化とかカーテンの取り付けとか、オレがやってあげるから。

 おそらく最後と思われる限定車も出たし。
alt
alt

 皆さんもぜひ。
Posted at 2020/11/24 23:13:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「9年前の自分の放ったギャグに打ちのめされる http://cvw.jp/b/129992/45015173/
何シテル?   04/13 13:09
細々と・・・ クルマのブログはじめました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/4 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

トゥインゴS ~売れないだろうな、このクルマ~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/10/03 10:29:24
ルノー・カングー~これは、船です~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/09/30 21:38:33
教育問題 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/07/12 10:58:14

愛車一覧

ルノー カングー ルノー カングー
少し前まで、カングーに、試乗する気にすらならなかったのよね。まず「見た目」が好きじゃなか ...
スズキ エブリイ エブリイくん (スズキ エブリイ)
 動く秘密基地です。
スズキ スイフト スズキ スイフト
 先代(二代目)のスイフトは、スズキのクルマづくりを大きく変えた、歴史的な意味合いを持つ ...
ミニ MINI Crossover ミニ MINI Crossover
MINI・CROSSOVER(R60)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.