• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Heaven1/fのブログ一覧

2019年01月16日 イイね!

タイヤの摩耗と一人旅、そしてプリンとした・・・

まぁ久しぶりの一人旅である。
隣に乗る人がいるのはもちろん良い。好きな女性ならもっと良い。
けどね・・・。好きな女性は今のところソバにはいないしたまには一人もイイね。
事の始まりは・・・。ボーナスも入ったし、一人で気楽やし。
そうそう、ホイールの幅を変えてちょこっとビジュアル的に変更したいな。猫の足。
そういえばタイヤ(DUNLOP DIREZZA)。すこぶる良いタイヤやけどその分減りが速い。
今、2万㎞走行位やけどあとスリップサインまで1㎜ほどになってる。
 205/45/16が純正サイズ。んでホイールが 16-61/2J-off25。3㎜のスペーサーは持ってる。なので、幅を例えば 7J にするとオフセットが同じなら外側に12.7㎜タイヤのツラが出てくる。 ちなみに206RCの純正ホイールのサイズは 17インチ-7J off28 である。
 なのでRCよりまだ10㎜ほど外に出る。ノーマルの206よりスペーサー入れれば16㎜ばっか外に出る。
 17インチになると、扁平がキツくなるので迫力は出るけどビジュアル的には普通の高性能車になって、いじくってる感は無くなる。 ロードスターで実験済み。
 なので、一般のクルマでチョコッとだけいじってるよ、感を出すなら、ホイール直径同じで幅を変える。にトドメ。
 で、ヤフオクさんで8~9部山のタイヤが付いた O・Z Racing 16-7JJ-off25 がでてきたので早速ポチッと。 ほぼ新品のタイヤが付いて 15800円!え?しかも兵庫?
ドライブがてら取りに行けるやん。
 で、日曜日の単独行となった。
場所は兵庫県西脇市。
 ナビ様が指定した場所に近づいたらちょっと不安。田んぼと畑がほとんどやん。
農家が点在する県道上で「目的地に到着しました。道路案内を終了します」 ってオイ!
 少し離れた場所に農家らしき建物が1軒見える。
あぜ道みたいな・・・それでも舗装はしてある里道みたいな道をその農家を目指して恐る恐る進む。
 ! !!!!!!
 農家の向かいの空き地に 見えるのは・・・・BMW E30(2代目3シリーズ) HARTGE !! ハルトゲやで、は・る・と・げ はげちゃうで~~ 訳の分からんボケをかましながら。テンションは上がる!
どわ~~~~懐かしい・・・しまった写真を取り損ねた。と言うより遠慮した。エンジンが下ろされていた。
 その隣には1985年頃の メルセデス560SEL !!!
 ガレージとおぼしき前には プジョー307SW、中には207CC ナンバーの付いた FIATチンク! 
 すごすぎる!テンション最高潮! 脳梗塞になりそうや。。

 看板も何も無いけどクルマの修理屋さんらしい。
 気のよさそうな店主が出てきて「コレですわ」と・・え? きれいに梱包してくれてる。
積めますよね?206SWやもんね。と・・・。それを解る人はプジョーをいじくりなれてる人ね。
 トノカバーの巻取り装置をサクッと外すとポンポンと4本積む。 
経験あるんだ~~。3年前の2015年12月、今はいてるホイールを前の206に積んで(名古屋にタイヤ&ホイールを引き取りに)帰ってきた。↓

んで、今回もね。

って感じで桶!
 1分足らずで積み終わるとあとはお決まりのヨーロッパ車談義。
このオーナーは自分のクルマを2台持っている。例の表にある チンク(FIAT500)と現行のVitz。 普段の足はビッツでちょっと走りたくなったら 500なんだと!あらまぁよく分かってらっしゃる。 なんですよね。ハンドル握るのが楽しい。ヨーロッパ車。だから普段の足には、移動運搬の足なら国産車の方が優れてる。けどね。「運転」したいときは 欧州車なんだよね!二人で、「そうそうそうそう!!」 マツダ車は一番近いけど「そうそうそうそう!!」 
 ガレージ前では207CCの整備中。プジョーの赤は色っぽいね なんて話して写真をぱちり

ん?
初めて気がついたけど・・・アレって。。。

ランボルギーニ・ガヤルド やん! ベイビー・ランボやけど、裏感、アベンタドールでも無いけど、関係ない! 男の子は嬉しいのだ!
アウディが親会社になったとは言え、・・・・「雑ですよ」らしい。でも二人とも「ええよね~~」 二人とも小学生並みなのだ。(失礼)
後ろに回るとV10エンジンがコロンと入ったボンネット。

 アウディのエンジンでもヘッドに「LAMBORGHINI」って書いてあったら別もんなの!別・も・ん。
 頭の血管、切れるかと。。。興奮しまくってチビリながら農家を後にする。
で、国道以外の主要道(県道やね)を走ってのんびり帰ろうと。
 夕食を友達と食べようと言うことになってたので(川西)国道以外で南東方面に走る!って決めて走ると・・・。
まぁ。ええ感じ

川沿いの地道を見つけては入ってみたり。

こっち側

鼻歌交じりに走ってるといつの間にか見覚えのある道へ。
「北摂里山街道」 もうすぐ猪名川だ。みると時計の針は2時近く。
 そうそう、ランチも食べずにルンルン走ってる。猪名川の道の駅が見えた。
「10割そば」の幟。そば、良いねぇ。脳梗塞、糖尿に優しい唯一の麺類。やもん。
 早速入るとそば屋の前には行列が。。。。
 1時間も待ってそばを食べるのも何だか違う気がしてね。隣のうどん屋さんに入る。
うどんは麺自体に8~8.5%の塩分が入ってるからちょっと塩分過多なんやけど。。
麺一食、150グラムとして12~15グラムも塩分を麺だけで摂ることになる。そこにつゆを飲むと・・・予備軍には脳梗塞一直線になる。ちなみに梅干しは8~9%、うどんの塩分が解ろうと言うもの。大好きなんだけどね~。
で、ちょっとはマシだろうと、笹細うどん(ざる)ってのを頼んだ。野菜が欲しいところなので、優しい揚げ物、天ぷら付き。いわゆる天ざる。

パンダか!アタシは。。? ウマいやん。天ぷらも上手に揚がってる。え~~~ウマいよこれ。爽やか。 あっという間に平らげて満足!
さて。ここから川西まであっという間やしね。 って、前を行くのはもしかして!

ルノー5(サンク)ターボ2! 本物や~~~!
見た目へんてこりんな小型車。実はスズキスウィフトみたいなカテゴリ、感じのクルマの後席を取っ払って、馬鹿でかいターボエンジンをミッドシップに積んだラリーのホモロゲ取るためだけに作られた、本気マシン。車体より外側に着いてるホイールが本気感たっぷり。
このころ、あったんやね~~ 我がプジョーもこのサンクタ-ボ2に対抗して205ターボとか・・ランチアデルタ・HFインテグラーレとか。。往年のラリーファンは名前聞くだけでもワクワク。
1200万円の値が付くこともあるサンクターボ2。ガヤルドと言い、サンクターボと言い。。。今日はクルマ好きにはたまらん一日。
 と・・川西で落ち合った友人。ちょっと行くところがあるからと隣にアタシを乗せて・・・。入っていたのは箕面のプジョー!
 なんと、プジョーのフェアがあるのを知っていたのね。アタシ?当然申し込んであります。知らん顔して入っていく。すかさず「招待状」(iphone上)を見せてまたまたマグカップをせしめる。 208(現行)の特別仕様(210万円!)に見入っている友人を横目で見てガラガラ抽選に挑むと 508のミニカーが当たった。へっへ。
 その日はそれでおしまい。次の日は小学校時代の親友から「ランチしようぜ~~。」と誘いがあったので、栂美木多でランチの後、再び堺のプジョーへ(もちろん、招待状持ってるもん) 年末に乗ってみたかった2008に乗せて貰った。
 クルマとしては・・・ん~~もうちょっと走ってみないと解らん。ハンドリングは楽しいよ。うん。ヨーロッパ車らしい。エンジンの音が容赦なくキャビンに入ってくるのも欧州車。アタシ的にはプラス点やけどね。・・・普通かな。ただ、この値段(265万円!)でこれは安い。しかも安物感全くなし。 デザインは好き嫌いあるけどね。
 デザイン。何かこう、欧州車って「らしさ」がある。
 BMWもそうやし、アウディ/VW もそう。 フランス車の雄、PSA(プジョー・シトロエン)ってそうやもんね。アイデンティティがある。
 どこなんだろうって、試乗車を降りた途端にプジョーは解った。
この頃ちょっと(かっこいいけど)国産車って流麗+無骨の融合みたいなところがある。
けれどプジョーの特にリアビューは「生き物チック」
2008↓

208↓

お尻がプリンとしてる。そこにテールランプは猫の目よろしくストロボタイプの縦長だ。
下ぶくれの猫みたいな顔にも見える。
 生き物チックだと思う。
コレなんだろうね。ちょっとお尻ふぇちには・・いやあのその。。。
 好き嫌いだけどね!
まぁ、どっかのメーカーがヘッドライトをナビゲーションライトよりちっこくして他のと違う感じを出してズっこけた例もあるけど。あれは論外として。
まぁまぁ、そんなこんなでクルマ好きにはたまらない2日間でしたよ。
 はぁ~~~ようやく追いついた。
Posted at 2019/01/16 22:35:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | SW206 | 日記
2019年01月08日 イイね!

今年の走り初め(206SW)

熱もある程度下がったけど、ここで出勤すると体調の保証はできなさそう。。
 平熱には下がってないし・・・と言うわけでもう一日おやすみを頂いた。
なら、外に出ないと寒気もしないし、家の中でやらなきゃいけないことをやっつけてしまおう!
 と、言うわけでコレってやらなきゃいけないこと?と思いつつみんカラアップ。

 今年の206SWの初走りは1月3日。
恒例の丹生都比賣神社への初詣。ここに来るとなぜか落ち着く。雪が多いんやけど、今までノーマルタイヤで来ることができてる。
⇒https://niutsuhime.or.jp/
最初に来たのは20年ほど前かな? 特殊な事情が無い限り年始の挨拶に絶対来たい場所。

年々人も多くなってきてるけど、理由は解る気がする。
今年もやっぱり雪。去年ほどじゃないけれど。

ちなみに去年

この雪の中去年はバイク!しかも・・・嬉しかった(訳解らんがな)
今年は雪も少なかったし、ちょい暖かく感じた。

巨大なおみくじもある。

女性だと振ることが難しいくらいの重量な様で奉仕の方が手伝ったりしていたが、一緒に行った友人はサクッと振ると棒が出てきて「やった!1番」と大喜び。
 私は氏神様に(志紀長吉神社)お参りした時に大吉を引き当ててる(後日談あり)のでパスした。
 お参りを済ませて帰り道はこれまた206の撮影定点ポイントへ。惜しくも白く輝く八経ヶ岳は見られなかったが、冬の良い感じの写真が撮れた。

今年も頑張って走ってくれよ。銀猫号
Posted at 2019/01/08 13:15:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | SW206 | 日記
2018年09月30日 イイね!

念願の

HID化
実はデスねぇ。
6月24日。
某ヤフオクでHIDを購入し、小躍りしながら206のHID化をやってみたと思って下さい。
簡単簡単・・・・40分ほどでHID化完了。
ヘッドライトのカバーの下にちょっとだけ切り欠きを入れて、

バーナーからの配線、(4本ある)を通して完成・・・したかと思ったのだが。
夜になってライトオン! いきなり ABSの警告灯がアラーム音と共に点灯。
しばらくするとブレーキシステムの異常を示すワーニングがディスプレイに。
インパネには赤い文字で「STOP」 すぐにクルマを止めてディーラーに見せよと。
・・・・クルマを止めたらディーラーまで行かれへんし。とツッコミもむなしく。。。
まぁ、ミスインジケートは欧州車のお家芸やから大丈夫やろ。
 いつものように大阪北部の知り合いの家に。
夕方からちらほら雨も降り出している。
お嬢を乗せていざアタシの家に! 
 やっぱりABSの警告灯、ブレーキシステムの異常、STOPの警告灯。・・・・おや?
スピードメーターが動いてない。。。。
 ってことは ECUが逝かれてるかHIDのバラストが何らかの影響してるのね。
雨の中、近くのスタンドでもう一度通常のバルブに交換。・・・・全くの正常に戻ったのでECUは大丈夫。けど、HIDは諦めるのか。。。

で、諦めきれないアタシ。明るいとかはどうでも良いけど35Wは旧車に優しいもんね。
・・・・しかもプジョーのヘッドライトは純正でも結構明るいから、HIDにすればめちゃんこ明るいやろうね。・・・って事で
 みんカラで検索してみると206をHID化してる人は結構いる。
なんでアタシだけダメなんだろう。
 いろいろ考えてみる。HIDのバーナー自体はもちろん、放電管なのでノイズ大きいとは思うけど、ECUとか離れてるし、バラストか! 
 9月に入ったある日、ボンネットを開けてバラストを取り付けていたところを検証してみると、

↑右はECUの取り付けボルトにバラストのベースを取り付けているし、左はライト裏のカバーに直付けしているけど、ABSのアクチェーターと5ミリも離れていない。
あぁ・・・これか。

解れば話は簡単。左右ともECUやABS、電気仕掛けの装置から絶縁して距離をとってやれば。。。

ほうぅらこの通り!
白すぎる光は雨になるとからっきしダメなので「4300K」(純正色)。
喜んで十三峠へ!お!雨の中なのに、アタシが行くとやはり・・・雲が切れて夜景!

ん~~~こんな時はロマンチックになれる人と一緒なら。。(チラッ)

 話が変わって・・・久しぶりにロドスタのステアを握らせて貰った。

ど!ノーマルNB(しかもAT)だけど、ロドスタはロドスタやねぇ。
フルオープンにするとどれだけ気持ちが良いか。。エアロボードとかも無くて、でも気持ちは良くて。
 「どこに手を入れるの?」とそのオーナー代理からの質問がくる。
「毒キノコとしゃこ調、それにホイール、たこ足に松田速度あたりのマフリャー本体、エアロボードとかはお好みで。タワーバーにサブフレーム・・・は入ってるのかなぁ。ステアとか、シフトノブとかもお好みで。」
「??????」
お楽しみ下さいませ。
Posted at 2018/09/30 22:55:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | SW206 | 日記
2018年03月30日 イイね!

龍に逢いに

川西の「満願寺」さんに。
3月21日。
 10日も前ね。

 久しぶりの雨模様やね。ドラ猫に語りかけてみるが・・・寒いの好きな206は飼い主の心配をよそに川西能勢口駅からの急勾配を元気いっぱい駆け上がる。
 ・・・フロントグラスの向こうに空が見える。大学の校舎も見える。
急角度で上る飛行機気分。
 4時前に境内に到着。

 ここに来るには訳がある。
この上の「満願寺」と言うお寺の秘仏が 春のお彼岸のこの時期だけ公開(開帳)されるらしい。名前は千手観世音菩薩立像。
 珍しい秘密があるらしい。
 おまけに観音堂には 龍の天井画があるらしい。

 う~む 寺社仏閣オタクにはたまらない。
ここの観世音菩薩立像は結構特殊。千手観音とはいえ、頭には11面の観音菩薩。
 11面千手観音である。仏像オタクのアタシでも初めて拝ませて頂いた。

さて。。雨も上がった。ちょっと走りますか。
さてさて今度は豪快なダウンヒル。
 
 向こうには大阪平野を跨いで二上山、遠くは高見山まで見える。
ほんっとに電線って邪魔。。
雨上がりの空気は透明で・・・良いもんやね、と同乗者と思わずクルマを止めてしばし。。
「里山街道って良いんだよ」 「んじゃ、行きましょ~」 ん~~~っと。
最高のカントリーロード。暗くなってきたけど良いんだぁ。
 気分は最高。←久しぶりのドライブではしゃいでる。。

 三田の近くの海鮮ファミレスでご飯の後は・・・帰りましょうか。
「え~~~~もう帰る?良い道があるんだけど。六甲回って帰るとか?」
 嬉しいね。んじゃ、行きましょ。
 コンディションは最悪。雨、霧、落ち葉。
いやぁ・・・でも欧州のアルペンステージだと思えば楽しいのさっ。
なぁに。。ドラ猫なら登りのウェットコーナーでも楽しい・・・はず。
2↔3↔4 の繰り返しで・・・気持ちいいどころか・・必死でステアを動かしてる。
 グリップは無いわ、霧で道は見えないわ。
 ステアを切るたびに「よっ!はっ!と!」 「こわ~~~~~!」の連続。

隣では結構楽しんでるのが約1名。
それでも4~5000回転でのワインディングは緊張と・・・
そうだ・・・ガソリンが無いんや。そんなブン回してる余裕は無い・・・のか?
頂上の六甲山牧場のあたりで気がついて。
プジョーの燃料計は結構シビアなので、アラートが点灯してから4~50㎞で空っ穴になる。ツーリングコンピュータは残り53㎞との表示にはなってる。・・・家まで帰れない。お金が無い(笑)
 さすがにアラートは・・・まだ点いてないけど。
いやいや、ここからは下り一辺倒。なんとかなるさ。
 雨の下りでフルスロットルくれる勇気は無いもんね。

 六甲を8割方縦走して・・珍しく「どこ走ってるのか解らん。」(笑)
方向感覚だけはしっかりしてるので行くべき方角は分かるけど。
いつもいつもの自慢話。 お聞き流しを。
206はアルペンルートが似合うね。

うん、姿も、走ることも。
雨もまたよし。

 こいつを雨の夜の六甲に連れ出してくれた「同乗者」に感謝。
Posted at 2018/03/31 11:18:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | SW206 | 日記
2018年03月14日 イイね!

最後の峠

意味深なサブジェクションではあるが。
 要は最近まで知らなかった峠があったってこと。

大阪~和歌山。この間の峠は東が紀伊見峠~西は大川峠 と全て踏破したつもりだった。
 それどころか、奈良~和歌山の西の橋、加太の大川峠まで、踏破していない道は無いと思ってた。
 
 盲点だった。
 孝子峠~大川峠まで農道を除いて峠は無いと思ってたのだが、一本、深日~西ノ庄って言ってもなかなかローカルだけれども、大川峠の少し東側に「猿坂峠」って道を発見した。しかも 府道751~県道146 と、地方主要道。
 土曜日、朝の雨も上がって、帰り道。
 クルマで会社に来た日は帰りは少しの寄り道をするのだが、この日は「少し」では済まなくなった。
 ナビに上の「猿坂峠」の頂上を行き先指定してみると、45,7㎞と出た。
 ま、のんびり走って一時間ちょいかな?

 で、着いた。

 真っ暗。。。
遠くに和歌山市内の灯が見える。
 多分これで、大阪~和歌山間の峠を全て踏破・・・したような。

 ちょっと満足のお散歩。

 206のハンドリングは不可思議。
登りコーナーでアクセルを踏み込むと、前輪のトラクションが無くなるのは当然だけど、ふつうのFF車なら前輪のトラクションが無くなると、強アンダーステアでコーナー外のガードレールに一直線! なのだけど、こいつは違う。
 前輪トラクションが無くなっても横方向のグリップが残ってる感じ。内外輪、どちらのトラクションも無くなってるのに、クルマは曲がっていこうとする。
 うん。アンダーが出たタックイン????
 んだから、意識的にちょこっとタックインさせると、FR車のような挙動をする。

 なんか。。妙な感じやけど、運転好きにはたまらない。
コーナー出口にステアを(前輪の方向)向けてやると、否が応でも曲がってしまう。
 多分、ダートに入るともっと顕著なんだろね。

 などとニンマリしながらのお帰り散歩は結局120㎞。

 貧乏タレの私の負け惜しみで、「いやぁ。。長く乗りますよ。」。。新車なんて買えないもんね。

 自己満自己満・・・。
Posted at 2018/03/16 00:14:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | SW206 | 日記

プロフィール

「本物感ハンパなし。
サンクターボ2!
カッコ良すぎ!」
何シテル?   01/13 19:57
大阪府立地球防衛軍キャップです。(Fake)  旧いものが好き。特に80年代はいつでも輝いてます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

久しぶりのオイル交換  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:32:40
206に306のスカッフプレートを付けてみた。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:31:43
マルチディスプレイ脱着 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/14 15:30:03

愛車一覧

BMW K100RS ゆきかぜ (BMW K100RS)
キングオブスポーツツアラー
プジョー 206SW (ワゴン) 雪豹 (プジョー 206SW (ワゴン))
これから躾けます。 2台目の206SW。見た目フツー、走るとドラネコ。
ヤマハ ヤマハ 龍姫 (ヤマハ ヤマハ)
ParadaiseRide! 冬眠中のXZ550。写真は玄龍号。体力が軽さを求めるように ...
ヤマハ SRV250 綾風 (ヤマハ SRV250)
とても良くできたクォーター。 少し弄ればロングツーリングもこなせる。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.