• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年08月06日

”とらぶるす・ねばぁ・かむ・あろ~ん” 安易な追加は…:(;゙゚''ω゚''):



とらぶるす・ねばぁ・かむ・あろ~ん!?


お上からの度重なる”車検整備勧告”のハガキ&電話により、ビモータ君の車検を依頼したリタでしたが…




「燃料漏れてますよ…Oリングだったら大抵”モノタロウ”にありますから…」

不意の指摘に驚きましたが、持ち込んだ時には大丈夫だったはず(通常の定期点検・車検整備は一通り終わらせてから持ち込んだから)

たしかに以前、燃料センサー付近から燃料滲みを修理した記憶がありましたが、当時もOリング自体は正常だったはず…(-_-;)

「まぁ今回もOリングに耐ガソリンの専用シリコンシーラントを塗れば、簡単に漏れは止まるはず。取り敢えず車検を取得していただいて、そのあと自分で修理しますよ」

などと余裕をかまします (;^_^A アセアセ・・・ 

他にも

・左ライト光の拡散が酷過ぎる⇒要電球交換

 やはり中華HIDはダメだわ┐(´∀`)┌ヤレヤレ







☆燃料漏れ探求編

話が前後しますが、まず燃料漏れの原因を探り、修理しなければ危険です。



残量センサーは、ココに付いてまして



このゴムカバーは二十年の月日を感じさせるようにカッピカピにプラスティック化してました



外れてしまっていますが、丸型端子がマイナス・アースで、中心の紫がプラスのようです。
プラスティック化していたカバーは切っちゃいました。



ボルト二本を外すと残量センサーが取り外せます。



構成部品群がコチラ。

懸念されていたOリングの状態は頗(すこぶ)る良好ですね(笑)

何処(どこ)から漏れていたのかな?



ココでした!! 


真鍮パイプが金属疲労を起こし、ひび割れているではありませんかΣ(・□・;)!?

真鍮ではなく、銅製ですが同径のパイプが用意できたのですが、適径のピンポンチがなくて古いパイプを打ち出せず、今回はセンサーなし状態での修理になりました。

次回はちゃんと直そう。

※こんなこともあるのですね、また一つお利口さんになっちゃいました(〃´∪`〃)ゞ







☆安易な追加は・・・!?:(;゙゚''ω゚''):


お礼と車検費用のお支払いを済ませ、燃料漏れ修理のために帰宅する前に一通り点検すると、見事に燃料がありません(^▽^;)\

これは暖気なしでガソリンスタンドへ向かわないとガス欠かも(;^ω^)

が、

走り出すと”笑いが出るほどの絶不調!?”

アイドリングもままならず、アクセルを開けても前後にガックンガックンとスナッチ出まくり:(;゙゚''ω゚''):
勿論スピードなんて出ませんからね。

 でもこの不調は、以前体験済みだったような記憶がぁ…

取り敢えず5リッターほど給油してガレージへの帰還を試みますが…

 右折レーンで息絶えました(⌒▽⌒)アハハ!

押しましたとも、ビモータで初めてね((ノェ`*)っ))タシタシ

その日は気温は30℃プラス、ヘルメットを被るだけで汗が噴き出す陽気でしたが(;´Д`)

二十年ぶりの”一人8耐”状態再体験(⌒▽⌒)アハハ!

5分ほど押すと、幸運にもエンジンが息を吹き返しましたので、坂道を押さずに済みました(笑)


ガレージに帰還するや否や、心当たりの原因を確かめるために一気に外装をバラします。

力技も駆使しつつ、数分で分解完了!

ところが…

今回の原因は心当たりのアレではなく



この画像のなかにあるブローバイのホースを、燃料コック切り替え時に折り曲げてしまったことでした。

※ブローバイホースを折り曲げてしまうと、冷間時にブローバイガスが出てきませんのでエンジン内が正圧状態になり、空気抵抗でエンジンが回りづらくなるのみならず、混合気も吸い込めない状態になるのです(体験済み)。

たかがブローバイホースなのですが、不思議なことにホースを正常に戻しても10分くらい不調を引き摺ります(-"-;A ...アセアセ


お騒がせいたしましたm(_ _)m

皆様もご注意くださいませ。⇐ こんな体験しませんよね(笑)

無事に帰宅後、改めて該当部品を分解・洗浄作業をコソコソと施工したのでした。







数日後、さぁ車検も取得したことですし、いつものビモータ君に戻しましょう\(^0^)

ところが排気にオイルの青白い煙が混じっています… オイル上がりも併発!?(◎_◎;)

アイドリング回転数は低く、水温が上がると更に不調です(^_^;)

「ん~燃料が濃い(Rich)なぁ」

と、A/F計を取り付けると空燃比は12:1と見事に濃かったです(笑)

いつも通りパイロットエアスクリューを少しずつ開けることで調整しますが、一回転開けても空燃比は12:1のまま:(;゙゚''ω゚''):

何故???

炎天下に3時間ほど頑張ってみたところ、コンプレッション(圧縮圧力)も12程度と良好。


意外なところに原因が。



絶不調の原因はコレ!

KTM純正のワンウェイバルブでした:(;゙゚''ω゚''):

このワンウェイバルブをブローバイに追加することで、エンジン内部を負圧に保つことができ、エンジンブレーキが緩和できるとの触れ込みから安易に追加した部品なのです。

エンジン内部を負圧にすると、どんなメリットがあるのかというと、

・エンジンブレーキが弱くなる

・アクセルを開け始め、回転が上がり始める時に混合気が若干多く入る

が挙げられます。



そうです、原因がわかりましたね?

今度は前回とは逆に、バルブの容量不足からエンジン内が過剰に負圧になってしまって起きたのでした(^▽^;)\


原因がわかれば対策は簡単です。

こんな部品、取っ払ってしまいましょう\(^0^)


するとオイル上がりの症状も消え失せ、エンジンブレーキは元に戻り強くなりましたが、以前の元気なビモータ君が蘇ったではありませんか(笑)




☆とらぶるす・ねばぁ・かむ・あろ~ん(^▽^;)



毎度お馴染ビモータ君のストリップです(^▽^;)\

「リタちゃ~ん、まだバイクに乗ってんのげ?(訳:まだバイクに乗っていたのね?)。あれっ、オイル吹いてねぇか?(訳:オイルが噴出してはいませんか?)」

そう知人に指摘されて右足を見ると…

ギョエ~!オイルまみれΣ(・□・;)

ブローバイホースから盛大にオイルを噴出しているではあえりませんか!?

「ピストン終わった…エンジンブロー?」

頭が真っ白になりましたが、とにかく帰宅しなくては。

帰路観察してみると、アクセルを閉じた少し後にゴボゴボッとオイルを噴くことがわかりました。

 気休めにもなりませんが…

”ピストン終了~・エンジンブロー”の言葉がが頭の中を駆け巡ります…

が早速バラシて検証です!



洗浄してしまいましたのでよくわかりませんが、この辺一帯オイルまみれでした(◎_◎;)



恐る恐るエンジン側のブローバイ配管を見てみると、

あら不思議!?ほとんどオイルが付着していません。

ということは…

またコンプレッション(圧縮圧力)を調べてみると、今回も全気筒12程度で良好

 ピストン&エンジンセーフ(笑)

そうです、如何にリタが冷静さを失っていたのかの証明ですね。

噴出してきたオイルは、キャッチタンク内に溜まっていたものだったのです(^▽^;)\

ワンウェイバルブを除去したことによって、ブローバイガスが正常に排出された証でした(;^ω^)



そうとわかればあとは簡単ですね(笑)

圧縮空気を吹き込むと、すぐにこれだけ出てきました(^^ゞ



廃油処分箱に切り替えて、圧縮空気を吹き込み続けるとこれだけ出てきました(;^ω^)

最初はオイルが。

次にシンナーみたいな嫌なニオイの液体が。

最後に茶色い水(?)が出てきました(^_^;)



今回はまず燃料漏れ、続いてブローバイホース折り曲げ、更にブローバイ狭窄、キャッチタンク内排出忘れと予想外のトラブルが

”泣きっ面に蜂”=とらぶるす・ねばぁ・かむ・あろ~ん

の如く続きました(-"-;A ...アセアセ

燃料漏れ以外は、ブローバイに安易に部品を追加したことによる不具合でしたので、今後はもっと慎重に維持りたいと思います。


今年の夏はバイクに乗るぞぉ~!

 ワクd(*^0^*)dワク











ブログ一覧 | bimota SB6 | 日記
Posted at 2016/08/06 03:46:59

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

シュアラスターのウィンドウケア『ゼ ...
みんカラスタッフチームさん

赤岳が凄いので平沢峠に、帰還ル-ト ...
ライトバン59さん

2019年4月の代官山モニクルで見 ...
パパンダさん

レクサスRC/RC F後期型用ドラ ...
axispartsさん

【さらにお手軽】ポータブル蓄電池m ...
pika-Qさん

AMD A10-6800Kへの道 ...
菊父ちゃんさん

この記事へのコメント

2016/08/06 07:09:00
ご自分で追及されて全てのミッションクリアー、、、

おめでとうございます。

私でしたら全てお手上げですよ。。。

はは、知識を上げたいです、、
コメントへの返答
2016/08/06 08:55:21
りんご7さま

♪暑中ぅお見舞いもうしあげますぅ~

いやはやお恥ずかしい限りですよ(^_^;)
支離滅裂なブログに、安易な部品追加…

これら全部直るまで二ヶ月以上かかってますから(^▽^;)\

リタは知識を増やすよりも、その分楽しく乗ることの方をおススメします。

不思議なことに車やバイクって楽しく・気持ちよく乗っていると壊れないのですよ(笑)

コメントいただきありがとうございます。

そうそうポルシェのブローバイネタなど(笑)

エンジンオイルを入れ過ぎると起こることなのですが、油温が80℃程度になるとオイルが溢れ出します。

タンクからブローバイホースを通ってエアクリーナーへ。

更にエアクリーナーのドレンからエンジンとミッション結合部付近にあるパイプからドバドバと。

これはトラブルではないので安心してください(笑)

ポルシェの油量は、油温80℃でアイドリング3分後からお願いしますね。
2016/08/06 10:40:48
クランクケース内圧というのは興味深い分野ですね。

水分混入のスラッジなどでワンウェイバルブ固着・凍結のトラブルも多いようです。
コメントへの返答
2016/08/06 21:58:01
灸太郎くんさま

暑中お見舞い申し上げます

いや~恥ずかしながらリタはブローバイを舐めてました(^▽^;)
こんなにも微妙なバランスの上に成り立っていたとは…。

そうですね、特に冬季は水蒸気で乳化や凍結が起こりますよね。
リタは数ヶ月毎にメンテしていましたので大丈夫でしたが、ラッキーでした(笑)

今回はワンウェイバルブの出口側の圧倒的な流量不足が原因でしたが実際にメリットも体験できましたので、次に挑戦する際には…(笑)

ドゥカにはいくつも評判の良いクランクケースブリーザーバルブがありますので、既に体験済みでしょうか?

コメントいただきありがとうございます。

リタも”ステンレスたわし”デビューしますね(笑)
2016/08/06 14:34:50
リタさん、一人8耐、5分で済んで良かったですね(;´∀`)

クランクケースに付ける内圧コントロールバルブって使った事無いんですけど、そんなトラブルも出るんですね~

お疲れ様でした(´・ω・`)b
コメントへの返答
2016/08/06 22:15:47
オナキンさま、お久しぶりです\(^0^)

気温38℃超ですって?

酷暑お見舞い申し上げます

はい、5分で済んでラッキーでした(笑)
日頃の行いが…(爆)

内圧コントロールバルブ…
純正ってよ~く考えられてましたよ(^▽^;)
正常に機能すると、1~2速上のギヤ並みのエンジンブレーキになりまして、コーナーリング進入が楽しかったです。

最初はブローバイを排出できなくてのトラブル、次は吸い込めなくての不具合でしたので、リタも混乱してしまいました(笑)

コメントいただきありがとうございます。

次はリードバルブに鋼管で配管して…(笑)
2016/08/06 14:56:53
バルブ効果期待していたのですが、撤去ですか。

でも、何でも直すリタさんは流石です
コメントへの返答
2016/08/06 22:23:59
新チャンさま

暑中お見舞い申し上げます🎐

新チャン、(人''▽`)ありがとう☆

そうだよね、ブローバイ経路上にあるオイルキャッチタンクが溢れるほど詰まっていたのだから、ワンウェイバルブ単体の容量不足と断定してしまうのは時期尚早だよね!

コメントいただきありがとうございます。

新チャンも”ステンレスたわし”しようよ(笑)
2016/08/06 21:40:31
修理は時に・・・

段取り(原因究明) 九分
残り(作業) 一分 と
教わったこともありますが、

この度、まさに!ですね。
的確な判断、流石です。

夏は運転手にとっては暑いですが、
タイヤの接地感は楽しいですよね?
どうぞ、ご安全に!
コメントへの返答
2016/08/06 22:34:23
スーパーねこ太郎さま

🎐暑中お見舞い申し上げます

リタはまだ未熟者ですから、支離滅裂なブログな上に、後手後手の対症療法で醜態を晒してしまいました(/ω\)

まさか真鍮の金属疲労まで考慮が必要とは…(笑)

こちらは冬場にアスファルトがダ割れて、夏季にはがれて穴になることが多いので気を付けて楽しみますね。

コメントいただきありがとうございます。

明朝は例の”朝市”ですか?
そうそう、自転車が多いのとアスファルトにスタンドがめり込むことにも注意されてくださいませ\(^0^)
2016/08/07 11:04:33
いわゆるクランクケース内圧コントロールバルブ、
実はドゥカティは単気筒時代から内圧対策をしていまして、クランクケース後端当たりの上側に突き出している円柱状のものがそれです。
自分でばらしてはいませんが、内部はらせん状になっているとかで、油気を分離して、キャップ部分から太いホース(内部スパイラル入り)が出ていました。

MHRや900SSではシート下にキャッチタンクがありましたが、イモラレプリカや初期の750F1はホース先端にゴムシートを使ったリードバルブになっていて、大型二気筒としては異例に軽快な吹け上がりに寄与していたのではと思います。一見古臭そうで、実は基本をしっかり押さえつつ独創的発想を展開していたのがタリオーニ時代のドゥカティなのでありました。

いずれにせよ、エアクリーナー装着車以外は大気解放で、誉められたものではありませんでしたが(笑)
コメントへの返答
2016/08/07 23:29:19
灸太郎くんさま、こんばんは\(^0^)

そうなんですってね。
バルブ本体の外径で50ミリ近くありましたよね。
リタもドゥカを候補に挙げて以降、色々と調べた際に、各アフターメーカーのバルブの創意工夫と独創性に驚かされました。

今回改めてクランクケース内圧コントロールバルブについて調べ直してわかったのですが、確かに灸太郎くんさまの挙げられたメリットが列挙されていました。
きっとMHRなどの始動性向上にも寄与していたのでしょうね。

メリットは理解しつつも、最近のキット物はお高いですね(苦笑)

主任技術者の名前で時代分けされるのは、イタリアだけではありませんか?(笑)

イタリアの技術者は、”楽しくい”ということを付加価値化することにも邁進していたように思うリタでした(笑)

燃料噴射と電子制御が幅を利かせはじめてからは、独自色が薄らいでしまっているようにも思えます。

今回は失敗しましたが、次回はもっとアカデミックにバルブを選択してみたいような…
やっぱり”シンプル・イズ・ベスト”でナシがいいかな(笑)

コメントいただきありがとうございます。

こんな話をブログに認めていただき、イタ車の楽しさを広めましょう!!

※大気解放についてですが、リタは吸気口付近に解放するならエアクリ戻しも大気解放もほぼ同じと考えています。

そもそもブローバイから汚染物質が検出されるようなエンジンは要修理と考えるからです。
2016/08/08 18:49:33
お久し振りです。内圧コントロールバルブですか。ボクはドゥカ900SLに社外のを装着してました。ちなみにシグナス君にも。大型ツインには効果が大きかったです。弟の1000モンスターでも効果がありました。失礼しました。
コメントへの返答
2016/08/08 23:23:07
レックスパワー弟子1号さま

残暑お見舞い申し上げます🎐

やはり経験者様でしたか(・∀・)ニヤニヤ
シングルやツインに装着されている印象でしたが、昨日調べたら現行SS用も多数あるのですね。そしてお高い(⌒▽⌒;)アハハ!

今回のKTM純正部品も、流出側の流動抵抗が感じられましたが、本当の原因は途中にあるキャッチタンク内の廃油処分忘れらしいです(^▽^;)\

コメントいただきありがとうございます。

ご夫婦共々元気に夏を楽しんでくださいませ\(^0^)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@灸太郎くん様 こんばんは\(^0^)勿論純正フィッティングです、はい。”かしめ”が割れただけで、このままでも大丈夫そうですが、人様にご迷惑をお掛けしないようにブレーキホース交換しました。」
何シテル?   06/09 17:50
リタです *return to myself だと長いので(汗) 車・バイクが大好きで、ほとんど自分で素人整備しています 自慢の身体(肥満体)には大...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

【趣味ログ】SONYスカイセンサ―5900📻 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/26 21:11:08
あなたもみるみる痩せるニシモティ式減量 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/28 01:01:14
肉と魚と野菜と私。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 15:10:30

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
”キズや凹みは盗難防止装置だ!”と豪語してはいたものの、♪お肌のお肌の曲がり角? 日に日 ...
ビモータ sb6 ビモータ sb6
震災の揺れをメインテナンススタンドだけで耐え抜いてくれました。私の宝物のひとつです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.