• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ぴな三朗のブログ一覧

2016年01月30日 イイね!

チャバネゴキさん、襲来。【981ボクスター納車】

チャバネゴキさん、襲来。【981ボクスター納車】
 さて、先週はチワワさんとお別れのblogを上げましたが、チワワさんとお別れする数時間前、ディーラーにおりました。



 なぜかといえば、チャバネゴキさんこと、ボクスターの受け取りのためです。
注文してから1か月半。見込み発注の車のため納車まで早かったです。
 任意保険のために送って貰った車検証の車体番号で調べると、ドイツはシュトゥットガルトにあるツッフェンハウゼン工場で生産されたようです。フィンランドではありませんでした。正真正銘のドイツ車ですね。
 約束の時間よりちょっと早めにディーラーに到着しましたが、入り口に置いてありました。黒い、デカイ、カッコいい。





 黒い車は久々ですが、カッコいいですね。ちょっと感動です。ペッタンコでボディは黒、屋根は茶色、予想通り立派なチャバネゴキフォルムです。
 車取りに来ましたと受付に告げると、営業さんと一緒に店長さんもやってきて挨拶されました。ちなみに担当営業さんは風邪のためお休みです。前日にごめんなさいメールを貰っていました。病気ならしょうがないです。
 納車の前に書類類を一式確認。色んな確認書があります。
 その後、車に移り一通り操作方法の説明です。セキュリティ関係の説明はきちんと聞いておかないと後でひどい目に合うので大事です。エリーゼはそれで何度か大変な目にあっております。リモコンで屋根を開け閉めできたりするのは、さすがに高級車ですね。
 フロントトランクに収納されている工具やパンク修理セットは、国産車では中々見られない収納方法です。これは良く出来ております。トランク内をゴロゴロすることもないので良いですね。







 バッテリーはフロントにあります。カバーがあるので、全く見えません。
 ドアのキーホールは普段見えませんが、ノブを引っ張ると見えます。鍵はリモコンに内蔵されていますが、使うのは緊急時だけです。バッテリーが上がった時にはこれが必要になります。ちなみに、鍵だけでは車は動かせません。リモコンが必要です。さらに、バッテリーが上がると、フロントトランクが室内から開けられなくなるので、一度室内のヒューズBOXに電源をつないで、フロントトランクを開けて、内部のカバーを外してバッテリーまで行き着く必要があります。つまり、バッテリーを上げると相当面倒くさいことになるので、上げないことが重要になります。

 リアのトランクには、エンジンオイルとクーラントの注入口があります。



 エリーゼと違って、トランクを開けてもエンジンは見えません。ボクスターはジャッキアップしない限りエンジンは見えないです。ちょっと楽しみが減ります。しかし、フロント、リアと合わせて結構な容量のトランクがあるので、TRGで野菜をたくさん買っても安心です。リアのトランクはエリーゼみたいに熱くなるのでしょうか?聞くのを忘れました。
 今どきの車らしく、スペアタイヤはありません。パンク修理セットはフロントトランク、コンプレッサーはバッテリーの手前にきれいに収納されています。そういえばMR2はフロントトランクにスペアタイヤがありました。

 ドアミラーはオプションの電動折り畳み機能がついていないので、必要な場合はNCのように手で折り畳むことになります。
 一通り外装周りの説明が終わってから、運転席周りの説明です。

 まず、変わっているのが、パーキングブレーキが電動で、運転席右下のレバーでON・OFFします。



 今までのすべての車は手動サイドブレーキなので、ものすごい違和感です。坂道発進でサイドを引いてっていうのは出来ません。さすがポルシェ。坂道発進にも技量を要求するとは。という訳もなく、ヒルアシストが付いているので、坂道では勝手にパーキングブレーキが掛かり、普通の運転で坂道発進が出来る仕組みです。自分はなんだか慣れないのでこれは普通のサイドのほうが良いです。
 ウインカーとワイパーはISO規格なので、日本車と逆です。まあ、エリーゼもそうなので慣れています。ワイパーは間欠が4段階で調整できます。必要ないですが、ヘッドライトウォッシャーも付いています。



 オートライトは標準で装備。HIDはオプションで付いており、さらにダイナミックコーナリングライトも抱き合わせで付いてきております。まあ、明るいのは良いことです。デイライトが本国では標準ですが、日本の法規では明るさが合わないらしく、機能が殺してあります。黒の車は被視認性が最悪なのでデイライト機能はぜひ欲しいところです。コーディングして機能を復活させるか、アダプターを噛ますかどうしようか悩み中です。

 ステアリングにはマルチファンクションディスプレイの操作レバーも付いています。



何だか色々設定できるみたいなので、これから勉強です。日本語がちょっと変で意味が分かりにくいのとフォントが中国ポイのがちょっとアレです。ということで英語に変更してみました。



 本国で装着が義務化された関係で、タイヤの空気圧モニタリングシステムが標準装備になっています。4輪別の空気圧がモニターで確認できるはとても便利なのですが、問題はホイール交換した場合、センサー移植が必要なことと、電池交換が必要な点です。基本的にはタイヤ交換のタイミングで電池も交換するほうがよさそうです。外すと警告が出るみたいなので、これが消せないとちょっと面倒かもしれません。

 エアコンはマニュアルです。



 ダイヤルで調整するほうが好きなのですが、スイッチでの操作になります。ディスプレイで左が温度、右が風量なのですが、初めは意味がよく分かりませんでした。同じようなボタンがたくさん並んでいるので、慣れるまでは操作に悩みそうです。

 ドリンクホルダが思いもよらないところから出てきたのですが、ちょっと貧弱な感じがして、これに500mlのペットボトルを入れてよいものか少し迷うところです。



 ナビは純正で付いてきますが、中身はクラリオンでNX713によく似ている感じです。



 たぶん中身はNX713でしょう。VICSのビーコンユニット、ETCも付属です。ETCとナビはきちんと連動しています。ちょっと使ってみましたが、そんなに悪いナビではないのでこのまま使おうと思います。ディーラーオプションでカメラとUSBケーブルを付けました。



USBは収まりが良いので付けて良かったかもしれません。カメラは・・・高いですね。時間があるなら自分で取付したほうが良さそうです。

 シートは普通のものなので、リクライニングだけ電動でハイト調整と前後は手動です。ハイト調整の幅が結構大きいのが自分には助かります。センターがアルカンターラなので滑らないのが良い感じです。シートはちょっと固め。ドイツ車っぽい作りです。シートに関して言えばフランス車のシートのような包み込む感じが個人的には好きです。ステアリングはチルトとテレスコピック付で調整幅が広めです。シートの前後スライドも合わせて、調整幅は結構あるので、自分の好みのポジションを確保できるのは非常に好印象です。



 最後はセンターコンソールのボタンの説明。オプション殆ど付いてないので、とてもシンプル。



 左上からスポーツモード、PCMのON/OFF、スポイラーの上下、最後にアンドリングストップのON/OFFの4つだけです。
 スポーツモードは、ONにするとアイドリングストップが切れて、エンジンが元気になるそう。峠に行ったら押しましょう。
 PCMは切らないで下さいと言われました。そうですね。サーキットにでも行かない限り切りません。
 スポイラーは速度によって上下します。



 掃除の時に活躍するボタンですね。
 最後のアイドリングストップ。デフォルトでONです。

 なんだかんだで1時間ぐらい説明を受けていました。国産車に比べるととても細かい説明でした。実際、特殊な操作も多いのでやむを得ないところですね。

 そんな感じで車内の説明も終わって、いよいよ引渡しです。





 鍵は2セット貰いました。花束贈呈とかはありませんでしたが、記念品にワインを貰いました。アルピナの時もワイン貰った記憶があります。

 車に乗ってエンジンを掛けるためクラッチ踏みますが、重い。NCやスイフトと比べたらえらい重さです。帰ってからNCを動かしたらクラッチが抜けているかと思うぐらいのレベルです。エリーゼと比べても重いですね。この重さは以前に乗っていたアルピナと同じぐらいでしょうか。重いといっても慣れれば大丈夫な範疇ですが。
イグニッションを回すと結構勇ましいエンジンがして、エンジンが掛かります。

 最後にディーラーから出る時に店長はじめみなさんのが送り出してくれるのはちょっと恥ずかしいものがあります。ここでエンストするとかっこ悪いですね。
 とりあえず、自宅まで帰ります。
 初めの説明の時にポジションを合わせたため、ちょっと微調整して結構しっくりきました。心配していた、ペダルの配置ですが、私にはまったく違和感ありません。左足の置き場も十分でオフセットも違和感ありませんでした。これは良くできています。右にして良かった。

 ディーラーから出てしばらくは結構細い道を通ることになりましたが、フェンダーの盛り上がりがあるので、結構見切りやすくて、サイズの割に運転しやすい感じです。
 エンジンはトルクがあるので、楽ちん。クラッチも重めですがつながる位置も分かりやすいので、運転しやすいです。
 信号に引っかかったところで、ナビで自宅を入力。結構サクサク動くのでこれで十分かなという印象。
 次の信号に引っかかるとエンジンが切れます。そうだ、アイドリングストップが付いているのを忘れていました。エンジンやらバッテリーに負担が掛かりそうなので、切っておくことにします。スポーツモードにするかアイドリングストップボタンを押せば切れるのですが、忘れそうなので、コーディングしたいところですね。

 ついでに、屋根を開けてみました。
 走り出すと、試乗の時も感じたのですが結構風の巻き込みを感じます。高速走ると結構巻き込む気がします。ちょっと寒いので、エアコンを暖かめにしてみましたが、イマイチ。ここで数少ないオプションで付いてきたシートヒーターを試してみます。スイッチ入れてすぐに暖かくなり、エアコンは必要なくなりました。3段階で調整可能なのですが、一番低い温度でも十分です。これは、付いていてよかった機能です。一番初めにNC買った時も付いていたのですが、冬に入る前にシートを交換してしまったので最後まで使わずじまいでしたが、これは良いものでした。

 エンジンは極めてスムーズ。この点は感動的ですね。街中を走る分には3000rpmまでで充分です。足回りは、ちょうどいい感じ。自分としてはそんなに固いとは思いません。
 そして、とにかく静か。屋根を開けていると排気音は入ってきますがロードノイズ等が極力抑えられていてとても快適です。エギゾーストノートはSACLAMさんにお願いです。きっといい音になると思います。
 ハンドリングはとても良く、インフォメーションも適度ある上、自分の思った通りに車が動いてくれます。さすがです。
 今まで乗ってきたオープンカーで一番快適です。高速で見かけるボクスターって走行車線をゆっくり走っている車が結構多いのですが、自分が乗ってみるとそういう気分になるのがよく分かりました。
 乗り味というか操作感が依然味わったことのある感じがしたのですが、考えてみるとアルピナに近い感じがします。ステアリングからのインフォメーション、クラッチの重さ、車の動き、エンジンのスムーズさ、そういったところが共通性を感じました。

 20Lだけガソリンが入っていたので、帰り道に満タンにしました。満タンで64L入ります。





 40Lほど入りました。満タンにしてもこれだけ入れても5000円。安い。ガソリンが安くて助かります。

 現在、我が家の地下車庫には、ミッドシップのオープンカーが2台収まることになったのですが、ボクスターとエリーゼ、全く趣向の異なる車です。どちらが優れているというのは比べること自体無意味で、ベクトルが正反対の車であることは間違いありません。
 快適性ならボクスター。車とのダイレクトな接触をしたいならエリーゼ。この両極端な2台を同時に所有できる自分はとても幸せだと思います。
 ボクスターはとりあえずコーティングを掛けるまで車庫でお休みです。黒なので今回はコーティングにこだわってみたのは良いのですが、予約が2月中旬にしか取れませんでした。それまではきれいに保管です。本格始動は3月の予定。早く春にならないかな。

 そうそう、納車から1週間もしないうちに、私のボクスターはHPから消え、718ボクスターに入れ替わりました。まあ、予想していたことではありますが、ちょっと寂しいところです。
 素のボクスターでパワーが300PS、トルクが380NMなので、981との比較で35PSと100Nmと大幅アップ。パワーはアレとしても、トルクがスゴイ。加速勝負したら全くついて行けない感じですね。
値段もちょっとUP。しかし、今回から本国のナビの関係のオプションを載せると実質結構なお値段UPですね。最新のポルシェが最良のポルシェだから、きっと色々進化していることでしょう。

 格好も嫌いではないですし、パワーとか非常に魅力的です。しかし、HPのエギゾーストノートを聞いたのですが、これだけはいただけません。これだけでも981を勝っておいて良かったと思います。後は、SACLAMさん次第で更に魅力UPのハズなので、社長さんよろしくお願いします。
Posted at 2016/01/30 18:52:49 | コメント(3) | トラックバック(0) | ボクスター | 日記
2016年01月22日 イイね!

さよならチワワさん

 いよいよ、ボクスターの納車が迫ってきました。
 さすがに4台を維持する余裕はないので、今回はNCさんをお嫁に出すことにしました。
 お嫁に出す前に、ニャホニャホさんから引き継いだ純正パーツに戻す作業を年末、年始のお休みを使って実行しました。
結局大物のエキマニとマフラーは色々あって、近所の自動車工場に交換をお願いしましたが、それ以外は自分で交換しました。



 内装は全部ばらしたついでに、クイックブライトで大掃除。新車のような状態になりました。



 今回の作業で一番手間だったのが、ショックの交換です。一人でやろうとすると中々大変な作業でした。この作業はプロにお願いしたほうが楽だと思います。

 準備が出来たので、一括査定をネットから申し込んでみると、すごい勢いで電話が来ました。まあ、商売だから当たり前ですよね。
 今までは、自分で買取店に持ち込むことが多かったのですが、今回は時間もないので一括査定を使ってみましたが、これ、便利な反面結構面倒です。
 今回はいつも見ているカーセンサーから何も考えず申し込んでみましたが、11社に連絡したことと同じことになり、登録した電話に一気に電話が掛かってきます。それはもうひっきり無しです。
 当然、同じような話をすることになるのですが、相手の話し方も会社によって強引だったり、失礼だったり、丁寧だったりと千差万別です。
 名の知れた会社は大抵丁寧なのですが、「でよろしかったでしょうか」を連呼で聞いていて嫌になるパターン、強引にアポを取ろうとする会社があるので話し始めて数分で切りたくなる場合があります。その場合は、少し話してみて、すぐに売る予定があるかと聞かれたら、とりあえず相場を知りたかったといえば、直接査定に来ないで電話を切ってくれるのでそうすると良いと思いました。最初は分からなかったので、断るのが結構大変で苦労しました。
 相場を知りたければ、査定を受ける予定は埋まっているが一般的な買取値段をメールで送ってもらえば、こちらから連絡するといえば送ってくれる会社もありました。

 今回、勉強になったのは、一括査定をする場合は数社に絞って登録して、話をしてみてよさそうな会社に査定に来てもらうのが良いということでした。査定自体もお金が出るまで1時間ほど掛かりますから、時間があまりない場合はそのほうが良いと思います。
 結局、時間を作って5社ほど査定してもらいましたが、幅が20万円程出ました。査定後の話もいろいろな会社があって、絶対その値段は出ないので、だまされないように気を付けてくださいとかアドバイスをしてくれるところまでありましたが、それは余計なお世話ですね。
 一番初めに一番高い値段を出した会社は、その後の対応がイマイチいやイマジュウだったので、最終的には別の会社に売ることになりました。
 売却した会社は、査定しに来た方の対応が非常に良くて、買取金額の外の費用や手続きについても明朗に説明してもらえ、値段も一番高いところに合わせてくれたので決めました。なんだかんだで結構面倒でしたが、それなりに買取価格に差があること、会社自体の対応には更に大きな差があることはよく分かったので、とてもよい勉強になりました。

 そういうわけで、先週の日曜日に売却の契約をして、今日の夕方引き取られていきました。







 NCは2台目で、今回は約半年、4000kmちょっとしか乗れませんでしたが、とても楽しい車でした。前の所有者のニャホニャホさんのカスタマイズのおかげでとても乗りやすかったし、楽しかったです。エキマニとマフラーを元に戻したら、ものすごく静かになってビックリなのと、純正の黒足はKONIと比べるとイマイチで、KONIの出来の良さが再認識できました。
 半年で手放してしまうのはニャホニャホさんには申し訳ないところもありますが、車自体は絶好調なのできっと次のオーナーの元で元気に走ってくれると思います。
Posted at 2016/01/23 18:48:21 | コメント(5) | トラックバック(0) | ロードスター | 日記
2016年01月10日 イイね!

新年恒例千葉TRG

 先週の日曜日に千葉へTRGに行ってきました。
 なんだか、毎年恒例になっている千葉TRG。いままで、いつも快晴なのですが、今回もばっちり快晴。ジンクスは守られました。
 今回はエリーゼで出撃です。最後の思い出にNCで行こうかと思いましたが、ナビも外してしまったので、やめておきました。

 海ほたるに8時に集合だったのですが、5時に目が覚めてしまったので、5時半に出発して、下道で行くことにしました。川崎側の多摩川べりにずっと道路があるので、早朝の空いている時は信号も少なくて、この道が快適です。





 予想通り、空いていて7時ちょっとすぎには海ほたるに到着。すでに2人程先に到着していました。早いね。
 残りのメンバーを待っている間、4WDで楽しい車を探しをしている間に全員集合。



 初めの目的地、みちのえき富楽里とみやまへ。
 高速だけですが、エリーゼは高速で飛ばす気全く起きない車です。法定速度で走ると、風切音も結構あるし、エンジン音も入ってくるので、もう満足になります。ある意味安全な車ですね。
 道の駅とみやまはものすごく混んでいました。
 去年は、もっと空いていたはずですが、9時を過ぎて到着したため、野菜とかを買う人で込み合っていました。こちらで、野菜を仕入れました。エリーゼが困るのは野菜を買うと、助手席にしか置けないことです。

 ここからは、海沿いに次の目的地、道の駅南房パラダイスへ。
 天気が良くて海沿いの道は気持ちがいいです。

 



 南房パラダイスの駐車場は空いていたので、ようやく5台並べられました。





 今回のTRG参加者は、Z33ロードスター、CX-3、NCロードスター、メガーヌ、エリーゼです。去年はCX-3がCX-5、エリーゼがスイフトでした。来年はどうなるのでしょうね。白、白、シルバー、黒と自分の車以外は無彩色が多くて、エリーゼが浮いてました。NDとスピダーが深谷に宿泊中なのでちょっとさみしい感じです。

 ところで、この道の駅、去年ぐらいからやたらとアロハ押しだと思っていたのですが、いつの間にか併設している施設がアロハガーデンたてやまに代わっていたのですね。新年TRGを始めた頃と比べるとかなり変わりました。



 千葉のスーパーヒーロー良いですね。
 次は昼食場所まで移動です。



 さて、昨年のTRGでいつも使っていた食事のお店がつぶれたことが分かっていたので、今回はきちんと下調べしておきました。いかんせん、一人1台車があるので、駐車場が広くないとダメなので、中々お店探しのハードルが高いですよね。昔は、TRGコースはいろいろ調べて設定した記憶がありますが、最近は適当に選んでいます。きちんと下調べもして沢山の車で楽しむTRGも良いですが、少数で適当に行くTRGも気楽で良いもんです。
 今回は千倉の浜の郷で昼食にしました。
 道路に面して広い駐車場はありませんが、裏に結構広めの駐車場があるので、5台ぐらいなら問題ありませんでした。ただし、11時ちょっと過ぎぐらいに入ったので、空きがあったというべきか。出るときには駐車場が一杯でした。
 車の台数が多い場合は、開店(11時)後すぐが良いと思います。それと、もう1点良かったのは、大漁丼という、限定20食の海鮮丼が食べられることです。



 17種類も魚介類が乗って非常にお得です。ちなみに苦手なものがある時は注文時に申告すると別なものに変えてくれるのも良いですね。ちなみに私は好き嫌いはあまりありません。このお店は正解でした。来年も来ようと思います。

 今回はいつも寄らない道の駅ローズマリー公園に寄りました。
 こちらでびわソフトを食べましたが、この日は暖かくてソフトクリームもおいしく食べられました。こちらの道の駅は野菜や果物も結構あって、お土産買うのには良いかもしれません。

 おなかも一杯になったところで、今回の最終目的地の道の駅ふれあいパークきみつへ。



 道中は渋滞が無くて、天気も良いのでとても快適でした。ひとつ困ったのは、鴨川有料道路が210円に値上がりしていたことです。去年は200円だったのに。こちらの料金所は無人で、お金を投げ入れるタイプなのですが、10円なんて予測してなかったので、取り出すのに時間がかかるし、エリーゼは車高が低い上、サイドシルが分厚いので、さい銭箱に投げ込みにくいから、ドアを開けて投げ込んだので時間がかかって後ろの車に迷惑がかかってしまいました。来年は、きちんと210円を用意することにしましょう。
 道の駅きみつに到着。最後にお茶を飲んで解散です。



 帰り道は海ほたるの手前から結構混んでいて、トンネルを抜けるまで結構混んでいました。そして、今回初めて中央環状品川線を走ることが出来ました。はるか昔にこの道路に絡んだ仕事をしていたこともあるので、なんだか感慨深かったです。結構カーブが多くて走りやすくはないですが、中々面白かったです。
 中央環状線は空いていたのですが、4号線に入ったら事故渋滞で混んでいたので、幡ヶ谷で降りて下道で帰りました。きみつから2時間ぐらいで家に着いたので、結構楽でした。
 最後にガソリン入れたら、20Lちょっとしか入らなくてちょっとビックリ。確かにあまりアクセル踏んでないので、燃費が良いなとは思っていましたが、15L/kmをちょっと下回るぐらいの燃費でした。エリーゼは車重が軽いので燃費も良いのが良い意味でスポーツカーらしくなくて良いです。
 一日、エリーゼに乗ってTRGしました、エリーゼは街乗りのスピード域でも楽しいのが良いです。今回のようにちょうど良い気温だと、窓を開けていれば快適なのでこの時期はTRGするには一番良い時期なのかもしれませんね。
 もうすぐボクスターも納車されるのですが、エリーゼとの比較が楽しみです。

 最後に、Today's SACLAMにある、スピダーのエキマニ&マフラー。美しすぎて羨ましいです。




Posted at 2016/01/17 16:20:47 | コメント(3) | トラックバック(0) | TRG | 日記
2016年01月02日 イイね!

ネギ屋さんへ

 みなさん、明けましておめでとうございます。
 今年はどんな年になるのでしょう。元旦から泊まりで仕事だったので、仕事の年になるかもしれないという気もしないではありません。

 さて、話は昨年の12月19日のことになります。
 ニャホニャホさんがNDを預けにSACLAMに行くというのでお供で行くことにしました。もう、ボクスターを買うことは決まっていたので、NCで行くことにしました。

 折角なので、下道で走りながら行こうということで、朝5時半に出発。この前と同じく、新青梅街道を走り、東青梅から成木街道を進み名栗湖を目指します。



 気温は氷点下で流石に冷えたので、オープンにせずに走りました。



 朝早いおかげで1時間とちょっとで名栗湖に到着。前回は6時前で進入禁止だったので入りませんでしたが、今回は名栗湖まで入ってみました。
 ちょうど夜が明けるぐらいの時間でしたが、堤体に車おけるのが良いですね。
 ここで写真を何枚か撮りました。







 ここから一路、道の駅果樹公園あしがくぼを目指します。前回は山伏峠から正丸峠を抜けましたが、正丸峠は狭いので、今回は素直に県道53号を進み、R299の正丸トンネルの出口に抜けました。暖冬のおかげで積雪や凍結もなく、快適に走れました。NCのKONI脚は本当によくできていますね。
 7時半には道の駅あしがくぼに到着。



 9時に道の駅はなぞので待ち合わせだったので、このままだと早く着きすぎてしまうので、適当に県民の森h0方へ行ってみようと思いつきました。地図を見る限り、稜線まで出れば、前回、エリーゼで顎を擦った奥武蔵グリーンラインに出るかなということで。
 ものすごい九十九折の道をぐんぐん上り、山の稜線まで出ました。野外活動センターの方から抜けられるかと思ったら、冬季は通行止めで引き返すことに。
 県民の森の脇を抜けて、丸山あたりで一枚。





 なぜか、足柄さんのプラモが捨てられていました。



 そのまま、細い道をぐんぐん進むと、白石峠へ。ここは、前回エリーゼ通った記憶があります。ここから道を考えるのが面倒になってきたので、ナビを道の駅はなぞのにセット。
 白石峠から県道172号でときがわに抜けるルートを選択されました。このルートも結構細くてくねくねした道でしたが、とても楽しかったです。こういう道はNCだととても楽しいです。

 あとは、そのまま下道を通り、8時半には目的地に到着しました。

 いつも通り、道の駅はなぞので野菜類を買っているとニャホニャホさんが到着。
軽くメロンパンを食べてから、SACLAMに向かいました。

 SACLAMには、すでに赤いNAとCX-5がリフトに上がっていました。
 CX-5見るのはニャホニャホさんの以外初めてです。
 NAの方はなんと広島から自走してマフラーを取り付けに来たとのこと。色々とお話しさせてもらいました。若いな~とは思っていましたが、まさかの10代。後でtoday’s SACLAMで知りました。いやー、ビックリです。若いのにいい趣味していますね。オジサンのようにおバカな方向に行かないことを願っています。



 タロウちゃんのソットヴァンも置いてありました。



 今回は、U社長にボクスター買ったことを報告して、マフラー作ってくださいとお願いする気で来ました。さすがに社長さんも呆れていましたが、マフラーは作ってくれるそうです。ただし、開発予定の車が沢山あるので、とりあえず慣らしを終えてからねってことなので、ゆっくり慣らしをして、U社長の手が空いた頃合い見て預けようと思っています。また、1年ぐらい掛るかもしれませんが、6気筒だしきっといい音がすると信じております。同じ車両の方で欲しい方いますかね?PDKじゃなくMT限定になってしまうので、あまり台数はいないかな。
 それと、もうひとつ別のお話を軽くして今回の私の用事は終了。

 昼食に今回初めて行く讃岐うどんの武村にNCでニャホニャホさん同乗でいって、うどんを満喫してから家に帰りました。
 ニャホニャホさんのNDの開発は順調に進んでいるようで、春ごろにものが完成すると良いですね。NDは元々良い音がするので、とても楽しみであり、ちょっと怖くもあります。えらい音が良かったら困ったことになるかもしれません。

 帰り道に丁度80,000kmになりました。買ってから4,000km結構走りました。


 この後、年内一杯はNCのパーツを取り外し+掃除と、家の掃除で殆ど時間を使ってしまいました。



 NCのダッシュボードはシボになっているのですが、古くなった両面テープが取れなくてえらい苦労しました。それから、ショック交換を初めて自分でやってみましたが、あれは一人でやるもんじゃないですね。何とか1日で終わりましたが、エアツールがなかったらどうなっていたことでしょう。何とか年内に作業自体は終わりました。

 さて、今年はどんな年になるでしょうか。ボクスターの納車も今月中になると思います。久々のドイツ車。とても楽しみです。エリーゼも並行して乗っていくので、2台の全く性格の違う車の対比が今から楽しみです。
 それでは、今年もよろしくお願いします。
Posted at 2016/01/02 12:48:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | SACLAM | 日記

プロフィール

「ジムニーさん。良い感じです。」
何シテル?   06/24 13:47
独身をこじらせて、二人しか乗れない車と普通の車に乗っております。 ミッドシップのロードスターのエキシージS。そして普段使いのアルトワークスです。両方ともに...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ネット詐欺にあったみたい 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/18 20:58:04
CUSCOシフトコントロールケーブルブラケットカラー取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/18 12:55:27
CUSCO シフトリンケージカラー取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/18 12:55:02

お友達

blogの頻度は気分によって変わります。仕事が忙しいとこちらは放置プレーになります。それでも良ければお友達になって下さい。
50 人のお友達がいます
シュピーゲルシュピーゲル *みんカラ公認 marveric740marveric740 *
仲林工業株式会社仲林工業株式会社みんカラ公認 HulaHawaiiHulaHawaii
HCTOMHCTOM いまさら次朗いまさら次朗

ファン

86 人のファンがいます

愛車一覧

ロータス エキシージ ロードスター ロータス エキシージ ロードスター
 2代目のV6エキシージです。  オプションは、プレミアムパック(ヴェノムレッド)、レー ...
スズキ アルトワークス スーパー節約ゼロ銭号 (スズキ アルトワークス)
 記念すべき20台目の車です。  初めての軽自動車です。  ここ3年で車が3台に増えて ...
ホンダ トゥデイ スーパーお買い物号 (ホンダ トゥデイ)
赤いです。 私が所有している乗り物の中で一番の古株です。 13年で走行距離2800km。 ...
ポルシェ ボクスター (オープン) チャバネゴキさん (ポルシェ ボクスター (オープン))
 素のボクスター、右、MTです。  本当は、黄色のボクスターが欲しかったのですが、思い ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.