• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2009年08月16日 イイね!

エクシーガ東京←札幌 1000kmの旅(後編)

エクシーガ東京←札幌 1000kmの旅(後編)実際のイベント(帰省)と、みんからへのブログアップロードのタイミングがかなり開いてしまったが、ようやく落ち着いた環境と時間が整ったので、今さらではあるが 前編 の続きをアップすることにする。

※ここ半年間 仕事が忙しかったりとか、
  PCがHDDクラッシュしていたりとか、
  なかなか更新環境が整いませんでした。

さて、2009年・夏の札幌帰省時に恒例となりつつある、地元のカー用品店(J'ms)に今回も立ち寄ってみたところ、レジ前のBOXに 「カラーペンをご自由にお取りください」 と張り紙が掲げてあった。

念のため、店員に確認したところ、「お好きなだけ取っていってください」 とのこと。なんて太っ腹なんだ・・・と思いつつ、仲間4人と一人1本ずつカラーペンをいただいた。実はこの百合が原店には、過去に何度も足を運んで買い物もしていたが、実はまだ会員登録していなかったので、これを機会にポイントカードに加入することに。いや、実はこのタイミングで加入すると粗品がもらえるので。(^^;)

<↓無料配布のカラーペンを仲間とともにいただく>   <↓ポイントカード加入特典のコールマン・ランタン>
無料配布のカラーペンを仲間とともにいただく  ポイントカード加入特典のコールマン・ランタン

ピットメニュー割引クーポン券は、DIY作業派の私にはまったく用無しであるが、その他の用品割引クーポン券とポイントカード自体は全国どこのJ'msでも使用可能なので、東京に戻ってからでも使うことができる。・・・といっても、家の近所にはJ'msは無いのだが(まぁイザという時には使えるだろう)。

札幌市内では、姉に紹介してもらった地元のラーメン屋さんに行ったり、あるいは(有名どころの)札幌ビール園でジンギスカンを堪能したり、あるいは札幌ファクトリーに立ち寄ったりして骨休めした。その間、エクシーガにはこれといったトラブルの発生もなく、東京に戻る日を迎えた。ここからまた、札幌→東京への自走1000km強のツーリングが始まることに。

<↓札幌ビール園でのジンギスカン(ラム&マトン)>  <↓中山峠(道の駅・望羊中山)での「あげいも」>
札幌ビール園でのジンギスカン(ラム&マトン)  中山峠(道の駅・望羊中山)での「あげいも」

市内を抜けて中山峠へ向かう。私見だが、「乗車人数が多い状態+積載」での長距離走行の場合、標準装備の17インチタイヤよりも18インチタイヤの方が、走行安定性の面でエクシーガにはマッチしているように思う。具体的には、ステアリングの切り始めからのレスポンスが向上するとともに、コーナリング中の微妙な蛇角修正時にも安定性が増すようなイメージ。ということで、エクシーガには、レガシィBP5D(GT Spec-B)に標準装備されていた 215/45R18 を納車当初からコンバートして履かせている(ちなみに、そのレガシィGT SpecBには、ダウンサイズした 215/50R17 を履かせている。これまた私見だが、レガシィには体格的にも18インチ以上は不要だと思う。17インチまでで十分、事足りるのではないかと考える)。

話は多少それる(?)が、当方のエクシーガには 「STI performanceパッケージ」 相当の部品(フレキシブルタワーバー、フレキシブルロアアームバー、フロントサポートキット)を装着しているが、ノーマルダンパーが少々(いや、大きく)役不足と感じる。もっと減衰力を上げた方が良いと考える。このへんは初期型Aタイプの宿命か。

国道5号線を通って函館から青函連絡船を経て青森に上陸。国道4号線沿いのそれぞれの「道の駅」に立ち寄って特産物を仕入れながら南下。頃合いを見計らって(渋滞を避けて)東北自動車道に上って東京方面を目指す。走行中にオルタネータが故障した経験も、今は昔の話。往復2000km超のツーリングの全行程でトラブルフリー&もらい事故にも遭わずに、無事に自宅に戻ってきた次第。そして翌日から日常の世界へと引き戻されるのであった。

・・・やっぱり同乗者(特にリヤサス直上に位置することになるサードシートの乗員)が、車両のピッチング(※ローリングではない)による車酔いを防ぐために、ダンパーを交換したいなぁ・・・。
Posted at 2010/01/03 21:14:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | 【YA5AエクシーガGT】 | クルマ
2009年08月04日 イイね!

エクシーガ東京→札幌 1000kmの旅(前編)

エクシーガ東京→札幌 1000kmの旅(前編)ただいまYA5A型エクシーガで東京から札幌に帰省中。

去年まではBP5D型レガシィで帰省していたのだが、今年からはその大役をエクシーガに交代させた。クルマは代わったが、「東京から自走で青森へ行き、フェリー経由で函館に上陸、また自走で札幌入りする」というルートは変更無し。片道およそ1000km超の旅である。

以下、レガシィでの帰省とエクシーガでの帰省(クルマによる差)を簡単に比較しつつ、近況を報告する。


(1)ルーフBOX設置について
帰省前の下準備として、レガシィからエクシーガへのルーフBOX移設があった。今まではTERZOのローライダーFLEXをスライダーと組み合わせてBP5D型レガシィで使用していたのだが、BP型レガシィの場合、カタログ通りに設置すると、リヤゲートを開けた際にBOX後端と干渉するため、何らかの対策または工夫が必要であった。当方はルーフBOX本体には改造を加えず、アルミ材で移設ブラケットを自作することでこれを回避していたが(※)、3列シートでルーフが前後に長いエクシーガの場合は、そのような心配はまったく無し。

(※)ご参考 : 2006年12月29日付けブログ
           → [BPレガシィ] ルーフBOX干渉対策・フット移設ブラケットの自作について
          車種別掲示板 : レガシィツーリングワゴン
           → ルーフボックスの装着について

ちなみにエクシーガでのキャリアベースはスバル純正オプション品だ。当方がエクシーガを購入した時点では、まだ純正品しか適合するものが無かったためである(現在では、エクシーガ用のキャリアベースは社外品もリリースされている)。

なお、エクシーガ純正キャリアベースの場合、フットの取り付け位置が取付説明書で細かく規定されている。BPレガシィの場合(アウトバックを除く)は、物理的に「ここに付けるしかない」状態であるが(∵ボルト固定位置が決まっているから)、エクシーガの場合はそのような物理的な規制はないものの、メーカー規定のフット取り付け位置は決まっているので配慮は必要かも。ちなみに、取付説明書通りにフットを設置すると、前後のバーの間隔はBP型レガシィの場合よりも長くなる(ので安定感は増す方向)。

<↓ローライダーFLEXをエクシーガに載せた状態(横から&後ろから)。BOXに対してルーフ長は余裕あり>
ローライダーFLEXをエクシーガに載せた状態(横から)  後ろから見ると、こんな感じ

(2)高速安定性について
出発点の東京では外環自動車道の大泉ICから高速道に乗り、そのまま東北自動車道の青森ICまで走行した。ETCの恩恵により、大泉IC→青森ICまで通行料金は1500円(!)であった。約700kmを走って1500円とは安いよね。通常だと1万円オーバーだから、非常にありがたい。2年間限定措置だなんて言わずに、ずっとETC割引が存続して欲しいね。

さてエクシーガGTでの長距離移動だが、ズバリ、脚周りがフニャフニャすぎる。高速道路に限らず、路面のうねりの影響による車体の揺れがなかなか収まらないのだ。以前から(納車直後より)何度もコメントしてきたが、いくら7人乗りだからって、この味付け(ダンパーの減衰力設定)はないだろう。結果、3列めの乗員がまたクルマ酔いしてしまった。我が家では、私よりも家族から脚周り交換(車高調)の要望が出ているほどだ。・・・とりあえず、取り外してあるレガシィの純正ビルシュタインが流用可能かどうかを調べて、ダメなら車高調になる見込み。

次に中山峠(ニセコから札幌に至る途中の峠道。道の駅「望羊中山」がある)。
積載状態でのハンドリングと加速を試すのに都合の良い峠道なのだが、脚周り自体は比較的ねばる。ルーフBOXを載せているのにあまりロールしないな・・・と思ったが、そういえばリヤのスタビをGRB用に換えていたんだった・・・。でも相変わらず直線ではピッチング系の、コーナリング中ではローリング系の車体揺れの収まりが悪く、運転していて気持ちの良いモノではない。ただ、トルクはあるので乗車&積載をものともせずに加速はできる。

(3)おまけ・・・小樽&札幌にて
札幌ではコイン洗車料金が格安の200円からある、という話は以前のブログでも紹介したが(※)、今年も実家の近くのコイン洗車場を格安でまた利用できた。東京では最低でも700円ほどは必要だから、長距離走行後の虫汚れなどを落とす際には、大変ありがたい価格設定だと感じる。

(※)ご参考 : 2005年08月15日付けブログ
           → [北海道] コイン洗車が200円!
          2005年12月28日付けブログ
           → 冬のコイン洗車(ロングコース300円@札幌)の巻

<↓最低200円から。ワンコイン500円もあれば十分>  <↓長距離を走ったあとは、まず洗車(虫害除去)かな>
最低200円から。500円もあれば十分な洗車も可能  長距離を走ったあとは、まず洗車かな

小樽では、とんぼ玉(ガラス細工)とお寿司を堪能。制作したとんぼ玉は、ストリングを追加してブレスレットなどに加工した。

<↓大正ガラス館にて。この後、とんぼ玉を体験制作>  <↓鮭親子どんぶり(サーモン&いくら)を注文>
大正ガラス館にて。この後、とんぼ玉を体験制作  鮭親子どんぶりを注文。こんな感じ

こちら(札幌)に来てからは、まだ自動車部品店めぐりをしていなかったな。掘り出し物発掘ツアーでもするか。J'msでまたクジがあたらないかな~(ご参考 : 2006年01月02日付けブログ → こちら)。


※「エクシーガ東京←札幌 1000kmの旅(後編)」は → こちら
Posted at 2009/08/11 11:19:10 | コメント(7) | トラックバック(0) | 【YA5AエクシーガGT】 | クルマ
2009年08月03日 イイね!

スバルえび菓子入手(レガシィ、エクシーガ、フォレスター、インプレッサ)

スバルえび菓子入手(レガシィ、エクシーガ、フォレスター、インプレッサ)スバルの主力4車種がプリントされた 「えびせんべい」 を入手したので、詳しく紹介する。

正式名称は 「海老菓子詰め合わせ」 で、発売元は(株)志満秀である。パッケージの商品明細欄に 「KSU-01-09」 なる記号が書かれているので、あるいはこの記号が商品コードなのかもしれない。

ちなみにこれまでこのブログでは、スバル車をモチーフとした食べ物を紹介してきた(※)が、今回はそれらの 「有名どころ(?)」 とは異なる 「スバルえびせんべい」 の紹介である。

(※)ご参考 : 過去に紹介したスバル車のお菓子類(いずれも分類は 「スバル車(超マニアック)」 カテゴリ)
    (1)2005年04月08日付けブログ
      → 瓦せんべい・SUBARUバージョン
    (2)2005年06月07日付けブログ
      → スバルサブレーの変遷に見るモデルチェンジの難しさ
    (3)2005年06月08日付けブログ
      → 「スバル最中」から「360(サブロク)焼き」へ
    (4)2005年06月09日付けブログ
      → 「THE スバル(瓦せんべい風)」 に見るカゲの苦労?


さて、今回新たに入手した 「スバルえびせんべい」、早速パッケージを開封してみよう。

<↓開封前の様子。上側にSUBARUの商標もある>  <↓パッケージを開封した状態。和風の巾着袋あり>
開封前の様子。上側にSUBARUの商標もある  パッケージを開封した状態。和風の巾着袋あり

<↓梱包にも「和の”おもてなし”」精神を反映か?>  <↓出てきました、スバル車の画像プリントえびせん>
梱包にも「和の”おもてなし”」精神を反映か?  出てきました、スバル車の画像プリントえびせん

湿気を嫌う(と思われる)えびせんべいだけに、すべてが個包装となっている。
いろいろな種類のせんべいの詰め合わせであるが、スバルの主力4車種であるレガシィ・エクシーガ・フォレスター・インプレッサの画像がプリントされたえびせんべいは、各1枚ずつ入っている模様。

中でも注目すべきはレガシィでしょう。
つい数ヶ月前にデビューした新型レガシィなんですよ、新型! ・・・今となっては旧型のBP/BL型レガシィではないのです。いくら 「新規の型モノ」 ではない(既成品と同様の?焼き物の表面にプリントするだけ?)とはいえ、一体、この商品はいつ頃 企画されたのだろうか・・・と不思議に思えてしまうほどの市場リリースの早さである。

<↓開封前(これはエクシーガか)>             <↓開封前(これは新型レガシィですね)>
開封前(これはエクシーガか)  開封前(これは新型レガシィですね)

<↓開封前(これはハッチバックのインプレッサ)>    <↓開封前(これはフォレスターですね)>
開封前(これはハッチバックのインプレッサ)  開封前(これはフォレスターですね)

上記の画像は、ついつい貧乏心(開封するのが もったいない、の意)が働いてしまったため、未開封状態の画像となってしまっているが、これではいつまで経ってもその真の姿を拝むことができない。開封しないで(賞味期限切れで)ダメにしてしまう方が、よっぽどもったいない・・・ということで、意を決して(→数日間経過→)いよいよ開封することに。いゃ、そんなに大げさなほどの決心ではないのですけどね。

<↓開封後(インプレッサ、フォレスター、エクシーガ)> <↓開封後(カタログと同じアングルの新型レガシィ)>
開封後(インプレッサ、フォレスター、エクシーガ)  開封後(カタログと同じアングルの新型レガシィ)

食べてみると、おお! 本当に 「えびせんべい」 の味だ。美味しくいただきました。ハイ。
念のため、商品パッケージに記載されていた商品明細を以下に載せておく。

<↓原材料欄には「ウコン色素」などの記載もある>   <↓このような 「おことわり」 も同封されている>
原材料欄には「ウコン色素」などの記載もある  このような 「おことわり」 も同封されている

聞くところによると、自動車メーカーのみならず、納入部品メーカー(例:触媒メーカー)にも独自のまんじゅうやらせんべいやらの類が存在するそうです。そこで・・・。

<提案>
どこかのデパート(催し物フロア)で、「全国・自動車メーカー&部品メーカー銘入り おみやげ用お菓子展」 を開催していただけませんでしょうか? トヨタの「クラウン最中」 とか 「スバルサブレ」 とか。そりゃもう、トラックメーカーも巻き込んで(>あるのか?)の 大・お菓子市。
全国駅弁大会みたいにサ。おもしろいと思うんだけどな~。

プロフィール

「レガシィのエンジン不調の件。時間取れないので今回はディーラーに調査依頼しに行ってきます。事前に意見陳述書も印刷して準備済み。20年以上の付き合いだった担当セールスさんが異動して新人セールスさんに代わったので、挨拶もして来ます(今までコロナ禍でディーラー行きを控えていたので)。」
何シテル?   06/20 11:18
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.