• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2006年08月29日 イイね!

サイドシルの補剛(フラットバー・ワンオフ溶接加工)

サイドシルの補剛(フラットバー・ワンオフ溶接加工)新しく手に入れたクルマの近況(改造報告)。

前回のブログ にて、納車早々にモータースポーツ系ショップに入庫させ、ボディ(下まわりの一部)に 「当て板」 による溶接加工を依頼した件について簡単に述べた。

今回、そのショップから溶接作業中の画像が届けられたので、その一部をブログに載せてみることにする。

左の画像は、サイドシルのフランジ(ボディの内外鉄板の合わせ面、フチ、耳(みみ)の部分)に ”フラットバー(※)” なる当て板を溶接したものである。今回使用したフラットバー(※)の板厚は約3.0[mm]で、長さは片側あたり約2.0[m、メートル]。もちろん、サイドシルの前から後ろ(前輪から後輪)まで、分割することなく一直線上に ”1枚物” を当ててボディに溶接している。

(注); 「フラットバー」 は規格物としてリリースされている。以下はその例。
      → http://www.n-seisen.co.jp/product/stain_less/flat.html
      → http://www.kyoushingiken.co.jp/tech/K-14.html など

これで標準状態の車体板厚と合わせ、サイドシルの折り返し部分は最終肉厚が4~5[mm] 程度に強化されることになる。

得られる効果としては、まずは 「ジャッキアップ時の、ジャッキアップポイントの潰れ防止」 「1輪ジャッキアップ時の、ボディのたわみ抑制」 などが考えられる。なお該当部分の補剛により、(縦方向の)車体剛性にまで寄与できれば良いのだが、サイドシル自体の鋼板厚さや断面構造が変わるワケでは ない ため、正直なところ個人的にはそれは 難しい のでは? と思っている。逆の言い方をすれば、そうしたことを予測し十分に 承知 の上で、あえて今回、溶接加工を依頼しているのだ。

しかしながら、ちまたで見かける、後付け・ポン付けの 「いわゆるフロアサポートバーの類(※)」 よりはずっとマトモな施工であるとも思っている。なぜならば、それらではバーの支点(取付ボルトの位置)がバー本体に対してオフセットしているため、補剛の意味では ほとんど効果が無いと思われるからだ。
 (※)例 : → http://www.okuyama-go.to/products/floor/index.html
        → http://www.do-luck.com/bar_f_support.html

まぁいずれにしても、オーナーである私の自己満足の域を出ない補剛かもしれないが、今後 なんだかんだで 頻繁にジャッキアップする機会がありそうな私としては、当て板によるサイドシル溶接補剛の道を ボディ強化の第一弾として選んだ次第である(ちなみに 「ウレタン流し込み」 は弊害があるので、当初から念頭には無かった)。

ちなみに今回のワンオフ溶接加工をはじめ、チタンタワーバー、サスペンションリンク類のピロ化など、(新しいクルマの購入費用とは別に) そうしたパーツ代や改造費にすでに軽自動車1台分が買えるほどの金額をつぎ込んでいる。

# 何の反動だ?

・・・と言っても、それらのパーツ(または部材)の半数以上は自分でDIY加工装着するつもりで購入したので、取り付け工賃がかからないぶん、トータルでは まだ安上がりで済んでいることになるのだが。

しかしながら、公私忙しいため、それらのパーツ(や部材)は 装着(や加工)する作業時間が取れずに未装着のまま、部屋の中で渦高く(うずたかく)積み上げられているのが現状である。部屋が狭くなったこと狭くなったこと・・・。装着に2~3週間、いや1ヶ月ほどの連続休暇が欲しいと思う今日このごろ。
Posted at 2006/08/29 23:45:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | 【BP5Dレガシィ】 | クルマ
2006年08月22日 イイね!

さらばBG型レガシィ・・・達者でな。10年間ありがとう!

さらばBG型レガシィ・・・達者でな。10年間ありがとう!すでに近況ではなくなって
しまいつつある近況報告の第5弾。

先日、ついに約10年間を共に過ごしたBG型レガシィがディーラーに引き取られて行きました。エンジンは快調ですが、現状はクラッチトラブルにより不動車状態なので、(積載車ではなく)ディーラーの担当セールス氏により牽引していただくことになっていました。事前の打ち合わせにより、交通量の少ない時間帯・曲がる回数の少ないルートを選び、自宅前を出発。

左上の画像は、後続車からも 「牽引中」 の車両であることがハッキリと分かるよう、私が出発前にリヤウィンドウに大きく意思表示のテープを貼ったショットです。もちろんバッテリーも電装系もしっかりと生きていますから、牽引中はパワステも利くしハザードを点けながらの走行になるのですが、リヤウィンドウに車両状態を表示した方が安全上からも好ましいので、このように措置してからの出発としています。お別れの最中に事故にでも遭ったら大変ですからね・・・これくらいの配慮は当たり前ですな。

ディーラーに無事に到着したあと、車両の状態を担当セールス氏(と所長さん)に説明する。

担当セールス氏は
   「いやぁ、よくここまでノーマル状態に戻しましたね!クルマって、元通りになるものなんですね!」
などと驚嘆していたが、たとえパーツを社外品に交換しても、取り外したノーマルパーツはほとんど自宅に取り置きしていたので、私から言わせればこれくらいの復元は別に驚くほどではないのだが(苦笑)。

取り置きしていたのは純正パーツだけでなく、標準オーディオ(KENWOODのリアルフォーカスサウンドシステム)の取り扱い説明書や、その操作早見表、あるいは新車時に添付されていた 「リヤシート内蔵型カーゴネットの使用上の注意書き(リヤピローに差し込まれていた厚紙)」 など、普通の人だったら とっくに捨てているであろう注意書き(当時モノ)も元通りに車両に添付しておいた。

また、私のBG型レガシィは このディーラーで新車購入した当初から特種用途自動車(8ナンバー)で登録してあるので、もちろん特種用途用の機材を備えた状態がノーマル状態となる。だから、ルーフレールに固定設置してある放送宣伝用の車外スピーカーなども、もちろんそのままの状態で引き取っていただくことになる(車外スピーカーを取り外してしまうと、逆に違法になる)。

つまり、もしもこの車両を(中古車として)次に購入したい人が現れても、その人が困らないような状態になっていることを 引き取りの際に説明&確認していただいた、というワケですね。・・・もっとも、中古車として国内で再販(クラッチ系統の修理が必要)されるのか、スクラップとして潰される(廃車になる)のか、あるいは海外に輸出されるのか・・・はまったく不明ですが。

ディーラーに引き取られたBG型レガシィは、その後に系列の中古車センターに引き取られてから 行く末が決定されるという(引き取ったディーラーが再販か廃車かを決めるのではないそうな)。どこかで車両として走り続けることになるのか、あるいはパーツ単位に分解されて別の車両に移植されるのか、はたまた違う形で何かのお役に立つことになるのか。

いずれにしても、10年間の想い出をありがとう。
BG型レガシィのおかげで私も人間的に成長できたよ。
さらばBG型レガシィ・・・達者でな!

  + + + + + +

ちなみに、BG型レガシィの代わりとなる次なるクルマについてですが、注文から2ヶ月弱が経った先日、ついに納車されました。

と言っても、現在その車両は私の手元にありません。
ボディ補強(溶接)をするべく、早速、モータースポーツ系のショップに入庫しているからです。

今頃は樹脂パーツを取り外され、ボディの下回りに 「みがき鋼(補剛材の一種、当て板)」 が重ねられて溶接の準備が進められていることでしょう。補剛材の溶接後には塗装と防錆処理が必要になりますから、まだしばらくの間はモータースポーツ系ショップにクルマがあずけられることになります。今は代車(アルト)での生活です。

以上、最後の部分だけは近況報告になったかな。
Posted at 2006/08/22 21:22:39 | コメント(8) | トラックバック(0) | 【BG5Bレガシィ】 | クルマ
2006年08月06日 イイね!

車載ドライブレコーダー・どら猫2(ホリバアイテック製)

車載ドライブレコーダー・どら猫2(ホリバアイテック製)今度こそ近況報告・・・になるかな。

BGレガシィの次のクルマ用に、実はいろいろと部品(といっても汎用品で)を買い始めている(次期車はまだ納車されていないのだが、それは置いておいて)。いくつかあるうち、その少しを紹介していこうと思う。

今回は、ホリバアイテック製の車載ドライブレコーダー・「どら猫2」である。

以前のブログ(2006年4月6日付け:「[ドライブレコーダ] 個人用途向けの普及型が新発売」)にも書いたように、私はこの手の製品に大変興味を持っている。

ナビや地デジなどの製品も、クルマでの生活を大変便利にする道具であるが、個人的には、万が一にでも発生してしまった事故の前後の様子を 動画で捉えて記憶(PCで再生可能) できる装置・・・いわゆるドライブレコーダーは、イザというときには大変重要な役割を果たす証拠にもなりうるし、また今後は個人向けにも普及が進むアイテムだと思っている。

  + + + + + +

今回「どら猫2」をタイミングよく入手することができたのだが、今朝も忙しいので、詳細については、このブログに後から追記するという形で補足します。
ご了承下さいませ。

  + + + + + +

↓(2007-05-10)追記
実際に使用してみてのインプレッションを別記しました。
こちらもご覧いただけると幸いです。

◎2007年05月10日付けブログ → [ドライブレコーダー] ”どら猫2” を実際に使ってみて
2006年08月03日 イイね!

[BGレガシィ] パーツのノーマル化(その3・脚周り他)

[BGレガシィ] パーツのノーマル化(その3・脚周り他)近況報告(その4)じゃ。

◎その1 → 最後のトラブルの巻
◎その2 → パーツのノーマル化(1.排気系)
◎その3 → パーツのノーマル化(2.ナビ編)

まず最初に 「お断り書き」 からじゃ。例によって近況報告・・・と書きながら、実はこのシリーズはすべて事後報告になってしまっておる。リアルタイムで書き込みする時間が取れないためじゃ。そのへんは、どうかご了承願いたい。

で、今回は脚周りの交換(圭オフィス・全長調整式車高調 → ノーマルビルシュタイン)の紹介などじゃ。ダンパーAssyの交換は、これまでにも何度か行ってきた作業なので、特記事項は無しじゃ・・・と書いてしまうとブログネタにもならんので、少々の余談でも書いてみるかのぅ。

圭オフィス(株)・・・今では公式サイトがどこにあるのか不明(かつてのURLは not found)じゃ。圭オフィスという社名ながら、土屋圭市氏が去って本人が関わっている製品はほとんど無いそうじゃ。

かつてのダンパーは耐久信頼性があまり無かったようじゃが、現在のダンパーはそこそこの性能を発揮するようじゃ。思えば、この圭オフィス車高調では大変貴重な経験をさせていただいたそうじゃ。いや本当に、このような経験(トラブル)は他ではまず無いそうじゃ。人生が豊かになるでホンマに。詳しくは 整備手帳 の該当シリーズを見て欲しいそうじゃ。→ 衝撃!圭オフィス車高調の最期?の巻 [#1]

紆余曲折の末、まったく新しくなった圭オフィス車高調(ストローク特注品)を手に入れた後は、トラブル発生も無く過ごし、結局、程度の良いまま今回取り外されることとなったそうじゃ。社外品の装着は、「クルマの性能をチューンナップさせる」 よりも、「その運転手のトラブル対応スキルを向上させる」 効果の方が大きいような場合も多いような気がする今日このごろじゃ。

さて、BGレガシィのノーマル化の作業について、ブログで毎回毎回紹介するのも大変なので、以下、項目だけ ササッ と挙げてみることにするのじゃ。これで全体の作業ボリュームがどれくらいになるのか、イメージが付くかと思うのじゃ。


◎外観
・フロントグリル(インプレッサ→レガシィ)
・フロントナンバープレートベース外し
・アンダーガード外し
・サイドシルプレート脱着(ステンレス→ノーマル)
・ドアプロテクター脱着(赤→ノーマル)
・ウィンドウフィルム剥がし

◎エンブレム類
・吸気ダクト+大型エンブレム(BOXER)外し
・リヤゲート各種エンブレム剥がし

◎脚周り
・フロントストラットタワーバー外し(STI)
・リヤストラットタワーバー外し(CUSCO)
・サスペンション脱着(圭オフィス→ビルシュタイン)
・フロントスタビリンク脱着(PROVA → ノーマル)
・リヤスタビリンク脱着(PROVA → ノーマル)
・ホイールのノーマル化
・ホイールナットのノーマル化
・フロント対向4POTブレーキキャリパ外し&ノーマル化
・フロントステンメッシュブレーキホースのノーマル化

◎内装(計器類)
・ルームミラー型レーダー探知機外し
・GPSレーダー探知機取り外し
・dB-DOG(盗難警報器)外し
・リモコンエンジンスタータ撤去
・油温、油圧、ブースト計外し(5個)
・MDM-100外し
・パワーコンセント外し(灰皿取り付け)

◎内装(ナビ)
・モニタ外し
・HDDナビ外し(含ナビトレー)
・ETC外し

◎内装(オーディオ)
・KENWOOD 6連奏MDプレーヤ外し
・スピーカー外し(前後左右、ノーマル取り付け)
・サブウーハー取り外し(配線含む)
・ダイバーシティロッドアンテナ外し(リヤシートベルトステー)
・シフトパネル(AT用→MT用)

◎内装(パネル類)
・ウッドパネル外し(コンソール、ドアetc.)
・PHSホルダー取り外し

◎内装(シート類、その他)
・レカロ外し(含ネックピロー、ノーマルシート装着)
・レカロ用ランバーサポート外し
・タカタ 4点式ハーネス外し
・ハーネス用アイボルト外し(フロント、リヤ)
・カーペット外し(室内5点+カーゴルーム)
・MTシフトノブ ノーマル化(6MT→5MT)

◎室内小物(取り外し)
・SUBARUボックスティッシュ
・シートバックポケットケース
・サブトランク内小物
・4POTキャリパ対応スペアタイヤ
・グローブBOX内小物
・その他 室内小物
・カーゴルーム左右ポケット小物

◎排気系
・エキマニ脱着(PROVA → ノーマル)
・フロントパイプ脱着(syms→ノーマル)
・センターパイプ脱着(syms→ノーマル)
・マフラー脱着(APEXi → ノーマル)
・アンダーカバー装着(純正)

◎エンジンルーム
・カーボンコレクターカバー外し
・STI オイルフィラーキャップ外し&ノーマル化
・ボンネットダンパー外し
・ボンネット支え棒装着
・純正コレクターカバー装着
・油圧センサー外し
・油温センサー外し(レベルゲージ含む)
・ブーストホース外し
・ブレーキフルード点検
・吸気ダクトノーマル化

◎ライト(灯火類)
・HIDライトノーマル化(純正ソケットカバー使用)
・ハイビームバルブノーマル化
・LEDポジションランプノーマル化
・HID用アース撤去
・マーシャル後退灯外し

◎ライト(室内)
・LEDルームランプ外し
・LEDマップランプ外し
・カーゴルームランプ確認
・ツインフットランプ外し(助手席&運転席)
・バッテリーノーマルサイズ化(60B24L→65D23L)
・オフディレイルームランプ外し&ノーマルランプ装着

◎その他
・ガソリン残量(多くないか)
・車検証、整備手帳
・工具類
     ・スペアキーの用意

◎要確認
・リヤ2POTキャリパ&バックプレート
・カーゴステップパネル(含エンブレム)
・カーゴルーム内スライドレール&フック
・KENWOOD リアルフォーカスサウンドユニット
・カーボンドアミラーカバー
・ヘッドライト減光システム
・リヤスポイラー&ハイマウントストップランプ
・リヤ3Dスリットローター

これらの一連のノーマル化の作業は、7月末時点でほぼ完了しているそうじゃ。あとはディーラーに引き取っていただく直前に洗車しておくことくらいじゃろうて。ちなみに次期車はグレード的に希少車のためか、発注から取り寄せに1ヶ月半ほどかかるそうじゃ(そのため、不動車と化してしまったBGレガシィは、本日8/3(木)現在、今でも手元にあるそうじゃ)。

次回以降は、次期車向けに先行して手に入れたパーツ類をぼちぼち紹介していこうかのぅ。
Posted at 2006/08/03 07:46:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | 【BG5Bレガシィ】 | クルマ

プロフィール

「レガシィのエンジン不調の件。時間取れないので今回はディーラーに調査依頼しに行ってきます。事前に意見陳述書も印刷して準備済み。20年以上の付き合いだった担当セールスさんが異動して新人セールスさんに代わったので、挨拶もして来ます(今までコロナ禍でディーラー行きを控えていたので)。」
何シテル?   06/20 11:18
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2006/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.