• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

returntomyselfのブログ一覧

2018年10月01日 イイね!

前向き

ご無沙汰してます!

沢山の激励・ご教示をいただきありがとうございました。

お陰様で腰痛はすっかり影を潜めましたが、根本原因が自律神経失調症らしく、不定愁訴は上に移動し、今は背中・喉・鼻・目で猛威を奮っております。

中でも目が痒いのなんの・・・パソコンはまだ短時間しかできません。

さて

秋の集中整備週間こと、交通安全運動を無事に乗り切ったリタですが、予想外の悪天候に因り、青空整備場でのR君の車検整備が全く進んおりませんし、ビモータ君にもほとんど乗れていないのです。

今朝



ん?



んん??



何だとぉ~!!



たかが41.5m/s、つまり150km/h程度の”そよ風”で、倒れるかぁ~(◎_◎;)



気を取り直して、被害状況の確認です。

スクリーン…    全損
カウルステー…  破断
アッパーカウル… ヒビ・塗装剥がれ



ウインカー…    破断



アンダーカウル… 擦りキズ



他は全部セーフ!

スクリーンはまだモトコルセに在庫有るかなぁ?
無ければゼログラビティにまだ設定があるらしい。

ウィンカーは、某車の部品をヤフオク調達し、

カウルステーは撤去すれば取り敢えず乗れそう。

風に”前向き”にすれば大丈夫だと思う。

前向きなリタからの報告でした。




Posted at 2018/10/01 12:15:00 | コメント(8) | トラックバック(0) | bimota SB6 | 日記
2016年08月06日 イイね!

”とらぶるす・ねばぁ・かむ・あろ~ん” 安易な追加は…:(;゙゚''ω゚''):



とらぶるす・ねばぁ・かむ・あろ~ん!?


お上からの度重なる”車検整備勧告”のハガキ&電話により、ビモータ君の車検を依頼したリタでしたが…




「燃料漏れてますよ…Oリングだったら大抵”モノタロウ”にありますから…」

不意の指摘に驚きましたが、持ち込んだ時には大丈夫だったはず(通常の定期点検・車検整備は一通り終わらせてから持ち込んだから)

たしかに以前、燃料センサー付近から燃料滲みを修理した記憶がありましたが、当時もOリング自体は正常だったはず…(-_-;)

「まぁ今回もOリングに耐ガソリンの専用シリコンシーラントを塗れば、簡単に漏れは止まるはず。取り敢えず車検を取得していただいて、そのあと自分で修理しますよ」

などと余裕をかまします (;^_^A アセアセ・・・ 

他にも

・左ライト光の拡散が酷過ぎる⇒要電球交換

 やはり中華HIDはダメだわ┐(´∀`)┌ヤレヤレ







☆燃料漏れ探求編

話が前後しますが、まず燃料漏れの原因を探り、修理しなければ危険です。



残量センサーは、ココに付いてまして



このゴムカバーは二十年の月日を感じさせるようにカッピカピにプラスティック化してました



外れてしまっていますが、丸型端子がマイナス・アースで、中心の紫がプラスのようです。
プラスティック化していたカバーは切っちゃいました。



ボルト二本を外すと残量センサーが取り外せます。



構成部品群がコチラ。

懸念されていたOリングの状態は頗(すこぶ)る良好ですね(笑)

何処(どこ)から漏れていたのかな?



ココでした!! 


真鍮パイプが金属疲労を起こし、ひび割れているではありませんかΣ(・□・;)!?

真鍮ではなく、銅製ですが同径のパイプが用意できたのですが、適径のピンポンチがなくて古いパイプを打ち出せず、今回はセンサーなし状態での修理になりました。

次回はちゃんと直そう。

※こんなこともあるのですね、また一つお利口さんになっちゃいました(〃´∪`〃)ゞ







☆安易な追加は・・・!?:(;゙゚''ω゚''):


お礼と車検費用のお支払いを済ませ、燃料漏れ修理のために帰宅する前に一通り点検すると、見事に燃料がありません(^▽^;)\

これは暖気なしでガソリンスタンドへ向かわないとガス欠かも(;^ω^)

が、

走り出すと”笑いが出るほどの絶不調!?”

アイドリングもままならず、アクセルを開けても前後にガックンガックンとスナッチ出まくり:(;゙゚''ω゚''):
勿論スピードなんて出ませんからね。

 でもこの不調は、以前体験済みだったような記憶がぁ…

取り敢えず5リッターほど給油してガレージへの帰還を試みますが…

 右折レーンで息絶えました(⌒▽⌒)アハハ!

押しましたとも、ビモータで初めてね((ノェ`*)っ))タシタシ

その日は気温は30℃プラス、ヘルメットを被るだけで汗が噴き出す陽気でしたが(;´Д`)

二十年ぶりの”一人8耐”状態再体験(⌒▽⌒)アハハ!

5分ほど押すと、幸運にもエンジンが息を吹き返しましたので、坂道を押さずに済みました(笑)


ガレージに帰還するや否や、心当たりの原因を確かめるために一気に外装をバラします。

力技も駆使しつつ、数分で分解完了!

ところが…

今回の原因は心当たりのアレではなく



この画像のなかにあるブローバイのホースを、燃料コック切り替え時に折り曲げてしまったことでした。

※ブローバイホースを折り曲げてしまうと、冷間時にブローバイガスが出てきませんのでエンジン内が正圧状態になり、空気抵抗でエンジンが回りづらくなるのみならず、混合気も吸い込めない状態になるのです(体験済み)。

たかがブローバイホースなのですが、不思議なことにホースを正常に戻しても10分くらい不調を引き摺ります(-"-;A ...アセアセ


お騒がせいたしましたm(_ _)m

皆様もご注意くださいませ。⇐ こんな体験しませんよね(笑)

無事に帰宅後、改めて該当部品を分解・洗浄作業をコソコソと施工したのでした。







数日後、さぁ車検も取得したことですし、いつものビモータ君に戻しましょう\(^0^)

ところが排気にオイルの青白い煙が混じっています… オイル上がりも併発!?(◎_◎;)

アイドリング回転数は低く、水温が上がると更に不調です(^_^;)

「ん~燃料が濃い(Rich)なぁ」

と、A/F計を取り付けると空燃比は12:1と見事に濃かったです(笑)

いつも通りパイロットエアスクリューを少しずつ開けることで調整しますが、一回転開けても空燃比は12:1のまま:(;゙゚''ω゚''):

何故???

炎天下に3時間ほど頑張ってみたところ、コンプレッション(圧縮圧力)も12程度と良好。


意外なところに原因が。



絶不調の原因はコレ!

KTM純正のワンウェイバルブでした:(;゙゚''ω゚''):

このワンウェイバルブをブローバイに追加することで、エンジン内部を負圧に保つことができ、エンジンブレーキが緩和できるとの触れ込みから安易に追加した部品なのです。

エンジン内部を負圧にすると、どんなメリットがあるのかというと、

・エンジンブレーキが弱くなる

・アクセルを開け始め、回転が上がり始める時に混合気が若干多く入る

が挙げられます。



そうです、原因がわかりましたね?

今度は前回とは逆に、バルブの容量不足からエンジン内が過剰に負圧になってしまって起きたのでした(^▽^;)\


原因がわかれば対策は簡単です。

こんな部品、取っ払ってしまいましょう\(^0^)


するとオイル上がりの症状も消え失せ、エンジンブレーキは元に戻り強くなりましたが、以前の元気なビモータ君が蘇ったではありませんか(笑)




☆とらぶるす・ねばぁ・かむ・あろ~ん(^▽^;)



毎度お馴染ビモータ君のストリップです(^▽^;)\

「リタちゃ~ん、まだバイクに乗ってんのげ?(訳:まだバイクに乗っていたのね?)。あれっ、オイル吹いてねぇか?(訳:オイルが噴出してはいませんか?)」

そう知人に指摘されて右足を見ると…

ギョエ~!オイルまみれΣ(・□・;)

ブローバイホースから盛大にオイルを噴出しているではあえりませんか!?

「ピストン終わった…エンジンブロー?」

頭が真っ白になりましたが、とにかく帰宅しなくては。

帰路観察してみると、アクセルを閉じた少し後にゴボゴボッとオイルを噴くことがわかりました。

 気休めにもなりませんが…

”ピストン終了~・エンジンブロー”の言葉がが頭の中を駆け巡ります…

が早速バラシて検証です!



洗浄してしまいましたのでよくわかりませんが、この辺一帯オイルまみれでした(◎_◎;)



恐る恐るエンジン側のブローバイ配管を見てみると、

あら不思議!?ほとんどオイルが付着していません。

ということは…

またコンプレッション(圧縮圧力)を調べてみると、今回も全気筒12程度で良好

 ピストン&エンジンセーフ(笑)

そうです、如何にリタが冷静さを失っていたのかの証明ですね。

噴出してきたオイルは、キャッチタンク内に溜まっていたものだったのです(^▽^;)\

ワンウェイバルブを除去したことによって、ブローバイガスが正常に排出された証でした(;^ω^)



そうとわかればあとは簡単ですね(笑)

圧縮空気を吹き込むと、すぐにこれだけ出てきました(^^ゞ



廃油処分箱に切り替えて、圧縮空気を吹き込み続けるとこれだけ出てきました(;^ω^)

最初はオイルが。

次にシンナーみたいな嫌なニオイの液体が。

最後に茶色い水(?)が出てきました(^_^;)



今回はまず燃料漏れ、続いてブローバイホース折り曲げ、更にブローバイ狭窄、キャッチタンク内排出忘れと予想外のトラブルが

”泣きっ面に蜂”=とらぶるす・ねばぁ・かむ・あろ~ん

の如く続きました(-"-;A ...アセアセ

燃料漏れ以外は、ブローバイに安易に部品を追加したことによる不具合でしたので、今後はもっと慎重に維持りたいと思います。


今年の夏はバイクに乗るぞぉ~!

 ワクd(*^0^*)dワク











Posted at 2016/08/06 03:46:59 | コメント(7) | トラックバック(0) | bimota SB6 | 日記
2016年05月31日 イイね!

暑さ寒さも車検まで!?(^^ゞ 



アッという間に車検ですよ(゚Д゚;)
早いもんですねぇ、もう二年経ちましたよ(゚Д゚;)!


☆実は年初からこのパソコン君の具合が悪くて、



この画面が数分毎に「こんにちは\(^0^)」ですよ…

原因は



らしいのですが、具体的な解決策も見つけられずにいるわけです(◎_◎;)

そうですよ、些細なことです

無料保証終了直後から発症というあたりがなんともねぇ(苦笑)

更に追い打ちをかけるのが例のWindows 10 への無償アップグレードですよ

何でも勝手に出てきたアップグレードのページを、通常通りに右上のX印で閉じると、

 ”自動的にアップグレード”

されるそうなので、一々パソコンを再起動する日々に… 疲れました

リタの場合、Win 10の恩恵を受ける前に、このパソコン自体を買い替えそう(爆笑)




が、そんなパソコンを離れてバイクと向き合ってみると、

気持ちが晴れますね!!(^▽^)

先日整備手帳に連続でアップしてしまいましたが(オナキン様ゴメンなさい<(_ _)>)、
今回の車検はとっても頼りになるお店にお願いすることにしました。

それでもリタ自身でやれることは全て済ませて持ち込むのがエチケット、
もしお店でも車検が通らない事態になれば、リタ自身が引き継いで仮ナンバーで陸事通いする意気込みは持ち合わせていますよ(笑)

さて車検整備の続きですが、



このようにボルトというボルト、ナットなどが緩んでいないか一つずつ確認しながら
(緩みやすいボルト・ナット類は、ネジロック剤を使用)



消耗品のクラッチフリュードも交換します。

ブレーキよりも数倍速く劣化しますよ



またエア抜き中にタンクを空にしてしまって、マスターエア抜きまでやるところまで”お約束”ですね(笑)



キャップはこんな具合に水洗い後、天日で干せばOKです

交換したフリュードの総量は200ccといったところでしょうか。



続いて吸気系です

一通りいつもの洗浄を終え、katsubnr様の元に武者修行に出ていたA/F系を呼び戻してきてキャブ調整してみます



えっ、ウソ!? A/Fは23を表示しています!

ヤバイ!薄過ぎ(゚Д゚;) (理想空燃比は14.7)

パイロットエアスクリューを1/4回転程締め込んで、ようやくA/Fが14近辺に落ち着きました(^▽^;)

そういえば下りのアクセル全閉で、やたらと”パンパン”賑やかだったなぁ(;^_^A アセアセ・・・

まぁリタの”感覚で調整”なんてこんな程度です(照笑)




全ての車検整備を終えて、アイドリングながら灯火類の点検、警笛(ホーン)が鳴らなかった(◎_◎;)などしていると…

カタカタカタッ…と異音がし出して…



いきなりポロッと(笑)



咄嗟に手でミラーを受け止めて、危うく”nismoline様”の二の舞を避けられたリタ(^▽^;)
18年も経てば両面テープも交換時期を過ぎていましたね


”暑さ寒さも車検まで”

と、誰かが言ったとか

今回はいつも(ユーザー車検)とは違うことをしてみました。


Posted at 2016/05/31 21:37:57 | コメント(5) | トラックバック(0) | bimota SB6 | 日記
2015年11月23日 イイね!

バイクの前輪を交換しましたが…






もう一か月以上前のことになりますが…

バイクの前輪を交換しました

リタがモタモタしていたせいで、購入後一年半物置で”熟成”してしまいました(;^ω^)



ん~下手ですねぇ(^▽^;)



都合三年、ここまで摩耗するまで使いましたが何事もなく無事に過ごすことができました



最近はいろいろと耳に酷評が届きますが

 ブリジストンさん、いつもありがとう!

リタはブリジストン信者続けます(笑)




このヘンテコリンな前輪の摩耗は、言い訳をするとこの動画にあるようなブレーキの練習をしていたから(;^ω^)

リタのブレーキングは強過ぎた様子です(-_-;)

するとスピードは落ちちゃうし、バイクも立ってしまって寝ない…(;^ω^)

贅沢をいわせてもらうと、フルバンクで旋回中は前後輪を感じる中心に乗っていたいのですが
フロントが重いこのビモータ君の場合は、逆にほとんどフロントブレーキを引き摺らずに旋回を
はじめた方がシックリくるように思います

フロントブレーキを引き摺りながら旋回を始めると、今度は後輪の存在感が薄れてしまい、
リアブレーキも引き摺るようにかけないと、接地感が薄くてアクセルが開け辛いというジレンマ
に陥ってしまうのです

いつも頭で考えてばかりいてはバイクとの楽しい時間が台無しです(笑)

なので今度の前輪は












これらの動画にあるように、フルバンクできるようになろうと思います('◇')ゞ

でもリタにはまだまだ敷居が高いかなぁ…

ならばリタのバイブル!?ここからやり直しだぁ(笑)













あ、気が付けば車もこの方法で運転しているリタがいた(^_^;)

車にも応用できるので、試してみてください





リタ母の病状は一進一退ですが、徐々に危険な容態から回復しつつあります

お見舞いと励ましをくださった皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます

ありがとうございます


今度リタ母が退院したら、ヘルメットを新調してやろうかな(笑)



おおっ!ロッシ・レプリカがこんなに安く!!(驚)

あ、ABS帽体かぁ…

と落胆したのも束の間



スペンサー・レプリカ  

キタ━(゚∀゚)━!

えっ、こんなにするの(;^ω^;)




ならばコレ観て宝くじ当ててやる(笑)



昨年末倒したろう!って言っちゃダメだよ(苦笑)



こんな風にフルバンクして、タイヤを押し潰して走ってみたいなぁ

気持ちイイんだろうなぁ…







Posted at 2015/11/23 10:40:41 | コメント(8) | トラックバック(0) | bimota SB6 | 日記
2015年01月28日 イイね!

ビモータ君修復・出撃準備完了



届きました、秘密兵器です(照)



13ミリと17ミリのレンチで組み立てていきます



完成 この向きで押し込むと、受け止めるわけですね

まるで正常○…(爆)



こんな具合に



一応このフロントスタンドだけで自立するにはするのですが、
重いフロントが高く上がってしまうので、
リタの安心のためにリアスタンドも追加しましょう



ところが、このリアスタンドをかけようとすると、タイヤが離陸する際に、画像の部分がテコの作用をして、バイクが数センチ後ろに下がることがわかったのです!(驚)

ということは、フロントをスタンドに固定できても、”また”倒れる可能性が存在するということ
なのです(汗)

 これはマズイ!

*神奈川のY様からのご指摘で気が付きました、ありがとうございますm(_ _)m

普通ならリアのスタンドを買い替えるのが賢明なのでしょうが…



この部分を加工してしまえばよいのではないかと(笑) 勿体ないしね

*オナキン様のように自分で溶接作業ができればいいのですが…

お金をかけずに解決策を探ろうと思います(笑)



 折角購入したフロントスタンドは…無駄!?か(滝汗)




☆さて傷ついたバイクはといえば

懸念されたステップ取付け部も、ハンドルも、レバーも分解点検の結果大丈夫でした(安堵)



キズはコンパウンドとワックスで目立たなくなり、



変形の酷かったアルミ製のステーも、謎の”腕力メカニック”の復活により



ほぼ元通りに修正されました(汗)

*元々このスクリーンの稜線は歪(ひず)んでいたはず!?
(ステーはほぼ左右対称まで修正できたでしょ?)



破損したウィンカーはといえば



割れたレンズを元通りに接着したものの



色褪せとキズは如何ともしがたく



特にちぎれた付け根はさすがのリタでも修理方法さえ思い付かず…

福岡からドゥカティ・モンスター用を取り寄せて、約¥3,500の投資で交換しました

*それがですね、モンスター用で付属してきた同じ10Wの電球が原因で”ハイフラ化”して焦りました
  電球を元の物に交換したら、嘘のように直りましたよ(汗)



実はもう一つ…

香川から取り寄せたbimota db2用ウィンカーは形状が合わず、約¥4,000が無駄に(涙)



このアンダーカウルのキズ以外は、昨年末の惨事をうかがわせるものはなくなりました

みん友様方お陰様で、無事”出撃準備完了”です

応援いただき

 ありがとうございました


Posted at 2015/01/28 16:42:36 | コメント(14) | トラックバック(0) | bimota SB6 | 日記

プロフィール

「@灸太郎くん様 こんばんは\(^0^)勿論純正フィッティングです、はい。”かしめ”が割れただけで、このままでも大丈夫そうですが、人様にご迷惑をお掛けしないようにブレーキホース交換しました。」
何シテル?   06/09 17:50
リタです *return to myself だと長いので(汗) 車・バイクが大好きで、ほとんど自分で素人整備しています 自慢の身体(肥満体)には大...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

【趣味ログ】SONYスカイセンサ―5900📻 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/26 21:11:08
あなたもみるみる痩せるニシモティ式減量 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/28 01:01:14
肉と魚と野菜と私。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 15:10:30

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
”キズや凹みは盗難防止装置だ!”と豪語してはいたものの、♪お肌のお肌の曲がり角? 日に日 ...
ビモータ sb6 ビモータ sb6
震災の揺れをメインテナンススタンドだけで耐え抜いてくれました。私の宝物のひとつです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.