• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2010年09月21日

RJ2010観戦記 DAY3 セレモニアルフィニッシュ(プライオリティ)

クロフォード公園を後にした我々先発4人組は、
三笠ICより高速に乗り、セレモニアル会場の月寒ドームへ急ぎます。
途中、高速道路上で鎌田卓麻選手のゼロカーに抜かれました。
また沿道のパーキングや側道、陸橋などにギャラリーが散見できます。
後で選手にも聞きましたが、今年はとにかくリエゾンのギャラリーが
多かったようです。

13時頃、月寒ドームに到着。
昨日までの駐車場が既にいっぱいで、第二駐車場の方に誘導されました。
場内に入り、フィニッシュランプのところへ行ってみると
めぼしい所は既に場所取りでギッシリ埋め尽くされていました。
やむをえず、距離はちょっと遠いものの、この時点ではガラガラで
全く人の居なかった、サポーターパス観戦エリアの後ろ側に陣取ります。
どのみち脚立は必要そうですが、願わくばサポーターパスの方々が
立ち上がって観戦しないことを祈ります。
(この祈りはセレモニーが始まると簡単に崩れ去りましたが・・・)

いちおう場所も確保できたので、交代で荷物番しながら
サービスパーク内をプラプラしました。
バスの都合でSS撤収が遅れた後発組も14時過ぎに無事到着。
15時からのセレモニアルフィニッシュには余裕で間に合いました。

14時半を過ぎると、札幌ドームでの最後のスーパーSSを終えた
先頭集団のマシンが続々とサービスパークへ戻ってきました。
そこで上位陣が自チームのサービスに戻る瞬間を見ようと思い
ペターのテントの所へ行ってみると、物すごい人だかり!
通路が塞がってしまうほど人で溢れかえっていて、
人の後ろ頭以外、まったく何も見えませんでした。

ふと、通路を挟んで反対側の、セバスチャン・オジエのテントを
見てみると、ここも人垣は出来ていたけど、前の人の頭越しに
余裕で向こうが見える状態。
まあこのラリー、優勝したのはオジエですし、ここでもいいやと思って
オジエのテントの前に陣取りました。
ほどなくWRカーが入ってくる音が聞こえてきました。
優勝したオジエのC4です。



オジエはサイドターンで格好よく自分のサービスに入ると
チームスタッフに囲まれ祝福を受けます。
フランス人らしくお洒落にシャンパングラスで乾杯などしてます。



だがそんなムードをたやすく打ち消してしまったのが、
既報ですが隣のペター・ソルベルグのサービスでした。
オジエに次いでサービスに戻ってくると、サービスパーク中に
響き渡るほどの拍手と大歓声。
このラリーの主役が他の誰でもなく、ペター・ソルベルグであったことを
世界中に知らしめた、そんな感動的な一幕だったと思います。





このお方は元STI社長の桂田さん。富士重工時代はたしかBHレガシィの
開発責任者かなんかだったように記憶しています。
桂田さんがSTIに在籍していたのは、ちょうどペターがSWRTで絶好調だった時期。
そういった縁もあってか善戦したペターの祝福に訪れたのでしょう。
ちなみにテント入るときはSWRTのキャップ被っていたのが
出てくるときにはマッドクロックのキャップに変わってました(笑)



さて、再びポディウム前に戻り、セレモニアルフィニッシュを見届けます。
残念だったのはライコネンのリタイヤ。
セレモニアルフィニッシュでやっと顔を拝めるかと思ったのに
帰ってこなかった(泣)
※さすがのキミも、フィニッシュランプを素通りすることはあるまいてw

終始やる気のなかったローブ。



3位獲得のラトバラ。
前日のドライブシャフト破損が無ければ、優勝争いに加わっていたことでしょう。



そしてペターがポディウムに帰還。
誰よりも大きい歓声がポディウムを包み込みました。
RJでのペターの表彰台フィニッシュは、なんと2004年に優勝して以来のこと。
出来れば優勝してもらいたかったですけれど、体調不良を圧して
最後の最後まで優勝争いを演じての2位フィニッシュですから
観客の誰もが納得したと思います。



いつもように荒れた展開のラリージャパンを制したのは
次代のエース、セバスチャン・オジエ。



ですが、歓声は2位のペターにはるかに及ばず(^_^;)
それどころか・・・



表彰式待ちのペターが、その辺をウロウロしているもんだから
かなりの数の観客が、ポディウムのオジエに目もくれず
ペターに釘付けになっている有様(笑)
オジエにはちょっと気の毒だったけど、空気読まずに優勝しちゃった
君も悪いということで、まあ堪忍してくれ(^_^;)



上位3選手の表彰式。



続いてSWRCの表彰式。優勝はヤリ・ケトマー。
ケトマーは前回2008年は、SRTJの一員としてGr.Nインプレッサに乗ってましたね。
あの時も、PWRCを凌駕するほどの圧倒的なスピードを示していましたが
デイ3でリタイア。
フィエスタS2000に乗り換えた今回、相変わらずのパフォーマンスを示し
ぶっちぎりで日本初のSWRC優勝を決めました。



そしてPWRCの表彰式。
優勝は、トシ新井の早々のリタイアの後、終始安定してトップをキープした
GRBインプレッサを駆るパトリック・フローディンでした。
RJのPWRCでインプレッサが勝つのって、実はトシ新井が制した2005年以来なんですよね。
今回、新井さんも、しゅ~へい君も早々に居なくなって、なんとなくスバルの影が
薄いような錯覚をしていましたが、実はフローディンが
キッチリと仕事をこなしていたのでした。



そしてPWRCで見事に4位を獲得したのは、海外チームの代理として急遽参戦した
地元北海道のカマキョウ先生!



準備時間もなく、リストリクターも32φのままで我慢の走りを強いられましたが
高橋巧さんの好アシストもあり、好成績につながりましたね。
雪風さんや、おかもとさん始め、サービスの方々もお疲れさまでした。

ブログ一覧 | RJ2010 | 日記
Posted at 2010/09/21 19:31:17

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

えっ、雪積もってる❄️
真夜中の銀狼さん

こまスぺ施工とヘッドライトコーティ ...
文鳥こまろさん

~紀伊半島ぐるっと旅~ Day1
Y@Kさん

岡山 大名庵の特上海鮮丼 極
ぢ~ぢさん

久しぶりのプチオフ!…(2019. ...
hiro-kumaさん

BMWからのMercedesとVW。
ネコショウグンさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

レガシィ乗り継いで3台目になりました。 WRC、全日本ラリー等の観戦記を色々書いています。 ブログ→リンクに掲載してあります。 横向き隊会員NO.00...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

2012 APRC Malaysian Rally 
カテゴリ:観戦記
2012/08/04 09:16:23
 
2010 WRC Rd.10 Rally Japan 
カテゴリ:観戦記
2010/12/22 22:05:40
 
2010 F1GP Rd.16 JAPAN 
カテゴリ:観戦記
2010/10/20 20:52:40
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
白のターボに戻りました。 2009年3月29日納車
スバル R2 スバル R2
フェイバリットエディション (スバル発売50周年記念特別仕様車) アジュールブルーパール ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
学生時代BG5GT-Bに憧れてましたが買えるはずも無く、 就職してから必死に金貯めてBH ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
初めて自分のお金で買った車。 初めて乗ったスバル車です。 1999年12月26日納車~ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.