• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もとじのブログ一覧

2011年06月30日 イイね!

福島MSCCラリー観戦記 DAY2

6月12日(日)

早朝、余震があったようですが(白河は震度3でした)
眠気に負けて微動だにせず(←×)
朝食を済ませ、7時20分頃にホテルをチェックアウトしました。

30分程度でルネサンス棚倉に到着。
まずはパルクフェルメで各選手に朝のご挨拶です。

 フォトギャラリー12

朝の20分サービスもそこそこに次のリエゾン観戦ポイントに移動します。
MSCCの鮫川、古殿周辺は道幅が狭く曲がりくねっていて見通しも効かず
なるべく対向車に出くわしたくない道です。
今日狙っているポイントに行く為には、競技車のリエゾンルートを
逆走していく形になるので、余計なアクシデントを避けるためにも
競技車よりも先に移動したいという思いがありました。

ということで早々に移動開始したわけですが
ルネサンスを出てすぐのところで本日の2号車、奴田原号に遭遇。
まさか競技車を抜くわけに行きませんから、
適度な車間をあけて、鮫川までおとなしく後ろをくっついて行きました(^_^;)

棚倉から40分弱でSS8の出口に到着。
途中、道が険しくてアベレージが上がりませんでしたが
それでもなんとか00カーよりも先に到着できました。

 フォトギャラリー13
 フォトギャラリー14

スイーパーが行ったところで我々も即座に次の観戦ポイント
鹿角平観光牧場に設置されたラリーパークへ移動開始。
デイ2は距離が短いので、競技車が間を置かずすぐループしてくるので
タイスケ的には厳しいんです。
結果的にはギリで間に合いましたが、途中オンコースで牧場内を走ったため
(※別に公道上だから走っても構わないんですが)
ギャラリーの視線を浴びているような気がしてこっ恥ずかしかったです(^_^;)
ってか明らかに、我々の車を撮影の練習台にしている人もいたしw

 フォトギャラリー15

ここはロケーションもよく、素晴しい観戦ポイントでしたね。
出来れば占有取って、SSとはいかなくてもちょいハイアベくらいで
走ってくれると、より面白かったかも(素人の勝手な意見です(^_^;))
それとかレストホールトにして15分くらい選手を留めるとか。
惜しいのは告知不足(※非公式ブログでしか紹介されていなかった)
のため集まったギャラリーが少なかったことですね。
来年も期待したいところですが、三株牧野が復活すれば
そっちに客は流れるから、両立は難しいのかなぁ・・・

 フォトギャラリー16

終盤、若干のアクシデントで進行が中断しましたが
無事競技再開され、全車通過したところで我々もルネサンスへ戻ります。
タイスケ遅れの関係で、ギリギリ00カーよりも先に帰還できました。

そしてセレモニアルフィニッシュ。
例年、三株牧野との兼ね合いでフィニッシュが見られなかったんですが
今年は念願叶って(?)やっと立ち会うことが出来ました(笑)

 フォトギャラリー17
 フォトギャラリー18
 フォトギャラリー19
 フォトギャラリー20

その後、なんやかんやで時間が空いたあと表彰式が行われ、
17時を大幅に過ぎてようやく棚倉を後にすることが出来ました。
帰りの東北道は、1000円高速の終わりが近づいていることもあってか
2~3ヶ所にわたり計20km余りの渋滞に見舞われました。
もっともいつもの東北道の混み具合から考えれば、
この程度は大した渋滞じゃないんですけどね。

そういえば白河で高速を乗ったとき、直前の車が
奴田原さんが運転するディアマンテだったので
しばらく後ろについて走ってましたが
渋滞に巻きこまれているうちに見失いました(^_^;)

なんだかんだで20時40分頃、東京駅着。
ここでヒサさんとお別れです。
その後、夕食を摂って神奈川の自宅についたのが23時頃。
ほどなくして愛知のヒサさんからも帰着のメールが届きました。
新幹線って乗ってしまえばやっぱり速いですな(笑)

こんな感じの、今年の福島MSCCラリーは、
14年ぶり全日本参戦の新井選手が、辛くも逃げ切って優勝を遂げました。
しかし奴田原選手、勝田選手も完全に互角に戦っていて
おかげでなかなか見ごたえのあるラリーになったと思います。
来年は、ぜひ三株牧野の復活を望みたいですね。

Posted at 2011/06/30 00:32:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | Rally | 日記
2011年06月29日 イイね!

福島MSCCラリー観戦記 DAY1

6月11日~12日に行われた全日本ラリー選手権第4戦
がんばろう!福島MSCCラリーを観戦してきました。
私自身、今季初の全日本観戦は、全日本エキスパートのヒサさん、
S夫妻と一緒の楽しい観戦になりました。

6月11日(土)

朝3時45分起床→4時出発。
朝が非常に弱い自分にとって、モータースポーツ観戦は実に過酷です。
4時半に新宿ワシントンホテルへヒサさんをお迎え。
そこから首都高~東北道経由で今ラリーのホストタウン、
福島県は棚倉に向かいます。
道中、外は大雨で、ワイパーは最速にしないと見えないほど。
こんな雨じゃちょっと外で観戦するのはかったるいなぁと思っていましたが
白河で高速を降り、棚倉へ向かう国道を走っているうちに
雨が小降りになってきて助かりました。
同乗のヒサさんは、自分の晴れ男パワーだと豪語しております(笑)

棚倉へ向かう途中のコンビニで、偶然S夫妻と合流。
S夫妻ご自慢のRA-Rですが、なんと高速で落下物を巻き込んでしまい
フロントリップとフロントバンパーが無残にも破損していました。
そのため何となく元気がない様子のS夫妻でした。
そういえば棚倉への国道は、ところどころ大きな段差があったり
(何度かフルバンプしました(T_T))、路面がうねっていたり
歩道や路肩が崩れていたり、瓦が落ちて屋根にブルーシートが張られていたりと
震災の影響を感じさせられずにはいられませんでした。

そんなこんなで7時40分頃、ルネサンス棚倉に到着。
スタート前の各チーム、選手にご挨拶しようと
サービスパーク内をプラプラしているうちに
いつの間にか8時を過ぎていて、1号車の勝田選手がいなくなってました(^_^;)
急いでTC0に移動し、2号車以降のスタートを見送ります(笑)

 フォトギャラリー1
 フォトギャラリー2
 フォトギャラリー3

あらかた見送ったところで隣接のギャラステへ。
残念ながら今年はだいぶギャラリーが減っていましたね。
おかげでというわけでも無いですが難なくポジションキープ。





いつものことですが、前SSでアクシデントが続出し
このギャラステへの競技車の到着は段々まばらになっていきます(^_^;)
そしてとうとう「次の競技車は40分後で~す」という放送が流れたので
いいかげん雨も強くなってきたこともあり
ギャラステを中座することにしました。
とりあえず隣接のサービスパークに行ってみたものの
ここは20分サービスでかつリグループもないため
JN4上位陣は既に次SSへ行ってしまってもぬけの殻だったので
我々も競技車を追ってリエゾンへ出ました。

リエゾンの目的地は塙リフューエル。
僕自身が場所をよく把握してなかったので不安だったのですが
ルネサンスを出た最初の信号(セブンイレブンのところ)で
明治選手のサトリアネオに遭遇。
これ幸いとサトリアの後ろにピッタリくっついて行って
難なくリフューエルまでたどりつけました(笑)

数十分の休憩のち、SS3を終えた競技車が続々登場。

 フォトギャラリー4
 フォトギャラリー5

このポイントもサトリアネオまで見届けたところで撤収。
途中、昼食を挟んでからルネサンスに帰還。
タイミングよくセレモニアルスタート(競技途中なのに?)
が始まるところでした。
この頃には午前中の雨もすっかり上がり
日が出て気温が上がってきてかなり蒸し暑くなってました・・・

 フォトギャラリー6
 フォトギャラリー7
 フォトギャラリー8
 フォトギャラリー9

全日本を見送ったところで、隣接のギャラステへ移動。
朝方のSSで見られなかったJN2以降と東日本の走りを見ました。





朝がたからの観戦でいい加減疲れてきたので
HQ周辺でぐったりと休息。
小一時間して競技車が帰ってきたので再び行動開始。

 フォトギャラリー10



デイ1最後のサービス。

 フォトギャラリー11

あ、言い忘れてましたが、例によってタイスケは約1時間押しでした(笑)
陽が長いので騙されがちですが、なにげに時計は19時を回ってます。
全日本勢があらかたパルクフェルメインしたところで我々も撤収。
今回は宿を新白河に取ったので移動が長い(約30km)んですよねぇ。
東横インにチェックイン後、周辺の居酒屋でデイ1.5開催♪
今回入った居酒屋はメニューも豊富で値段も手ごろで、
味もまあまあで概ね高評価でしたね。
こうして腹も満たしたところで本日終了。

Posted at 2011/06/30 00:24:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | Rally | 日記
2011年06月26日 イイね!

ニュル24時間レースでWRX STI優勝!

世界最大の草レースとも言われるニュルブルクリンク24時間耐久レース
において、GVB型WRX STIが見事にクラス優勝を達成しました!!
国際モータースポーツ界において日本勢、久々の吉報ではないでしょうか!

今年のオートサロンでSTIの辰巳さんから、「今年は優勝を狙う!」と
聞いたときには半信半疑だったんですが、いま素直にあやまります(笑)
それにしても推測するに、このプロジェクトは決して潤沢な資金に恵まれた
ものではなかったと思うんですね。
おそらくドイツ勢は豊富な資金力に支えられての挑戦だと思うんですが
少ない予算でそこに立ち向かっていって勝利を達成したSTIの各スタッフには
本当に心から敬意を表したいと思います。

ちなみに最後、tv.audiとSTIのユーストの2画面で見てたんですが
総合優勝のポルシェの真後ろにSTIがついてゴールしてましたね(笑)
おかげで全世界にWRX STIの雄姿を届けられたのではないかと思います。
そしてまた、このシーンを見て、20年前のルマンで
マツダが優勝した場面を思い出しました。
と同時に感動で涙がこみあげてきたのは歳のせいかな・・・

ともかくSTIのドライバー、スタッフ、関係者のみなさん
優勝おめでとうございました!
そして感動をありがとうございました!!
Posted at 2011/06/26 23:28:07 | コメント(5) | トラックバック(0) | モータースポーツ | 日記
2011年06月26日 イイね!

MSCCフォトギャラアップ中

STIのニュル24時間ストリーミング配信を見ながら
先々週行われた全日本ラリー選手権第4戦
がんばろう!福島MSCCラリー2011の
フォトギャラリーを更新中です。

今回、首痛の影響で一眼を使ってない
すなわち走行写真を撮ってませんがご了承ください。
とりあえず画像のアップは終わり、
現在、順次コメント付けをしています。
今日中に終わるかなぁ?

それにしてもSTI、このままの順位で残り時間
頑張って欲しいものです。
Posted at 2011/06/26 16:48:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | Rally | 日記
2011年06月25日 イイね!

丸和にて…

丸和にて…先月の全日本ダートラ丸和の抽選会でゲットしたもの。
昨年のAPRCチャンピオン田口勝彦選手のサイン入りフォルテックのTシャツと、ヨコハマタイヤのTシャツです指でOK
いま思えば、ヨコハマの方にアジアカップウィナーのサイン入れて貰えばよかった冷や汗
さんざ現地で一緒だったんだから。
なおこちらの方もチャリティーということで、若干の寄付をしてきました。
Posted at 2011/06/25 15:27:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | ダートトライアル | モブログ

プロフィール

レガシィ乗り継いで3台目になりました。 WRC、全日本ラリー等の観戦記を色々書いています。 ブログ→リンクに掲載してあります。 横向き隊会員NO.00...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

2012 APRC Malaysian Rally 
カテゴリ:観戦記
2012/08/04 09:16:23
 
2010 WRC Rd.10 Rally Japan 
カテゴリ:観戦記
2010/12/22 22:05:40
 
2010 F1GP Rd.16 JAPAN 
カテゴリ:観戦記
2010/10/20 20:52:40
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
白のターボに戻りました。 2009年3月29日納車
スバル R2 スバル R2
フェイバリットエディション (スバル発売50周年記念特別仕様車) アジュールブルーパール ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
学生時代BG5GT-Bに憧れてましたが買えるはずも無く、 就職してから必死に金貯めてBH ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
初めて自分のお金で買った車。 初めて乗ったスバル車です。 1999年12月26日納車~ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.