• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

もとじのブログ一覧

2013年05月20日 イイね!

ご連絡

先月に引き続き、またもスマホがぶっ壊れました。
明日、終業後にドコモショップ行って対応してもらうまでの間、
携帯での連絡が一切出来なくなりますのでご了承ください。
あと、この1ヶ月くらいの間に登録した電話番号、メールアドレスは
すべて吹っ飛んだと推測されますので、
改めてまたお伺いすることになると思います。

それにしても本当に不具合多いな、ARR○WS X F-05d・・・

Posted at 2013/05/20 21:55:22 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2013年05月16日 イイね!

ホンダF1復帰!!

ホンダF1復帰!!ついにホンダがグランプリシーンに帰ってきます!
かつて黄金期を築いたパートナー、マクラーレンとタッグを組み
2015年シーズンからF1に復帰することが正式発表されました!

我々の世代は青春時代(w)をホンダ黄金期とともに過ごしたため、
ホンダがF1に参戦するのは当たり前、
かつホンダはF1で勝ち続けていなければならないと
無条件で盲信しているのであります(笑)
今の20代より若い人には分からない感覚だろうなぁ。

そんな我々から見れば第3期の活動は、どう擁護したって
失敗としか言いようのない惨憺たる有様だった。
個人的な憶測ですが、欧州勢に嫌われないように上手くやっていこうと
協調とか融和とかいう言葉を隠れ蓑に、イイ子に振舞おうとしすぎたため
金ばかりいいように搾取されて、目立った結果も残せず仕舞い。
欧州勢にしてみればホンダは彼らの脅威になり得ないから
そりゃ見た目フレンドリーに接してくれますわな。

1期や2期のホンダはそうじゃなかったよね。
ただひたすらに勝つことだけを考えて、昼も夜もがむしゃらに走り続けていたよね。
だから我々はホンダの戦いぶりに、あれほどまで興奮し感動を覚えたのだと思います。

あまりに勝ちすぎると欧州勢に嫌われる?
それは彼らがホンダを真の脅威と捉えている証拠でしょう。
実に結構なことじゃないですか。
1期や2期のホンダは、確かに欧州勢の圧力を受け、
嫌がらせまがいのことも散々くらっていましたが、
それらを正面から受け止め全力で戦ったからこそ
世界中から大いにリスペクトを集めたのだと思います。
だからホンダが今でもF1界のレジェンドとして
その名を燦然と輝かすことができるのでしょう。

ホンダが強すぎるとルールを変更される?
それは欧州勢が実力ではとてもホンダに敵わないと認めた証でしょう。
実に光栄なことじゃないですか。
かつてF1がターボ禁止になった時、故本田宗一郎御大はこう言いました。
「やつら馬鹿だな。レギュレーションを変えれば変えるほど、
ウチが有利になるばかりじゃないか」 と。

第4期活動に携わるみなさま、是非あの頃のホンダスピリットを思い出して下さい。
そして再び、ホンダ黄金期を築いてください。
日本が世界を席巻していた、あの頃の誇りを取り戻せるように・・・
Posted at 2013/05/16 21:29:42 | コメント(5) | トラックバック(0) | F1 | 日記
2013年05月12日 イイね!

GW四国旅行記

GW四国旅行記ご案内のとおりGW後半5日間は四国愛媛まで
久万高原ラリーを観戦しに行ったわけですが、
ラリー観戦だけで往復1600kmも走るのは
さすがに勿体無い(^_^;)
ということで丸一日は観光に充てました。
なお道中の供は
←の副音声・・・

ということで必然、どうでしょう色の濃い旅となります(笑)

渋滞を避けるため2日の午後に出発し、翌早朝に淡路島到着。



ちょうど大阪へ向う阪九フェリーが明石海峡大橋の下を通過していきました。



鳴門海峡を渡っていよいよ四国上陸です。



四国といえばやはり八十八ヶ所巡礼。
もちろん信仰心は希薄ですし、全部廻る気は毛頭ないですが
通り道に一番札所があったら素通りするわけにはいきませんよね?(^_^;)



ということで一番、霊山寺!



二番、極楽寺!



三番、金泉寺!



四番、大日寺!



五番、地蔵寺!
餅撒きはしてませんでした(笑)



六番、安楽寺!



七番、十楽寺!



八番、熊谷寺!



九番、法輪寺!
この辺りから道がわかりにくくなってきた・・・



十番、切幡寺~!
ここは330段の険しい階段を登ります。
そして境内からは早くも絶景が望めます(笑)



ここから一気にワープして、八十八番、大窪寺!



まあ地図を見ればわかるんですが、十番札所から八十八番札所までは
車で30分もかからない距離なんですよ(^_^;)
ただどうでしょう班は、絵ハガキの旅でこのズルをやったがために
この後、3回も八十八ヶ所を廻る羽目に陥っていますから
私もいずれは四国に引き戻されるかもしれません(怖)

八十八番まで廻った後は、本場の讃岐うどんを食べに行きました。
しかしどうでしょう班イチオシの山越さんは、GWということもあり
駐車場に車を止めるだけでも何時間掛かるかわからない程の行列。
なので山越は諦めて、こちらもD陣おすすめのなかむらに向いました。
こちらはかろうじて車は止められたものの、ご覧の行列・・・



ここまで来た以上、半ば意地で並びましたが、これが遅々として進まず
結局うどんにたどり着くまで100分を要しましたorz

でも出てきたうどんは旨かった!!



なかむらさんは丁度、讃岐富士のすぐそばに在ります。



少し移動して善通寺へ。ここは弘法大師のご生誕地とのことなので
素通りするわけにはいかないかなと思った次第。



ちょうどこの連休中、重文の五重塔が一般公開されていたので
貴重な機会ですから五重塔に登ってきました。



また少し移動して、寛永通宝の銭型砂絵が描かれている琴弾公園へ。
子供の頃、テレビの銭型平次で見て、いつか行きたいと思ってましたが
やっと実物を見れました(笑)



琴弾公園のすぐそばには、一ヶ所に二つの札所があるラッキーポイント、
六十八番、神恵院と六十九番、観音寺があります。



ここから高速でガッツリ移動して、夕暮れ時に今治城到着。



この城を築いた藤堂高虎像と天守閣。



この城は濠に海水を引いているのが特徴です。
それにしても美しい城ですね。



ちなみにバリィさんの存在を知ったのは帰宅後のこと(^_^;)
知ってればなんかグッズ買ってきたのになぁ。

これで松山入りして観光モードはほぼ終了。
翌日と翌々日はラリー観戦モードに入ったのですが、
ラリーが行われた久万高原町には、四十四番と四十五番札所があります。
四十五番、岩屋寺は、昨年参詣済みでしたので、
今年はラリーの合間を縫って四十四番、大宝寺を参詣してきました。



久万高原ラリーも終わり、5日の夕方、自宅へ向けて出発。
ちょうど日が暮れた頃に瀬戸大橋を渡りました。



絵ハガキの旅で大泉先生が「ちゃ~んこちゃんこちゃんこ♪」と歌った
あの光景です(笑)

6日未明、山陽道三木SAにて休憩中の某キャリアカーに遭遇。



夜通し走り、一夜明けて新東名、駿河湾沼津SAに到着。
自宅まではあともうひとっ走りです。



久万高原ラリーのベース、美川スキー場を出てから17時間、
860kmの道のりを経て自宅に到着しました。



総走行距離は1920km。平均燃費は13km/Lを軽々超えました。
長距離運転しても疲労は少ないし、パワーはあり余ってるし
BPレガシィは本当にいい車ですね。
というわけでお疲れ様でした。
Posted at 2013/05/12 18:22:20 | コメント(4) | トラックバック(0) | どうでしょう | 日記
2013年05月11日 イイね!

鎌田卓麻選手がBRZで全日本ラリーに参戦!?

鎌田卓麻選手がBRZで全日本ラリーに参戦!?Rally Do!さんのブログを読んでいて
気になる記述を発見しました。
なんと鎌田卓麻選手がBRZで
全日本ラリーに参戦するというものです!

鎌田選手といえばカローラWRカーをドライブした経験を持ち、
インプレッサでのPWRCやAPRCへの参戦経験も豊富。
2004RJではGr.N2位、2008RJではPWRC3位の成績を残しています。

全日本では2005年にチャンピオンまであと一歩のところまでいき
近年でもJRCにスポット参戦しては、総合優勝も十分狙えるほどの
パフォーマンスを示してくれています。

一方、車両製作はAKTエンジニアリングが担当とのこと。
86の方は昨年からJRCに述べ8台(かな?)が姿をみせていますが
BRZについてはモントレーで1台がスポット参戦しただけで
スバルファンには寂しい限りでした。
それがここへきて、AKTさん製作のBRZを鎌田選手がドライブするとあっては
そのパフォーマンスについては大いに期待せざるを得ません!

デビュー戦は第4戦洞爺を予定とのことですが
ここは是非スバルのお膝元、第5戦モントレーにも参戦して欲しいですね!

あ、でもその場合僕は、クスコ86とAKT-BRZのどちらを応援すればいいのだろう?(^_^;)

※画像は昨年のモントレーの0カーで、AKTさんのマシンとは関係ありません
Posted at 2013/05/11 11:03:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | Rally | 日記
2013年05月10日 イイね!

マツダのアイテナリーを見て・・・

次戦、福島MSCCラリーの観戦プランを検討しはじめたのですが
今年は日曜のギャラステが無く、土曜のルネサンス×2だけ。

それは仕方ないにしても、昼のセレモニアルスタートを見ていると
ルネサンス1を見ることがほぼ不可能なことに気づきました。
といってルネサンス2は日没間近の夕暮れ時のスタート・・・
ギャラリー的には少々厳しい設定ですね。

できることなら例年のように、
ルネ1→サービス→リグループ→セレモニアルスタート
としてくれると、SSもセレモニアルも両方見れて
ギャラリー的には嬉しいんですけど。

はるばる福島まで出向いて、観戦料も払うわけですし
何とかご一考いただけないものでしょうかね?(^_^;)
Posted at 2013/05/10 19:30:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | Rally | 日記

プロフィール

レガシィ乗り継いで3台目になりました。 WRC、全日本ラリー等の観戦記を色々書いています。 ブログ→リンクに掲載してあります。 横向き隊会員NO.00...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

2012 APRC Malaysian Rally 
カテゴリ:観戦記
2012/08/04 09:16:23
 
2010 WRC Rd.10 Rally Japan 
カテゴリ:観戦記
2010/12/22 22:05:40
 
2010 F1GP Rd.16 JAPAN 
カテゴリ:観戦記
2010/10/20 20:52:40
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
白のターボに戻りました。 2009年3月29日納車
スバル R2 スバル R2
フェイバリットエディション (スバル発売50周年記念特別仕様車) アジュールブルーパール ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
学生時代BG5GT-Bに憧れてましたが買えるはずも無く、 就職してから必死に金貯めてBH ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
初めて自分のお金で買った車。 初めて乗ったスバル車です。 1999年12月26日納車~ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.