• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

3yoのブログ一覧

2015年09月26日 イイね!

見事にハマっちまった orz

見事にハマっちまった orz毎年新しい機種が出てたけれど、ヲッサンはずっと iPhone 4S で過ごしてまいりました。
まあ、換える必要性を感じなかったからねー

そんなヲッサンに柔らか銀行は業を煮やしたのか、\10,000 引いてやるから乗り換えなよーってのを送ってきまして、マンマとその罠にかかってしまいました。
で、届きました iPhone 6S 。
ここまでならまあ、なんてことない機種変更の自慢話になりますが、本番はここから(笑

ケースを開けて、(4Sと比べて)デケーとか文句をいいつつニマニマしながら、さてデータの移し替えを、と。
4S を完全バックアップし、6S にアップデート作業。
しばらく待ってると、サクッと転送完了、ほうほう Apple には珍しくスムーズに終わったなあ… と感心しながら、初期設定に取りかかりますと。
作業の途中で > スライドでアップグレード の画面が出たところでハングアップ orz
あちゃー、やっぱ Apple クォリティ、ちゃんとこういうの仕込んでるわなw と変に安心(爆

早速リセットして次に進めようかい とやってみても、先のページからウンともスンとも…
えっ、マジか!?
ここでウチ固有の事態ではないのかな、とネットで検索すると、でるわでるわ orz
全世界的にエラい目に遭ってるヒトがたくさん…
メジャーバージョンアップ / 新機種は様子見でってのは鉄則ですが、どうにもならなくなるようなひどい状況までは考えてなかったもんで、その辺のリサーチは全くしてなかったんだよなー

結局 2時間以上格闘してやっとこ使えるようになりました。
ヤレヤレ(^^;
にしても、PC のないヒトはどうやって抜け出したんだろうねえ、この問題。
Posted at 2015/10/14 22:17:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | PC / アプリ | 日記
2015年09月21日 イイね!

「動く」ことへの思いを感じるねえ

「動く」ことへの思いを感じるねえ当てられっぱなしだったロックハート城を後にし
本日最後の訪問地へと向かいます > からくりおもちゃの美術館。
ただ「おもちゃ」となってるものの、分類的にはオートマタが正解のような気が。

一部 R17 を走るものの、全般的にはローカル路線。
おかげで、渋滞なんてのは全くない田舎な山道をサクッと走って、それでも約 40分程度、思ってたより距離があったなあ。
到着した場所は、イメージ通りのこじんまりした建物。
その割に広めの駐車場となっていて、訪れるヒトは結構多いのかも… なんて想像してしまいます。

ちょっとオシャレな茶店風のエントランスを進むと、そこは受付 & ミュージアムショップ。
本尊のミュージアムは一度建家を出て、庭を通って次の棟らしい。
早速に向かう、その途中にも木製の人形が飾られていて、いい雰囲気出してます。
先へと歩いていくと、緑に囲まれた白い建物がすぐ見えてきて、そこには、小さな扉とカラーガラスをあしらった洗い出し。
その入口をくぐると、もうそこはオートマタの世界。

建物自体が木を生かしたインテリアになっていて、木製の作品と巧くマッチ。
どちらかというとコンパクトな作品が多いけれど、その分作り込みは半端ナシ。というか、作品毎の「動かすこと」への情熱ってのがスゴく伝わってくる。どれもクルクルとつまみを回すだけなんだが、一つひとつの何気ない動きや、そう来るか! って思わずうなるアクションなど、キャストと電子部品で作られた今のオモチャとは異なる、素材と歯車で工夫した「動き」への思いからくる新鮮なオドロキ。
もちろんカナモノを使った作品や建物を生かした作品など種類もイロイロ、趣向もイロイロ。
うーん、これが撮影出来んってのは辛いなあ(^^;
こういうのこそムービーでお持ち帰りしたいんだが、残念ながら叶わぬ夢。
まあその分 記憶に残さんがために、いつもよりたくさん回してますが(笑

中には、もちろん子供向けのオモチャもあるものの、これはどう考えても対象は大人だよなあ。
オトナもホッとする、それでいてオモシロさのあふれる美術館。
近くにあったら何度か足を運んでみたくなるような、そんな場所ですなあ(^^
さてと、今日のメニューはここらで終了、後はまた 4時間かけて帰るとしましょう。

■フォトギャラリー
Posted at 2015/10/13 23:02:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | ふらり | 日記
2015年09月21日 イイね!

お独り様は肩身が狭い(^^;

お独り様は肩身が狭い(^^;さて次に向かう先は…
実際決めてはいるんだが、ここにきてまだ迷ってる。
もういいトシなんだから、あまり恥や外聞を気にするわけでもないけれど、それでもねー という雰囲気なんだよなあ。
…ヲッサン独りじゃ(^^;

それでもまた来るかと考えたら、選択肢はひとつしかない。
ええい、ままよっ! っと向かったのはロックハート城。
ヲッサン的には、純粋にヨーロッパの石造りな城を見て回りたいって欲求なんだけど、なんせ「心に残るリゾートウェディング」やら「プリンセス体験」とかがメインとなっていて、もう単独潜入など不可能事としか思えない場所ですからねえ(笑
それでも、決めたからには入らねばっ、と入場口へと向かうものの、ヲッサン独りな姿なんて、どこにもねー orz
やっぱなー、せめて家族連れだよなー、引くよなー、でもなー(と、マダ悶々とwww)

結局そう騒ぐ心の中の自分を片隅に押し込め、いざ入場。
ふう、何とか入り口をくぐり抜けたぞー(笑
その先には、木漏れ日というより鬱蒼というほうがイメージ的に近い緑の森。そしてそこを縫うようにのびる道と、脇には色々な建物が。うんうん、空気的には何となくヨーロッパっぽい… このカップルだらけの人混みさえなけりゃ(^^;
いっそのこと、ケルベロッテちゃんに頼んで「強制送還っ!」とかやってもらったら、スッキリするだろうなあw
まあソコは、とりあえず想像だけにして、早速散策へ。

テディーの家、スプリングベル、ロックハート城と巡っていきますが、まあどこも混み混み。
特にお城の周りはプリンセス体験でドレスを着飾ったお嬢がワンサカ、えーと… ここはコミケ? コスプレ会場デスカ? と思ってしまうような情景。まあここに来る人たちってそれを求めてやってきてるのがメインで、ヲッサン側がマイノリティーなんだけどね(笑
そして、もひとつ どこを見ても視野に入るのが、ハートの絵馬。
もうホントに目につくとこ全てといった感じで、至る所にぶら下げられてるあのカタチ。
冷めた目で見ると、この情念って怖いよなあ。

そんなベタベタな空気の中にも、カップルには人気のナイ場所w がもちろんあって、ヲッサン待避所という感じなストーンアカデミーとか、よみがえった石ころ達のミュージアムってのは、結構楽しませてもらえました(^^
結果、本家本元のお城はあまり楽しめなかったけれど、まあ小心者は仕方ないスね。

■フォトギャラリー ロックハート城 / 城内展示 / ストーンミュージアムとか
Posted at 2015/10/12 22:13:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | ふらり | 日記
2015年09月21日 イイね!

確かにストーンヘンジっぽい(^^

確かにストーンヘンジっぽい(^^お出かけ & ふらり探訪記を書き連ねて
気づくともう 10年。
(まあ納車に合わせて書きはじめたので、そうなるわな)
栄えある第 1,000回は、ぐんま天文台です(^^

登りのワインディングを抜けた先にある駐車場に着いたはいいが、そこは天文台前じゃなくて、建てられている丘の麓。
そっからは歩いて登っていかなければなりません(足の不自由なヒトにはクルマでの送迎があります)
最近めっきり脚力に自信がなくなったので、たどり着けるか不安ですが(笑)もうひとつオマケがついてました。
登り口脇に白い箱。そこに書かれてるのは「熊鈴 お貸しします」。
マジっすか。本気で出るんスか…
でもまあ、行きますが(笑
至極当然のごとく、ネズミ一匹(というか最近はネズミも見ないなあ)出ず、またカンタンに登り切れる距離だったので、ひと汗かいたものの、恥はかかずに済みました(^^;

登り切った先には当然天文台、そしてその先には確かに巨石建造物。
ヲヲー、これはウワサ通り、ヨサゲだー。
でもソッチはちょっとお預け。
ちゅうのは、登ってる最中、11時から金星の観測会をやりますよってのが山中にアナウンスされたので、まずはソッチに出たいから。
(おかげで汗をかきかき、急いで登ったわけでありんす)
受付もソコソコに、もう始まっちゃってるらしい観測イベントに。

まずは座学で、金星の概要と観測の時期やらポイントなどを学習。
話によると夜の観測会もあるらしく、写された写真が結構幻想的な風景で、これも参加していたいなあ…なんて気分に。
約 10分程度でハナシも終わり、いざ観測へと。
今回使う望遠鏡は館内にあるのではなく、離れた別棟に。
外に出ると残念ながら薄曇り、館員もしきりに「見れないかも…」とエクスキューズを。
それでも天は見放したりしなかった(笑

到着した観測所は扇形の倉庫風な建家で、薄暗い中へと順番に入っていきます。
そして数基並ぶ望遠鏡の間に皆さん集まったところで、天井がオープン!
おう、頭の中でワンダバがグルグルでございます(爆
カバーが開ききったところで、早速観測開始。といっても望遠鏡は金星に固定されてるので、覗くだけですが(^^;
ジーーーーッ。おっ、見えた!
あれだけダメかも、と言われてると、見えた嬉しさもひとしお(笑
ただ、特別他に何があるワケでもなく、モノの数分でみなさん手持ち無沙汰状態。
さーて、じゃあそろそろ本格的に見学へ…
というところで紙面も尽きたので、あとはフォトギャラリーへお進みください(^^;

■フォトギャラリー 群馬天文台 / 金星観測篇 / 館内展示篇 / 屋外モニュメント篇
Posted at 2015/10/11 19:07:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | ふらり | 日記
2015年09月21日 イイね!

こんなにメロディーラインがあったとは

こんなにメロディーラインがあったとはここんとこ、ずーーーっと近隣諸国ばっかだったので、折角の長い休みだし、久しぶりに遠出でもしてみようかと。
ということで
久々の片道 100km越え(もちろん下道)に出発。

目指すは群馬県にある天文台。
そこにイギリスのストーンヘンジを思わせる構造物があるってことらしい。
なんと、日本にそんなとこがあるのか!
青森県ぢゃないのか(→そいつはストーンサークル ^^;)
まあそうと聞いたら、行かずばなるまいな、と(^^

ザッと 4時間程度はかかりそうなので、朝の 7時には出立。
R254 か R17 か迷いましたが、これまでの経験上 流れ的には R17 のほうが良さそうなので、ひたすら R17 を北上。
途中詰まったりしながらも、埼玉県を抜け、ただひたすらに北へ。
その内、前に訪れた伊香保おもちゃと人形自動車博物館の看板やら、←榛名山・→赤城山など、某マンガの舞台を示す看板なども目に入ってきます。そういやもう一度榛名神社とか行ってみたいなあ… ってのはまた今度ですな。

さて、ボチボチ山道のワインディングに入ってきて、そろそろかいなーと思いながら走っていると、これまた昔遭遇した「メロディーライン」の文字。そうそう確か「静かな湖畔」だったよな、久しぶりー。
でもあれは、湖の脇にある真っすぐな道だったと思うんだけど、記憶違いか。
とか思ってる間に音楽スタート。
…………、あれっ!? 曲が違うぞう。これはええーっと、そう「星に願いを」だったっけ。
はて、それじゃ曲名の覚え間違い? いや、さすがにそんなはずは…

などと考えてるうちに、本日の目的に到着。
こりゃ白黒ハッキリさせなきゃ気が済まん、と iPhone サンで調べてみると。
なんと、群馬県には「ぐんまメロディーライン」と呼ばれる音楽の流れる道が、合計 11ヶ所もあるらしい。
へぇー、じゃあこれで 2個目制覇ね(笑
いやいや、それを制覇するのに遠征なんかはしないけど、ヲッサン心をくすぐるネタだなあ。
もし群馬に住むことがあったなら、制覇してみたいけどね。
これでモヤモヤもスッキリしたので、目指す天文台へと登っていきましょ。
Posted at 2015/10/07 22:51:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | ふらり | 日記

プロフィール

出かけた先で見たこと感じたことを、徒然なるままに書きなぐっています(^^;(実際のとこ「フォトギャラリー」がメインコンテンツという気がしないでもありませんが) ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2015/9 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
スクラッチが楽しい、オトナの 1/1 プラモデルですね!
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
※みんカラ 仕様変更に合わせて車種登録を変えたら、本家がスイフトカテゴリーにはいっちゃっ ...
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
04/7/25ドナドナされていきました。雨の日だとすぐホイールスピンする軽量・ドッカンな ...
トヨタ スプリンター トヨタ スプリンター
親の通勤用車でした。 土日に借りて乗ってましたが、MX(ディーゼル)だったので、レッドゾ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.