• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もとじのブログ一覧

2010年06月28日 イイね!

スーパー耐久第4戦SUPERTEC

スーパー耐久第4戦SUPERTEC富士で行われたスーパー耐久第4戦SUPERTEC
に行ってきました。
S耐を見るのは実は初めて。
厳密には10年くらい前に予選だけ見に行ったことありますが。

S耐についての予備知識もほとんど無かったので
公式サイトっぽいのを見たんだけど、なんかイマイチだった・・・
クラス分けとかよくわかんないし。
Z4が強いってのと、GTドライバーも結構いるというのはわかりましたw

今回の目当てはなんといってもR35GT-R。
スポット参戦とはいえ体制はニスモワークスで
ドライバーは影山正美、田中哲也、星野一樹という反則のような布陣(^_^;)
市販のR35GT-Rに準拠したレーシングカーって
実は今回のこのS耐仕様のマシンだけなんですよね。
(スーパーGTは市販車と全く関連の無いプロトタイプカーだし
 FIA-GTはたしか5.6リッターV8、シーケンシャル6速のFRだったはず)
エンジンは3.8リッターV6ツインターボ、ミッションもツインクラッチのパドルシフト、
トランスアクスル式の4WDなど市販車同様の構成で、
競技使用でどんなパフォーマンスを見せるのか興味深いところであります。
ただ車重の重さがネックなんだよね・・・

さて、当日はS耐なんでそれほど観客多くないだろうと思い(^^;
11時前くらいにサーキット入り(決勝スタートは13時)。
にも関わらずグランドスタンド裏に車置けた(汗)
GTでは考えられんゆるさだw

パドックをウロウロした後、雨が本降りになったので
グランドスタンド2階に退避。
しかしこのスタンド席が、あちこち鳥糞だらけで
全体の3分の1くらい座れなくなってた(-_-メ)
ビッグレースの時くらい、しっかり清掃しておいて欲しいものです。

雨が強いので予定より早い12時55分にSC先導でスタート。
ローリングを2周してグリーンシグナルです。



レースは#1 Z4が逃げ、#8 ポルシェが追う展開ですが
期待のGT-Rはペースが上がらず、前2台を追うどころか
ST2のエボ9にも抜かれるありさま・・・
後で聞いたところによると、ヨコハマワンメイクのレインタイヤが
上手くマッチしていなかったようですね。
そのため雨が小止みになったところで、スリックタイヤに交換。
ところが再び雨が強くなったため、再度ピットインしてレインに戻す。
この一連のドタバタで、スタートからわずか30分で
GT-Rはあっという間に2周遅れに沈んでしまいました。



ここで雨っぷりのスタンド席に耐えきれなくなり車に移動。
ダンロップコーナーのコースサイドに車を乗り入れて
車内から快適にレース観戦します(^_^;)
でも場内FMもクリアに聞けるし、レース展開を把握するには
意外と便利だったです。
途中、数十分間記憶が無いのは環境が快適な故w

スタートから2時間半くらい経ったところで、雨は小降りになったんですが
今度は富士名物の霧がコースを覆い始めました。
2007年F1の記憶再来w
これはさすがに危険ということでSC導入。
このSCランは45分くらい続きました。
この間に1コーナーへ移動。
ここもスタンド裏に余裕で車を置けましたw

4時間レースの残り30分強でようやく霧が晴れレース再開です。
ここからのバトルが非常に面白かったですね。
トップの#1 Z4は、谷口信輝選手のドライブで独走状態。



僚友#28 Z4は、片岡龍也選手のドライブで2位につけてましたが
立川祐路選手駆る#8 GT3の猛追を受け2台がバトル状態。
このバトルは立川選手が勝ち、2位GT3、3位Z4という結果になりました。



ST2クラスでは、1月に佐久で「雪道体験ドライブレッスン」を受けた時の
講師だった村田信博選手もドライブしていたエンドレスCS-Xが1位を走行。



しかしながら2番手から追い上げてきたRSオガワランサーの猛追を受け
残念ながら首位陥落となりました。



このST2クラスでは、東和インプレッサがクラス3位で表彰台を獲得しました。
正直、上位2台とは結構スピード差があったのですが、
それでもインプレッサが表彰台に立つのは案外嬉しいものです(笑)



他にもST3クラスではNSXとM3のバトル(M3の勝ち)と随所にバトルがあり、
1コーナーで見てたこともあってかなり楽しかったです。

また序盤、遅れをとったGT-Rですが、終盤小雨の中でスリックタイヤを履き
星野一樹選手が鬼のような走りで好タイム連発。
最後はこの日のファステストラップをもぎとっていきました。

このGT-Rですが、ダンロップの立ち上がりで見ていて思ったのは
トラクションの掛かり方、加速力は全マシン中ぶっちぎりの速さ。
ストレートの速さも文句なし。
ただブレーキはかなり辛そうで、1コーナーでは毎周ローター真っ赤っかで
それでもクリップにつけなかったり、ランオフに飛び出したりと
なかなか苦労しているみたいでしたねぇ。

でもこれ、熟成が進むとかなり手強いマシンになりそう。
以前のS耐はR34GT-Rが上位独占していましたが
R35が本格参戦したら、再びそういう光景が見られるかもしれませんね。

そんなこんなで4時間レースは終了。
ST3とか4もちゃんと追いたかったんですが、正直、事前情報不足だったのと
雨っぷりでガツガツレースを追う気にならなかったので、ちゃんと見れず残念。
晴れてればもう少しレース全体を楽しめたんですけどねぇ(^_^;)
まあしょうがないか。


Posted at 2010/06/28 23:33:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ | 日記
2010年06月28日 イイね!

高速道路一部無料化

高速道路一部無料化今日から高速道路の一部無料化の
社会実験が始まりました。
幸運なことにウチの周りには4路線ほどの
対象区間があったので、野次馬根性と貧乏性が
うずき、そのうちの3路線を走ってきました(^_^;)

まず意味も無く茅ヶ崎へ行き、そこから初体験の
新湘南バイパスへ。
無料化のせいかトラック、それも大型がやたら多い。
案の定、柳島から唐ヶ原までガッツリ渋滞(汗)

ま、そこは地元なので裏道で回避して
大磯から西湘バイパスへ。
海沿いを走るこの道は、いつ走っても気持ちがいいですね♪
しかしながらここでも大型トラックが多かったので
本来の予定ではそのまま箱根新道に行くつもりでしたが
上り坂で超低速走行に巻き込まれる恐れ大だったので
天気のよさも後押しして、このまま海沿いを行くことに。

西湘を石橋で降り、最近無料開放された
真鶴道路を通って熱海へ。
さらに熱函道路を経て修善寺へ。
友人宅の横を素通りしつつ冷川から、
期間限定で全線200円に値下げ中の伊豆スカイラインへ。
で、熱海峠~箱根峠から箱根新道、西湘経由で帰宅しました。
途中、箱根新道を下りながら反対車線を見ましたが
案の定、大型車の遅さに足を引っ張られ
かなり流れが悪くなっていました・・・

てな感じでこの高速無料化、ちょっとドライブを楽しみに行く分には
なかなかの恩恵を受けられることがわかりました。
これで小田厚が無料だったら完璧だったんだけどな(笑)

そうそう、無料化になったとはいえ、ETC車載器には
今まで通りETCカードを挿入しておいてください。
そうでないとゲートが開かなくて、立ち往生することになります。
実際、前の車がゲート突破していく光景を目の当たりにしましたし(-_-;)
ちなみに「料金は0円です」と表示されますw
Posted at 2010/06/28 17:24:51 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2010年06月28日 イイね!

F1ヨーロッパGP

いや~、昨夜は小林可夢偉の快走に
しびれまくりでした!

SC導入&ピットストップのどさくさで3位を得たとはいえ
そこから先は宿敵(?)バトンを寄せ付けず
(まあバトンも、可夢偉がいなくなるのはわかってたから
 無理をしなかったというのはあるでしょうが・・・)
終盤まで自力でポジションを守りきったのは立派だと思います。

ピットストップ後、9位で復帰し、普通ならこれで終わりとなるところ
2度のワールドチャンピオン、かつ地元のアロンソを突っつきまわし
そのアロンソと、さらにブエミまで料理して結果を残すあたり
やはり可夢偉は、人々に印象を残す選ばれしドライバーだと思いました。

もちろん素晴らしいパフォーマンスを提供した
ブリヂストンタイヤも賞賛に値すると思います。
来年からのピレリは、過去の実績から見るとウ〇コタイヤと思われ、
このような素晴らしい戦いが見れるか少々不安・・・(^_^;)

最後に、マーク・ウェバーの事故は背筋が凍りました。
近年のF1でスキッドブロックが露になるような事故は記憶にありません。
そしてフォーミュラカーでは、あのパターンに陥って
命を落としたドライバーの数は少なくないのです。
頭部むき出しのフォーミュラーでは、逆さ落しの危険性は
説明しなくてもご理解いただけると思います。
あれがコンクリートウォールの方に落ちていたら
タダでは済まなかったでしょう。

かつ、タイヤバリアにクラッシュした時の角度も
かなり危険なものだった。
ほんの数年前だったら、路面への着地時かバリアへの激突時の
どちらかで、カーボンモノコックといえど粉砕されていたでしょう。
近年のF1マシンの安全性を再確認したとともに
これは幾つかの幸運が重なった上での奇跡の生還であったことも
忘れてはならないと思います。
Posted at 2010/06/28 10:16:41 | コメント(3) | トラックバック(0) | F1 | 日記
2010年06月27日 イイね!

雨の富士

雨の富士スーパー耐久を見に富士に来てますが、結構な雨雨ですもうやだ~(悲しい顔)
外に出るのが億劫なので、コースサイドに止めた車の中から見てます冷や汗

期待のGT-Rはイマイチですねぇ。
S耐マシンのホイールナットって5穴なんだexclamation&question
タイヤ交換大変そう…あせあせ(飛び散る汗)
Posted at 2010/06/27 14:09:23 | コメント(6) | トラックバック(0) | モータースポーツ | モブログ
2010年06月26日 イイね!

バージョンアップ完了

サイバーナビの全データバージョンアップが完了しました。
今回の所要時間は10時間半くらいでしたね~。
これで青森行く事になっても問題なし。


・・・・・ん?w


ウチのはVH9000だから、無料バージョンアップはあと1回でお終いかぁ。
その後は放置することになりそう(笑)

で、毎度思うのですが、バージョンアップすると各種設定が
リセットされちゃうので、再設定しなきゃいけないんでしょねぇ。
年に何度もやらないから、設定値なんか覚えてないですよ(汗)
使いながらチョイチョイ修正していくことになりそう・・・

あ、そういや、今回エコなんとかみたいな機能追加されたな。
よくわかんないから、これから調べよう(^_^;)
Posted at 2010/06/26 12:39:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | 日記

プロフィール

レガシィ乗り継いで3台目になりました。 WRC、全日本ラリー等の観戦記を色々書いています。 ブログ→リンクに掲載してあります。 横向き隊会員NO.00...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

2012 APRC Malaysian Rally 
カテゴリ:観戦記
2012/08/04 09:16:23
 
2010 WRC Rd.10 Rally Japan 
カテゴリ:観戦記
2010/12/22 22:05:40
 
2010 F1GP Rd.16 JAPAN 
カテゴリ:観戦記
2010/10/20 20:52:40
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
白のターボに戻りました。 2009年3月29日納車
スバル R2 スバル R2
フェイバリットエディション (スバル発売50周年記念特別仕様車) アジュールブルーパール ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
学生時代BG5GT-Bに憧れてましたが買えるはずも無く、 就職してから必死に金貯めてBH ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
初めて自分のお金で買った車。 初めて乗ったスバル車です。 1999年12月26日納車~ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.