• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

returntomyselfのブログ一覧

2016年05月10日 イイね!

リタの好きなデザイン アメリカ車編



「ねぇリタちゃん、”お馬さんのマーク”ってフェラーリだよね?」

そういえばマスタングも”お馬さんのマーク”だったよな…

現行のマスタングってどんなデザインだったっけな?

全くノーマークだったアメリカ車…久しぶりに検索してみると…



マスタングってこんなに格好良くなってたのね(^▽^;)

リタにとってマスタングという車は







だったわけですが、





スカイライン(BNR34)に似て見えてしまいました(笑)

後姿は往年のセリカLBにも似てませんか?

ん~アストンマーティンにも似てるなぁ(;^_^A アセアセ・・・

このデザイン、アリだと思います



続いてシボレーといえばコルベットは・・・







R35やイタリア車にも似たデザインに変身していたわけであり・・・

このデザインも

アリだと思います



このブログを書くきっかけになったのは、Myファン様の



ダッチチャレンジャーでした。



アメリカの自動車会社は



このかつての人気車種を



このように現代の使用に堪(た)えるように進化させて蘇(よみがえ)らせる手法を成功させていたのですね。

これまで国産車のデザインに文句と愚痴ばかり言っていましたが、アメリカ車のデザインに感服(かんぷく)してしまいました。

どれも格好イイですよね!


広く海外の車にも目を向けると、自動車税の納税通知書が届いても(-_-;)
楽しい気分で過ごせそうです(´;ω;`)ウッ…



”いや~自動車ってイイものですねぇ(笑)”



蛇足ながら

V8エンジンの排気音が苦手なリタは、アメリカ車に含めて良いのかどうか迷うこのGT40だけは別格で、サーキットを走ってみたいです(照)





えっ、「リタの肥満体では運転席に座れない」ですか?(゚Д゚;)



ACコブラのレプリカなら座れるかな?

あはっ♪(^∇^*)*^∇^) あはっ♪

次は独逸(ドイツ)車の好きなデザインを書きたいなぁ



Posted at 2016/05/10 12:43:04 | コメント(4) | トラックバック(0) | くるま | 日記
2015年12月23日 イイね!

リタの好きなデザイン ホンダ編







リタの好きなデザイン、今回はホンダさんについて好き勝手に書かせていただきます



ホンダさんではプレリュードのデザインが好みなのですが、

この型からプレリュードは売れましたよね(笑)



一番見かけたのはこの型ですよね!!



この横姿、いかがでしょうか?



スカイラインと並べてみます



ソアラも並べてみます

結構似ていませんか?(笑)



プレリュードの2・3型はリトラクタブル(パカパカ)ライトだけだと思いきや

普通のライトの車もあったのですね(^▽^;)\



次の型のプレリュードは… 


なかったことにして最終型(^▽^;)\



横姿どうですか?(笑)



R30スカイラインを並べてみます



R31スカイラインも並べてみます

この最終型のプレリュードは、あまり見かけませんでしたが

”ホンダのスカイライン”といってもいいほど横姿が似ていますよね(笑)

街乗り域での速さ・気持ちよさ・滑らかさでは本家スカイラインを凌駕していたと思います(笑)

ですがやはりプレリュードも、常用するにはボディサイズが大き過ぎたと思います



かなり強引ですが、このインテグラも横姿が似ていると思うのです(^▽^;)

アクティからNSXまで、ホンダ車全般に言えることだと思うのですが

エンジンが素晴らしいですよね

力強くて・滑らかで、車種ごとの設定も見事です(笑)

ボディは…

タイプRを設定してから体感できるほどボディ剛性も上がったようですし、
リタはインテグラ程度のボディサイズで最終型プレリュードが出てきたら
本気で欲しいです!!(買えるかどうかは別問題ですよ)

いや~リタの好きなデザインの車って、横姿がそっくりで驚きました(笑)









画像が集まればもう一度スカイライン・レパード・シルビアの横姿を並べてみたい
ですし、外車にも言及したいし…

このシリーズはまだ続きます(爆)



Posted at 2015/12/23 10:38:38 | コメント(6) | トラックバック(0) | くるま | 日記
2015年12月19日 イイね!

リタの好きなデザイン トヨタ編



全開、じゃなくて前回(^▽^;)、リタの好きなデザインについて語らせていただきまして

 ありがとうございました


今回はトヨタ車について語らせていただきます



来年年男(^▽^;)のリタの青春時代を彩ったトヨタ車といえば

 ソアラ



色々な意味でソアラには憧れました

「リタちゃん、ソアラ買いなよ!リタちゃんがソアラ買ったら、迎えに来させてあげる!?」

なんて会話があったとかなかったとか…(^_^;)

実際にソアラには乗ったことはないのですが、たくさん売れていてよく見かけましたので
トヨタさんらしい良くできた素晴らしい車だったのでしょうね

女性 「車は何に乗ってるの?」

男性 「ソアラ」

女性 「素敵!!」

なんて時代があったのですよ(-_-;)



どうでしょうか?

ソアラも横姿がR君に似ていませんか?(笑)



いつものR君です(照)

*実際はキズ・凹みだらけですよ(爆)



この車もそうでした(笑)

0.9mmガスケットと輸出用ピストンを投入した86を運転させてもらいましたが、
60㎞/hくらいまではホンダ・シティ(初期型)の方が速かったような…(;^_^A アセアセ・・・



これも(爆笑)

リタの元相棒に最後にあった時に、奴はこれのトレノの方だったかな?
に乗って現れました

助手席に乗っただけですが、シビックやCR-Xよりも前(エンジン)が低重心だった印象が
あります

まぁ当時のリタは”FRこそ至高”って思考でしたから興味がありませんでしたが
今思い直してみると相当な完成度を持った車でしたね

ホンダのVテックエンジン搭載か、FRで出してくれれば…(^▽^;)



たくさん見かけるほどには売れなかった記憶があるので、厳密には違うのかもしれませんが…

トヨタさんにはセリカという伝統もありましたね



ハッチバックでソアラというよりはスープラ系統ですが、この車もリタの大好きな一台です

このXX(ダブルエックス)も仲間に入れてあげましょう




リタの一番好きなトヨタ車といえば、やはりこの型のソアラ!3リッター限定です(照)

これぞ

”大人のデート・カー”

⇑みん友のオナキンさま語録より拝借(^▽^;)\

このなんでもかんでも”パール・ホワイト”一択のゴージャス(笑)な外見

制限速度内でも満足できる(であろう)先進技術満載(笑)

車は速さだけじゃありません(自戒の意味を込めて)

昨今のクリスマス・イルミネーションにも溶け込む秀逸なデザインだと思います

このソアラで彼女と一緒にドライブ・デートしたかったなぁ・・・




トヨタさんに言及したら、ホンダさんにも言及しないと失礼ですよね

ホンダさんと外車編に続けたいと思いますが・・・迷惑でしょうか!?(^▽^;)



Posted at 2015/12/19 11:54:33 | コメント(7) | トラックバック(0) | くるま | 日記
2014年09月07日 イイね!

四輪用グローブについて語らせて choo206様に捧ぐ



今回は四輪用のグローブについて語らせていただきます

きっかけはchoo206様のコメントでしたが、リタ自身も四輪用のグローブについては無知でしたので頑張って調べてみました

雑誌や映像で観るプロ・ドライバーの皆さんは、ちゃんとした四輪用グローブ+ヘルメット+スーツ+シューズのフル装備でサーキットを走られていますよね?

この装備には必ず訳があると薄々感じていました。



手のひらの模様が格好いいですね



なるほど、四輪用は手のひらの滑り止め加工が特徴でしょうか。



この動画の16分~四輪(カート)用装備の解説がありました。

 ・立体裁断で素手感覚を重視

 ・手のひらの滑り止め加工

 ・難燃素材採用

グローブに関してはこれらの工夫が施されている模様で、一つ気になったのはFiA/JAF規定、これは

 第4編 付則

つまり、FiA/JAF公認競技に参加するには

 ・公認 競技用ヘルメット

 ・公認 耐火炎レーシングスーツ

 ・公認 耐火炎バラクラバス



このマスクをバラクラバスというそうです(驚)

 ・公認 耐火炎シューズ

 ・公認 耐火炎グローブ

装着義務があるそうです。

調べてみたところ、FiA/JAF公認グローブと非公認の差額は少ないので、FiA/JAF公認製品を買おうと思いました。

選び方

 ・試着は当然として

 ・少し緩め(これは付則にも書いてある)

 ・箱車なのでかぶら(手首側のスソ)は短いモノが良さそうですね。



その前に



ハンドル操作の練習しなくっちゃ(滝汗) 昔、よくやらされてましたが最近怪しい



このくらいリラックスして運転できたらなぁ(苦笑)




まだグローブを買ってもいないのに



栄光のル・マンを観てドライバーになった気分(笑)



やはり装備は

  4点以上ターンバックル式シートベルト

が肝だと、まず身体を固定しないことには始まらないと思います。


choo206様、こんな具合でいかがでしょうか?

お蔭さまでまた一つ賢くなりました(笑)
Posted at 2014/09/07 11:50:58 | コメント(4) | トラックバック(0) | くるま | 日記
2014年02月08日 イイね!

野望

☆毎年建国記念日までは”厳戒態勢”で臨みます!

といっても何のことやらわかりませんよね(笑)

年が明けて成人の日から建国記念日までの一番寒い期間は、要介護の母が脱水症状になることを防ぐために、小まめな水分補給を心がける必要があるのです。

この時期は暖房を多用する上に、寒さもあって油断すると日がな一日テレビの前に座って過ごす、つまり体をほとんど動かさずにいることが多くなり、異常乾燥とも相まって様々な症状が出やすいとても危険な期間でもあるのです。

過去この脱水症状に気付かず、何度も母を入院させた経験から学んだことです。

 ところが…

自分の都合を犠牲にして”母を生かす”わけですから

  と~ってもストレスが溜まるんです!!

だってその期間(に限らず通年)車・バイクに自由に乗れない・・・(涙)



そんな悶々とした日々を送ること十七年、野望だけは増長の一途を辿っています



 「コレやってみてぇ~~~!」

*この画像はとあるところから勝手に持ってきました(汗)
そこではレーシング・カートからフォーミュラまで、独自の解釈を紹介されています

 ”ブレーキからクリッピングまでで、リアを使って車の向きを変える”

コレよくレーシングカートでやられてますよね?

 「どうしてカートってハンドルをほとんど切らずに曲がれるのだろう???」

ずっと疑問に思っていました。

だって昔はリアにしかブレーキが付いてなくて、しかもエンジンとタイヤは直結!!
普通に考えたら”曲がれる要素”は見当たらないわけです(笑)

 サイド(駐車)ブレーキだけで走ったら…  想像するだけで怖いでしょ(滝汗)





*因みにバイクだとこんな具合ですが、ビモータでやる勇気をリタは持ち合わせておりません




でもこの曲がり方ができると、上の画像(本当はGifでコチラ)のオレンジのように速く走れるそうなんです(驚)



ライン取りの一例ですが、確かに普段のリタはこの青い曲がり方になることがほとんど(笑)



速く走るにはこちらの赤いライン取りをするそうです(汗)

   ”目から鱗が落ちる”

走りが速い人は考え方からして違うのですね



昔、レーシングカートに数時間乗った(!?)リタは、当時ライン取りなど眼中にはなくて、ただひたすらアクセル全開でオーバーランするか、ビビッてアクセルを戻しスピンの繰り返しでした・・・

至極単純なリタですから、当然次に考えることは

 「またレーシングカートに乗りたい!!」

これが野望です

 知人から”昭和時代のヤマハ製、大古レーシングカート”の売り込みもありました

 が…



 お尻がシートに入らない!!(号泣)

 梅雨明けと同時に身体の”スリム化”を狙って、日々のお買い物に数キロ先のスーパーを加える
 など運動量を増やしてみましたが

    ”お尻は全然小さくならず、体重も微減したのみ

    しかも年末、晦日から二週間”過労”でヘバる始末・・・

 ”身体の軽量化”には、別の方法・手段を考える必要がありそうです(爆)



☆まずできることからはじめましょう!

舗装路を制限速度内(ココ大事ね)でR君を使って試してみました!?

ブレーキをかけると前輪だけで制動しているような印象で、後輪軸重が前輪の1/3にも関らず、
リアタイヤが外側に滑る(出る)感覚は皆無!

   まるでFF車みたい      と、表現するとまた怒られるかな(冷汗)

次にターボを正圧域に保って、アクセルを入れてみると

   前輪が微妙に外側に流れるだけ

最後に曲がっている途中(横Gを感じる)でサイドブレーキを引いてみるも、何も起こらず・・・

というかリタのR君、サイドブレーキ利かな過ぎ!

リタの”体重という名のダウンフォースが生み出すグリップ”のなせる技でしょうか!?


*因みにラジコンでは樹脂製の”ドリフトタイヤ”を装着し

 一瞬”バック”にスロットル操作すると同時にハンドルを切り、車体が斜めになるや否や
 スロットルを開けて、ハンドルを戻しつつコーナーを曲がってゆけます



ん~やはりレーシングカートに乗らないとこんな曲がり方はできないのかなぁ・・・

レーシングカートといえば

リヤブレーキが利いて、重量配分は後輪側が重くて、いわばミッドシップかRR・・・




  あれっ?



  思い当たる車が・・・





  あるじゃないか!!


バケットシートに座れない以上・・・



 つづく・・・かな?

Posted at 2014/02/08 16:12:14 | コメント(11) | トラックバック(0) | くるま | 日記

プロフィール

「@灸太郎くん様 こんばんは\(^0^)勿論純正フィッティングです、はい。”かしめ”が割れただけで、このままでも大丈夫そうですが、人様にご迷惑をお掛けしないようにブレーキホース交換しました。」
何シテル?   06/09 17:50
リタです *return to myself だと長いので(汗) 車・バイクが大好きで、ほとんど自分で素人整備しています 自慢の身体(肥満体)には大...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

【趣味ログ】SONYスカイセンサ―5900📻 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/26 21:11:08
あなたもみるみる痩せるニシモティ式減量 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/28 01:01:14
肉と魚と野菜と私。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 15:10:30

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
”キズや凹みは盗難防止装置だ!”と豪語してはいたものの、♪お肌のお肌の曲がり角? 日に日 ...
ビモータ sb6 ビモータ sb6
震災の揺れをメインテナンススタンドだけで耐え抜いてくれました。私の宝物のひとつです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.