• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2013年12月10日 イイね!

[CBR250Four] その4・まとめ(板金はんだ、金属パテ、信越シリコン)燃料タンク漏れ修理

[CBR250Four] その4・まとめ(板金はんだ、金属パテ、信越シリコン)燃料タンク漏れ修理新車で購入してから27年間、ワンオーナーで使用中のバイク 「ホンダCBR250Four」 の燃料タンクから、漏れトラブルが発生。原因は経年劣化。DIYによる一連の簡易補修作業を通して得られた知見を、備忘録として記録しています。今回は 「その4・まとめ(最終話)」 です。

<関連ブログ>
◎前回の修理内容 : 「走行中に燃料タンクに穴が あいたの巻」
      総集編(過去ログ)は → 「板金はんだ による補修」
◎今回の修理内容・その1 は → 「現状再確認 編」
◎今回の修理内容・その2 は → 「信越シリコン 編」
◎今回の修理内容・その3 は → 「信越シリコン 後編」

「その3」 からの続き
(※以下、画像はクリックで適度に拡大します。)

■燃料もれに対する暫定処置(過去の経緯のおさらい)
昭和61年に新車で購入したバイク・CBR250Four(ホンダ公式ニュースリリースは → こちら )の燃料タンクから、最初に 「穴あき」 による燃料漏れが起こったのが、去年2012年の10月。初年度登録から丸26年が経過したあとでした。

ほぼ毎日使うバイクですので、修理に時間を要する(稼働できない状態が長くなる)ような本格的な処置はできません。そこで素人のDIYで実施できて、対策効果のあると考えられる 「板金はんだ」 に挑戦したのが、前回の暫定修理報告ブログ (「板金はんだ による補修」) でした。

<↓すべてDIYによる 「板金はんだ」 での修理例。必要な道具と材料は、ホームセンターで購入>






<↓燃料タンク内側の暫定対策例。下地処理として、はんだのノリを良くする「フラックス」は必須>






燃料タンクからの漏れは、(上の画像で示すように)見かけ上はタンクの 「表側/裏側」 といった違いがあるものの、実はタンク壁面が 「曲げ加工」 によって絞られて、肉厚が薄くなっている箇所 に現れている・・・という共通点があることに気がつきます。したがって、タンクの 「表/裏」、「右/左」 関係無く、同じような 成形条件/環境条件 にさらされている部位は同じように経年劣化によるトラブルが発生する恐れがあると見て良いでしょう。

そこで当時は、板金はんだを盛った箇所の周辺からも、今後は同じように経年劣化(サビ)によるピンホールがあいてしまうことを想定し、「板金はんだ」 による施工部位を丸ごと含めて、その上から 「金属パテで盛り増しする」 手法を選んだのでした。

<↓当時は保険の意味で、「良かれ」 と思って付け加えた 金属パテ だったのだが・・・>
  

<↓実際には、新たに発生したピンホールからの燃料にじみによって、表面が剥離することに>


■前回の反省点 と 今回の対応策
金属パテを剥がして内部を確認したところ、「板金はんだ部分からの漏れ」 ではなく、「金属パテが直接、燃料タンクの壁面と接していたところ」 に新たに生じたピンホールによって、剥離していたことが分かりました(その2 で既報)。

これらの事実により、転倒や打痕による 「その箇所だけにダメージ」 が単独で加わったことによるイレギュラーな穴あき 以外・・・例えば今回の私の事例のように 「経年劣化やサビによる浸食で、燃料タンクの厚みが一様に減肉する場合」・・・では、見かけ上の貫通穴が一箇所しか無かったとしても、すでにその周辺の板厚も減肉していると考えられます。例えて言うなら、「水に浮いた氷は、水面から見える部分は全体の1割しかない(残りの9割は水面下にある)」 という感じでしょうか。

したがって金属パテ盛りは、あくまで暫定対策の場合であっても、トータルで考えると 「漏れ耐力(シール性)」 低下に至る場合があり得る、ということになります。そこでいよいよ、今回紹介した 「信越シリコン」 の出番となるワケです。

<↓信越シリコンで漏れ部位の貫通穴をコーキングする。金属表面との接着性や弾力性もある>






■前後して、そのころヤフオク!では・・・
実は前回の修理と前後して、一度だけ、ヤフオク!でCBR250Fourの燃料タンク(デッドストック品)が新品で出品されていました。しかも私のバイク(全国2000台の限定カラー)と同じ青色(キャンディ・アリューシャン・ブルーM)で! メーカー在庫はもちろん底をついており、各パーツセンターには存在していないことは、かなり以前より(問い合わせタイミングを変えて)何度も確認済み。

<↓今となってはCBR250F、同250Rを含めても、中古でもめったに出品例のない燃料タンクだったが・・・>


新品の燃料タンクに交換するのは、究極かつ根本的・確実な修理策です。もちろん私も注目していました。が、いかんせん、設定価格が私にとっては高すぎました。清水の舞台から飛び降りる前に、他者に落札されていきました。何事も、表に出て来ない苦労は付きものです。・・・まぁ、その代替案として今回の 「信越シリコン」 にトライする手法へとつながっていくワケですが。

■まとめ(燃料タンクからの漏れ対策 編)
以上、当方の実体験に基づく結果から、要旨をまとめると次のようになります。

(1)燃料タンクからの漏れには、「板金はんだ」 が有効。
(2)ただし、下地処理として 「表面荒らし(ペーパーやすりがけ)」・「脱脂洗浄」・「フラックス処理」 は必須。
(3)「板金はんだ」 をうまく母材(ここでは燃料タンク壁面)になじませるためには、燃料タンクをよく温める。

(4)いわゆる金属パテ(2層混合タイプ)は、母材との微妙な熱膨張率の差(収縮/膨張の履歴が
  繰り返される場合)や、母材とのスキマに燃料が染み込むような場合は、シール性を保てない。
(5)燃料タンク(相手母材)との接着性・密着性・冷熱/膨張(ヒートサイクル)の繰り返しに対する追従性
  を考慮すると、信越シリコンなどのコーキング材は(現時点では)有効だと考えられます。
(6)可能ならば、信越シリコン(一液型RTVゴム)の中でも、耐油性・耐溶剤グレードが好ましい。
  (さらに上位グレードとして、MIL規格もある → こちら(メーカーサイト) 。)

以上、素人の私がDIYで得た知見(知見というほど大したものではありませんが・・・)をまとめた結果です。
旧車のメンテナンスなどをされる方々に、多少なりとも参考になれば幸いです。


(今回で 「燃料タンクからの漏れ」 トラブル対策シリーズの第二弾は終了です。
 毎度の長文にも関わらず、お読みいただいたり、「イイね!」 を付けていただいた方々には感謝いたします。)
2013年12月09日 イイね!

[CBR250Four] その3・信越シリコン後編(続・燃料タンクからの漏れ修理)

 [CBR250Four] その3・信越シリコン後編(続・燃料タンクからの漏れ修理) 新車で購入してから27年間、ワンオーナーで使用中のバイク 「ホンダCBR250Four」 の燃料タンクから経年劣化による漏れが再発したので、再度、簡易補修しました。今回は、その補修状況についての記録 : 「その3・(信越シリコン 後編)」です。

<関連ブログ>
◎前回の修理内容 : 「走行中に燃料タンクに穴が空いたの巻」
      総集編(過去ログ)は → 「板金はんだ による補修」
◎今回の修理内容・その1 は → 「現状再確認 編」
◎今回の修理内容・その2 は → 「信越シリコン 編」


「その2」 からの続き
(※以下、画像はクリックで適度に拡大します。)

■信越シリコンでシール(コーキング)する
金属パテによる修復は、パテ盛りした内側に新たなピンホール(リーク)が生じてしまった場合、経時変化によって徐々に燃料タンクから剥がれてしまい、結果として燃料漏れを防ぐことができませんでした(「その1」 で既報)。そこで今回は、燃料タンクの外板パネルへの密着性・追従性に優れる信越シリコンを塗ることにしたのでした。

<↓こちらは、燃料漏れの生じていない車輌左側(の燃料タンク内側)。この際なので、こちらも施工>


<↓CBR250Fourの燃料タンク内側の両サイドを、未然予防の意味も込めて広範囲でシリコン盛りする>


<↓燃料タンク内側の両サイド、それぞれの拡大図。実際には塗ったあと乾燥させるため一昼夜おく>
  

基本的に燃料タンクは左右対称構造で、一方の部位から燃料漏れが生じた場合、対象位置にある他方からも同じように燃料漏れを起こす可能性が高い、と見るべきでしょう。今回は車輌右側からの燃料にじみでしたが、経年劣化の進行度合い(サビの浸食状況)は、特殊事情が無ければ左右同等ですので、燃料にじみが無かった車輌左側の同等部位にもシリコン盛りした次第です。

例えて言うなら、BGレガシィの初期Aタイプで、右バンクの点火コイル(の樹脂部分)に割れが生じた場合、同じ使用履歴の左バンクでも点火コイル割れが生じる可能性が高い・・・といった感じでしょうか。いやいや、例え話がちょっとマニアック過ぎましたか

もう少し話を広げると、水平対向エンジンで、右バンクのロッカーカバー(カムカバー)ガスケットからオイルにじみが生じた場合、同じ熱履歴を受けている左バンクからオイルにじみが発生しても、何ら不思議ではないことと同様・・・でしょうか。いや、どちらも スバル以外の他車ユーザーには、あまり実感の湧かない例え話 かもしれませんが(苦笑)。

<↓信越シリコンは空気中の水分と反応して硬化するので、塗った厚みに応じた硬化時間が必要>
  

■シリコン硬化後に燃料タンクを再組み
シリコン塗布から一昼夜ほど放置し、塗った箇所を手で触ってみて十分に硬化していることが確認できてから、車体(CBR250Four)に燃料タンクを戻します。

<↓後日、別ネタとしてアップロードしますが、ヨレヨレのシート(黒)も予備の(青)に同時交換しました>


  

<↓左:ぁゃιぃ後ろ姿の作業者が一人・・・  右:抜いた燃料を携行缶からタンクに少量戻す>
  

燃料タンクを車体に復元したら、タンクにガソリンを満タン給油するのではなく、まずは様子見として少量注ぎます。タンクキャップ(エアロプレーンタイプ)を締めて蒸気圧による微少加圧状態となったとき、シリコンを盛った箇所から燃料がにじんでこないか。常温で問題なくても、エンジンの発熱が加わったときににじみが再発しないか。振動が加わっても大丈夫か。

あるいは、そもそもシリコン盛りした箇所が車体側(エアクリーナーボックスの筐体や車体ハーネスなどと)干渉していないか。・・・などなど、段階的に問題ないことの念押し確認をします。まぁ、見込みがあるから施工するワケで、ダメそうだと分かっているなら、作業工程上、最初から燃料タンクの復元には進まないのですが。

<↓信越シリコンによる暫定処置を終えたCBR250Four。その後、実用上 問題ないことを確認しました>


「燃料漏れ再発」 に対し、今回もあくまで 暫定処置 ながら、信越シリコンによるコーキング(リーク部分のシール)という手法で危機を脱することができました。本来ならば、信越シリコンの中でも、より耐油性・耐燃料性に優れるグレードを選択したいところでしたが、まずはホームセンター(ヤフオク!でも)で簡単に入手可能な KE45W(汎用グレード) で試してみた次第です。

この修理自体は、今年の10月に実施した作業ですので、現在までに約1ヶ月が経つのですが、その間、実際に CBR250Four を問題無く使えています。ほぼ毎日使うバイク(稼働休止状態になると不都合が生じる)のため、私本人としては、あくまで ”暫定処置” という位置付けではありますが、今回の 「信越シリコン作戦」 は一応の成功だと思っているところです。


「その4」・まとめ に続く。
   ↓
まとめ では、前回の暫定措置(板金はんだ&金属パテ)から今回の暫定処置(シリコン盛り)に至るまでを通して、「良かった点」・「悪かった点」 についての ”振り返り” をする予定。
2013年12月05日 イイね!

[CBR250Four] その2・信越シリコン編(続・燃料タンクからのガソリン漏れ修理)

[CBR250Four] その2・信越シリコン編(続・燃料タンクからのガソリン漏れ修理)新車で購入してから27年間、ワンオーナーで使用中のバイク 「ホンダCBR250Four」 のガソリンタンクから、経年劣化による燃料漏れが再発したので、再度、簡易補修しました。
今回は、その補修状況についての記録 : 「その2・(信越シリコン 編)」です。

<関連ブログ>
◎前回の修理内容 : 「走行中に燃料タンクに穴が空いたの巻」
    総集編(過去ログ)は → こちら(板金はんだ による補修)
◎今回の修理内容・その1 は → こちら(現状再確認 編)


「その1」 からの続き
(※以下、画像はクリックで適度に拡大します。)

■金属パテを剥がして漏れ箇所を特定
金属パテが燃料タンクの壁面から剥離しているため、漏れ部位を特定して対策を打つためには、剥がし取る必要があります。が、先入観は禁物ですので、再度、あらためて燃料タンクの裏側を注意深く観察することにします。

<↓燃料タンクの裏側全体を注意深く観察すると、パテ盛り以外の部位からも漏れあり(○印)>
  

結果、上の画像で白○印の部位からも、微少リークしていることを確認できました。
車輌の外観チェックのときに、燃料タンクの右側は下部全体に渡って(=広めの範囲で)ガソリンのにじみ痕がありましたので、パテ盛り部分だけからにじみ出ていたと仮定すると、影響範囲はもう少し狭くても良さそうです。そう考えて再点検した結果が、上記(○印の発見)につながった・・・というわけです。

<↓剥離したパテのスキマにスクレーパーを慎重に差し込み、燃料タンクから剥がしていく>


<↓パテ盛りはパキパキと剥がれます。燃料タンク壁面との接着力は、それほど強くなかった>
  

スクレーパー(ヘラ)のエッジで燃料タンク壁面を傷つけてしまうと、新たなガソリン漏れの原因ともなりかねません。慎重に剥がすのですが、金属パテは案外、簡単に剥がれてしまいます。恐らく、振動による影響と言うよりも、タンク壁面との熱膨張差による影響(高温~低温の温度環境差が繰り返されることで、「燃料タンク壁面~パテ盛り部分」 の材料間で密着度が低下)ではないか? と考えます。

<↓金属パテの下にある”板金はんだ”からの漏れは無し。いずれも新規劣化部位からの漏れ>


前回、DIYで施工した ”板金はんだ” 部分からのガソリン漏れやにじみは、ありませんでした。それまでの作業経験のない、初めての施工だったにも関わらず、今まで有効に機能していたことになります。

結局のところ、
  ◎板金はんだ で処置した部位からの、ガソリン漏れ再発ではなかった。
  ◎経年劣化(タンク壁面の浸食)によって、新規に漏れ始めた部位が たまたま
    金属パテ盛りした範囲の内側だったので、スキマに浸透して剥離に至った。
  ◎ガソリンタンク壁面全体が、そろそろ寿命(サビによる板厚の浸食限界)に近い。
ことを、再認識しました。

<↓タンクの壁面も、内部のサビによる浸食で板厚が減少(薄くなって)おり、リーク痕も拡大>
  

上記画像のように、新たな漏れ部位については 「最初はピンホール的な小孔だった」 にも関わらず、下地処理のために燃料タンク表面を洗浄しようと手を加えていくうちに、次第に 「貫通穴へと広がってしまう」 という状態でした。板金はんだ を施工するためには、タンク表面を洗浄しなければならず、洗浄して表面を拭き取りしているうちに、ピンホール周辺の板厚が痩せているので穴が拡大してしまう、という 悪循環のループ にハマる恐れがありました。

■信越シリコンを適用してみる
そこで今回は、板金はんだ による処置を行わず、
   (1)板厚が痩せた燃料タンク壁面にも負荷を掛けずに済み、さらに
   (2)燃料タンク壁面との接着性も良い、
   (3)熱膨張差を吸収(環境変化に追従)できるような弾性体でシールする

ことを目的として、「信越シリコン KE45W」 を試してみることにします。
使用感のイメージ(※注 : あくまでイメージでの話)としては、液状ガスケットに似ています。

<ご参考 : 信越シリコン KE45W」 とは>
◎信越シリコン とは → こちら
  (-40℃~+180℃までの耐寒性&耐熱性を持ち、耐紫外線性・耐オゾン性・耐水性にも優れる)
◎カタログ → http://www.silicone.jp/j/catalog/pdf/rtv_j.pdf
◎MSDS情報 → http://image.orange-book.com/image/pdf/msdn/file37576t010003757597.pdf

<↓KE-45W は金属チューブ入り。歯磨きチューブみたいな感じ。オークションでも出品あり>


<↓CBR250Four の燃料タンクの裏側を洗浄のうえ、タンク表面にシリコンを厚塗りしていく>
  

  

信越シリコンは、「歯磨き粉のチューブから歯磨き粉を押し出すような感じ」 でチューブから適量を取り出し、ヘラ代わりのマイナスドライバー先端に載せて、塗りたい部分に塗り伸ばしていきます(漏れの穴も、塗り埋めます)。

<↓ガソリンが漏れる恐れのある部位全体を丸ごと、シリコンの厚塗りしたシール層で覆う>


<↓ホワイトバランス上、画像は白色のシリコン塗布部が飛んでしまうので、暗めで再撮影>


<↓燃料タンク裏側全体が分かるように撮影。今は右側のみの施工で左側はこれから実施>
  


「その3」 に続く。
  ↓
「その3」 以降では、信越シリコン(KE45W)の塗り込み完成状況や、
漏れ防止効果の有無などについて お伝えする予定です。
  ↓
  ↓
  ↓
2013-12-09(Mon.) : 更新
「その3」・信越シリコン 後編 をアップロードしました。
2013年12月04日 イイね!

[CBR250Four] 続・燃料タンクからのガソリン漏れ修理(その1・現状再確認)

[CBR250Four] 続・燃料タンクからのガソリン漏れ修理(その1・現状再確認)新車で購入してから27年間、ワンオーナーで使用中のバイク 「ホンダCBR250Four」 のガソリンタンクから、経年劣化による燃料漏れが再発したので、再度、簡易補修しました。

今回は、その補修状況について記録するブログの 「その1・(現状再確認 編)」です。

<関連ブログ(過去ログ)>
◎前回の修理内容 : 「走行中に燃料タンクに穴が空いたの巻」
  総集編は → こちら(板金はんだ による補修)


■燃料漏れ再発までの経緯(おさらい)
経年劣化により 「走行中に燃料タンクに穴が空く」 トラブルに見舞われたのが、今から1年と2ヶ月前のこと(=2012年10月)。当時は(今もですが)、ホンダCBR250Four を日常のアシとしてほぼ毎日使っていたため、完了までに日数を要する根治修理は行わず、DIYによる簡易補修を行っていました。

当時の補修内容は、
  (1)燃料タンクに生じたピンホール(小孔)を 「板金はんだ」 を用いて埋める
  (2)その上から、金属ボンド(パテ埋め) で盛る
  (3)念のため、さらにその上から 「シャシ・ブラック」 を吹き付ける(防錆目的)
というものでした。

前回の簡易補修から1年2ヶ月経った今回、ガソリンタンクからの燃料にじみが再発したのですが、
  (A)前回の補修箇所と 同じ部位 から漏れたのか?
  (B)前回の補修箇所とは 異なる部位 から漏れたのか?
によって、その後に 取るべき対応も変わってくる と思われましたので、まずは状況を把握するところから始めます。

■漏れの部位を確認する(外観から)
まずは現状把握から始めますが、その前に 「どうしてトラブル再発が分かったのか?」 について述べておきます。

実は前回の簡易補修を終えたあと、万が一に備え、「ガソリンタンクの下端」 と 「車体のアルミフレーム」 との間に、キッチン用のペーパータオルを挟んでおきました。もしも燃料漏れが再発した場合は、ガソリンの臭気だけでなく、ペーパータオルが変色したりするので、視覚的にも変化点を抑えることができる状態にしておいたのです。そして今回、臭気のほかペーパータオルの変色などを目視確認したので、いち早く(大事に至らずに)燃料にじみを認知できた、という次第です。

(※以下、画像のクリックで適度に拡大します。)

<↓車体右側から漏れ箇所をチェック。まさに確認中に漏れが拡大してきたのは、不幸中の幸いか>
  

<↓車体左側からの漏れは無い模様>


当初は車体右側(のタンク下部)から 「にじみ」 があった程度でしたが、点検チェックしていくうちに、「にじみ」 が 「漏れ」 に拡大した模様。ただし 「漏れ」 とは言っても、ダダ漏れではありません。いずれにせよ、点検中の症状悪化については不幸中の幸いというか、危機一髪という感じでしょうか。

<↓燃料タンクからガソリンを一時、抜き取ります>
  

ガソリン携行缶はミニサーキット走行用(SLy:スポーツランドやまなし などでの給油用)として使っていたものですが、最近はミニサーキットに行く機会もなく、こうしてバイクのメンテナンス時に使うようになるとは、購入当時は全然想像もしていなかったです。

■漏れの部位を確認する(裏側から)
ガソリンをタンクから抜き取ったら、さっそく車体から取り外します。
  (1)左右のサイドカウルを取る
  (2)ガソリンタンク前後の固定ボルト&ナットを緩める
  (3)燃料コック~キャブ間のホース類を(クランプ込みで)取り外す

<↓取り外したCBRのガソリンタンクを裏側から見た図。画像左側が車輌前方に相当する>


<↓タンク左側からの漏れ・にじみは無し。燃料コック取り付け部からの漏れ・にじみも無し>
  

外観から確認したときと同様、取り外したガソリンタンクの内側から見ても、車体左側(タンク左側)からの漏れ・にじみは認められません。また、燃料コックの根元付近も問題無さそうです。そこで次に、問題の車体右側(タンク右側)について、詳しく見ていくことにします。

<↓前回の簡易補修痕。金属パテで埋めた(シャシブラックで黒い)部分の周辺が濡れている?>


<↓おおっ~と、発見! 「金属パテ」 が燃料タンクの壁面から浮き上がっているではないか!>


ガソリンのにじみ(漏れ)箇所は、ここからだったのか!
それにしても、保険の意味で盛った金属パテは、あまり役に立たなかったということか。


「その2」 に続く。
  ↓
「その2」 以降、今までとは異なるアプローチ(簡易補修手法)にトライする様子を紹介します。
  ↓
  ↓
  ↓
2013-12-05(Fri.) : 追記
「その2」・信越シリコン 編 をアップロードしました。

プロフィール

「[パーツ] #CBR250FOURフォア アライ ラパイドIRクロノス(赤) YFデザインモデル https://minkara.carview.co.jp/userid/132018/car/28623/9544458/parts.aspx
何シテル?   11/17 00:10
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

お友達

ネット歴は長めですが(NIFTY FCAR パソコン通信 → WEB サイト開設 → みんカラ併設)、よろしくお願いいたします。
147 人のお友達がいます
ぴらめきーがぴらめきーが * トモンチトモンチ *
J&#39;s工房J's工房 * すがピーすがピー *
よっし☆よっし☆ * LED・HID販売のfcl.LED・HID販売のfcl. *みんカラ公認

ファン

194 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.