• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

returntomyselfのブログ一覧

2013年12月31日 イイね!

極楽ライダー ”中間乗り”&”その他の乗り方”



フレディ・スペンサーはリタのバイク・ヒーローです!

保存してあった資料、極楽ライダー第三段 中間乗りと最終四段 その他の乗り方です

第一弾 うしろ乗り

第二段 前乗り





中間乗り



前乗りとうしろ乗りの違いを最も感じられる練習方法を
最近見つけたので行っています。


駐車場に表示してある
駐車スペース タテ2台分、横3台分の四角形の白線を
同一方向回りで4つのコーナそれぞれをゆっくりと白線に沿って直角に曲ります。

まずうしろ乗りを行いますが、続けていると
できるだけ小さく曲ろうとして
どんどんハンドルを振って曲るようになってきます。
倒し込みの前には明らかに反対方向へのハンドルのフレが実感できると思いますが
これをわざと行えば積極的なフレとなるのではないでしょうか。


今度は前ページで述べました
前乗りのハンドル曲り(リーンアウト)で同じく直角コーナを4つ回ります。

これはハンドルをこじったような感じで
がばっと曲り、車体が向きを変えるまで車体を外足で押えこむと
直角曲りが体感できます。

慣れるとリーンウイズで
この前乗りとうしろ乗り両方がとてもやりやすくなります。
リーンウイズで両方できるようになると
中間に座ってますので
まことに勝手ながら中間乗りと呼んでます。

人それぞれだと思いますが、私の場合
この練習を行って初めて
中間乗りから、前、うしろのどちらへも移行できる乗り方が
リーンウイズのままできるようになりました。
ちょっとした荷重配分なのでしょうか。

何より、最も重要なことは
中間に乗りながら、前乗り、うしろ乗りのそれぞれ
良いとこ取りした乗り方になったということです


この直角曲りを練習して初めて身についた
ハンドルの使い方というのも実感しました。

本当に小さなコーナリングなのですが、ハンドルストッパーにハンドルが
ガツンと当るほど曲げながら車体を倒すことによってのみ
得られる曲り方が、最近のバイクライフを変えるほど
実走行で効果があったのには驚きました。

またいつもの口癖ですが
極端なコーナリング練習が一番です。

フロントとリヤタイヤのどこに乗るのかをつかむには
この練習方法が最適であると確信しました。


いろいろまわりくどい練習をしてますが
これが普通のライダーさんの普通の乗り方なのでしょうか (^_^;

よくわかりませんが、この直角曲がりにより
私のバイクライフは10倍も楽しいものとなったことは付け加えておきます。




その他の乗り方


見る側は豪快な走り、派手なライディングフォームが求めています。


ハングオン

世の中のライダー全員、何かしら試したことあると思います。
公道では賛否両論わかれ、意味ないと感じる人も多いのは事実です。

ハングオンの基本はものまねだと思います。


腰を少し落としながらずらし、ヒザは開くのでなく、前へ突き出す感じだと思います。

頭はバイクの中心から外側にあるとコントロールしやすいです。
体重はお尻でなく、ステップだけに乗る感じです。

バイクの中心線より頭が内側へ入るにつれ、見た目は過激で、
ダイナミックな感じがしますが、コントロールしにくく、
外乱にも弱い点がある上、かなり上等な運動神経を要求されると感じました。

私がもっとも練習していた’80年代
このハングオンがまだ世間でも完成してなかったのか、いろいろ言われておりました。
レーサ達を見てもあらゆるフォームがあり、
どれがいいのかわかりにくかったのを覚えております。

ライディング雑誌にも堂々と
内ヒザは水平に開く等と書いてありました。

最近、実家にあったそれらの雑誌を再度見直すと、
現在ではかなり間違ったことが平気で何冊も書かれていました。

当時、私はそれらを教科書のように扱い崇拝していましたが、
全く間違った乗り方につながっており、
その間違いに気付き、矯正するためには非常に長い年月を費やしました。

結局、自分にあったハングオンは
以下の練習から発見されました。


真のハングオンフォームをつくるための練習方法


バイクのシートを外したまま大きい円を走ります。

少しお尻は浮かして中腰スタイルです。

こうするとステップだけに体重をのせて、内ヒザは自然に前方向へ、
内側の肩も前に出て、コンパクトな極楽派のためのハングオンができます。

慣れたらシートを装着してください。
少しお尻にも体重をのせても構いないと思います。

これで慣れたら大きい8の字ではないでしょうか。

切りかえしは体重移動があるため、前乗りのリーンアウトより遅く、
オーバアクションに感じてしまいます。

これを続けると前乗り感覚がどうしても忘れがちになってしまい、
迷った時はまたうしろ乗りと前乗りへ戻して確認しておりました。


切り返しの練習


8の字走行を続けていると、
体は少しずつ楽しようとして、腕の力が抜けていき、
下半身で切り返しを行っていました。

内ももでのタンクの押さえ込みとステップへの荷重です。
こうなると、切り返しの時以外は片手放しができるようになりました。

そうすると、体はもっと下半身で操作するようになります。
倒しこみのきっかけはステップへの踏み込み、
それから外足全体での倒しこみというようになり

起こすのもステップへの踏み込みと内ももがやっております。
これが「バイクは下半身で乗る」といわれるものではないかと思います。

しかしこんな極端なことを練習していていいのだろうかとも思ってます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用ココまで

いかがでしたでしょうか?

  バイクの乗り方なんて個人の自由

  好きなように乗ればイイのです

*極楽ライダー様、勝手に引用しましてゴメンなさい

 そして… とっても参考になりました

 ご教示ありがとうございました m(_)m



もう三十年前なのですね…フレディ・スペンサーを出したので



ケニー・ロバーツ(シニア)!

*コレも二十五年前(^ ^;;)


  今年一年、ご来訪いただきありがとうございました

  来年が皆様にとって安全で、最高の一年でありますように\(^0^)/


Posted at 2013/12/31 11:06:50 | コメント(10) | トラックバック(0) | bimota SB6 | 日記
2013年12月30日 イイね!

極楽ライダー ”前乗り”

以前見つけた極楽ライダー様のブログ第二段、前乗りです

第一弾 うしろ乗り

前乗り


バイクの旋回性能自体に疑問を持たれたら、これに限ります。

うしろ乗りを続けていると
私もそうであったように、限界を感じてくることがありました。

Uターンや、サーキット走行です。

それは乗り方の原因が「うしろ乗りのなりゆき曲り」であるためだと思いました。


車体を倒していくとハンドルが少しずつ自動的に切れる自動ステアという
4輪にはない素晴らしい特性をバイクは持っています。
(バイクは倒すから曲るのではなく、どんな高速でもハンドルが切れるから曲り、
普通は無意識に行っているからわからないそうです)


この対策として
フロントへの荷重により、バイク本来の旋回性能を積極的に使う必要があると考え、
私が行って最も効果のあった身近な練習方法を以下に紹介します。


ハンドルフルロック旋回(2速で練習します)


リーンアウトで、少し大きい円を描きながら徐々にできるだけ小さくしていきます。
ニーグリップを効かし、ゆっくりと回れば次第にハンドルフルロック状態で
フロントベタ倒しのまま最小円になるはずです。

この時、お尻はシートの外側に少し乗っているくらいのリーンアウトになります。
ハンドルのみを使って倒しこんでいる状態の極端なフォームをつくっています。

これにより荷重がフロントにのり、驚くほどの旋回性を見せます。
大型車でも直径3Mくらいにはなり、乗用者がすれ違えるくらいの道幅の道路であれば、
クルクル回れるようになります。

フロントに乗るということは、体よりも内側にハンドルを倒しこむことにより、
フロントが進もうとするその上へ乗っていく(前乗り)感覚です。

フロントベタ倒しの割には安定しており
また、スピードの上下にもあまり変化なく続けられます。

レプリカや極端なセパハンバイクほどその差がわかります。

当然、右回り、左回りの両方必要です。
回っているときの目線、内肩の入り、腰の入りは
オーバな格好になっていますが、これが基本だと思われます。



これをリーンウイズで同じ大きさの円を回ると
バランス取りが非常に難しいことに気付きました。

ハンドルフロック旋回中に、「体と車体」両方が内側へ倒れるリーンウイズを保つためには、
ゆっくり回っていたのでは内側へ転倒してしまうため、
外への遠心力をつくる必要があり、難しくなってしまうのではないかと考えられました。


ハンドルフルロック旋回はコーナリングの極端なパターンを作って
体験する練習をしているのです。

つまりハンドルの切れ(バイク自らが持つ旋回性)を積極的に使って、
その方向へ乗っていく走りです。
前タイヤの端で路面をなぞるような感覚を覚えます。


次にハンドルをロックさせない少し大きい円を色々なフォームで回ってみると
前乗りのリーンアウトが最も小さく回れ、フロントの接地感が強く感じられます。
リーンウイズ→ハングオンとなるほど、前乗り感覚が希薄になると感じました。
当然かもしれません。


体は路面に対してできるだけ垂直にして、
ハンドルのみでフロントから倒しこむ感覚を覚えたまま、
次は一つ一つのコーナをていねいに曲る練習をすると
フロントタイヤのどこに乗っているのかよくわかりました。
スラロームでも同じでした。

大型車といえども、意外にもこの方が車体が軽く感じます。
特に大型レプリカ(実は私のR1100はツアラーですが・・)はその違いが明確にわかりました。

コーナ出口では車体の向きがしっかり変わるまでは
外足全体で車体を押えこむことも重要です。


バイクを楽に乗るコツの2つ目は
この旋回性を積極的に使っているかどうかが一番大きなポイントであると確信します。

Uターン、鋭角コーナなど、どうしてもバイクライフの中で苦手とする部分が多くなると、
バイクに限界を感じる→バイクに飽きる→バイクを降りる。

または
曲れないのをバイクのせいだと感じる→バイクの選択ミスと感じる
→車種変更を限りなく行う→飽きる。 となってしまう例が非常に多いと感じてきました。

(厳密に言うと、バイクは倒れることに遅れてハンドルが切れていくのが普通ですが、
それをなりゆきに任せず、積極的にハンドルを切ることを行っております)

この乗り方をすると、乗ったことのないバイクでも第1コーナから振りまわして乗れます。
ただし、基本はうしろ乗りだとは思いますが・・



8の字走行(2速で練習します)


峠が趣味でいつも山を走り回り、サーキットでのレース活動を真剣に準備していたころ、

1ヶ月前に免許を取ったばかりで初心者の山道経験が全くない友人と峠に行ったところ、
峠までの道中を含めてほとんど全てのコーナで、
自分としては精一杯にもかかわらず、かつて経験したことがないほど食らいつかれ、
相当なショックを受けて、恥ずかしい思いをしたことがあります。

確かに彼の運動神経が良い事は知っていましたが、
型遅れマシンで山道を走ったこともない彼がどうしてこんなに速いのか、
全く理解できなかったので、聞いてみると、
知人から「うまくなりたければ8の字走行をやれ」と言われて、
毎日、朝、夕100周ずつやっていたそうです。

私の目指していたサーキットとは、あまりにかけ離れて思えたので、
やる気は起こらなかったが、彼が私のライディングを見てまずいと思ったのでしょうか、
無理に誘われてやってみると、なんとできませんでした!

今思うと、うしろ乗りのなりゆき曲りだったので小さい8の字ができなかったのです。
再び恥ずかしい思いをいしました。


その後、暇があるたびに1人で8の字をやるようになり、
小さい8とその3倍くらいの8の2種類をやっていました。

その後の峠→サーキットはスムーズにいき、
今でも前述のハンドルフルロック旋回と8の字が私の走りの基本となっており、
新しいバイクにもすぐ慣れるようになりました。
走りがバラついてくると必ずこの基本に戻って修正しております。


山道走行の日は、準備運動のつもりで練習してから出かけると、
第1コーナから本調子が出ます。


8の字はうしろ乗りと前乗りの両方をやっております。
フルロック旋回は前乗りだけです。

切りかえしはハンドルだけで行うと重いように思われますが、
やってみると案外、大型レプリカでもヒラヒラに感じました。


短時間のうちに最も効果のある練習方法は、
ハンドルフルロック旋回と8の字
だと確信します。


ちょっと当たり前のことで注意ですが、
オーバスピードでコーナへ突っ込むことには弱いです

この手の話しを他のライダーへ説明することは
タブーである風潮を感じますが、
身のまわりでも、バイクの運転の楽しさをほとんど知らずに
勝手に限界を感じ、引退して行くライダーが多く

重量車でもこんなに軽く振り回せるということが伝えたいつもりだけなのですが
今まで正確に伝わったためしはないです。

めげずにこれからも頑張ってみたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用ここまで

*You Tubeの部分には本来GSX-R1100のGif画像が貼られていたのですが
消えてしまっていたため代わりに動画を貼りました。

いかがでしたでしょうか?

☆前乗り





前傾姿勢のバイクで練習するのは、はっきり言って怖いです(笑)

この前乗りでは、前輪に体重を乗せて、接地感を感じることが肝だと思いました。



リタの場合、ビモータ君は”一倒し=修理代七桁”の恐怖が重くのしかかります(怖)


☆8の字

結局、二輪も四輪も基本はこの8の字でしょうか(笑)



このくらいのゆっくり走りでもリタには辛かったです(笑)

アクセルは、開けるとバイクが起きてしまうし、閉めると倒れこむ(汗)
旋回中は明け気味のパーシャル…なのですが、これをキープするのも一苦労(涙)

ハンドルもそうです
曲がりたい方向に切ると、バイクが起きます(汗)
バイクを寝かすためには逆方向にハンドルを切ると効果的ですが、度を越すと
後輪の接地感がわからなくなります(悩)

ブレーキも関ってきますが、これは皆様で試行錯誤してみてください(笑)

いつやっても最初はできず、3分もやると翌日筋肉痛(爆笑)

   ”タイヤなりに転がしてやる”

頭ではわかっていても、いざ実行に移すとなると…できないんだなぁ~(大笑)



極めるとこのくらい走れるようになるそうです(汗)
こんなに格好よく走れたらなぁ…(憧)

練習場所は十分に配慮しましょう



懐かしい(笑)



次、第三弾 ”中乗り”へ続きます!

Posted at 2013/12/30 10:14:25 | コメント(4) | トラックバック(0) | bimota SB6 | 日記
2013年12月29日 イイね!

極楽ライダー”うしろ乗り”

☆百度(Baidu)ってご存知ですか?
  ↑
コイツが勝手にスパイするらしいNewsを読み、

そういえば以前Baidu IMEとやらをプログラム・アンインストールしたことを思い出しました(^ ^;)¥

*フリー(無料ソフトに隠れて付いてきたらしい…)

まず嫌がらせを兼ねて(ここぞとばかりに!?)Hサイトを閲覧しまくり(^ ^;;)、
スタートメニュー下にある”検索の開始”に”Baidu”と入力、
するとプログラムファイルにBaiduのフォルダがぁ…(T_T)¥

コンピュータ⇒Cドライブ⇒プログラムファイルの順に開いて

即、Baidu Failes を削除しました。

今のところ復活していないようなので、一週間ほど毎日様子を見てみることにします。

ご協力・ご教示いただいた、とんぼ2008様&おせんべい@Rs Liberty様

  ありがとうございました

ついでに外部HDDやUSBも確認したところ…

懐かしい資料が出てきました(^u^)¥

☆極楽ライダー

日付は2005年になっていますので、もう10年近くも前になりますが、
当時もバイクも乗り方に迷っていたリタが見つけたブログ(?)です。

今は閉鎖されてしまっているようで、”トップへ”をクリックしても、検索しても
出てくることはありませんでした。

リタの記憶では愛知(東海?)の方で、シルバーのBNR32(テスタロッサとバトルした?)
とGSX-R1100油冷(倒立or正立)に乗られていた方だったような。



”極楽ライダー”の第一弾 ”うしろ乗り”をお楽しみください\(^0^)

うしろ乗り

楽に乗るためには、やはり何事も基本からスタートではないでしょうか。

やってみるとバイクにはうしろ乗りが一番楽でした。
バイクの練習は狭い所で極端なことを行うのが一番挙動をつかめて上達が早いと
確信しています。
練習場は必要です。


基本の乗り方

駐車場で円旋廻をリーンウイズでやってみます。
同一方向への旋廻です。(初めは得意方向が良いと思われます)
お尻(体重)はリヤタイヤに乗って、極端な後乗りです。

自分で可能な大きさの小さな円を回ります。
(慣れてもその日によって大きさが少しずつ変わるものです。大きな円からでも一向に構いません)
そのままゆっくりと最小円にします。
私のGSXRではうしろ乗りすると、ハンドルはフルロックにはなりませんが、
ハンドルにチカラを入れず、上体の倒し角度や胸の向きをいろいろ変えてみると
私の場合、ほんの少しリーンインかな?と思うフォームのあたりが一番安定します。

腕は広目に開き気味で、内肩を無理にインへ入れ込まず
逆に胸を進行方向よりも内側に向けるような感覚になったところが私は
最も安定してるようです。
よく考えると白バイの方達がこのフォームで曲ってると思います。
(個人的には好きではないフォームです・・)

これでハンドルをこじらず、腕を楽にしてバイクなりに走らせて安定してくると
リヤステアらしきものを感じます。

試しに公差点コーナリング(直角曲り)でこれを試してください。
ゆっくり入ってクリッピングポイントで上記の円旋廻の形になり
アクセルを開けて立ち上がって行きます。

後乗り練習の後でこれをやってみると、
基本はこれだ!と簡単に感覚できます。

意外にもコーナリング中は、バンク角一定走行にもかかわらず
ハンドルを操作する感覚が身についてます。
私もこの感覚は普通に走っているだけでは、感じませんでしたが
後乗りの円旋廻を続けていると、なぜかすぐに身につきました。

実に安定し、見た目もスムーズで何とも言えず基本ライダーです。

どこを走っても楽で、不思議な感覚になります。
普通はこの乗り方以外、特に必要ないと考えられます。


うしろ乗りは安定しています。
しかしリヤにのってハンドルが自然に曲って行くうしろ乗りのなりゆき曲りには
極端な走行をするとすぐに限界を感じます。

私の場合、Uターンだけでなく、サーキット走行でもうしろ乗りだけでは
壁を感じ、もっと積極的なハンドル曲げを必要と感じました。

それが前乗りのハンドル曲りです。

ご興味があれば、さらに前乗りへ進んでください。


見た目はとても地味な練習ですが
小さくても極端なことを行ってますので
意外にも効果は絶大で
30分も行えば十分だと考えます。


バイクにはツーリング等いろいろな楽しみ方がありますが
運転の楽しさが全てを支えていると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 引用ここまで

いかがでしたでしょうか?

この”うしろ乗り”のライディング・フォームは



こんな具合でしょうか?(何故か右足・右手が戻る画像ですね)

バイクだけではなく、車に応用してみても何かが見つかるかも…

次回、”前乗り”に続きます。


Posted at 2013/12/29 13:06:06 | コメント(10) | トラックバック(0) | bimota SB6 | 日記
2013年12月26日 イイね!

ETCマイレージサービスtezukaさん、ありがとう\(^_^)



ETCカードって便利ですよね。

対象道路を利用することで、ポイント還元されて、得した気分(^ ^)

先日、ETCマイレージサービスから来年三月末で期限切れとなる
ポイントの案内はがきが届きました。

ほとんど高速道路を利用していなかったため、ポイント還元自体は
¥700分だったのですが…

  ログインできない (T_T)¥

そう、見事にパスワードを失念してしまっていました(T_T;)¥

ならパスワードを教えてもらうしかありません…が!?

登録メールアドレスが、ガ・ウ・チ!=違うのです(T_T)\

*震災直後に6日間不通になった某オレンジ色のプロバイダー
 を解約・変更(NTTは5日不通)していて、ETCマイレージサービス
 他に登録していた前のメールアドレスでは無意味であることが
 

  発覚(T_T)\

さて困った(^ ^;) 

新規に再登録して、今のメールアドレスに変更
してしまおうと試みるも、

  ”そのカードは登録済みです”

との冷たいエラー表示(T_T)\が繰り返されるだけ…

万策尽きて、コールセンターへお電話させていただきました

 クリスマス・イブ直前の午後…に(^ ^;)\



「・・・担当のtezukaです」

との女性の声! 天使の声に聞こえました(^ ^)\

そこでカクカクシカジカ、パスワードを忘れたこと、
メールアドレスを変更したい旨(胸!?)をお伝えし、

IDと住所・氏名・電話番号に生年月日を申告して



仮パスワードを郵送していただく手続きをしました(^_^;)

最後にtezukaさんに

「お手数お掛けしました、素敵なイブを!」

と一言付け加えたところ…

電話口で微笑ってくれたのかな?

「ありがとうございます、リタ様もメリー・クリスマス」

って明るく言ってもらっちゃいました¥(^ ^)¥



そこから妄想と○○が大きく膨らみましてね(^ ^;)\

tezukaさんってこんな女性?



竹内優美アナ似? それとも



平田薫似かなぁ? 

なんてひとり盛り上がったHoly Nightでした(^ ^;)\



今日無事に届き、ログイン後、登録メールアドレスとパスワードの変更
そして¥700分のポイントを還元できました¥(^ ^)¥



皆様もパスワード等の管理をされて、楽しいドライブを!



☆tezukaさん…声は好みでした(^ ^;)\



いつものドジ・リタっぷりをご披露してしまいましたが、

クリスマス・イブにオン・デューティーな見知らぬ女性と

  ”笑顔”

のキャッチボールをしてやったぜぇ~い!

Posted at 2013/12/26 19:50:18 | コメント(7) | トラックバック(0) | お出かけ | 日記
2013年12月24日 イイね!

めり~くりすます



年末進行お疲れさまで~す\(^0^)

遂に12月も24日まできてしまいました…



☆家族・大好きな人がいる方々は、コレでもかけて、

安全運転を!!





☆しんぐるなべるの方には



テレ朝、加藤真輝子アナを見て喜んでいるリタは



この懐かしい映像のようなクリスマスを夢見た頃もあった



三十年以上前からリタのクリスマス定番曲 ♪ジングルベルも聞こえない

を聞きつつ、一年物(!?)のシャンメリーを飲んで…



昔買ってまだ手元にあるコイツを神棚に祀って



♪リタはコタツでまるくなるぅ~(Zzz…)

Merry Christmas  楽しい聖夜を(^0^)¥

Posted at 2013/12/24 13:11:32 | コメント(7) | トラックバック(0) | みん友様 | 日記

プロフィール

「@灸太郎くん様 こんばんは\(^0^)勿論純正フィッティングです、はい。”かしめ”が割れただけで、このままでも大丈夫そうですが、人様にご迷惑をお掛けしないようにブレーキホース交換しました。」
何シテル?   06/09 17:50
リタです *return to myself だと長いので(汗) 車・バイクが大好きで、ほとんど自分で素人整備しています 自慢の身体(肥満体)には大...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

【趣味ログ】SONYスカイセンサ―5900📻 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/26 21:11:08
あなたもみるみる痩せるニシモティ式減量 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/28 01:01:14
肉と魚と野菜と私。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 15:10:30

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
”キズや凹みは盗難防止装置だ!”と豪語してはいたものの、♪お肌のお肌の曲がり角? 日に日 ...
ビモータ sb6 ビモータ sb6
震災の揺れをメインテナンススタンドだけで耐え抜いてくれました。私の宝物のひとつです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.