• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もとじのブログ一覧

2006年11月26日 イイね!

ミミミ?

ミミミ?・・・ではありません(笑)

大工本番まで残り一ヶ月を切りまして
週末は練習の為コンサートホールに通ってるわけですが、
またもこんな並びになっちゃいました(^^;

因みにここはGDA乗り某君の家のそばのホール駐車場。
Posted at 2006/11/26 23:52:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | オケ | 日記
2006年11月26日 イイね!

キリ番

キリ番今年2度目のキリ番報告です。
前回から10ヶ月チョイで、11,111km走破ですか。
まあ北海道行ってるんでしょうがないですけど
1000km強/月はちょっと多いかな?
前車の下取り暴落で過走行は懲りたはずなんですが・・・
Posted at 2006/11/26 23:42:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2006年11月23日 イイね!

ミシェル・ナンダン スズキへ!!

歴史に残る名ラリーカー、プジョー206WRCのデザイナー
ミシェル・ナンダンが、何とスズキワールドラリーチームに
加入しました!!

プジョー206WRCといえば、WRC通算24勝をマークし、
マーカス・グロンホルムに2度の栄冠をもたらしたほか、
パニッツィ、オリオール、ロバンペラらに勝利をプレゼントした
まさに名車中の名車である。

206に比べると影が薄いが、後継車の307WRCも勿論彼の作品。
のみならずかつてはTTEにも在籍し、セリカST185&205、
さらにカローラWRCの開発にも携わっており、
ラリーカーデザイナーとしてまさに当代髄一の人物と言っても
過言ではないでしょう。

そのナンダンがSX4WRCの開発に加わるということで、
これはかなりの戦闘力が期待できるのではないでしょうか!

あわせてスズキは、ヨーロッパでの本拠地を
ハンガリーではなくフランスに置くことも決定。
ナンダンの加入とあいまってフランス色がグッと濃くなったとともに
スズキが本気で世界チャンピオンを狙っていることがわかりますね!

こうなるとドライバーの方も大物の加入が十分期待できます。
マルコ・マルティンのカムバックか?
それとも以前からの噂通りマーカス・グロンホルムかな?

蒼いチームが長期低迷する中、久々の明るいニュースでした♪

「Love WRC People!」にトラックバックしています
Posted at 2006/11/23 22:40:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | WRC | 日記
2006年11月22日 イイね!

謎の工場・・・

初めてそこを通ったのは今から6年も前のことだった。
以来その前を通るたび、いつも気になっていたのだが
今回、はじめて車を止めて近づいてみた。

群馬県吉井町の、田舎道沿いに存在するある工場。
この日は休みだったのかシャッターが閉まっており
人の気配もない。
看板らしきものも見当たらず、何屋さんなのか本当にわからないのだが。

敷地の道路端にこんなものが放置されている。






10年前、全日本ツーリングカー選手権(JTCC)にトムスから参戦していた
トヨタエクシブと思しき車両である。
ウィンドウにはミハエル・クルムの名が記されている。
エンジンも駆動系も脚周りなどもまったく無く、
本当にドンガラのボディシェルだけなのだが、
びっちり張り巡らされたロールケージや、大きく切り取られたタイヤハウスから
このクルマが「本物」であった匂いがプンプン漂ってきます。

しかし何でこのクルマがこんな所に何年も放置されているのだろう?
謎は却って深まってしまった・・・

しかもこれで終わりではない。
工場裏手のヤードに、見かけたことのあるカラーリングのクルマが
置かれているのが目に留まった。
近づいてみるとそれは・・・







クスコカラーのラリー車!
どうやら丸目のGDBのようである。
そしてウィンドウのドライバー名に目をやると・・・







裕矢のマシンだっ!!

今年、全日本ラリーで初優勝を飾った炭山裕矢選手が
かつて乗っていたマシンに違いない。
だいぶ変わり果てた姿になってはいますがね(^_^;)







ボンネットのプラークがこのクルマのものであるならば
どうやらラリー北海道2003に出場したマシンのようである。
ちなみにこの時の炭山選手の成績は・・・・
この有様を見れば言わなくてもわかりますよね?(笑)

ああ因みに私は廃墟マニアじゃないよ(謎爆)


しかし敷地内をよく見ると、キャロッセのステッカーが貼られた
積車は止まっているし、工場内には補強作業中のホワイトボディはあるし
そのくせ目立った看板は見当たらないし、
「ホンモノ臭」と「謎臭」がプンプン漂うこの工場・・・

いったい何者なの???

どなたか真相ご存知の方、情報くださいm(_ _)m
Posted at 2006/11/22 22:57:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ | 日記
2006年11月18日 イイね!

山梨へ・・・

デジイチの売主の方が清里へ行くとのことで
お供することにしました。
特に集合時間とか細かく決めていなかったのですが、
須玉からR141を上っていくと前方に・・・



ターゲット発見です(笑)

こんな偶然もあるものですね。

しかしこの獲物、私ごときにロックオンを許すはずもなく
登坂車線が現れるや否や・・・

「ブシューーーーーンッ!!」

とクルマとは思えないような音を発して地平線の向こうへ去りました(汗)


一足遅れてROCKに到着。



カレー( ゚Д゚)ウマー



出来ればWRCラリーオーストラリアで見事完走を果たした
F木さんに土産話でも聞かせてもらおうと思ってたのですが、
油を売るヒマも無いほどの超多忙だったので
挨拶だけしてまたの機会にしました。

ここからはホスト役の売主に観光案内して頂きました。

まずは野辺山の電波天文台。



直径45メートルの巨大なパラボラなのですが、真上を向いてしまっているので
いまいち雰囲気が伝わりませんな。
左隅に小さく写ってるのは、超広角レンズで撮影中のホスト役(笑)

八ヶ岳は雪を被ってました。
てかここら辺自体、今にも雪が降りそうに寒いです・・・(-_-;)



蒼い人御用達(?)の売店も休業モード・・・



野辺山といえば外せない(?)のがココ。
日本の鉄道最高地点ですな。



偶然キハ110が通過したのですが、いきなりの事で上手く撮れませんでした orz

野辺山・清里エリアを後にして一路甲府へ。
ここで、せバブル殿と合流(w
さっき食ったばかりのような気もしますが、夕飯へGO!(^^;



ここで頂いた数々の料理は、別掲の立派な画像をご覧ください(^^;
どれも美味でしたが、牛肉のカルパッチョが個人的にベストでした!

食後は夜景の素晴らしい温泉へ。
ぬるめの露天風呂にダラダラと浸かった後、お二人と別れ帰路に着きました。
帰りの中央道は、いつぞやの全国オフの帰り、
某氏とのランデブーを彷彿とさせるような快調ペースでした(爆)

てなわけで、思いつきでフラッと行った山梨でしたが
なかなか上手いもの豊富で楽しかったです♪
春になったらまた行こうっと!
Posted at 2006/11/20 23:33:42 | コメント(6) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ

プロフィール

レガシィ乗り継いで3台目になりました。 WRC、全日本ラリー等の観戦記を色々書いています。 ブログ→リンクに掲載してあります。 横向き隊会員NO.00...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2006/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

2012 APRC Malaysian Rally 
カテゴリ:観戦記
2012/08/04 09:16:23
 
2010 WRC Rd.10 Rally Japan 
カテゴリ:観戦記
2010/12/22 22:05:40
 
2010 F1GP Rd.16 JAPAN 
カテゴリ:観戦記
2010/10/20 20:52:40
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
白のターボに戻りました。 2009年3月29日納車
スバル R2 スバル R2
フェイバリットエディション (スバル発売50周年記念特別仕様車) アジュールブルーパール ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
学生時代BG5GT-Bに憧れてましたが買えるはずも無く、 就職してから必死に金貯めてBH ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
初めて自分のお金で買った車。 初めて乗ったスバル車です。 1999年12月26日納車~ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.