• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年10月14日

マツダのこと。

アタシがクルマの免許をとったのは1985年。
 メルセデスが190Eをもって日本市場に殴り込んできた頃。

ヨーロッパ車の人気が高まり、海外のレースで勝ったクルマ達活躍したクルマ達が身近になってきた頃。
 アウディ様のCD(コンパクトディスクでは無い)80や100が、BMW様の3とか5
とかが世田谷や港区のこうきゅうじゅうたくち・・・あ・・平仮名・・の車庫に鎮座するようになっていた頃。(メルセデスは特殊職幹部達御用達)

 通っていた大学が「白金」に有った。周りは高級住宅地。
ある家のガレージにジャガーのソブリンと見慣れない5ナンバーサイズの5ドアハッチバックのクルマが置かれていた。
 そのクルマは「日本フォード・テルスター」
 あまりの格好良さに一目惚れ。

 1987年の年始。大阪に帰省していたアタシの目は一枚の中古車のチラシに釘付けとなる。そこには、あのテルスターが売り出されていた。
 その中古車屋(実は日本フォードのディーラー「オートラマ」)が営業を開始する1月4日に早速、親友のセリカで試乗に行った。
 待っていたのは真っ白なテルスター。 「TX-5 2.0i ターボGhia」 かのカロッツェリアの名を冠するヨーロッパ向けの「マツダ・カペラ 5ドアハッチ」
 クラフトレーシングの純白のディッシュ+フィンホイール。おまけに純正Opでオーストリア製Fo-Haのエアロパーツが付く。(フロント、サイド、リアスポ)
 全高は1310㎜(やったかな?) 低い上にウェストラインも当時の国産車に比べるとべらぼうに低かった。 当時の走り屋達が車高を下げていたけど、ルーフラインは同じくらいかそれ以下。
 スカイラインのGT(ニューマン)ターボ? 話にならん位のドッカンターボ。
前方向だけじゃなくて、4輪アクティブサス、シュアなハンドリング。
 当時の他メーカーの国産車とは数段設計値が違ってた。

そして・・・91年、伝説が生まれた。

787B ル・マン24h優勝。ヨーロッパでマツダ・ロータリーと言う伝説が生まれた・・・。
日本でもクルマ好きには取り上げられたけど、普通のニュースにはならなかった。
ヨーロッパではF1より何より、ル・マンやWRC、クルマとしての最高峰はこれで競われてるのだ。
 こんなクルマを作ったマツダの車がハートを持っていない訳がない。

 一時期、バブルに踊らされて自分を見失った事もあったけど。
今日この頃の街行くクルマを見ると、あぁ・・マツダが頑張ってる。ちょっと嬉しい。
今のマツダのステアを握っても解る。
もっと嬉しくなる。
 マツダはミニバンを作るのを早々と辞めた。世の中ミニバン以外はファミリーカーじゃないみたいになっている最中。本○がミニバン屋になってしまった最中。
何年前やったかな?
 本格SUVのCXシリーズを世に問うた。これは最初はそんなに売れなかったけど、今どうだ?(今は個人的には 5008が好き(笑))
猫も杓子もSUVだ。ランボルギーニまでSUVを作る始末。疑問を通り越して哀れと思うのは貧乏人のひがみ?
 
 置いといて・・・。

 全てのパーツを純国産で賄ってきたマツダの姿勢はそれだけでも巨人トヨタを震撼させた。いろんな理由があるにせよ、一目置く存在なのだ。潰すより、自社と共に生きる道を選んだ。
 
 マツダは小気味良い割り切りと、「クルマが好き」では無くて「クルマの運転が好き」な人のために頑張ってきたのだ。そのために国産の部品を使い、自社ブランドのチューンアップパーツも作る。
 シートに座った瞬間に、ステアを握った瞬間に、そして視線を前にやった瞬間に、運転するのが楽しくなる。

 これからも。。頑張って、少数派である「運転好き」のためのクルマを作って欲しいなと思う。・・いや、もしかして隠れてるだけでクルマの運転が好きな連中はそこかしこに・・・いるのかも知れないが。
 揺れる陽炎の向こうの・・・あんなクルマを作るメーカーは日本には存在しないのだから。。。

 まぁ・・・ドライビングの面白さって前方向だけじゃないからね。って さらりと言ってのけられるんですわ、このクルマ。

 世の運転好きな大人達よ。。。目覚めてみては。いや、あの頃に戻ってみては。
燃費、燃費と踊らされて・・・情熱を失った?んな訳無いでしょ?
  ・・・・2003年型の我が206、2000ccのNAエンジン。 峠でアクセルペダルとクラッチペダルを床まで踏み込んでバンバン言わせながら・・・。ちょっとはばかるようなドライブをしてみても、燃費は12㎞/㍑ 位。お財布の中身が惜しいような燃費でもあるまい・・でしょ?(お財布の中身が惜しいアタシでもこのドライビングのためなら。。できるだけ(笑))

余談。
私の中で一番好きなメーカーであるマツダについて書きました。
でもね、この頃のトヨタの姿勢には感服するんです。
相変わらず商売は上手だけれども、もっとこう。。。なんて言うかクルマメーカーの本分を取り戻したっていうか、責任感って言うか。
 コストダウンの名の下に、多数の社員の首を切り、利益が増えたなんてウレシがってるどこぞのメーカーとはかけ離れた存在になったと思うですよ。はい。
 ま、コレに関してはまたの機会に。
ブログ一覧 | オクルマ | 日記
Posted at 2018/10/14 23:24:46

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

7人乗りで新車価格200万円以下の ...
nonchan1967さん

まだ走っているのか?テルスターワゴン
ロボ部長さん

そして ・・・ キャンバストップ
P.N.「32乗り」さん

CX-3を所持する喜び♪
◆とも◆さん

《エンジニアリングとマーケティング ...
37_Planning(サンナナ)さん

日本の自動車メーカーは、何故、ホッ ...
ごり@福岡さん

この記事へのコメント

2018/10/15 00:12:01
マツダとユーノス、違いのわからんヤツですが調べれば学べるんでしょうね。

クルマ好きな人が乗るのに選ぶのにもやはりその人なりの価値観や目的や好き、相性なんかもあると思います。 いままで一目惚れのクルマばかり乗っていましたがどれも楽しくて想い出いっぱいで、、、、今はちょっともったりしたクルマになっていますが借りてるロードスター、久しぶりに顔が晴れますわー♡

「好き」って言われるから頑張れる、成長してゆく企業の姿勢はどこも一緒かと。  

あとは。。。。。。。
コメントへの返答
2018/10/15 21:58:46
ベンツが作るメルセデスのようなもんです。・・(たとえがちょっと)。。
 
 クルマ好きな子供もいる。アタシは典型的なそれ。
 自分で運転するようになって嗜好ががらりと変わったのは上に書いたとおり。

 ステアを握って前を見るだけでわくわくするクルマって有るんだよね。
テルスターに乗って初めて知った。
 運転する楽しさがそれだけで伝わるって言う感じ。
結婚して 「家族のため」とか言い訳してワンボックスを買ったアタシは10年間後悔し続けた。
 旅に出ても何も面白くない。
タダの運転手。
 クルマ運転することが好きなだけで、別に全てのクルマが好きなわけじゃ無かった。
 その後は好きなクルマを選んで、とことん試乗して、できれば長距離に出て。
そうして選んだクルマ、好きなクルマはとことん好き。
 ディアマンテ、プント、ロドスタ(NA)、もちろん 206。
 206を除いてはほんとに泣く泣く手放した。

 惚れたクルマはとことんね。
206はいつまで乗り続けられるんやろ。
2018/10/15 22:14:49
珍しく丁寧なお返事ありがとうございます。

そのろーどすたーに乗ってみた感想など書いてあるもんでご意見など聞かせてらえたら幸いです

今日も嬉しがって乗ったら困ったことがありまして凹  またいろいろアドバイスなどもあわせてお願いできますか(礼)
私は「そらちゃんはスポーツカー好きやもんね」と言われたくらいそのテのは好きですが他にも好きなのはあります。

コメントへの返答
2018/10/15 22:21:33
うらやましいですね。
ロードスターを復活させたい気もあるんですが。。
 お気楽号(ロードスター)はどうなっているかも解らんもんで。

 次の休みにでも発見したHDD(6枚ある)を探って少しでも画像が復活できたら良いなと思ってます。

 エアロボードは付けて下さい。
画像が出てきたので・・・アップします。
2018/10/16 23:26:41
遅コメで失礼します。<(_ _)>
かつてのカペラなんかには、5ドアありましたね~。正直、実用性はあまりない(ワゴンの方がよっぽど…(^_^;))んですが、私はカッコだけでも好きでした。(^^♪
そして、ロードスターは………言わずもがな…です。しばらく戻ってきそうもありませんが、まだまだ直すつもりです。(^_^;)
コメントへの返答
2018/10/17 12:34:37
カペラ、マイナーチェンジからは5ドア出ました。カペラの方が少なかったと思いますよ。
インパネもクラスタースイッチでカッコ良かった。
ステアコラムから生えてるのは細いウィンカースイッチとクルーズコントロールのレバーだけでしたねぇ。
ロドスタ、戻したい気持ちいっぱいです。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「本物感ハンパなし。
サンクターボ2!
カッコ良すぎ!」
何シテル?   01/13 19:57
大阪府立地球防衛軍キャップです。(Fake)  旧いものが好き。特に80年代はいつでも輝いてます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

久しぶりのオイル交換  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:32:40
206に306のスカッフプレートを付けてみた。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:31:43
マルチディスプレイ脱着 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:30:03

愛車一覧

BMW K100RS ゆきかぜ (BMW K100RS)
キングオブスポーツツアラー
プジョー 206SW (ワゴン) 雪豹 (プジョー 206SW (ワゴン))
これから躾けます。 2台目の206SW。見た目フツー、走るとドラネコ。
ヤマハ ヤマハ 龍姫 (ヤマハ ヤマハ)
ParadaiseRide! 冬眠中のXZ550。写真は玄龍号。体力が軽さを求めるように ...
ヤマハ SRV250 綾風 (ヤマハ SRV250)
とても良くできたクォーター。 少し弄ればロングツーリングもこなせる。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.