• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2006年12月29日 イイね!

[BPレガシィ] ルーフBOX干渉対策・フット移設ブラケットの自作について

[BPレガシィ] ルーフBOX干渉対策・フット移設ブラケットの自作について2006年12月21日付けブログ
[BPレガシィ] 私的メモ(兼 サイト更新予告) の続編。

(1).目的
BP型レガシィのリヤゲートに干渉しないルーフBOX移設ブラケットをワンオフで自作する。

(2).克服すべき課題
BPレガシィのツーリングワゴン系では、ルーフレールがビルトインタイプである。つまり、ルーフレール上でシステムキャリア用のフットの取付位置は最初から指定されており、「ここに装着してください」 という位置以外には、事実上フットを設置することができない。したがって、搭載するルーフBOXの種類によっては、リヤゲート全開時にBOXの後端がゲートに干渉するという問題が発生する。

同じBP型であっても、ルーフレールがダイレクトタイプのアウトバック系では、システムキャリアのフットはルーフレールに沿って前後方向に自由に設置可能であるので、ここでは取り上げない。今回考察したモデル(使用条件)は、次の通りである。

  (2-1).車両はBP型(年改区分D)レガシィのツーリングワゴン
  (2-2).搭載するルーフBOXは、TERZOのローライダー・フレックス・コンパクト
  (2-3).上記ルーフBOXとTERZOのルーフBOX用スライダーの共着状態を前提とする
  (2-4).使用するフットは RV-INNO の IN-XR(+TR115) である。

(3).結論
◎TERZOの 「ローライダーフレックスコンパクト+スライダー」 の共着状態で、リヤゲートに干渉しない
  ワンオフのブラケット自作は可能である。
◎本自作モデルでは、BOXがローダウン状態では全開時のリヤゲートにほぼゼロタッチのクリアランス、
  アップ状態では完全にリヤゲートとのクリアランスが確保されることを確認した。

(4).結果の詳細
まずは左上の画像をご覧ください。上下3段の画像はそれぞれ順に、次のように説明される。

 ・1段目 ・・・ メーカー(富士重工業:スバル、PIAA:TERZO、カーメイト:RV-INNO)指定通りの方法で、
          ローライダーフレックスコンパクト(スライダー付き)を IN-XR を介して装着した状態。
          リヤゲート全開時にルーフBOX後端と干渉するため、ゲートの開口角度が狭く、
          また地面からのリヤゲートの開口高さも低くなってしまっていることが判る。

 ・2段目 ・・・ 本自作モデル(ワンオフ・フット移設ブラケット)の製作過程のうち、主なものを示す。
          最大の特徴は、BPレガシィおよび IN-XR(+TR115) の本来(メーカー純正)の取付部位 を
          そのまま使用していることである。すなわち、既存の取付穴をそのまま使うため、
          ルーフBOXの荷重支持状態や取付状態に 極端な 変化をもたらさないことである。

 ・3段目 ・・・ 自作したワンオフ・フット移設ブラケットを装着してローライダーフレックスコンパクト
          (スライダー付き)を IN-XR と TR115 を介して装着した状態である。リヤゲートの開口角度
          および地面からの開口高さの点で、本来の機能を発揮していることが確認できる。

(5).備考
BP型レガシィツーリングワゴンでは、ルーフの形状がボディ後方にいくにしたがって、微妙に後傾しているように感じられる。つまり、ルーフの後端が上下方向に絞られて後ろ下がりに見える(実際にもそうなっていると思うが)。今回自作したワンオフ・フット移設ブラケットでは、その厚みにより、前後左右4個あるフットのうち後ろ側2個のフット(のみ)を若干かさ上げする形となる。そのため、従来はルーフBOXの屋根が微妙に後ろ下がりだった姿勢が、今回から水平か微妙な後ろ上がり状態に改善されることになり、TERZOがカタログで謳うところの 「まさにルーフスポイラー」 状態の実現に より近づけることもできると考える。

誤解の無いようにするため、念のため追記しておくが、ルーフレールなどのボディには一切の加工を加えていない。ルーフBOXの荷重は、あくまで追加したブラケットの剛性(テンション)で支えているのであって、BOXの重みがそのままルーフレールの(車両前方の)樹脂部分に被さるワケではない。

なお、画像で用いている固定ボルト(六角)は暫定仕様のため、いずれ美観(およびいたずら防止効果も)に考慮した、内六角タイプに変更予定である。また、今回公開するのはあくまで簡易版としてであり、いずれ 本家サイト にて ルーフBOX干渉対策・フット移設ブラケットの自作について、詳細記事を追加する予定である(例によって公開時期は未定)。

(6).本意匠(フット移設アイディア)について
私こと、「調布市のKAZ」 が独自に考案・検討し、試作したものである。
なお、移設ブラケットにあけるネジ穴の位置を、本自作バージョンよりもさらに車両前方方向に設定すれば、ローライダー・ワイドなどにも原理的には対応可能である(ただしその際は、ブラケットの素材と剛性に十分配慮する必要がある)。

以上。

    +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +  +

Δ1:↓2008-09-19 追記↓

ベースカバーが長くなっている件について、問い合わせをいただきました。
純正のカバーを2個つなぎ合わせて(ニコイチにして)使っています。

その他、説明用の画像を用意しましたので、こちらをご覧下さい。
http://www.asahi-net.or.jp/~mi5k-amkt/temp_roofbox_equip_transfer.JPG
Posted at 2006/12/29 15:52:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 【BP5Dレガシィ】 | クルマ
2006年12月21日 イイね!

[BPレガシィ] 私的メモ(兼 サイト更新予告)

[BPレガシィ] 私的メモ(兼 サイト更新予告)今日は会社のお休みをいただいて年末帰省の準備を続行。

洗濯(含:ふとん)×3回。
犬の散歩×3回。

・・・とまぁ、家事のことは置いといて。\(^^\) (/^^)/


以下はレガシィのその後についての私的なメモ。
(一部、今後のサイト更新ネタを含む。)


・(済)フォグランプのイエローバルブ化(Racing Gear HB4 RealYellow)
・(済)ルーフキャリアのバー長さ変更(107cm→126cm)
・(済)スキーキャリア(斜め積み RV-INNOスイッチスタンス)の設置確認
・(済)手持ちのスノーブレード(BG用)の装着可否確認
・(済)バックアップランプの増設(マーシャル850GT)
・(済)アルミアンダーガードの装着(PROVA)
・(済)ヘッドレストマウント式リヤモニターの設置(←フレキシブルアーム式からの変更)
・(済)オイルポンプ盲栓プラグの状態再確認(油温センサー部、漏れ無しの再確認)
・(済)リヤカーゴネット(ラゲッジルームセパレーター)の装着
・(済)盗難防止ロックナットの増設(ガンメタ色)
・リヤ車高上げ対策 確認(純正OBKパーツ流用)
・リヤサテライトスピーカー装着(KENWOOD KSC-SS10)
・フロントセンタースピーカーの配線(スバル純正、ClarionのOEM品)
・ガラス撥水加工(外側)
・ガラスくもりどめ加工(内側)
・ルーフBOXとリヤゲートの干渉対策(ワンオフ ブラケット作成)
・冬季用 低粘度エンジンオイル0W-40(モービル)への交換
・「赤アルカンターラ+黒ステッチ」MTシフトブーツ&コンソールカバー装着


> ルーフBOXとリヤゲートの干渉対策(ワンオフ ブラケット製作)

「TERZO ローライダーフレックスコンパクト+スライダー」 の共着状態のまま、サンルーフ(チルトアップ+全開状態)にもリヤゲート(全開状態)にも干渉しない設置方法の見通しが、本日ついた。スバリ、ワンオフでブラケットを製作する(もちろんDIYで)。

ホームセンターを回って使用部材を確認。その後、カーメイトのサービスセンター経由で生産工場にとある部品の在庫を確認していただき、在庫ありとの返答をいただいたことから、フット移設ブラケットの製作を決心。製作はこれから。この様子はいずれサイトに載せるつもり。

> リヤ車高上げ対策

アウトバックの純正パーツを利用した、リヤの車高上げを検討中。
(私の考える)部品はすでに発注済み。実際に部品を車両に当てながら、可否詳細を詰める。
うまくいったら公開するかも(公開しないかも)。
Posted at 2006/12/21 14:17:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | 【BP5Dレガシィ】 | クルマ
2006年12月11日 イイね!

[BPレガシィ] 冬支度(STI-RAYSホイール + YHアイスガードブラックIG20 + トレーマット)

[BPレガシィ] 冬支度(STI-RAYSホイール + YHアイスガードブラックIG20 + トレーマット)レガシィの冬支度の話。

来年の正月に札幌に帰省するための準備をそろそろ始めている。もちろん、レガシィで東京から札幌入りするのは例年と同様だ(一部区間はフェリーを利用)。

ただ去年までと異なるのは、クルマがBGレガシィからBPレガシィに変わったことだ。今まで使っていたスタッドレス(215/45R17)は現車でも使用できるが、そのスタッドレスは2001年に中古で購入したモデル。今年で6シーズン目になる。走行距離の少なさからトレッドは全然摩耗していないし、ゴムの硬化もほとんど感じられず、まだまだ(私の使用環境下では)使えると思っているのだが、BP5D-SpecB の17インチ純正指定サイズ 215/50R17 と較べると、外径が小さくなってしまう(45→外径約626mm、50→外径約648mm)のが難点だ。

雪道ではロードクリアランスを少しでも稼ぎたいので、外径で22mmのダウン(半径で11mm、数値を丸めて車高で約1cmダウン)はキツイ。タイヤの外径が大きくなると、相対的にフェンダークリアランスが少なくなってしまうが、もともとの純正18インチ(215/45R18 で外径651mm程度)を越えるものではないから、まぁ大丈夫だろう。定期的に車外に降りてフェンダー内に積もった雪を蹴落とせば良い。それに、最新のスタッドレスが最良のスタッドレスであるのはほぼ事実だ。

ということで、クルマが新しくなったことだし、スタッドレス(とホイール)も新調することにした。今までのスタッドレス(とブリッツェンホイール)は 家のインプレッサ(GDA-CのWRX-AT)に履かせれば良い。家にはクルマが2台あるが、今回のように一方のクルマのパーツが他方のクルマにも装着できるという互換性があると、大変助かるね。

さて、(詳細は省くが)スタッドレスに限っては私はヨコハマ派なので、アイスガードブラック・IG20 で決まりだ。ホイールについては、将来を考慮してブレンボの入る17インチで探してみる。・・・いや、実は新車購入とほぼ同時期にブレンボキャリパーとバックプレートはすでに入手済みなのだが、まだ換装していない。ちなみにBPのリヤブレンボ化は、インナースリーブ追加式でもブラケット追加式でもなく、ブレンボ対応純正バックプレートへの交換を予定している。・・・おっと、話が逸れてしまった。

スタッドレスはYahoo!オークションで落札。安値で購入できたが、さすがに安いだけのことはある。出品者は何と、タイヤを裸のまま送付してきた・・・。ダンボールは望めないとしても、エアーキャップ(通称:プチプチ)にも包んでいない。タイヤ受け取りの際、宅配便の運ちゃんに 「御社はこの荷姿でも受け付けるのですか?」と聞いたところ、「いや~、普通は何かに包むのですがねぇ・・・。」 とバツが悪そうに返事をしてくれました。まぁ、製造年月が’06年の45週あたりだったので良しとしますか。出品欄には’05年モデルもあり得る・・・みたいな断り書きが添えてあったので。

次はスタッドレス用のホイール。symsのホイールを横目で見ながら、結局選んだホイールは STI 純正ホイール。STI-RAYS の ブレンボ対応17インチ(品番:ST281004S040、17-7.5、OFFSET+53mm)とした。実を言うと、WEBの画像やカタログの写真で見るとあまりパッとしない(あまりカッコ良くない)印象だったのだが、いざ実際にクルマに装着してみると、これが案外良い感じに思えたのはラッキーだった。冬タイヤ専用にするのは ちょっと もったいなかったかな。

同時進行で手配していたのは、トレイ(深皿)タイプの足元マット。クツに付いた雪が室内に入ると溶けるので、トレイタイプのマットは(私の中では)ほぼ必須のアイテムになっている。こちらは、オートバックスのインターネットショッピングで注文した。バックスブランド?のロッシーニ・ネオブレイクマットというやつだ。今ならネットで注文すると、フロント用が 24%OFF の 780円で購入できる(リヤ用も割引中)。フロント2枚、リヤ2枚の合計4枚の注文で 3120円。これをあえて宅配にしないで、近くの店舗受け取りに指定する。

なぜかって?実は、店舗で使えるクーポン券を持っているからだ。クーポン券は、3000円以上のお買い物で500円引きとすることができる(~12/31まで有効)。だから宅配にして 3120円 を支払うのではなく、何かの用事で出かけたついでに近くのスーパーオートバックスに寄って 4枚セットを 2620円 で手に入れるのだ。ちなみに、ネット予約をしないで店舗で通常通り買うと、フロント用が 1枚 1134円 とのことだから、前後4枚セットで 2620円 ならお買い得だ。ちなみに このオートバックスでは、ドライブレコーダー・どら猫2 も 500円引きクーポン券を 10枚使って 店頭価格から 5000円引き!で購入している。オークションでもそうだけど、安く買うためには 「タイミング」 を見計らう必要もあるよね。

そうそう、タイミングと言えば、今月12月初旬発売予定の KENWOOD のサテライトスピーカー(備長炭使用):KSC-SS10 も、実は安く買えて すでに私の手元にある。が、なかなか取り付ける時間を捻出できないのがツライところ。こちらについては、後ほど機会があれば紹介したい。

残る冬支度は、バックランプ(後退灯)の DIY 強化と PIAA の換えゴム式スノーブレード(ワイパー)の入手、ルーフBOX まわりの手入れかな。BP5D レガシィ(GTスペックB、6MT車)からリヤデフが R180 (トルセンLSD) に変更されたので、このへんの雪道での挙動も北海道で試してみたいと思っている。

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2006/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.